カテゴリ


2017年03月16日

ホーユー メンズビゲン スピーディーIIで染めてみた

ホーユー メンズビゲン スピーディーII N (自然な黒色)



今回はこれで白髪を染めた。
今まで使っていたヤツと使い方は似たようなタイプだな。
二種類のチューブを混ぜ合わせて塗るっていう。
これは塗って5分置く。
色はもちろん一番黒いヤツをチョイス。
でも、今まで本来の色よりも黒いヤツにしていたのってコスプレのためだからな。
もうそこまで真っ黒いのじゃなくてもいいかな?って思っている。

DSCN2204.JPG

ブラシと小さいクシが付いてるのだが、ブラシは組み立て式。

他の商品よりもクリームがクリームじゃなくジェルっぽいぐらいの固さだなと。
だから飛び散りにくい感じで、これはいいかも・・・って思ったんだけどね。
使っている最中は白っぽいから飛び散っていても見えないんだよ。
で、時間が経ってから見たら、いつもと変わらん感じにあっちこっちに付いていたので、別に他と比べていいってほどでもなかったか。
私のやり方が悪いのか、かならず飛び散ってんだよねぇ・・・。

夏場だと書いてある通りに普通に塗って5分とかでいいんだろうと思うけど、なにしろ暖房もほとんどつけずにすげぇ寒い状態で生活しているので、多分そのままだとうまくいかないだろうなと思ったので、今回はシャワーキャップを少々かぶって放置。

IMG_3471.JPG

写真があんまりわかりよくないかとは思うけど、染める前はこんな感じです。
髪の根本に白髪がニョキニョキと。

IMG_3481.JPG

頑張って同じ感じに撮るようにしてみたけど、あんまり同じにならんかったな。
こっちが染めた後。
一度でかなりしっかりと黒くなっているなと。
こめかみのあたりをうまく塗れなかったらしく、多少白髪が残ってしまったけど。

posted by ひと at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆RSP56◆明治◆明治 DailyRich レンジで彩りスープシリーズ◆3◆

次に登場したのは明治様の明治 DailyRich レンジで彩りスープシリーズ
試飲試食でいただいたのは焙煎ごま香る担々スープ

01DSCN2059.JPG

担々ってことで辛味もあるけど、飲みやすいレベル。
具もいろいろ入っているし、家庭で一からこういう味に仕上げるのって難しそうなので、たまにこういうのが食卓に並ぶとうれしいかも。っていう感じで。

01DSCN2062.JPG

電子レンジで袋ごと温められるというシリーズで、それがウリなんだろうなとは思うんだけどねぇ・・・。
実際に食べる(飲む?)となると、何等かの容器には移さないとダメでしょ?
レンジ対応じゃない容器なんて持っていないので、別に容器に移してからレンジに入れてもいいよなぁって思うんだよね。
正直、容器付きじゃないスープで「電子レンジで温められます」っていう商品の良さがわからない。
需要があるから、そういうのをシリーズ展開しているんだとは思うんだけど。

posted by ひと at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル百貨店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆RSP56◆森永乳業◆マウントレーニア セレクティブ 香るラテ◆2◆

最初に何からご紹介しようかな〜と思ったんだけど、試飲試食タイムの時に登場したものからにしようかと。

01DSCN2041.JPG

試飲試食タイムの一番手に登場したのは森永乳業様のマウントレーニア セレクティブ 香るラテ
毎回ブースで気前よく試飲をさせてくださる森永乳業様ですが、今回も!

01DSCN1917.JPG

もちろんこちらもいただいた。
ブースで試飲させていただいたのは芳醇ショコラ
カカオ分70%チョコレートとエクアドル産カカオマス、ココアパウダーに香り立ちのよいコーヒー豆を合わせた、深みとコクが楽しめるカフェラテだそうです。
チョコレート風味の甘味もしっかりした美味しいカフェラテですね

で、試飲試食タイムに登場したのは香るラテ

01DSCN2056.JPG

01DSCN2052.JPG

コーヒーの華やかな香りを引き立たせるため、当商品専用にブレンドした高品質なキリマンジャロとエチオピアモカを浅めに焙煎したカフェラテだそうです。
もっとビターで大人っぽい味なのかな?と思って飲んだら、結構甘味もしっかりしていて、カフェラテらしい味かな。

今までの商品より、このシリーズは容器が一回り小さい感じ。
180ml入り。
今までのものは多分240ml。

どちらも3月21日(火)から全国発売だそうです。
希望小売価格は150円(税別)。


posted by ひと at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル百貨店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28〜12月9日◆オオカミがいないとウサギが滅びる(後編)

これの続きです。

「生態系というピラミッドごと考えよう」と。
「その考え方の中に農業の革新というか、やらなければならないことがたくさんあるのではないか」というのが著者からの提案になっている。
農業のあり方、やり方。
この方はとにかく「田んぼというのを生態系が循環する歯車の一つにしよう」と、そんなふうにおっしゃっている。
例えば「冬水田んぼ」といって「冬でも田んぼには水をひこう」と。
そうすると田んぼの泥水の浅瀬にプランクトンが発生し、そこからミミズとかユスリカとか。
さらに脇にはドジョウ、フナ、そういうものが棲み付き、それを目当てにしてシラサギ、カワセミが田んぼにやってくるようになる。
そんなふううにしてピラミッドを下から丁寧に、土から丁寧に作ることを繰り返せば、日本の農業、日本の自然というものは必ず元気になる。

 田植えは、大きく育った成苗を、できれば一本ずつ、多くても三本を限度に植えていく。
 近年の田植えでは、まだ小さな稚苗を五、六本ずつ植える傾向があって、むしろそれあ常識のようになっているけれど
(127頁)

 一方、大きく育てた丈夫な成苗は、健康で病気にもかかりにくい。その上、分ゲツの数が多くなる。多い場合には一株が二五本以上に分ゲツする。しかも一本の穂につくモミの数も圧倒的に多い。慣行栽培が七〇粒程度なのに対して、一二〇粒を超えることも珍しくない。(128頁)

 除草のいらない有機で、大規模栽培するアイディアを提案していのは、前述した九州大学の金澤先生である。−中略−代掻き後の田の表面を、竹繊維を原料にしたマルチング素材で覆ってから田植えをする。−中略−竹繊維の表面では光合成細菌が繁殖して−中略−病害虫からの免疫力を高めてくれるのだという。(133〜134頁)
 
熊本県の益城あたりでその実験が今、行われているという。
例の地震の被害が多かったところだが、地震にもめげず、頑張って日本の農業のために発見をしていただければと心から祈っている次第。

この間も朝のラジオ番組を聞いていたらやりあっていた。
番組のディレクターさんが「近代農業を開発する」という大学の先生を呼んできて未来の農業を語らせる。
そうしたら各地のお百姓さんから「科学的に農業をやるのはどうかと思う」とかっていう反論がどんどん入ってくる。
そういうのはバランスが難しい。
その中でも有名だったのは水耕栽培。
オランダがやっている「水で野菜を作る」というのが日本の農家の方は納得しないようだ。
オランダは巨大な金属のタンスみたいなところにバーっと脱脂綿か何かで野菜を植えていって、水の中に栄養素を流し込んでニョキニョキ伸ばすという。
それをやると、表に出さないから農薬が少なくて済む。
太陽も人口灯を当てて、例の青白い光。
だけどやっぱり日本の農家の方は頑固で「そんなものは野菜じゃない」とかっておっしゃる方が。

一個だけ武田先生も納得したのだが、ものが「美味しい」「美味しくない」というのは「雑味」。
まじりこんだものが美味しい。
だからピュアなものは美味くないという。
「雑味が味を決定する」という考え方がすごく好きな武田先生。
雑味に関係しているらしいが、今、日本各地で伝統野菜が次々に復活している。
これは大手の種苗会社があって、全国統一の「F1品種」。
これは種を残さない。
種を残さずに実だけに集中する、葉っぱだけに集中するという一代限りの野菜。
そういうものがだんだん嫌われ始めた。
個性派の野菜。
「京野菜」とかある。
あの手のものが復活しているらしい。
山形、福岡、熊本、そして東京あたりでは檜原村。
このあたりで伝統のジャガイモ作りなんかが行われているということだ。
そして常識を覆す。
なかなかやる人がいないようだが、水田の「不耕起」。
例の田起こしとか一切やらないっていう。
水を張ったまんま稲を育てるという。
それで水田に黒いビニールを張って、光を跳ね返して雑草を枯らすとかっていう、そういう農業があるのだが、あまり評判がよくない。
何か一つよい知恵がないかというふうに思う。

本の後半は全部農業の方に傾いていく。
農業の上手くいった例なんかを挙げつつ。
山田さんが懸命におっしゃっているのは、農家の方々に分かって欲しいのは「省力化は必ずできる」という。
田舎から江戸にやってきた人間にとっては農業というのは遠い世界の産業ではない。
何とかしなければいけないが切実な問題。
熊本にとっくに80代半ばを過ぎた義理の母がいる武田先生。
それで土地を持っている。
今、貸したりしているのだが、貸しても貸してもまだある。
それぐらい、なかなか土地持ち。
見渡す限り持っていたらしいが「戦後の農地解放で取られて」と義理の父が舌打ちをしていた。
ところが、もうそれが母親としては手放すのは嫌だが、草が生えてくると、もうものすごく身が縮むような思いがするという。
それを何とかしなければいけないのだが・・・。
武田先生の奥様も農家を継ぐというのはないし、お兄さんも商社マンなので「どうすべぇか」ということなので。
義理のお母さんが時々「百姓はよかことはなかですばい」と言うと、何かジーンときて励ましようがなくなる。
奥様もそう。
奥様も眉間に縦じジワを寄せて怒る。
「小さい田んぼでもやろう」「そんな甘いもんじゃないのよ!」って言いながら。
父母の苦労を見たのだろう。
武田先生が「趣味でやろうか」と言っても激怒するように、非常に沸点の低い話題。
山田さんみたいなこういう大学の教授さんたちは(著者の山田さんは大学の教授ではないようだが)「そんなにつらくないはずだ」と。
農業において「省力化はきっとできる」と。
農薬、化学肥料、除草化、機械化。
これで、まあ何とか戦後農業は生き残ったけれども、省力化は絶対間違ってない。
農業というのが今まで少なくとも日本の地面、土を守ってきたんだ。
これからはその土を財産として活かそうではないか。
こんなことをおっしゃっている。
有機栽培と省力化。
これは必ずできるはずだという。
今年(2016年)、野菜が不出来で高騰が続いた。
あれは一つは「F1種のせいだ」ということも言われている。
F1種というのは「種をうんと小さくする」とか「種をなくする」。
それから葉っぱに関しても硬いじゃなく「柔らかいものができるように」と。
消費に向けて作られた野菜というのは、どこかワイルドではない。
ワイルドだとどうなるかというと、雨が多かったら耐える。
野菜自身が「今年は雨、多いなぁ。ちょっと葉っぱ広げるのやめとこう」って言いながら、自分で環境に合せる体力を持っている。
ところが今は雨が多かったら、もうすぐ葉が腐っちゃうっていう、野生種のガッツを持っていない。
確かに採れる量は少ないかもしれないが、ちょっと聞いたところによると、今年は有機の方の野菜の方は順調らしい。
ちゃんと雨が降りやんでから葉っぱを出すそうだ。
だから、普段は高いって言われている有機の方が値段が安定しているという評判だ。
こういうこともあるので、一側面だけで農業みたいなことを考えないでください。
農業の方に「知恵を貸そう」という大学の先生方がたくさんいらっしゃるのだが、山田教授が(多分教授ではないと思うのだが)こんなことを言っている。
有機をやるんだったら畑だけ有機とか稲作だけ有機とかそんなんじゃダメだ。
野菜、養鶏、牧畜、稲作を有機にしておいて、その真ん中に「不耕起」耕す心配のない栽培でぶどう畑を作って観光ぶどう園にしておいて、お客に来てもらうと同時にそこにワイナリーを置く。
それでぶどう酒を造りながら畑に行って養鶏をやって牧畜をやって稲作をやって野菜を作ろう。
これが「できる」とおっしゃる。
それから「お客様を迎えられる農村をみんなで作りましょう」と。
そうすると「全然違う農業が姿を現すはずです」という。
(このあたりの話は本の中には見つけられませんでした)
この辺はちょっと未来の話。
野菜、養鶏、牧畜、稲作、ワイン造り。
著者の山田さんは「もう専業農家ではダメなんだ」と。
兼業農家、それもマルチ。
「それこそがこの農業を、あるいは地方の農業を切り開くキーワードである」と。
農業、あるいは川での川漁師、ワイナリー、それから蕎麦屋の店主。
こういうことを自らで兼業にすれば生活は必ず楽になると。
そういう知恵を今こそ持つべきで。

最近武田先生がすごく気に入っている言葉。
「スペシャリストがヒーローの労働者であるという時代は終わった」
兼業。
もう島から村から浦(?)から、何かいろんなことをやる「ジェネラリスト」「分業で生きていく人」そういう人が主役の時代がやってきた。

最近、山の様々な木の個性を生かして物づくりをする職人さんたちが、現れ始めている。
 山の木は、種類によって、色合いも木目もまったく違う。箱根細工という伝統工芸は、そういした木々の色合いを様々に組み合わせた「寄せ木」の技法で作られたものだが、最近の潮流は、そうした「寄せ木」とは別の発想で「木の個性」を生かした家具である。
 たとえば「引出しの鏡板がすべて別々の木でできているタンス」「天板がたくさんの木の集成材でできているテーブル」などである。
(161頁)

一種類の木から家具を作るため、一つの木を同じ山に植えて埋め尽くすということは、もう「おかしいんだ」と。
「自然に反しているんだ」と。
それだったらさまざまな落葉樹林帯を作って、そこからウッディなものを作るという。
こういう「ジェネラリスト」「分業者」っていう人たちが時代の真ん中に飛び出してきてもいい時代ではなだろうかというふうにおっしゃっている。

もう一回繰り返すが「日本の山谷にもう一度オオカミを放つ。そのことによって食物連鎖のピラミッドの頂点を作りさえすれば」というのを著者の山田さんは「現実的ではない」と。
「オオカミが今、厄介な鹿を捕えるとは決まっていない」と。
オオカミはもっと小さな小型のウサギやネズミに向かって安全に生きていくという、そういう道を選ぶ可能性も大だから。
「オオカミさえ放てば鹿はいなくなる」というのは「あまりにも現実的ではない」と。
それよりも逆に「絶滅危惧種と言われている若い猟師さんを育てた方が早い」という。
どこか東京とかにいたマタギの若い女性。
骨でボタンを作ったり細工物を作って鹿は飾り物にして。
皮は全部別のものにして肉は全部食べるという。
ああいう女性たち、あるいは若い男性を育てた方が「農村のためには実に現実的だ」という。
そういう意味で、その手の「ナチュラリスト」っていう人たちが増えている。
「マリファナは体にいい」という人たちよりは「鹿をみんなで食べましょう」「一発で仕留めないと肉がダメになります」という方が好きな武田先生。
こういう若い人たちに林業に参加してもらう。
林業の他に若い猟師として、マタギとして。
ジビエ料理、あるいはジビエレストラン。
それからソーセージ業界に売り込む。
絶対いける。
乗ってくれる。
つまり「エリア全体のためになる」と思えば。
シカ肉をソーセージにするとかっていう新しい調理方法があれば。
それからもう一つはペットフード。
ペットフードに鹿さんを、あるいはイノシシさんを。
そうすると、ちょっと違う価値観で農村の鹿対策ができるのではないかという。

関東近郊で人口減の市町村の「過疎」。
この過疎の市町村、そこではいわゆる農地が放られっぱなしになっている。

 余った土地を、とりあえず農地に戻していってはどうだろう。(170頁)

「土壌流失とはそれほど深刻なのである」と著者は訴えている。
土がどんどん無くなっている。
これを何とかキープするために家庭菜園として都市部の人に貸し出すという、そんなことをやっていただけませんかという提案。
わずか20〜30坪でいい。
それが万単位になれば立派な農業足りうる。
「素人農業エリア」というような。
これはもう乗り出しているところがあるのではないか。
なるべく頑張って有機。
いわゆる農薬、それから除草の無い、水管理のみの農業にすれば。
「そういう方策をこれからいくらでも考えましょうや」という。

小学校でヤギを飼い、それで除草業を始めた学校がある。
これはよくニュースになっている。
ヤギを飼ってヤギを貸し出す。
それで繋いでおくところをきれいに。
世田谷なんかも業者の人が草を刈ってある。
あれを世田谷区がヤギを飼うことでヤギをずーっと。
このヤギのミルクから給食のチーズを作る。
そういうところまで役に立っているそうだ。
食料自給率というところを小さいところから積み上げていくという。

沖縄にはヤギ料理がある。
ヤギ料理は臭みがあるので素材つくりが難しい。
ヤギは男(オス)の方が美味い。
男も年齢があって、歳取ったヤツは肉が硬くてダメ。
若い男。
もっと厳しく厳選すると若い男でも女(メス)を知らない方がいい。
「女を知らない」と言っても子供過ぎると美味しくない。
パッと色気が出て「今晩ヤリたい」ってヤギが思っている。
そう思った若い発情したヤギの・・・。
だからメスで判断するそうだ。
その肉とそのあたりが最も美味いというので。
ただの伝説だと思うが、それをしきりに言う人がいた。

東京と言うのはそういう意味では、あの問題が提案してある。
アスファルトで土がない。
東京は下水へ流れ込むシステムで水害を起こしている。

 要は、いまある庭の雑草を抜くのをやめ、定期的に刈り払う方式に切り換えよう、という運動である。(180頁)

だからヤギは便利なんだ。
でも人間と言うか管理の方もそうやってらっしゃる。
雑草の根は抜いちゃいけない。
そのまま残しておく。
梅雨時、雨が降った時にその根が水を吸うと、すっごい量吸える。
これはすごい知恵。
それに雑草もよくしたもので時期をずらしたりするらしい。
雑草は一斉にバッと育ったりしないで、花が咲く順番に散らばりがある。
ああやって種を守る。
向こうもさるものなので「根は抜かずにそのままに」という。
だから刈る手間というのを残しておくと、梅雨時に雨が降ると根から吸うことによって伸びる。
伸びることによって水を処分していくという。
これはなかなかすごい知恵。
かくのごとく、著者は様々な知恵を自然界であてはめて、人間の都合だけで自然を見ないように。
「鹿が増えた。ならばオオカミを放て」そうすると「オオカミが鹿を喰う」。
そんな図式ではなくて生態系のピラミッド全体を眺めるという。
そういうところから自然を考え、自然の横にある農業というものを考えない限り、やっぱり「オオカミがいないと、ウサギは滅んでしまう」のだ。
何かそういう「全体」を考えないと。

『三枚おろし』は今日の朝刊に載っている時事を一切扱わない。
大昔に戻ったり、何年か先、何十年か先のことを語ったりという。
時制としては「ナウ」「今」が無いという。
ナウくない番組。
いろんな問題があると思う。
対ロシアの問題にしてもそうだし、新生アメリカにしてもそうだし、中国に関してもあるが、いつも武田先生が空想することが一つある。
中国のガス田開発というのが日本の海域に迫ってきて、手を突っ込んで日本の海域からガス田のガスを引き抜いてるんじゃないかと疑いが持たれたりする。
でもあのガス田の立坑でパイプを入れているところは、どう考えても台風の通り道。
「あんなところで本当にガス採れるのかな?」と思うのが一つ。
それからガサーッと魚を獲っていくので困るが、例えばサバなんかをガバガバ獲っているという中国の漁船がいる。
この間ドキュメンタリーで見ていて、中国の漁船はものすごく大型化して、もう韓国なんて機関銃で撃っている。
それぐらい横着。
人の領域に潜り込んできて魚を獲って、大国中国をバックにして逃げない。
だから先月韓国の警備隊が撃った。
(ネタ元が既に削除されてしまっているようだが2016年11月に報道された韓国の海洋警備当局が、違法操業をしていたとしてだ捕した中国漁船をえい航していたところほかの中国漁船が多数集まって妨害しようとしたため、機関銃をおよそ600発撃ち、中国漁船の違法操業に対し従来より厳しく取り締まる姿勢を示しました。という件かと思われる)
でも一つだけ中国の漁船に関して思うが、掃除していない。
船体の汚れがすごい。
船体の白いところに水垢の茶色がバーっと。
汚い昔のおトイレのおしっこの跡みたいなのが。
というのは、何が言いたいかというと中国の漁民の方で「好きで魚獲ってる人」が少ない。
日本の漁船と比べてみると、やっぱり手入れをしている。
中国は漁船としてはデカいかも知れないが、やっぱり手入れしていない。
雑。
やっぱり好きでやっている方が少ない。
そのへん、やっぱり休みの日は船を洗った方がいいと思う。
喰い物を獲るわけだから。
そんなふうにしてコマメなことを考えると、尖閣問題とか南の方のフィリピンの漁場の問題に関しても、別種の角度で見た方がいいんじゃないかと。
武田先生がちょっと心配しているのは、とにかく中国という国に関しては「食糧輸入国」になったということ。
もう小麦ができない、足りない。
小麦って、麺で生きている国。
余計な世話だが、やっぱり中国には農業大国であって欲しかったと思う武田先生。
中国から農業を引いてしまうと中国じゃないような気がする。
絶えず10億以上の人口を養う立国の条件として農業を持っている。
非常に熱心な大地を耕す中国人民がいるという。
何かそれが中国の大地のような気がする。
今、その中国は軽工業で稼いでいる。
「加工」で。
でも「加工で稼ぐ」というのがそう続くだろうか?
間違いなく言えることは、福岡に行くとわかる。
福岡のビルの窓を見てください。
もう全部、土埃。
中国からやってきたPM2.5に混じって中国の地面の土が福岡のビルの窓に張り付いている。
飛行場でタクシーに乗っても、窓がちょっとでも汚れていたらそれは絶対に昨日か一昨日に付いた中国の土埃。
それぐらいものすごい勢いで日本海と九州の上空に砂粒を落としている。
ここはもう、もしかすると農業に戻れないかも知れない。
とにかく今、中国共産党を含めて北京政府が身を焦がすぐらい一生懸命やっているのは「海に境界線を引いて国境を広げる」という。
海に関してはすごい信仰が今、中国にある。
「海は豊かさの源泉」みたいな。
「海に興味を持った中国人」というのは中国の歴史始まって以来だから「このへん大丈夫なのかなぁ」というふうに懸念している武田先生。
それからアメリカについてもそう。
米国のかなりの人数の方が「トランプ手品をやるような方が大好きだ」という国になっちゃってる。
彼の仕事は不動産屋さん。
土から離れた人。
数代前の大統領、例えばカーターさんは農園の経営者だった。
それよりもやっぱり不動産屋さんが人気を集めるというようなのは土に関する生態系が中米ともに少し歪んできているのではないだろうかという。
そういう意味で日本の農業を何とか頑張っていきたいというふうに思う。

2016年11月28〜12月9日◆オオカミがいないとウサギが滅びる(前編)

番組の中で著者の山田健さんの名前を「けん」さんと言ったりしていることが何度かあるが、本によると「たけし」さん。

オオカミがいないと、なぜウサギが滅びるのか (知のトレッキング叢書)



オオカミファンで「オオカミを放てばよいことあるぞ」みたいなことを語っている本を『三枚おろし』で好んで次々と取り上げている武田先生。
犬好きが高じてオオカミのツラつきが気に入ってそんなことを言っているのだが、山田さんは逆の意見。
「そんな簡単じゃないよ、自然は」という。
だから反対意見の方も取り上げてみようと思って。
山田さんというこの博士(調べてみたけど、著者が「博士」であるというデータは出てこない)はどこから話を説くかというと、土から話し始めるという。
土というのがすごく重大で、動植物が分解されて、土砂が接着して生成された団粒構造の土壌というのがある。
土が何でできているか?
岩石なのだが、ミミズが喰うことによって土になる。
全ての土を作ったのはミミズ。
ミミズは土を食べて、お尻から出した時にウンコが土になる。
だから「大地作ったのはミミズだ」という説もあるぐらい。
ミミズの力によってあの土の一粒にレンコンのように細かい穴が開いている。
それが自然の一番底辺。
自然の一番底辺はこの土だということ。
ここから自然界が始まる。

こうして「団粒化」した土壌の上に雨が降ると、相当激しい豪雨でも、ほとんどの水はスッと浸み込んでしまう。−中略−団粒化した土壌の深さが一メートルあれば、五〇〇ミリの豪雨でも簡単に浸み込んでしまう。スポンジ状の空間に蓄えられた雨水は、さらに深いところに浸み込んで地下水になったり、斜面方向に地下を流れて谷にゆっくりと浸み出し、清冽な渓流水になったりする。(14頁)

だから「土こそが全ての自然界の土台なんだ」と。

 地球上で無機物から有機物を生産できるのは植物だけと言われている。−中略−
 植物は、太陽エネルギーを使って二酸化炭素から糖を合成し、それを元にして、あらゆる有機物を合成していく。
(17頁)

その植物を食物とする動物と、その食物を食べた動物を食べる動物。
それによって自然界の「食物連鎖」というピラミッドが形成されている。
このピラミッドこそが重大である。
ピラミッドの構成全体が大事。

 ただし、アンブレラ種の「子育て支援」のためには、とんでもなく広い行動圏を環境的に守っていく必要がある。イヌワシでは、最低でも一万ヘクタール。クマタカで五〇〇〜一〇〇〇ヘクタールというから大変だ。
 ちなみに、東京ディズニーランドが約五〇ヘクタールだから、クマタカでもディズニーランドの十数個分が必要で、山手線の内側、約六三〇〇ヘクタールのすべてを立派な森に再生しても、わずか一〇つがい程度しか棲めないという計算になる。
(23頁)

(番組の中ではこのあたりの説明で「タカとか熊」と言ったりして混乱があるが、本によると「クマタカ」)

『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)
あれは本当にすごい。
彼らのプロジェクトの中で、東京のど真ん中で「生態系を自分たちで作ろう」という試みをやっていて、東京のど真ん中のある学校の屋上を借りて、そこに草花を咲かせて「自然を」という。
このあたりかと思われる)
よく調べると新宿でタヌキがいる。
あれはビックリする。
リーダーの城島(茂)君がこの間、秋のシリーズか何かで稲刈りをやっていたのだが、後ろから見ると完璧に「福島のお百姓さん」。
カマで刈って、腰が入っていて見事。
藁を抜いてクルクルっとまとめて束にしていくというのが。
ああいう彼らのテレビ番組を見ていると自然というのが本当にわかる。
「島で生きていく」とか。
それからもう一つ、横浜の海岸に「ダッシュ海岸」を作って魚を呼ぶヤツ。
DASH海岸
あのシリーズが面白いと思う武田先生。
やっぱり自然のバランスというのは本当に難しい。

自然の一番の重要なポイントだが、頂点をなくすと、たちまちピラミッドが崩れる。
そういう意味で武田先生がオススメの日本の山谷にかつて頂点としていたオオカミ。
これは70年前、戦後日本でニホンオオカミが絶滅するのだが、そこからそのオオカミを狙う猟師さんという天敵も消えた。
非常に日本の自然というのは頂点をなくしているという。

日本の山谷の頂点にはかつて戦前までオオカミがいた。
70年前、戦後日本でニホンオオカミは奈良を最後に絶滅した。
それで山の環境も変わって、「マタギ」猟師の人たちもたちまち商売にならず消え失せて、日本の自然界は頂点の獣をなくす。

 二〇一三年の環境省の発表によると、一九八九年に全国で三五万頭ほどだった鹿が、二〇一〇年の段階でおそらく三二五万頭に増えているという(26頁)

滅茶苦茶増えている。
10倍。
もう鹿はヤリっぱなし。
セックス大好き。
2016年では一千万頭いくのではないかと。
最近はすごい。
「鹿の体当たり」があるとか。
今年(2016年)の秋口は、しかも街の真ん中まで来ている。
まずは鹿の害から言うと、鹿の害がクマの被害を呼んでいるところもある。
鹿というのは背の届くすべての草木を喰い尽くす。
それで、その喰い物を探しに猪とか熊が街まで降りてくるというワケだ。
武田先生は「オオカミを日本の山谷に放てば」ということをこの番組(『今朝の三枚おろし』)でその手の本を取り上げた(こういうのとか)のだが、山田さんはこの考え方には大反対。

「だったらオオカミを導入すればいいじゃないか」
 なんていう素晴らしいアイディアを思いつく人が、必ずいる。
 バカなことを言ってはいけない。
−中略−
 その上、オオカミの主食は、通常、もっと小型の動物なのだ。
 オオカミなんかを放ったら、鹿のおかげでそれでなくとも激減しているウサギやネズミが、真っ先にトドメを刺されてしまう。
(30〜32頁)

ハブが増えたのでマングースを放したら、マングースがハブと闘わないでニワトリばっかり喰って歩いたという。
それで害獣になっちゃったという。
なかなか自然というのは。
だからマングースもやっぱりハブとは闘いたくない。
危ないから。
「鹿を害獣と考えてオオカミを導入する」という発想こそ、ピラミッドを消してしまうことになるのだ。
害獣を産んだのはあくまでも人間であって、勝手に決めてはいけない。
その一例として著者は別の例を挙げてある。

 カシノナガキクイムシ(以後、面倒くさいのでカシナガと省略する)というのは、体調四〜五ミリの小さなキクイムシで、いま、日本中のブナ科の植物を枯らして回って、世間の注目を集めている虫である。(36頁)

(番組の中で、この虫のことを「毛だらけ」と言っているが、実際には毛虫ではないようだ)

 しかし、この虫も、本来はいい子だったはずなのだ。彼らは、若くて成長のいい木は絶対に喰わない。山の中で、「そろそろ枯れることにしませんか」というようなコナラやクヌギの老木を見つけては引導を渡し、森の若返りに貢献してきたのである。(37頁)

コナラやクヌギは炭にするための木。
炭にするために昔の人が里の近くに植えている。
これはすごく便利な木で、ある太さになったら根っ子を残して切ってしまっていい。
切ると脇からまた出てくる。
10年以上ぐらいで前に切ったヤツと同じ太さになる。
だから10年ローテーションで切り続ける。
(本によると15〜20年)
そうしたら安定した炭がずっと生産できる。
本当に便利な木なのだが、ただ一つ、これが大木になるとキクイムシっていう虫を山から呼び下ろす。
里近くに降りてくるとこのキクイムシはコナラ、クヌギで太って、他の木に取り付く。
だから炭作りをずっとやらない限り、コナラ、クヌギはもう枯らしたほうがいい。
これが今、全然できていないから日本の里山の雑木林がガタガタになっちゃったという。
里山とか雑木林というのは、手入れしない限り、ものすごく悪いものを山から呼び寄せる。

日本中のマツが喰われて大騒ぎになったという事件があった。
武田先生は旅をしていると危機感を感じる。
中国地方、広島とか岡山の高速道路を走っていると、松という松が赤く枯れている。
今から2〜30年前。
それでゴルフ場の松も危なくて、注射が10数本打ってあった。
虫が寄ってこないように。
「日本の松が全滅するんじゃないか」と叫ばれたぐらい。
実はこれも人間が呼び寄せた松枯らしの虫のせい。

この間、写真家の加納典明に会って話した武田先生。
加納典明が東京の街角で無邪気に遊ぶ子供の写真を撮っていたら、親がバーッとやってきて「個人情報の流出だ」というので訴えられて。
加納典明がプリプリ怒って「平成の時代は『個人』っていう顔が無いバケモンしかいねえのか」という。
そういう事があるので難しいこと。
水谷譲もこの話にはビックリだが、そういう親御さんは増えている。
「うちの子は撮らないでください」とか。
学校でも最初にプリントが配られて「これから運動会とか文化祭の時に『自分の子供が写って欲しくない』という人は前もって言ってください」というお手紙が配られる。
面倒臭いというか「そんななっちゃったのかなぁ」と思う水谷譲。
あそこの学校(水谷譲のお子さんが通われている学校のことかと思われる)は連絡帳がある。
連絡帳一冊100万円単位で売り買いされているらしい。
ダイレクトメールにもってこいだから。
難しい時代だが、そこのところがちょっといびつ。
昭和の写真集とか見ると「路地で遊ぶ子供たち」。
もう涙が出るぐらいいい顔をしている。

外国からいろんなものが入ってくるといろんな便利さもあるのだが、プラスマイナスもある。
これが「松枯らし虫」。
「マツノザイセンチュウ」という。
外国からの輸入材木の中に紛れ込んでいた。
それで日本の松が美味くて美味くてたまらないからバリバリ喰いだして「日本の山谷が全部枯らされるんじゃないか」。
ということは何かというと、一斉に薬を撒けばいいのだが、日本の松林は防風林みたいなヤツもあるが、マツタケが出てくる松林もある。
高価な○万円のマツタケのところに農薬を撒かれたのではつまらないというので、地域によって「ここだけは撒くな」というエリアがあって農薬散布が効かなかった。
これは昔、本当に大騒ぎした。
これは何で収まったか?
こいつが取り付いても喰われないという松が日本で出始めた。
強くなった。

雑草のセイタカアワダチソウ。
キリンソウ。
ちょっと郊外に行くと黄色い三角形の花を付けた、昔、荒地なんかにいっぱい咲いていたヤツ。
あれは「闘い中」。
箱根なんかもあれがバーッと出てきて、ススキが全滅させられる可能性があった。
セイタカアワダチソウは困ったことにアメリカの材木に紛れ込んで日本にやってきたのだが、根っ子から毒を出す。
それで他のヤツを毒殺して自分が広がる。
ところが今、奈良から始まったらしいがススキの反逆が始まって「毒を撒かれても死なない」というヤツが増え始めた。
今度は白いススキか黄色いセイタカアワダチソウか。
郊外にちょっと出た時に高速道路の土手とか田んぼを見てください。
懸命に二者が闘っている。
そんなふうにして毒に自らが強くなるという。
だから人間がやることなんて、やっぱりほんの一部。

例えばダムを考えた場合。
「ダム」というのは基本的に「河川の首を絞める」という考え方がピッタリなのではないか。

 ナイル川流域では、氾濫原による持続可能な農業が、ファラオの時代から現代にいたるまで、実に数千年にわたって営々と続けられてきた。その伝統が、ナセル大統領による一九七〇年のアスワン・ハイ・ダム建設で、あっけなく崩れた。
 ダム建設の主要目的は、氾濫の終息と農業用水の安定確保により、農業の一層の振興を図ることだったのだけれど、あにはからんや、かつての氾濫原では土壌が痩せて生産力が激減し、ダム湖からは大量の水が蒸発し、灌漑用水として供給されるはずだった水量は、当初の目論見に、はるかに及ばなかった。
(57頁)

ナイル川はクレオパトラの頃が豊かだったらしい。
クレオパトラの頃は、あのピラミッドの脇まで川が来ていた。
あそこは沼地があって農業用水で結構小麦とか採れたらしい。
それが今、砂漠になっちゃってどんどん、という。
だから「ダム作りゃいい」というものじゃなく、今はアスワン・ハイ・ダムがエジプトを苦しめているという。
政治的な動きがいろいろあると思うが、この「ダムが首を絞めた」というのがエジプト経済にとっては非常に大きなことではなかろうかと。
これが、アメリカなんかにも共通したことが言えて、トランプさん(第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・ジョン・トランプ)なんかが登場するのが当たり前という裏事情がある。

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)



あの中でジャイアン(のようなビフ・ タネン)が出てきて(主人公のマーティ・マクフライを)いじめ抜く。
あれがトランプさん。
髪の毛が無暗にボワーっとしたり太っていて。
それが、アメリカの三流紙で話題になっているのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の最後版(バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3)が今年。
(PART3は1955年に飛ぶようなので、これらの話はPART2ではないかと思われる。PART2は2015年に飛ぶ)
あの中でアッと驚くのだが、電光掲示板にニュースが映るのだが108年ぶりにシカゴ・カブスが優勝している。
それが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の街角の速報で流れる。
あれは前から言われていたが、監督さんが凝り手なので起こる可能性は全部あげたみたい。
「新製品で何ができるか」とかというので。
靴のヒモを自動で結ぶのはできた。
反重力で浮かぶスケートボードはできていない。
それで、あの、いじめていじめていじめ抜くいじめっ子が、トランプさんをモデルにしている。
もう、あの映画を作る時から不動産王の跡取りで有名だった。
あれ(映画の中で)は不動産王。

アメリカも我々が知っているすごく強大な力とか素晴らしい個人主義とか、そういう面と、基本のところで上手くいかなくなりつつあるものがある。

 たとえば、アメリカの大穀倉地帯では、一トンのトウモロコシを得るために、毎年一〜二トンもの土壌を失っているという話がある。−中略−トウモロコシ一種類だけを育てていると、作付け初期や収穫後に剥き出しになった土が、風で飛ばされたり、雨で流されたりする量が、半端ではないのだという。(59頁)

汲むだけ水を地面の下から汲み上げるが、スカスカになってきている。
上空から見るとわかるが、皮膚病みたいに点々と「何を植えても育たない」という枯れた土、砂漠化した土がアメリカの穀倉地帯に広がっている。
これはロシアも中国もそう。
「とにかく化学肥料で何とかしよう」という。
とにかくたくさん作らないと儲からないワケだから、収穫量でとにかく補っていく。
ドンドン肥料を与えるのだが、肥料を与えることによって大地そのものの酸性化が進む。
そうするとミミズなんかが死んじゃう。
「地面を作る」「土を作る」という生き物がいなくなる。
生態系、ピラミッドのてっぺんから殺していく。
だから強い生き物がいると、我々がやってきたのは、まずはオオカミならオオカミを撃ち殺して「牧草地帯の安全を図る」とか。
その、とどのつまりの行先がアメリカ、ロシア、中国の大規模農業なので、支えきれない農業の現状が出現しつつあるんじゃないか。
だから「私さえ選べばいいことある」という「叫んじゃう」という現象がおこるようだ。

二〇五〇年に予測される人口九〇億人の時代を支えるためには、現状の耕作地を維持しつつ(地球上には、もはやこれ以上耕作地を増やす余地はほとんどない)、単位面積あたりの収穫量を六〇%増やす必要があると語っているのだけれど(66頁)

一番手っ取り早い方法は「肉を減らして穀物を食べる」。
そういう食習慣を復活させないと、もう肉に特化しているような食事をする国はまず滅びるという。
だから早い話が「肉喰うな」と武田先生の奥様が言うとおり「喰わなくていいのよ」と「レンコンを喰えばいいのよ」と。
「食事を変えないと持たないぞ」と。
著者の山田さんは今、生態系のピラミッドを世界で見る。

人類が七〇億人なのに対して、人類以外で、人類を超える人口を誇っているのは、ニワトリの二〇四億羽だけ。それに次ぐ牛でさえ、一五億頭しかいないのである。
 牛、豚、羊、馬などの大型家畜を全部あわせても、三五億
(73〜74頁)

現在、人類は生態系のピラミッドの頂点にいるのだが、本当におっしゃるとおり、人間には天敵がいない。
だから、これら下位の家畜のために牧草地を広げ、森林面積を急速に失いつつある。
人類は今、何よりも問題なのは「土を失いつつある」という。
この問題をどうやって解決するか?

山田さんの提案は「土がなくなりつつあるんだ」と。
だから「土をいかに回復すべきかが何よりも大事な農業の問題である」と。
でも逆の発想ではオランダみたいに「土に頼らない農業をやろう」というような農業の発想もある。
ただし、これはやっぱり大手の巨大な会社が資本金を出さないと育たないだろう。
ありものでやるとすれ、ば山田さんは「土を取り戻すために絶対必要なのが広葉樹林帯である」と。
日本の山谷はクシャミばっかりする花粉症で有名なスギ、ヒノキが多いが、そればかりじゃなくてカエデ、桜、カツラ、ケヤキ、トチ、これらの広葉樹の落ち葉がものすごく大事で、この落ち葉が溜まっていく。
大地の上に積もることによって落ち葉から滲み出た栄養素が地面に染みていって虫を呼び寄せる


だから虫を嫌いかも知れないが、土を作るためにはものすごく「虫の力」が。
虫が集まってくると必ずケモノが集まる。
豊かな川があって、豊かな川が出来ればかならず豊かな海ができる。
日本の沿岸で非常に「豊かな海を作る」っていう運動さえしっかりやっておけば何とか。

常葉樹林帯。
いつも緑の山は実は土壌流失をおこしやすく、大雨で崩れやすい。
一番強いのは落葉広葉樹林帯。
様々な樹木、低木、草が生えるという「明るい森」だという。
常葉樹林帯はやっぱり鬱蒼としてる。
暗い森じゃダメなんだ。
明るい森だ。
生態系ピラミッドは森であっても多様さを慕い、独占を激しく憎む。
やっぱり「多様さ」は大事。
コナラ、クヌギが林を独占すると必ず「キクイムシ」っていう虫が大量発生する。
そういうものにブレーキをかけるためには生態系には多様さが必要である。
「意見なんかいっぺんにまとまった方がいいのかなぁ」と思う武田先生だが、自然も人間も「多様さ」が大事なのだ。
最近そういうことをやたら感じる。
だから変わった意見の人がいても、そう簡単に潰してはいけないような気がする。
この間入ったら、まだ「大麻を使いましょう運動」のパンフレットが置いてあって。
「麻布」っていう地名があるぐらいだからあそこで大麻が栽培されていた。
それから世田谷の「砧」。
あれは麻で作った繊維をほぐす音。
「砧」という石鎚で麻の繊維を打って柔らかくする。
だからその麻を利用していろいろというのは・・・。
麻の利用方法なんて昔の人はいくらでも知っていたし「幻覚が起きる」なんてことはもう知っていたと思う。
それを「アメリカでは治療に使っている」とか「アメリカではガンの患者さんに使われています」とか。
「私は知っているのよ」という態度が嫌いな武田先生。

多様性は認める。
その多様性をいかにお金のかからない知恵にしていくかということ。

 たとえば、九州の水田では、植えたばかりの苗を喰ってしまうジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)という外来種に、長年悩まされてきた。もともとは食料として一部の養殖場に導入されたのだけれど、これが環境中に逃げ出てしまい、いまでは、水田だろうが行けだろうが、川だろうが、いたるところに生息して縄張りを広げている。−中略−
 ところがある時、田植え直後の田んぼに野菜クズを撒いた農家が現れたのだ。
 すると、どうだ。
 ジャンボタニシは、野菜クズに群がって、稲苗には見向きもしないではないか。そうこうするうちに、稲苗はジャンボタニシが食べられないくらいにまで硬く大きく成長してくれる。
(125頁)

 その段階で野菜クズの投入をやめると、喰うものがなくなったジャンボタニシは、稲以外の雑草を片っ端から食べるしかなくなる。(126頁)

だからよく観察して「いかに利用するか」ということ。
人間が勝手に「これは、こんなふうな使い道があるから便利だ」とかって叫ばないで「便利と不便っていうのをちゃんと使い分けて」という。
その観察力がないと、うまく自然と折り合っていけないような気がする。