カテゴリ


2017年03月26日

◆RSP56◆マンナンライフ◆蒟蒻畑ララクラッシュ◆18◆

次にご紹介するのはマンナンライフ様の蒟蒻畑ララクラッシュです。

01DSCN1894.JPG

ブースはこんな感じでした。

01DSCN2198.JPG

サンプルバッグにも一袋入れていただきました。
この「マンゴー味」と「パイナップル味」は3月6日発売だそうです。

01DSCN2274.JPG

中はこんな感じ。
一個たったの6kcal!
でも食べた感じは普通の美味しいマンゴーの味のゼリーって感じで、甘味もしっかり感じます。
これならダイエット中でも安心して食べられそうですね。
口の中でほどけるので、私みたいに歯が悪くても安心♪

【 2016 秋・冬 Ver 】 [トクホ] マンナンライフ 蒟蒻畑 ララクラッシュ 最新アソート5種<マスカット味・ぶどう味・りんご味・オレンジ味・杏仁ミルク味>× (各24g×8個) 合計5袋(40個)



posted by ひと at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル百貨店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆RSP56◆協同乳業◆メイトー ミルクde水素◆17◆

試飲もさせていただいた協同乳業様のメイトー ミルクde水素をご紹介します。

01DSCN2268.JPG

サンプルバッグにも一本入れていただきました。

01DSCN1914.JPG

ブースはこんな感じ。
ブースでも試飲がありました。

商品名に「水素」っていうのが入っているので、最近流行っているすぐに抜けちゃって無意味な水素を入れてあるだけの無駄な商品かな?と思ってしまいましたが、これは全然違う内容でした。

01DSCN2160.JPG

「水素」って書いてあるのに、何と水素は入ってない!!!!
「え?どういうこと?」って感じですね?

01DSCN2161.JPG

牛乳を飲むと水素ができる!
全然知らなかった!!!!
だったら水素を摂取したければ牛乳を飲めばいいのでは?って感じですが、何しろこれは「腸内フローラ」ってのが関係しているので、人によって腸内環境はいろいろですので、たくさん水素が作られる人がいれば、あんまりできないって人もいるワケで。
そこでこの商品の登場ですよ!
これなら腸内フローラの都合であんまり水素ができないタイプの人でも水素ができちゃう!
しかも水素の持続時間が約10時間と、とっても長い!
ということで、水素をとりたいけど、水に水素を溶かし込んだだけのじゃあ無意味だろうしな・・・とお悩みのアナタにもオススメの商品!

肝心のお味ですね。
飲んでみた感じは、甘味を感じる味なんだけど脱脂粉乳の甘味に似ている感じかな。
もっと牛乳っぽい味なのかな?と思ったけど、牛乳ぽくないってほどではないけどちょっと違う感じ。
飲みやすい味だとは思うけど。

ミルク de 水素【200ml×24本】常温保存可能



posted by ひと at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サンプル百貨店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コイケヤ ポテトチップス 九州うまくちしょうゆ味

DSCN2269.JPG

湖池屋から九州限定製品が2品登場! 『コイケヤポテトチップス 九州うまくちしょうゆ味』 『カラムーチョチップス 柚子こしょう味』新発売
このたび、九州での限定製品発売にあたり、地域特性のある『しょうゆ』に着目しました。
九州では、比較的『甘み』や『旨み』のあるしょうゆが好まれており、地域特性をより高く訴求するため、九州でなじみの深い『フンドーキン醤油株式会社』のしょうゆ「ゴールデン紫」を使用。
なじみの深いしょうゆを使用することで、『しょうゆのおいしさ』がはっきり感じられる、九州うまくちしょうゆ味に仕上げました。
■フンドーキン醤油について■
大分県臼杵市にある『フンドーキン醤油株式会社』は、1861年(文久元年)の創業以来、味ひとすじ・純正をモットーに、しょうゆ、味噌をはじめとした多くの調味食品を製造・販売しています。先人の知恵と技を受け継いでつくられたしょうゆはコクがあり、風味豊かな味わいです。

フンドーキン ゴールデン紫 1L×3本



2010年4月26日発売なので新発売ではないけど、九州沖縄地区限定商品。
内容量60g。
スーパーで98円(税抜)で購入。

醤油っていうから、結構ガッツリ醤油のしょぱさが強い味なのかな?と思ったら、結構甘味がある。
九州の醤油は甘いっていうから、そういう甘い味の醤油の味なのかと思うが、九州の甘い醤油の味は知らない。
味付けは濃い目な感じだけど、食べやすい方かな。



posted by ひと at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする