カテゴリ


2018年10月08日

京急にQRコードが付いていることに今頃気づいた件

京急ってあるじゃん。
京浜急行電鉄。
車掌がホームに取り残されたら「次の駅まで走れ!」とか言っちゃうことで有名な京急。
最近気づいたんだけど、京急の車両のドアのガラスの部分にでかい「QRコード」が貼ってある。
私は思ったのだ。
これは何かの企業の広告に違いない!
と。
結論から申しますと、広告でもないし、最近貼られるようになったのでもないという。
もう去年からあった上に、広告じゃないからURLと紐付されていないので、私が何度やっても読み取れなかったのはそういうことかと。

電車の「QRコード」でホームドア開閉 導入の課題を低減 都営浅草線で検証へ | 乗りものニュース
今回、二次元コードの「QRコード」を車両のドアに貼り付け、それをカメラで読み取ることでホームドアを開閉連動させる技術を新たに開発したといいます。

うん。
すげぇ新手の広告だな!と思ったんだけどね。
私みたいなバカが必死にURLを読み取ろうとしてホームに張り付くからさ。
正体がわかったからよかったけど、このまま正体がわからなかったら、永遠にURLが表示されるまで写真に撮り続けるところだったよ。
っていうか、これは広告として使えるよね?
ポスターとか看板に、何も説明が書かれていなくて、巨大なQRコードだけが書かれているとか。
当然「何だろう?」って思うので。

新しい京急電鉄の世界 (トラベルムック)



posted by ひと at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌駅立売商会 柳もち

DSCN6081.JPG

柳もち | (株)札幌駅立売商会(弁菜亭)|仕出し・弁当・駅弁・宅配弁当・オードブル・笹吉
明治39年からのロングセラーお土産『柳もち』が、『じゃらん』さんでもお馴染みの『ズウさん』こと渡邊俊博さんのおもしろいイラストの新パッケージになりました。 北海道のもち米『はくちょうもち』で作ったお餅を、十勝小豆のこしあんでやさしく包みました。食べやすく、ほんのり甘い、ひと口サイズの10個入り。

札幌駅なんかで駅弁を売っているところあるじゃん。
あれの札幌駅立売商会(弁菜亭)の店に置いているっていう話なのだけど、通算で30年間も北海道に住んでいたというのに一度も食べたことがなかったというか、そういうものがあるのも知らなかったということで買ってみることに。
売切れやすいって話だったけど、本当に遅い時間に行くと売切れている。
朝に行ったらまだ売っていたので一個購入。
600円(税込)。
なんだけどね・・・。
もっと端数が出る値段だった気がするけどな?
レシートをくれなかったんだよね。
レシートくれって言おうかなって一瞬思ったけど、面倒だからいちいち言わなかった。

DSCN6088.JPG

裏側にはこういう黄色いテープが上下二か所に貼ってある。
10個入り300g。
買った日の翌日が期限なので、土産として買って配るのには難易度が高い。

DSCN6097.JPG

DSCN6090.JPG

中に紙が。
↑表
↓裏

DSCN6092.JPG

DSCN6094.JPG

ずらりと並んでおります。
アンコでくるんだ餅だなってことで。

DSCN6100.JPG

刺すヤツが二個入っている。
二人で喰えってことだな。
しかも食後すぐに一人で全部喰うというね・・・。
喰ったけど。

中の餅はもっとふにゃふにゃした感じかな?と思ったけど、思ったよりしっかりしていた。
硬いってことではないけど。
アンコは甘すぎなくて飽きない感じの味で美味しいと思う。

posted by ひと at 20:12| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする