カテゴリ


2018年11月22日

NHK きょうの健康 子どもの発達障害 徹底解説

NHK・Eテレの「きょうの健康」という番組で「子どもの発達障害 徹底解説」というのをやっていた。
全文ではないもののNHKのサイトの方に概要が紹介されていたのでリンクを貼っておく。
再放送の予定もあるので、それも合わせて紹介しておく。

子どもの発達障害 徹底解説「注意欠如・多動症(ADHD)」 | NHK健康チャンネル
本放送 11月19日(月)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月26日(月)午後1時35分〜 午後1時50分
発達障害は障害と言うより個性。第一線の専門医の言葉だ。専門医と共に3回シリーズで発達障害の子どものサポート法を伝える。第1回は注意欠如・多動症(ADHD)。好奇心旺盛で頭の回転が速い子も多いが、注意力不足で衝動的な行動が多い。島根県立大学が行う5日間の行動療法プログラムでは、参加した子ども全員の症状が改善するという成果が出ている。秘けつは子どものほめ方と注意の仕方。症状を改善する処方薬も伝える。

子どもの発達障害 徹底解説「限局性学習症(LD)」 | NHK健康チャンネル
本放送 11月20日(火)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月27日(火)午後1時35分〜 午後1時50分
ある特定の能力だけが低い限局性学習症(LD)。学習症、学習障害とも呼ばれる。なかでも最も多いのが、読むことが困難な「ディスレクシア」だ。このディスレクシアの子どものために開発されたのが「マルチメディアデイジー教科書」。タブレットの画面に文字がハイライト表示され、それを音声で読み上げてくれる。大阪教育大学などが研究したところ、音読する時間が短くなる、読み間違えが減るなどの効果が確認されている。

子どもの発達障害 徹底解説「自閉スペクトラム症(ASD)」 | NHK健康チャンネル
本放送 11月21日(水)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月28日(水)午後1時35分〜 午後1時50分
自閉スペクトラム症(ASD)の子どもはいじめられたり不登校になったりしやすい。それを防ぐためには「療育」(治療教育)などで、対人関係の対処法を学ぶことが重要だ。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などが含まれる自閉スペクトラム症(ASD)。「コミュニケーションの障害がある」、「強いこだわりがある」という2つの特徴を持つ。この特徴のため、友達との間にトラブルが発生しやすく、いじめや不登校などが起こりやすい。こうしたことを防ぐためには、「療育」(治療教育)などにより、子どもがコミュニケーション能力を身につけ、対人関係における対処法を学ぶことが大切となる。

↓詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年11月号に詳しく掲載されています。

NHKきょうの健康 2018年 11 月号 [雑誌]



posted by ひと at 09:27| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

有楽製菓 ブラックサンダープリティスタイル紫いも

DSCN6405.JPG

ブラックサンダープリティスタイル紫いも - 商品ラインナップ - 商品情報 | 有楽製菓
<ローソン限定>食欲の秋!おいしさザクザクoh!いも!
ブラックサンダーシリーズから秋の味覚!初の紫いも味が、食べやすいひとくちサイズの「プリティスタイル」で新登場!!
鹿児島県産の紫いもの濃厚な味わい×ブラックサンダーが見事にマッチ!
ワッフルクランチ配合でクランキーな食感もプラス♪


有楽製菓 ブラックサンダープリティスタイル紫いも 65g【ローソン先行商品】|ローソン
鹿児島県産紫いもパウダーを使用し、ちょっぴり贅沢な私のデザート感を演出しました。職場やご家庭で手軽にお楽しみ頂けます。

11月13日から全国のローソン店舗(ローソンストア100 は除く)で数量限定発売。
ローソン標準価格130円(税込)。
カロリー1袋(65g)当り355kcal。
豊橋夢工場。

DSCN6407.JPG

こんな感じのが入っている。
一口サイズだな。
袋を開けるとサツマイモの香り。
食べてみてもやっぱりサツマイモっぽい味はする。
少々苦い味もする気がするけど、サツマイモ?
クッキーだのビスケットだのクランチだのが入っているのでザクザクした食感がある。
チョコやそれらの味とサツマイモの味はあまり合わない感じがする。
不味いってほどでもないけど。
私はあんまり好きじゃないな。

【ブラックサンダー】紫いも 65g×5パック 有楽製菓 限定ブラックサンダー 紫イモ



posted by ひと at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チロル チロルチョコ生もちきなこ

DSCN6400.JPG

チロル チロルチョコ生もちきなこ 1個【ローソン先行商品】|ローソン
きなこチョコの中に、きなこをまぶした「生もち」を入れました。もちのコシをテーマにした新食感のきなこもちチョコです。

11月20日からローソン先行発売。
ローソン標準価格43円(税込)。
カロリー1個当り51kcal。

DSCN6401.JPG

裏はこんなん。

DSCN6403.JPG

表面に文字。

DSCN6409.JPG

きな粉餅っぽい味のチョコなのだけど、以前のグミとは違う食感の「モチ」が入っている。
もっと柔らかい。
本物のモチっぽい感じでもないな。
最中なんかにたまに入っている求肥っぽいような感じもするけど、何なのかは不明。
以前のよりはこっちの方が美味しいかな。

チロルチョコ チロルチョコ<きなこもち> 1個×30個



posted by ひと at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKあさイチ 発達障害と災害時のケア

9時台の企画 発達障害と災害時のケア|NHKあさイチ

今朝放送されたヤツ。
今回も番組サイトに乗っているテキスト部(赤い文字)と、番組の中で実際に紹介された内容の概要や書き起こし(青い文字)。

専門家ゲストは内山登紀夫医師(大正大学教授)。
ゲストは柚木礼音さん、三倉佳奈さん。


9時台の企画 発達障害と災害時のケア

今年、各地で頻発している自然災害。
発達障害がある人は、被災したときの状況や、避難所での生活によって、思いも寄らない困り事を抱えてしまう場合があります。
番組では、発達障害がある子どもが災害時に受けたトラウマをどうケアしたらいいか。
また、避難生活の中で抱えてしまう困り事の具体例と、解決法についてお伝えしました。



9:05〜9:24

災害時のトラウマをどうケアするか

ことし9月に発生した北海道胆振東部地震において被災した三橋さん親子を取材。ふたりの子どもには発達障害があるため、三橋さんは避難所には行かず、車に避難しました。停電中の2日間を車中泊でやり過ごし、復旧したところで子どもたちに「家に帰ろう」と言うと、子どもたちは「嫌だ」と拒否します。理由は、家で大きな揺れに襲われたために、「家=怖い場所」とインプットされてしまったからでした。三橋さんは子どもたちに「家は安全な場所」と伝えるために、自ら紙芝居を作成。地震が起きたとき、(1)どういう状況だったか→(2)その時どんな気持ちだったか→(3)揺れの正体は何なのか→(4)地震はまた起きるかもしれないけれども、いずれ収まるものであること。
これらを繰り返し丁寧に伝えたことで、子どもたちは家に帰ることに同意。地震から2週間後にようやく家に帰ることができました。
こうした「家が怖くて帰れない」という例は平成28年の熊本地震の時にもありました。その際に熊本市が作成した絵本は熊本市のホームページからダウンロードすることが可能です。
熊本市ホームページ


三橋さんが作成した紙芝居
また、三橋さんの作成した紙芝居もSNS上で公開されています。


熊本市の絵本は番組サイトに紹介されているURLからは全く探せず往生した。
絵本の名前は「やっぱりおうちがいいな」。
日本語だけでなくいろいろな言語にも対応していた。
地震後トラウマで家に帰れない子どもたちのために / 熊本市ホームページ
↑ここからダウンロードできる(PDF)

避難所での困り事

スタジオでは専門家を招いて「避難所での困りごと」について解説しました。
キーワードは「物資」「理解」「場所」「情報」の4つ。


「物資」は特に、環境の変化に弱かったり、不安が強い子どものために「心が落ち着くアイテム」を用意しておくことがポイントでした。

子供が好きなぬいぐるみなど。
「感覚グッズ」は他の刺激を遮断できるので発達障害のある子供には有効。


「理解」については、避難所生活の中では、かんしゃくや自傷行動など、問題行動が表出しがちです。そこで、自分ではどうにもコントロールできなくなったときに周囲に手助けしてもらうため「ヘルプカード」を準備しておくことが役に立つというアドバイスがありました。

番組では熊本県のヘルプカードが紹介される。
裏には手伝って欲しいことが書きこめるようになっている。


「場所」については、人ごみや感覚過敏によって「避難所にいられない」という声が多いことから、間仕切りを設けることや、テントやトレーラーハウスを活用することを紹介しました。

内山医師によると間仕切りなどがあっても「みんな一緒だからみんなでやろうよ」と使わせてもらえなかったりするので、周囲の障害特性に対する理解も必要。

「情報」に関しては、ホワイトボードに書き出すなどの「視覚的な支援」が得られることが有効であると紹介しました。

避難所ではマイクを使って情報を流すことがあるが、聞き取りづらかったりする。


9:47〜9:48

視聴者からの質問

Q.ヘルプカードはどうやったら入手できるか?
A.各自治体のホームページとかNPOでもできるところもあるので、そこからダウンロードをして自分でプリントアウトをすることも可能。


posted by ひと at 11:14| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKあさイチ 発達障害と向き合って プロピアニスト・野田あすか

9時台の企画 発達障害と向き合って プロピアニスト・野田あすか|NHKあさイチ

昨日の朝に放送されたヤツ。
今回も番組サイトに乗っているテキスト部(赤い文字)と、番組の中で実際に紹介された内容の概要や書き起こし(青い文字)。

9時台の企画 発達障害と向き合って プロピアニスト・野田あすか

今回は今、注目のピアニストの野田あすかさんと母・恭子さんにご出演いただきました。
あすかさんは22歳のとき、発達障害と診断されました。子どもの頃から人とコミュニケーションがうまくとれず、「どうしてまわりとうまくいかないの?」と悩み続けてきたといいますが、そんな中、支えになっていたのが4歳から続けているピアノでした。2年前、プロとしてデビューしましたが、譜面をそのままでは読み解けないため、独自の方法で時間をかけながら曲の練習を行っています。そんなあすかさんをサポートしているのが母の恭子さん。子育ての悩みや経験談をなどお話しをうかがいました。スタジオではあすかさんのオリジナル曲「なつかしさ」「あしたへ向かって」の2曲を披露していただきました。

「あしたへ向かって」ではなくて「あしたに向かって」。

ゲストは野田あすかさんと母の野田恭子さん。


9:05〜9:24

まずは野田あすかさんによるピアノ演奏『なつかしさ』。

なつかしさ



プロのピアニストとして活躍している野田あすかさんだが、独特の練習法を取り入れている。
あすかさんの自宅の取材VTR。
平日は一人、自宅でピアノの練習に明けくれている。
一度弾き始めると止まらない。
毎日、昼になるとマネージャーからメールの着信が。
「お昼ごはんの時間だよ」「お昼ごはんしっかり食べてね」
一つのことに集中してしまうとご飯を食べるのを忘れてしまうため、毎日メールを送ってもらっている。


以前、民放の番組でピアノを弾くのに集中してしまって食事を忘れるので体重が大幅に減ったみたいな話があったんで、そういうことがないようにっていう工夫をしているということだな。
マネージャーがいるってことはどこかの事務所に所属しているのか?
プロでやってるんだから、そのぐらいのことはあるんだろうけど。
いわゆる「過集中」という状態になってしまうってことだろうな。
「オマエだってアホみたいに毎日何時間も三味線弾いてるだろ?」とお思いかも知れないけど、私は子供の頃に過集中を自分に禁じてしまって、もう過集中になる能力は喪失してしまっているのだ。
過集中のせいで、もうちょっとで迷子になるところだったんで。
気を付けないと音がゲシュタルト崩壊を起こすので、普通の人間とは違うレベルで集中はしているのかも知れないけど。
私は障害特性なのかそれとは別の種類のことなのかは不明だけど、むしろ異常に時間を気にするな。
「時間を忘れて」とか「食事を忘れて」みたいなことはない。

ご飯を作る時にも目の前のことに集中してしまう。
ブロッコリーとウインナーの温野菜を作ろうとする。
同時に冷奴の準備をしようと思っていたのだが、電子レンジが気になってしまって同時にできない。
二つのことが同時にできないので、何をするのにも時間がかかってしまう。

あすかさんは曲を覚えるのにも時間がかかる。
図形を認識するのが苦手。
中居正広の金曜日のスマイルたちへ 母も発達障害…栗原類の子育てとは?
で紹介されていたような、とても手間のかかる暗譜の仕方が紹介される。
あすか「普通は楽譜を置いたらぱっと弾けるんだって。(私は)時間がかかったりするんだけど、全部できたときの喜びがすごくて。だからちょっと『お得かな?』と思う時もある」

私もピアノを習っていた時は他の人の何倍もかかって暗譜していた。
でも喜びはまったくなかった。
ただただつらかった。
今は三味線の曲は楽譜はないから自分で楽譜を起こして1ページ2日でだいたい暗記できる。
もちろん喜びはないけど、「楽でありがたい」とは思う。

スタジオであすかさんと恭子さんにインタビュー。
日本各地のコンサートで忙しいあすかさん。
恭子さんにあすかさんへのサポートについて尋ねる。
恭子「あすかは予定以外のことが起きると不安になってストレスになってしまうんですね。たとえば前の日にちゃんと次の日の時間管理をしたり、みんなそれぞれのスケジュールを言い合ったり。帰宅時間は夫が先で私が後。それを崩すとあすかが調子が狂ってしまうので、私は仕事が早く終わった時なんかは図書館で時間を調節しています」
親子で「親子講演会&ミニ演奏会」を開催しているとのこと。
同じ悩みを持っている人たちに、自分の子育ての反省も含めてありのままに伝えようと思う恭子さん。
周囲から「愛情不足」と言われ、自分を責めていた時期もあり、あすかさんの発達障害を受け入れるのに時間もかかった。
三年前に親子三人で本を出版。

CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの?



その原稿を読み、あすかさんの苦しみを知った。
母親としてもっと寄り添ってあげればよかったという反省など、ありのままに講演で話すことでみなさんの役に立てればと。

あすかさんのこれからの目標や夢。
あすか「東京オリンピック・パラリンピックで音楽に携わることができて、選手のみなさんがすごく緊張をしたり、気合が入りまくっている選手のみなさんの気持ちが一瞬だけほぐれるような演奏をして、みなさんがベストを尽くせるお手伝いができたらいいなって思っています」


あすかさんによるピアノ演奏『あしたに向かって』。

あしたに向かって



9:45〜9:51

あすかさんに対する視聴者からのメールを紹介。
演奏がとてもよかったみたいなヤツ。


「ウワサの保護者会」でもそういう人がいたし、恭子さんもそうだけどなかなか自分の子供が発達障害って受け入れるのは難しいものらしい。
発達障害じゃなくても「自分の子供がカタワかも」とかたしかにキツイかもな。
当の子供はあんがいあっさり受け入れたりすることが多いらしいけど、親は親自身の気持ちもあるし、よくダンナの両親から非難されるみたいな話も聞くしな。
私はそういう話を聞いて「自分の子供の障害を受け入れられない自分を受け入れてあげて欲しい」って思った。
「受け入れられない!」って自分で自分を責めたらすげぇつらいじゃん。
「障害あるっぽいけど受け入れるのキツイな〜。受け入れられないな〜。で、この子にはこういう対応をしてあげるといいっぽい」みたいなんでいいんじゃないかと。

posted by ひと at 08:10| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

NHK ラジオ第1 すっぴん!(11月27日追記)

発達障害関連でラジオ番組も放送されたのだけど、ラジコのタイムフリーで聞けるようなら書き起しておくか・・・って思ったらタイムフリー不可の番組だった。
仕方がないからサイトなどに載っている情報を寄せ集めておくか・・・と思ったら!
タイムフリーでは聞けないようになっているけど、別の場所で聞けるようになっていた。
しかもすごくわかりづらい場所。
っていうか、私がバカだからなのかカタワだからなのか、探すのが大変っていうのばっかりだな。
ということで、聞けるのに気付くのがずいぶん遅れたんで、もう気力も残っていないから転載のみ。


11月19日(月)

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる←ここから放送を聞くことができます(11月26日(月) 午後6:00配信終了)

2018年11月19日 | すっぴん!ブログ:NHK

●すっぴん!インタビュー

「“選択的発達者”として生きる」09:05〜09:55
出演:市川拓司さん(小説家)
「いま、会いにゆきます」「恋愛寫眞」などで知られる小説家で、自閉スペクトラム症であることを公表している市川拓司さん。
これまでの人生や障害に対する思いを、メディアや作品を通じて伝えてきました。実生活のエピソードや、みずからの発達障害を肯定的にとらえ、どのように小説家という職業に生かしてきたのかうかがいます。


いま、NHKでは「発達障害ってなんだろう」というテーマで、キャンペーンを行っています。
すっぴん!では、自ら発達障害、自閉スペクトラム症と公表されている小説家の市川拓司さんをお迎えして、お話をお伺いしました。
市川さんは、2002年に小説家デビュー。
2003年発表の『いま、会いにゆきます』が映画化、テレビドラマ化されて大ヒット。

いま、会いにゆきます DVD-BOX



その後も、多くの恋愛小説を発表。
一方で、ご自身の発達障害についてもおととし『ぼくが発達障害だからできたこと』、ことし3月には『私小説』を発表され、自らの特性や、それにどう対処し、小説家として活動を続けてきたかをつまびらかにされています。

ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)



私小説



発達障害と自覚するきっかけは、ドナ・ウィリアムズの著書『自閉症だった私へ』と読んだこと。

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)



「自分に似ている」と思ったそうで。
「いろんな方に診断してもらったのですが、僕の場合、ADHD、注意欠陥・多動性障害とアスペルガー症候群の混合タイプです。大変なのは、低血糖症ですね。血糖値のコントロールができなくて、すぐ気を失っちゃうんですよ。あるとき、登山合宿をしていたら、気を失って。氷砂糖を一袋食べて、やっと回復しました。」
ご自身の障害を肯定的に捉えられたのは、お母様の存在が大きかったそうで。
「母が僕よりもっと破天荒な人で。先生に怒られることが多かったのですが、落ち込んでいると、『そんなこと気にしてるの? 小さいね。もっとやれ、もっとやれ』って(笑)」
自分は、テナガザル。
家族で行動し、ほかのグループとは交わらず距離を置くタイプ。
近代社会に適応しているひとたちは、コミュニケーションが巧みで階級社会をつくる、チンパンジータイプ。
お互い合わないけど、どっちがいい、悪いではなく、“個性”が違うだけ。
自ら作った言葉として、「選択的発達者」という表現も広めたい。
人が持ついろいろな能力の発達にはデコボコがあって、一般の人と発達障害がある人では、そのバランスが違うだけ。
発達の選択肢が違うだけで、優劣があるということではない、と。


●特別企画

「発達障害って何だろう」10:05〜10:27頃
出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
発達障害とはどういうものか、その特性をはじめ、周りの対応・ サポートのあり方など、私たちにできることは何かをうかがいます。


早稲田大学教授の梅永雄二さんにお話を伺いました。
先天的に脳の一部の働きが異なることで特定の分野に“困難さ”や“生きづらさ”を抱える「発達障害」。
見た目からはわかりにくく、周囲になかなか理解されないため、「見えない障害」とも言われています。
特性によって、
1.ASD(自閉スペクトラム症)
2.ADHD(注意欠如・多動症)
3.LD(学習障害)

の3つに、分けられるそうで。
ただ、複数の特性を併せ持つ場合もあれば、個人個人の差が非常に大きいので、その人の特性を知ることが大切とも。
周りの人はどのように接すればいいのか基本的なポイントとしては…、
・視覚的な情報を提示すること
・具体的・個別に伝えること
・安心できる環境を整えること
・ツールを提供すること
まだまだ発達障害の理解が進んでいない。
正しい理解と支援が広がってほしい、と。



11月20日(火)

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる←ここから放送を聞くことができます(11月27日(火) 午後6:00配信終了)

2018年11月20日 | すっぴん!ブログ:NHK

●こそだてカフェスペシャル

「発達障害・子育ての悩み」10:05〜10:55
出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
火曜パーソナリティのユージさんとともに、番組に寄せられた、育児に関する発達障害へのお悩み、相談にお答えします。

2日連続で、「発達障害って何だろう」をテーマにお伝えする特別企画。
きょうは、リスナーから寄せられた発達障害に関するご相談に、早稲田大学教授の梅永雄二さんにお答えいただきました。
「発達障害という言葉ではなく、どういった個性なのかを知ることが大切。発達障害のお子さんを持つ親御さんは、大人になったとき生きていく術(すべ)、ライフスキルを身につけることを大切にしてください。」

本日お届けした「こそだてカフェスペシャル」は、聴き逃しサービス期間を終えたあとも、健康チャンネルのサイトで聴くことができます。
ぜひ、ご利用ください。


ここから聴くことができるようになりました(11月27日追記)

特別企画「発達障害って何だろう」 | NHK健康チャンネル
「こそだてカフェSP〜発達障害・子育ての悩み〜」(1)オープニング〜相談@ | NHK健康チャンネル
「こそだてカフェSP〜発達障害・子育ての悩み〜」(2)相談A | NHK健康チャンネル
「こそだてカフェSP〜発達障害・子育ての悩み〜」(3)相談B | NHK健康チャンネル
「こそだてカフェSP〜発達障害・子育ての悩み〜」(4)リスナーからのお便り・メール〜まとめの話 | NHK健康チャンネル
市川拓司さんインタビュー@ 「プロフィール紹介〜発達障害とわかるまで」(15分10秒) | NHK健康チャンネル


posted by ひと at 20:21| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK 視点・論点(11月28日更新)

「発達障害と共に生きる」
出演:どんぐり発達クリニック院長 宮尾益知さん
11月20日(火)午前3時50分〜4時
再放送 [総合] 11月20日(火)午前3時50分〜4時


「発達障害と共に生きる」(視点・論点) | 視点・論点 | 解説アーカイブス | NHK 解説委員室

NHKのサイトに全文が掲載されました


posted by ひと at 13:21| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKあさイチ 気づいてスッキリ!女性の発達障害

気づいてスッキリ!女性の発達障害|NHKあさイチ

昨日の朝に放送されたヤツね。
全部書き起すと結構な量になるのでどうしようかと思ったけど、番組サイトに乗っているテキスト部(赤い文字)と、番組の中で実際に紹介された内容の概要や書き起こし(青い文字)にしておこうと思う。

気づいてスッキリ!女性の発達障害

空気が読めない、片づけができないなど、日常生活にさまざまな困りごとが生じる発達障害。今回は特に「女性」の困りごとについて詳しくお伝えしました。女性は男性と比べて社交性が高い場合が多く、周囲に溶け込もうとして無理をするあまり、「過剰適応」に陥ってしまうことや、出産や子育てによってもともとの困りごとが悪化してしまうこと。また、うつ病や統合失調症にまで至ってしまう「二次障害」になりやすいことなど。なぜ、そうした困りごとが女性に現れやすいのか。対策や解決法はどんなものなのか。当事者の声をもとに、専門家の解説を交えながら、「気づいてスッキリ!」な情報をお伝えしました。


専門家ゲストは宮尾益知医師(発達障害の専門医)。
ゲストは発達障害であることを公表されている栗原類さん(モデル)、坂下千里子さん(タレント)。


8:23〜9:00

空気を“読みすぎる”? カモフラージュする女たち

フリーライターの国実マヤコさんは、発達障害の特性によってこだわりが強く、完璧主義になりがち。発達障害と診断される前に出版社に勤めていたころは、打ち合わせ内容を完璧にシミュレーションした「台本」を用意した上ですべて暗記して臨み、相手の口調や話し方のクセまでまねしていることもあったといいます。「合わせすぎる」行動の正体は、「過剰適応」と呼ばれ、女性が陥りやすい傾向があります。国実さんは自分が本来苦手なことを「頑張っていた」ことに気づけたことで、完璧へのプレッシャーが薄れ、人とやりとりする際の不安が和らいだと言います。特性という視点から行動を見直すことが苦しさから脱するコツだと専門家は話していました。


国実さんは33歳の時に発達障害と診断された。
子供の頃、自分では普通にしていると思っているのに周囲から「ひょうきん」と思われていたことに強いショックを受ける。
拒食症の同級生に「どうしたの?ガリガリじゃん」と言ってしまって、周囲から大ヒンシュク。
自分では心配をして言ったのに「空気が読めない人」と言われて、どんどん追い込まれていく。
職場では自分で作った台本で「ギャグを入れる」「こういう表情をする」とか相手の対応によって三種類ぐらいのパターンを用意とか。
で、うまいこと相手に合わせられるようにはなったけど、自分で「自分がどういう人間だったか」みたいなのがワケワカメに。
この「行き過ぎた行動」は「過剰適応」だったというのを医師(西脇俊一さん)から指摘を受ける。
「ああ、私って今まで頑張ってたんだ。本当に適応できているわけじゃない。疲れて当然だ」


今まで「過剰適応」のことをあまり取り上げてもらえていなかったので、今回は期待できる!と思ったが残念ながら期待外れだった。
私はどの職場に行っても過剰適応と人間関係ですぐに限界が来て転職を繰り替えす状況になってしまったいたが、ようやく「過剰適応だった」ってことに気づけて、それからあとに「発達障害だった」ってのにも気づくことができたけど、それでうまくやれる気がしない。
「台本」まで行かなくても「答えを用意しておく」ってのは結構重要っていうか必要っていうか。
とっさに「普通の受け答え」をするのは難しいからね。
事前に相手が言いそうなこととかやりそうなこととか予測できれば、それに対して「こういう言い方をしよう」「こういう対応をした方がいいな」みたいなのが準備できる。

フィーメールカムフラージュ

フィーメール=女性
カムフラージュ=装う
「空気読みすぎ」の状態を指す。
フィーメールカムフラージュによってもともとの特性(こだわり・感覚過敏・感覚鈍麻・過集中・予測不安)が見えにくくなる。
しかし頑張りすぎると過剰適応になって体調を崩す人が出てくる。


宮本医師からも性役割によって要求される内容が違ってしまって、男の方が空気を読む会話をする必要がないという話が出る。
ここでの栗原さんの発言
「片付けが苦手・物忘れが多いとかは、男性より女性の方が『だらしがない』って言われる。本来そこで、男女の差があってはいけないことなんですけど、これがあるのが現実なので。女性の方がより思いが深いものがあると思うんですよね」
に、発達障害のある女性だけでなく、それ以外の女性からもネット上で賞賛されまくりということで。


過剰適応じゃなくても、普通の女の人なら誰しも多少周囲に合わせたりはする。
宮本医師は「発達障害の女性の場合は、家に帰ってきたら鎧を脱ぎ捨てたみたいな状態になるので、くたびれてくたくたになってほとんど家で何もできないみたいな状態になっています。それはやはり過剰適応ということ」と解説した。
外でも家でも役割を演じる、「過剰適応」をしていれば、やはりその人は壊れてしまうだろう。
周囲の理解とサポートは必須だ。

長時間人と接して、翌日一日中頭痛が(酷い時は二日間ぐらい続いたり)っていう現状なので、私は過剰適応ってことかな。

そして過剰適応が進むと二次障害へ。

女性に多い“二次障害”

二次障害は、発達障害の特性そのものが原因ではなく、コミュニケーションがうまくいかないことや、いじめや虐待を受けることによって現れる深刻な精神症状や身体症状のことです。発達障害がある女性の中には、発達障害と診断される以前に二次障害の症状が現れ、発達障害であることに気づけないケースが多くあります。治療を続けても症状が改善しない場合や、一時的によくなっても、また同じ症状をぶり返してしまう場合などは、二次障害の可能性があります。精神症状と、発達障害に対するアプローチは異なるため、まずは気づくことが大切だと専門家は話していました。


二次障害の例
・うつ病
・統合失調症
・摂食障害
・線維筋痛症


うつ病と摂食障害は経験済みだな。

金子愛美さん、25歳。
シンガーソングライターとして活躍することを目標に頑張っている。
小学校で仲間外れにされたりして不登校。
潔癖症になり脅迫症状が。
ドアノブにも触れないし座れない。
毎日何度も風呂に入る。
8歳の時に不安神経症と診断される。
治療として感情をコントロールするための薬や睡眠導入剤などで一日20錠以上を飲む。
症状はよくならず。
11歳の時に別の病院で発達障害と診断される。
この時初めて不安神経症が二次障害であったことが判明。
不安神経症の薬を減らして症状が軽減。
高校からは自ら望んで学校へ。
最初は勇気がいったが、触れないと思っていたものを触ることができるようになり、自信につながり、できることも増えたので人生が楽しくなった。


私も一日に何十回も手を洗っていた時期なんかもあったけどね。
まあ、不安神経症とやらだったんだろうな。
状況を考えれば当然だけど。

宮本医師による二次障害の見極め。
「こだわり・感覚過敏・感覚鈍麻・過集中・予測不安」は発達障害にわりと特有な症状である。
例えば不安神経症だと思っていても、これらの症状があれば「発達障害がベースにある」と考える。
女性の場合は体の変化が先に来るので
 体の変化→自分が動けない→不眠→登校拒否
という症状が出てくる。
「やろう」と思う気持ちはあるけれども動けない。
そういう状態になるので、たとえば「うつ」であれば感情の方が先に出てくる。
「もうだめだ」とか「やる気がない」と。
逆に言えば「やる気がない」とか感情が目立っていて身体的なものが二次的にくればそれはおそらく「うつ」。


発達障害女子会

日常生活の悩みを共有し、解決策をアドバイスしあう場として、当事者どうしの集まりが増えています。番組で紹介した場は独自のつながりによって開催されたものですが、各地に当事者カフェや、ピアサポートの中に交流を設けている場合もあります。参加したい場合は行政の発達障害相談窓口へ問いあわせたり、各団体のホームページなどの情報を参照してください。


発達障害の診断を受けている若い女性が四人で鍋パーティーをする。
複数のことを同時にこなすのが苦手なため、野菜を切っていると鍋が煮立っていることに誰も気づけない。
料理一つをとっても様々な苦手と向かうため、想像よりも体力を使う。


料理は発達障害者が苦手なことが多いものの一つだよねぇ。
料理に限らず家事ってマルチタスクが要求されるから、並行していろいろやらなきゃいけないんで、もうその時点でかなり難しい。
料理はレシピに「じゃがいも二個」って書いてあっても大きさいろいろだからね。
そういう「ちょっとした違い」で入れる調味料の量が違ってきたり、焼き加減を見ながらみたいなのはすごくわかりづらい。
「5分間強火で」って書いてあったら5分焼けばそれで完璧な焼き加減みたいなワケには行かないんで。
このあたりは「臨機応変」みたいな能力が欠けているのがネックになっちゃうなと思う。

女子会でアプリの情報交換をする。
頭痛ーる
 発達障害者は気圧の影響を受けやすい人が多いので、このアプリによって事前に気圧の変化を知ることができて便利。
●学習障害にうれしい電卓(アプリの名前は紹介されず)
 入力した数字がすべて見えることが助けになる。
●毎日の服選びに役立つアプリ(アプリの名前は紹介されず)
 気温や気候に合わせた服装を教えてくれる。
栗原さんは電子書籍のアプリといろんな通知を教えてくれるアプリを使っている。

栗原さんが「雑音」を「ぞうおん」と言っているのが気になる。


9:05〜9:23

発達障害がある女性の出産・育児の悩み

発達障害がある女性が子育てする際、特性による苦手が思わぬ形で悪化してしまう場合があります。岐阜県に暮らす藤田まさみさん(仮名)は、発達障害の特性のひとつである聴覚過敏があります。出産後、育児の中で赤ちゃんの泣く声が「脳に突き刺さる」ほどつらく感じて思考が停止。抱き上げるという行動すら思いつかなくなってしまいます。ほかにも、こだわりの強い人が育児書どおりにいかないことでパニックになってしまうことも。愛情がないわけではないのに、意図せず育児放棄のようになってしまう場合があります。努力ではどうにもならない困りごとがあるということを周囲が理解して、サポートを得ることが重要だと藤田さんは言います。


26歳で結婚。
すごく低くていい声の旦那で落ち着く(はぁと
静かな環境で聴覚過敏が軽減されたのに、出産で子供の泣き声に悩まされて聴覚過敏が悪化。
つらさを訴えても「子育てはみんな大変だから」と取り合ってもらえない。
藤田さんは幸い、夫の理解が得られたことでつらい時期を乗り越えることができました。

ケッ!
助けてくれる人がいても障害はあるから大変なんですってことなのかも知れないけど、こういう「優しい夫がずっと助けてくれる」みたいな話を聞くとものすごく腹が立つ。

宮本医師は「夫が自分の母親としての役割を妻に求める、ということが分からない」と悩む人もいるという。
要するに「妻、子の母、夫の母」3人分をやらなくてはいけない。
発達障害でなくとも大変なことだ。


発達障害がある女の子への性教育

体内の臓器の働きなど、目に見えないものを想像することや、あいまいな表現を理解することが難しい発達障害がある子どもたちのために、手作りの教材で性教育を行う現場を取材しました。教えるのは、女性ならではの臓器があることや、生理の仕組みなどについて。間違った知識を得る前に「どんな仕組みで」「なんのためにあるのか」を知ることで、急に起きる体の変化によって体調を崩してしまうことや、性犯罪に巻き込まれることを予防するのが目的です。女の子だけで学べる環境はまだ少なく、必要性を訴える声は高まっています。


アメリカで診断を受けた栗原さんによると、アメリカでは診断を受けるとサポートがあると。
日本では診断だけ出しても放置されがちだからな。
よく「『様子を見ましょう』って言うばっかりでどうしたら?」って話が出るからな。


9:49〜9:51

視聴者からの質問

Q.発達障害かな?と思ったら何科へ行けばいい?
A.子供であれば小児神経科か児童精神科。大人は精神科だが発達障害を診ていますという病院。

Q.職場の先輩が何度も同じミスをするのでアスペでは?どう対応をしたら?
A.「どうやったらうまくいくか」というのを教える。


視聴者からのアドバイス

料理が苦手な人は本よりも動画、もしくはレシピを時間ごとに書きなおすといい。
服のコーディネートは店のマネキンごと購入したり雑誌に寄せてハンガーに吊っておくと楽。

キッチンタイマーをたくさん使う。
洗濯機を回した時、料理中などキッチンタイマーをセットする。



posted by ひと at 11:36| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

逗子銀座秋のしおかぜ広場に行ってきた

逗子銀銀座商店街の歩行者天国でいろいろ催しをやっているらしいということで。
逗子海岸からはちょっと距離が。
今度はJRの逗子駅方面ね。
まったく土地勘のない場所なのでグーグル先生を頼りに向かう。

露店的なのがいろいろと出ていたり、ガラポン抽選会だの路上に落書きをするコーナーだのとあるのだけど、今回は!
午後二時から開始のっ!
津軽三味線のシャーミー鈴木という人が路上パフォーマンスをやるということで。
事前に調べたんだけど(っていうか、なかなか検索しても出てこなくて、前日にやっと詳細判明)全く知らない地名にヤラレて、間違えて違う場所で待ち構えていた。
で、時間が過ぎても始まらないから「あれ?」ってなってよく見直してみたら場所違うよ!ってことであわてて向かう。

IMG_5112.JPG

間に合ったよ!



とても変わっているというか。
事前に調べた感じでは大道芸的にやるのかな?と思っていたけどそういう感じでもなく。
ヘッドセットっていうのか、マイクみたいなのを頭に付けていて、それで曲名を言いながら途切れずにメドレーみたいにどんどん曲を弾いていく。
私が知っている曲もあったけど(っていうか私が知っている曲名がほとんどだったけど)私が習ったのとはだいぶ違う感じ。
一番最後に三味線をひかずに拍子木を鳴らしつつなんていう唄だったか忘れたけど唄っていて、見物人に掛け声みたいなのを求めていたが。
唄はなかなかうまいと思ったけど、三味線があるんだから弾きながら唄えや!とは思った。

津軽三味線って聞いていたんだけど、三味線が津軽より華奢に見えたんで、極力近寄って三味線を見てみたんだけど、中棹かな?
違うのかな?

多分30分ほどやっていたんだと思うけど、途中から見たから半分ぐらい見たかな。

葉山牛サーロインステーキ (200g/枚)



posted by ひと at 07:24| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第27回逗子海岸 流鏑馬に行ってきた

昨日行ったヤツね。
後は全部まとめて書こうかとも思ったけど別々にしよう。
まずは京浜急行電鉄に乗りまして!逗子へ。
っていうか降りた駅は新逗子だけど。
で、逗子に行ったことはあっても逗子海岸ってのは行ったことがなく。
前々から「どうやら近くに海があるらしい」というのは知っていても、用事もないから行ったことがなかった。
ということで、これもまた道がわからん。
結構人気のあるイベントぽいから人がぞろぞろ歩いているかな?っていう期待もしていたのだが、それもなく。
途中から人の多い通りには出たけど。

駅から逗子海岸までは十分以上はかかったかな。
しかも流鏑馬が海岸のどこでやるのかもわからんし。
海岸のちょっと手前に流鏑馬の馬の待機場所みたいなのがあったようで、馬がいた。

砂の上は非常に歩きづらく。
どうやら海岸沿いにロープが張ってある場所を馬が走るっぽいのだが、どのあたりで待ち構えていればいいのかが不明。
どうしよう・・・と思いつつロープ沿いをずっと歩いておりましたら!
有料の観覧席ってのが設けてあるのだけど、それらしき場所が。
当然カネ取るぐらいだから、そこって一番よく見える場所だよね!ってことで観覧席の後ろに陣取る。
結論から申しますと、観覧席の真後ろじゃないほうがよかったな。
前に観覧席があるから自分が座っちゃうと見えないし。
正面に観覧席が見えないぐらいまでずれた位置がベストだったかも。

午後一時開始。
海にはカヤックみたいなヤツ(名前は知らない)の人なんかもいたけど、流鏑馬が始まる頃には何人も陸の方を見て停止していたから、海から流鏑馬を楽しもうという人もいた模様。

まずは武者行列だったかな。
子供のとか。
その次が多分「天長地久の儀」とかっていうヤツで。



詳しい流れとか忘れたし、なんていう名前だったかも記憶にないけど(何か名前がついていたと思う)矢を射らずに走るヤツとか流鏑馬の前にあった。

IMG_5103.JPG

馬かっこいい。

で、お待ちかねの流鏑馬ですね!

IMG_5109.JPG






不安定な走っている馬の上から矢を射るってのは相当難しいだろうなと、ドシロウトにでもわかるワケで。
馬に乗ってなくても矢なんて当たらないものだろうし。

馬は全部で五頭だったかな。
まだ流鏑馬の最中ではございますが、次があるので途中で去らねばならんという。
最後まで見たかったなむ・・・。
せいぜい一時半ぐらいまでだろうと思ったけど、もうちょっとやっている感じだったんで、次の予定が間に合わなくなりそうだったんで逗子海岸を後に。

posted by ひと at 06:52| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

横浜市場まつり2018に行ってきた

今日ね。
事前の情報がさっぱり集まらず、前日まで行くか行かないか迷う状況。
横浜市のサイトのリンクを押したら去年の情報に飛ばされるし。
詳細は二日前に掲載されるし。
事前にちゃんとした情報を載せなくても、ほっといても何万人も来るからどうでもいいってことなのかな。

中央卸売市場本場で8:00〜13:30。
どの駅からも遠い。
行きはバスにしたけど、バスも横浜駅から一時間に二本ほど。
だからすげぇぎゅうぎゅうになるかな?と思ったらそうでもなく。
駅から歩く人が多いようで、道路を歩いている人が大勢いた。

IMG_5075.JPG

入口の近くに神輿が。
看板には
この御神輿は、昭和二十六年横浜中央卸売市場開設二十周年と、戦後の営業再開を記念して当時の横浜魚市場仲買組合が中心となり製作されたものであります。
と書いてある。

私が到着したのは十時ちょっと前かな。
出店みたいなのが大量に出ている。
当然のことながら、人気がある店はすでに売り切れって書いてあったり、ものすごく長い行列ができていたり。
野菜だの魚だのが安く売っている場所もあったけど、野菜はともかく魚はこのあとご紹介するけど、他に寄るから生ものとか冷凍のものとかは買うワケにもいかず。
結局何も買わなかった。

どうせ家族連れみたいな人しか来ないだろうなと思っていた。
だから行く前から一人で行ってもつまんないだろうなと思った。
うん。
すげぇつまんなかった。
一人で何か買って喰うのもねぇ・・・。
焼きそばがなんと!200円っていう、この手の場所で売っているものとしては破格だったりしたけれども。

奥の方にステージがあって、いろいろなバンドなんかが演奏をしていた。

IMG_5080.JPG

サンバカーニバルみたいな恰好のお姉さんが踊っていたり。

IMG_5076.JPG

中でマグロか何かを解体している様子をガラス越しに見ることもできた。

ってことで、今日は他にも行かねばならん場所があったんで、急いで退場。
帰りはバスに乗ったのでは間に合わないのが事前にわかっていたので、すげぇ急いで「神奈川」っていう駅へ。
この駅は一度も行ったことがない場所だったんで(というか、今回の場所はまるっきり土地勘のない場所で)グーグル先生のご案内を頼りに急いで向かう。

posted by ひと at 20:54| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKの発達障害関連の番組情報が変わっていました(11月23日修正)

すでに何度もご紹介しているけど、またNHKのサイトが大幅に変わっていて、前にはなかった番組も増えていたのでご紹介する。
https://www.nhk.or.jp/kenko/program/hattatsu/
NHKのサイトには含まれていないが、以前放送した「発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?」というシリーズも放送されるようなので、その情報も入れておく。


◆アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」
11月11日(日)から随時放送 ここに詳細をアップしました
(いろいろと変わっていたので更新しました)

あさイチ[総合]
11月19日(月)午前8時15分〜9時52分(枠内)
「特集 気づいてスッキリ!女性の発達障害」
11月20日(火)午前8時15分〜9時52分(枠内)
“発達障害のピアニスト” 野田あすか
11月21日(水)午前8時15分〜9時52分(枠内)
発達障害 災害時のケア
11月22日(木)午前8時15分〜9時52分(枠内)
発達障害 反響編

すっぴん![ラジオ第1]
11月19日(月)午前8時05分〜11時50分(枠内)
すっぴん!インタビュー
「“選択的発達者”として生きる」
特別企画
「発達障害って何だろう」
出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
発達障害とはどういうものか、その特性をはじめ、周りの対応・ サポートのあり方など、私たちにできることは何かをうかがいま(←「す」が抜けた?)
11月20日(火)午前8時05分〜11時50分
こそだてカフェSP
「発達障害・子育ての悩み」
出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
火曜パーソナリティのユージさんとともに、番組に寄せられた、育児に関する発達障害へのお悩み、相談にお答えします。
11月27日(月)午前8時05分〜11時50分(枠内)
こそだてカフェSP
「発達障害・子育ての悩み」
出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)

◆視点・論点[Eテレ]
11月19日(月)午後1時50分〜2時
再放送[総合] 11月20日(火)午前3時50分〜4時
「発達障害と共に生きる」
出演:どんぐり発達クリニック院長 宮尾益知さん

きょうの健康[Eテレ]
11月19日(月)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月26日(月)午後1時35分〜1時50分
全力サポート!子どもの発達障害
「注意欠如・多動症(ADHD)」
11月20日(火)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月27日(火)午後1時35分〜1時50分
全力サポート!子どもの発達障害
「限局性学習症(LD)」
11月21日(水)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月28日(水)午後1時35分〜1時50分
全力サポート!子どもの発達障害
「自閉スペクトラム症(ASD)」
11月22日(木)午後8時30分〜8時45分
再放送 11月29日(木)午後1時35分〜1時50分
あの人の健康法「栗原類」

ハートネットTV[Eテレ]
11月20日(火)午後8時〜8時30分
シリーズ 罪を犯した発達障害者の“再出発”
第1回「少年院の現場から」(NHKのサイトに全文あり)
発達障害への理解や支援が不足する中、“問題行動”を止められず、結果的に犯罪に至る若者も多くいるという。更生のためにはどんな教育が必要か、少年院の現場から考える。
(2017年5月30日に放送したもののアンコール放送)
11月21日(水)午後1時05分〜1時34分
「続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して」(再)
バーチャル空間『セカンドライフ(SL)』。ここに自閉症の当事者たちが集う自助グループがある。昨年ハートネットTVは、米国の社会学者・池上英子教授が初めてアバターを操る本人に会う、アメリカ横断の旅に密着。放送をきっかけに、今日本でも自閉症の人たちがSLで「当時者の会」を開こうと新たな動きが始まっている。中心の朋さんは「日本では仮想空間であっても障害を明かせない」と感じ、初めての開催に向け挑戦する。
(2018年11月14日に放送したものの再放送)
11月21日(水)午後8時〜8時30分
11月28日(水)午後1時05分 〜 午後1時35分(再)
シリーズ 罪を犯した発達障害者の“再出発”
第2回「出所、そして社会へ」
罪を犯した発達障害者の中には、刑務所や少年院をでた後も、障害への適切な支援を受けられず、結果として再び罪を犯す人も少なくない。どうすれば再犯を防げるのか考える。
(2017年5月31日に放送したもののアンコール放送)

NHKスペシャル[総合]
11月20日(火)午後11時55分〜0時44分
「自閉症の君が教えてくれたこと」(再)
重度の自閉症である東田直樹さんは、人と会話をすることはできないが、文字盤を使えば豊かな表現力を発揮する。世界的にもまれな存在である。24歳になり、プロの作家となった東田さんは今、自閉症のみならず、さまざまなハンディを抱える人たちがどう幸せを見つけていけばいいのか、エッセイや小説を書いている。前回の番組後、ガンを患い、自らもハンディを抱えることになったディレクターの視線で描く感動のドキュメンタリー。
(2016年12月11日に放送したものの再放送。ここに全文を掲載済み)

u&i[Eテレ]
11月21日(水)午前9時〜9時10分
#4「なんで覚えられないの?(読み書きの苦手)」
『u&i』は、多様性への理解を深めるこども番組。第4回目のテーマは「読み書きの苦手」。約7%の児童が持つと言われる学習障害:LDを始めとして、知的に問題がないにも関わらず、文字を読んだり書いたりすることに苦手を抱える子どもは多いものの、努力が足りないと勘違いされることも。苦手をいかに克服するかだけでなく、得意なことをいかに活かすか考える議論を通じ、多様性を認め、共生していくための思考力を養う。

ラン×スマ〜街の風になれ〜選[総合]※関東甲信越(茨城を除く)以外で放送
11月21日(水)午前11時05分〜11時30分
「キラリ!市民ランナーファイル第2弾」
初夏の湘南ビーチを駆ける大会で「親子ラン」に密着!コミュニケーションが難しいなど、発達障害がある子どもと、親が一緒に走る取り組みに迫ります。走ることで、のどが渇いたり、おなかが空いたり、刺激を受けて表情が豊かになる子どもたち。練習開始からレース本番まで、その変化をカメラが見つめます。家族一緒に走ることで感じる楽しさ、走りきることで達成感を味わうことの大切さ。その喜びは、すべての親子に通じます。

ごごナマ[総合]
11月21日(水)午後2時05分〜2時55分
「発達障害を知る ふつうってなんだろう?」
「発達障害」って何だろう。本人はどんな気持ちでどんな苦手と向き合っているのか。私たちはどう理解し、接したらよいのか。身近な例や日常の場面から、みんなで考えよう。

クローズアップ現代+[総合]
11月21日(水)午後10時〜10時25分
↑放送日が変更になりました
11月26日(月)午後10時〜10時25分

「企業が注目!発達障害 能力引き出す職場改革▽業績アップ」

おはよう日本[総合]
11月22日(木)午前7時台

ウワサの保護者会[総合]
11月22日(木)午前11時05分〜11時29分※首都圏、東北地方以外で放送
11月24日(土)午後0時30分〜0時54分

「発達障害かも…どうすれば?」(再)
「うちの子もしかして発達障害?」子どもが困っているのを助けたい一方で、病院に行くことが本当に子どものためなのかと悩む保護者もいる。判断に迷うときできることとは?落ち着きがなく、授業に集中できない。友達とのコミュニケーションが難しい。がんばっても学習成果が上がらない。発達障害の特性は「個性」とはっきりと区別する境界線がないため、保護者は疑問を感じながらも、そのままの状態でもんもんと悩むケースが多い。スタジオには、そんな悩みを今抱える当事者と、かつて同じ経験をした保護者たちが集まり、どんな心構えで子どもたちに寄り添えばいいのか、じっくりと話し合っていく。

所さん!大変ですよ[総合]
11月22日(木)午後8時15分〜8時43分
11月29日(木)午前4時02分〜4時30分(再)
「誕生!?伝統工芸の救世主」

◆発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「LD“読み書きが苦手”少年編」[総合]
11月23日(金・祝)午前3時50分〜3時55分
(ここに全文を掲載済み)

◆発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「ASD“感覚過敏”」[総合]
11月23日(金・祝)午前6時25分〜6時30分
(ここに全文を掲載済み)

インタビューここから「武田双雲」[総合]
11月23日(金・祝)午前6時30分〜6時53分

すくすく子育て×ウワサの保護者会[総合]※四国地方では別番組を放送
11月23日(金・祝)午前11時00分〜11時54分
「ちゃんと知りたい!子どもの発達障害」(再)
乳幼児の子育てについて専門家と考える「すくすく子育て」。小・中学生の保護者が子育てや教育について語り合う「ウワサの保護者会」。ふたつの番組が、「子どもの発達障害」をテーマに初のコラボです。「もしかして発達障害?」「小学校はどうやって決める?」「親としてできることは?」など、乳幼児期から小学校に上がる頃の悩みについて、すくすくママと先輩ママ、そして専門家がとことん本音で語り合い、考えます。

ドキュランドへようこそ![Eテレ]
11月23日(金・祝)午後10時〜10時49分
「オレグの自立〜発達障害と向き合う青年の物語〜」
自閉症のオレグは、ロシアに暮らす21歳。病に理解がない母親にスパルタ教育を受けて育つが、劇団に入ったことを契機に同世代の友人の輪をつくり、親からも自立していく。「あなたは怠けているだけ」「頑張れば普通になれる」と、母のマリナから常に厳しい言葉を浴びてきたオレグ。内気で心優しき青年は、劇団でも同世代の女子たちを前にドギマギするばかり。だが、ドンファンの主役に抜擢され、心を開ける友ができたことで自信をつけていく。

地球ドラマチック[Eテレ]
11月24日(土)午後7時〜7時44分
「泳げ!ハンマーヘッズ〜ちょっと特別な僕らの水泳部〜」
2歳で自閉症と診断されたマイキーは、幼いころから泳ぐことが大好き。発達障害の子供たちの水泳チーム「ハンマーヘッズ」で活躍中だ。感情のコントロールに悩む子や、集団行動が苦手な子…。どんな子にも粘り強く向き合うコーチたちのもと、青年たちは水泳を通して自尊心を持ち、驚くべき成長を見せる。チームの目標は「スペシャルオリンピクス」で金メダルを取ることだ。果たして夢は実現するか?(アメリカ2017年)

発達障害って何だろうスペシャル[総合]
11月24日(土)午後9時〜9時49分

今夜も生でさだまさし[総合]
11月25日(日)午前0時05分〜1時35分(土曜深夜)
ミュージシャン・さだまさしさんが、ラジオのディスクジョッキースタイルで送る生放送トーク番組。さださんが豊富な知識と経験、幅広いネットワークを使って、視聴者から寄せられた質問や悩みにこたえていきます。
今回は、石川県・NHK金沢放送局から!!


目撃!にっぽん 選[総合]
11月25日(日)午前6時15分〜6時50分
「“心の街並み”を描く〜アーティストAju〜」
0.05ミリのペン先から生み出される、大阪の古墳群やビル街の風景。女性アーティストAjuは、心に焼き付けた景色を、下書きもせず描き上げていく。絵を始めたきっかけは大学生の時、医師から「アスペルガー症候群」と告げられたこと。自分を否定し傷つけたが、ペンを握る時は無心になれた。これまで人の顔を描くのは苦手だったが、大好きな「ひこうき先生」のために人物画に挑む。一歩一歩前に進む、その姿に密着。

バリバラ[Eテレ]
11月25日(日)午後7時〜7時30分
「2人の怒れる男」
怒りのコントロールが苦手なため、学校でうまくいかない子どもたちが主人公。お笑い芸人やラッパーなどのユニーク講師たちとともに、怒りをまろやかにする方法を実践する。今回は“怒れる子どもたち”が主人公。ちょっとしたことで怒りが爆発してしまうため、学校でうまくいかず悩んでいる。本人たちは怒った後で自己嫌悪に陥っているが、その葛藤はなかなか知られることなく、理解は得づらいままだ。そこで、“ポジティブ芸人”井上裕介(NON STYLE)と、ラッパーの晋平太が、スペシャル講師として子どもたちを訪問!感情をコントロールして怒りをまろやかにする方法を、ともに実践する。


posted by ひと at 20:09| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

サントリー オランジーナ ルージュスパークル

DSCN6366.JPG

DSCN6362.JPG

「オランジーナ ブランスパークル」「同 ルージュスパークル」期間限定発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル

11月6日から全国で期間限定発売。
スーパーで85円(税別)で購入。
希望小売価格(税別)140円。
内容量420ml。
100ml当たりエネルギー43kcal。

「ブランスパークル」っていうのも同じ日に発売になっていて、店頭にはそっちもあったけどこれだけ買った。
パッケージは
世界中で活躍中のフランス人アーティストである、「マリー・アセナ」さんによる、本商品のためだけの描きおろしイラストを採用。2つの商品を並べると乾杯しているように見えるなど、オランジーナならではの“遊び心”と“高級感”を両立したデザインに仕上げています。
ってことで。

オレンジをベースに、赤ぶどうとカシスの果汁を使用。赤ぶどうとカシスの華やかで芳醇な香り立ちに仕上げています。
ってことで果汁は12%入っていて微炭酸。
基本はオレンジジュースっぽい味。
で、カシスの独特な味と、さらに赤ぶどうの味なんだろうなぁ・・・。
すげぇ変なクセの強い味のオレンジジュースみたいな感じ。
とても評判が高いようだから、これをすごく美味しいって思う人が多いってことなんだろうけど、私は苦手だな。
味も濃厚過ぎるっていうか、くどいっていうか。

クオバディス ビソプラン マリー・アセナ 2019年 手帳 マンスリー ウサギ qv367ma3 (2019年 1月始まり)



posted by ひと at 19:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハートネットTV 続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して

NHKドキュメンタリー - ハートネットTV「続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して」
再放送はEテレで11月21日(水) 午後1時05分(30分) 。

今回は去年放送していた「自閉症アバターの世界」の続編ということで。
ハートネットTV 自閉症アバターの世界 第1夜 脳内への旅
ハートネットTV 自閉症アバターの世界 第2夜 仮想と現実を生きる
てっきり公式サイトの方にずっと全文を掲載しておいてくれるのかと思っていたら、時間が経つと削除されちゃうんだな。
前のヤツは私が書いたヤツだけ見てもあんまり内容がわからないかと思うけど。


今回も全文は紹介しない。
公式サイトに全文が出て、いずれそれが削除されていくっていうことっぽいので、内容を知りたいという方は公式サイトにアップされたタイミングで確認していただくってことで。

バーチャル空間『セカンドライフ(SL)』。ここに自閉症の当事者たちが集う自助グループがある。昨年ハートネットTVは、米国の社会学者・池上英子教授が初めてアバターを操る本人に会う、アメリカ横断の旅に密着。放送をきっかけに、今日本でも自閉症の人たちがSLで「当時者の会」を開こうと新たな動きが始まっている。中心の朋さんは「日本では仮想空間であっても障害を明かせない」と感じ、初めての開催に向け挑戦する。

前のは海外のばっかりだったけど、今回は日本のってことで。
「中の人」が日本人だからっていうのがわかっているからそう感じたのかも知れないけど、アバターが変に「ナルシスティック」っていうか。
気持ち悪さすら感じた。
病的なレベルのナルシストである私にそんなことを言われたくないだろうとは思うんだけど、私のナルシストとはまた違うベクトルのナルシストみたいな感じがしてしまって、その時点で受け入れ難い感じ。

10年前、自閉スペクトラム症などの診断を受けたトモさん。

パートナーのワシヲさんは大工さん。
料理など、トモさんの苦手な家事を引き受けてる。


日本でもセカンドライフを媒介とした当事者会をやろうという。

確かにね、リアルな対面は難しい。
音声言語に頼った意志の疎通は、まず聞き取るのが大変だし、裏の意味とかノンバーバルな部分とか無理して読み取ろうとし続けないといけない。
すげぇ疲れる。
チャットみたいな文字だけだと、そのあたりの負担が大幅軽減だ。
でもね、私はそういう文字だけとかネット上でとかっていうのはあくまで「補助的な連絡手段」でしかないんだよ。
それだけしかないのは耐えられない。
昔、ネットで大勢の人と交流をしていた時、リアルでは一人も私に「誕生日おめでとう」という人は存在しなかったけど、ネットでは大勢の人から「誕生日おめでとう」という言葉をいただいた。
それで喜べるタイプならそれでいいんだろうけど、私はそれに耐えられなかった。
だから今はネット上には自分の生年月日は表示させなように気を付けている。
私は「ネット上でだけ」そういう言葉をいただくことは耐えられない。
それならむしろ誰からもそう言われない方がマシなのだ。
多分そのあたりが、セカンドライフを楽しめる人たちと私とでは違うんだろうな。

発達障害当事者会「ぽっぽカフェ」
月に2回開かれる発達障害の当事者会だ。

「逆に個性を出すという発想がわからなくて、消しても消しても残っていくものが個性だったりするんですけど」


その通りだね。
どんなに「他の人と同じにやろう」って思っても、どうしても同じにならないのが「個性」なので「個性を伸ばす」とか「個性を尊重する」とか、そんなことをやらないと出てこないのなんて「個性」ではない。

ありのままの自分を表現できる場が必要だと実感するトモさん。
セカンドライフでも当事者会を開いてみたいと協力をお願いした。
トモ「当事者会に来たくても来れない人のことをずっと気になっていて、感覚過敏とかトラウマを抱えて外に出られない人、ひきこもり、他にもいると思う。きっと。だから(セカンドライフ)をはじめたいって思った方は声をかけて頂ければいいかなって思ってます」


セカンドライフなんか悠長にやれる人たちって、かなり恵まれているごく一部の自閉症者に過ぎないのではないかと思う。
二次障害で、のたうちまわりながら短い生涯を閉じる大部分の人たちは、そんなことをやっていられるような物理的な余裕はないのではないか?

私がネット上でだけの交流に満足できないというか、それだけにしちゃうことに抵抗があるのは、二十年近く前のある出来事のせいもある。
当時たしか20代後半ぐらいの人だったと思う。
背が高いが、体重も100kgは超えているであろうと思われる男。
太っているだけでなく、顔面偏差値も著しく低く。
本人はとても周囲に気を遣っている。と思う。
でも、それがことごとく的外れで、周囲からは「気の利かないやつ」というふうに見られていた。
私もその人のことは大嫌いだったのだが。
その人物はネット上では「女子高生たちの相談に乗ってくれる優しいお兄さん」的な存在であるということを知った。
女子高生たちはネット上での優しい物言いで「ステキ〜♪」なんて思って、実際に会って「ゲッ!」となっただろうなぁ。
だから、ネットの上でとても魅力的な人物が、実際に会って魅力的な人物とは限らないということで。
当然逆もあるだろうなと思うし、実際にネット上ではそれほど魅力的には感じなかった人と会ってみて、とても素敵な人だなと思うことが最近あったし。
セカンドライフにはまっている人たちは「何を言っているんだ?このネット上の自分が本当の自分だよ!」ってことかな?
私はその考え方には付いていけない。

トモ「失敗ができる場所になったらいいかなと思うんですよ。失言したりとか、人と折り合わなくなったりとか、気まずくなったりとかあると思うんですけど、そうするとリアルな発達障害当事者会だともうよその会に行くしかないんですよね。でもセカンドライフだったら、もう最悪アバター消して違うメールアドレスで違うアバターに生まれ変わればいいんで、やり直しがきくんですね」

まあ、そうなんだけど・・・。
何だろうな。
失言したら、その失言をしたことを相手に対して詫びるとかまずそっちをやれよ。
それでもダメならまあ違うアバターでってのもあるだろうけど。
気まずくなったりとか、そりゃああるだろうけど、そんなの気にしてたら年中新しいアバターを作っていかなきゃいけなくなるじゃん。

この番組を見て「発達障害のある人ってみんなセカンドライフみたいな世界が好きなんだね!」みたいに思わないでいただけたらと思う。



posted by ひと at 11:53| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#4 フミヤのふつう

放送予定はこちら

[総合]11月14日(水) 午後14:53〜午後14:55(2分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #4】フミヤ(20)のふつう


♪ふつうって なんだろう

今、二十歳のフミヤです。
自分は、ものの感じ方が人と違うことで苦しんできました。


♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

例えばサラダを食べると、ラーメンにチョコレートを入れた感じというか、全く違うもの同士が混ざり合う気がして、気持ち悪くなります。
ほかにも外を歩いていると
トラック バイク たばこ サラリーマン 女子高生 話し声。
一度に複数の情報。
それだけで疲れてしまうんです。


♪そんな私がいま 思うこと

周りとの差をいつも感じていた自分に、大きなきっかけをくれた先生がいました。
先生「へえ〜その時、体がどんな感じになるの?どんな世界にいる感じ?」
フミヤ「えっ?」
先生は怒ったり否定したりせずに、興味を持って僕の話を聞き続けてくれました。
「これでいいんだ。自分を無理に変えようとしなくていいんだ」
って思えるようになりました。
枝を切り落とさないで、子どもの考えや行動を尊重してほしい。
今、一番伝えたいことです。

♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね

posted by ひと at 20:27| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#3 サトシのふつう

[総合]11月14日(水) 午前9:52〜午前9:55(3分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #3】サトシ(27)のふつう


♪ふつうって なんだろう

サトシ 27歳です。
発達障害の子どもたちをサポートする仕事をしています。

子ども「人をたたいたりしちゃ駄目なんだから!引っ張ったら痛いんだもん。ウサギさんかわいそうでしょ」

♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

私も昔から人と話すのがとても苦手でした。

(チャイムの音)
(一方的に教師に話しかける子どもの頃のサトシ)
一方的に話してしまい、気づくと8割方自分がしゃっていることがあります。
相手の表情から気持ちを読み取るのが苦手で

教師「う〜ん?」
分からない分、理解してもらおうと必死にたくさんしゃべってしまうんです。
そして沈黙が出来ると。
(サトシの心の声)「あっやばい。もっと話さなきゃ!」
となって更に話し続けてしまうのです。
教師「う〜ん?」
(ため息をつくサトシ)

♪そんな私がいま 思うこと

今、自分と同じような障害で悩んでいるお子さんに寄り添う仕事が、自分の生きがいになっています。
この子たちには、障害はなくならないかもしれないけど、誰もが自分らしく生きる権利を持っているということを伝えていきたいです。

子ども「こうして王子様とお姫様は、いつまでも仲よく暮らしましたとさ」
サトシ「お〜!」
サトシと子供たち(拍手)

♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね

posted by ひと at 20:16| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマザキ ランチパック ミルクティー風味ホイップ&ミルククリーム(アールグレイ)

DSCN6390.JPG

ミルクティー風味ホイップ&ミルククリーム(アールグレイ) | ランチパックスペシャルサイト | 山崎製パン
アールグレイのエキスを使用したミルクティー風味ホイップとミルククリームをサンドしました。

発売日不明。
多分神奈川限定発売。
OKストアで94円(税別)で購入。
内容量2個。
1個当たり熱量148kcal。

見たことがない商品が売っていたので、新発売とは書いていなかったけれども、新発売かな?と思って買った。
いつ発売になったのかも不明ではあるが、どうやら神奈川限定で発売されているっぽい。
紅茶の消費金額日本一の神奈川県。なんと、紅茶を飲む量は全国平均が1年に71杯なのに対し、神奈川県民は1年に133杯!
だそうな。

DSCN6393.JPG

気のせいかも知れないけど、いつものよりパンが固いっていうかパサパサっていうか。
臭いは紅茶っぽい感じがあまりしなかったけど、クリームの味はミルクティーっぽい味だった。
甘い系のパン。
まあ美味しいんじゃないかと思う。

ランチパックの本



posted by ひと at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#5 ナオキのふつう

[総合]11月13日(火) 午後14:53〜午後14:55(2分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #5】ナオキ(15)のふつう


♪ふつうって なんだろう

ナオキです。15歳です。
全寮制の中学校に通っています。


♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

僕には何の前触れもなく突然、話がす〜っと聞こえなくなることがあります。
クラスメイト「なあ、昨日のテレビ見た?」「ああ、見た見た」「ナオキ見た?面白かったよな」「おい、何無視してんだよ。」
でも僕には
(途中で人物が消えてしまう)
注意して聞いていても、突然情報が入ってこなくなってしまうんです。
分かったふりをしても、うまくいかず、だんだん人から遠ざかるようになりました。


♪そんな私がいま 思うこと

こんな自分を変えたいと思い、あえて人と関わることの多い全寮制の学校に転校しました。
毎日みんなとたくさん会話する中で、次第に自分の特性も分かってきたような気がして、みんなもそんな僕を理解してくれて今は、
友人たち「ねえねえ」「ねえねえ」「うぇ〜いサッカーする?」
(話が聞こえていないナオキ)
友人たち「あっもう一度言うね。」「休み時間サッカーしよう」
ナオキ「あっいいっすよ」
僕を受け入れてくれたみんなに感謝。
今度は僕が何かみんなの助けになりたいと思っています。


♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね


他の人と同じようにできないと「悪意があってやっている」みたいに決めつけられて非難されることってよくある。
自分がどうにかしようって思ってもできるもんじゃないし。
結局は周りの人次第だったり。
私みたいに何とか「普通の人間のフリ」みたいなのをほぼ完璧にできるようになったところで常に無理をし続ける状態だからしんどいし、他人からは「普通にしているだけ」にしか見えないから、少しでも気を抜くと「わがまま」「協調性がない」「みんなだって大変なんだ」なんてことを言われまくるだけで。
結局、他人と関わっても自分がしんどいだけなんだなってのが結論なワケだけれども。

posted by ひと at 20:07| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#2 ユウのふつう

[総合]11月13日(火) 午前9:52〜午前9:55(3分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #2】ユウ(18)のふつう


♪ふつうって なんだろう

ユウ 18歳です。
中3の時にアスペルガー症候群と診断を受けました。


♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

私は予想外のことが起きると
鬼のような形相の教師「こら!ちゃんと話を聞け!」
ユウ「うわっ!」
パニックを起こしてしばらく返事ができなくなります。
例えて言うと、静かにゆっくり回転させていたところに、突然100デシベルの大声で
「大変なことが起きた!急いでもっと回転させろ!」
と言われたような感じ。
作業員たちは慌てふためいて混乱してしまい、壊れて動かなくなってしまいます。
見かけではボ〜ッとしているようにしか見えないので、先生からは
「無視するな!」
「どうしてふつうにできないの!」
と、叱られ続けて、結局うつと睡眠障害になってしまいました。
今も薬が手放せません。


♪そんな私がいま 思うこと

私には夢があります。
障害者の役に立つような服飾デザイナーになること。
困っている人たちのために役立つことが、私らしく生きることだと思います。


♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね


将来の夢があるのはとてもいいことだと思う。
でもそういうものを自分の意志で無理やり持とうと思っても持てる種類のものではない。
障害があるかないかに関わらず、若いうちにそういうものを持てないと、とても辛かったりする。
私も実際そういうものがずっとなかったので「将来やりたいことに向けて努力する」みたいな方向で進むことができなくてこまったり。
あるに越したことはないけど、なくても何とかなるし、確かに先のことを決めづらいけど、それは仕方のないことだし。
オリンピックに出るような人たちや、若くて成功している棋士とか、どうしても「若いうちに自分の将来のことを見据えている」っていう人が注目されちゃうから余計に肩身が狭くなるけど、そうじゃなくても大丈夫だよ!っていうのは若い人に知って欲しい。
自分を追いつめたりしないで欲しいなと思う。

posted by ひと at 19:49| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

「ふつうってなんだろう?」の放送予定に加筆修正しました

発達障害キャンペーンアニメシリーズ「ふつうってなんだろう?」の放送予定(11月12日加筆修正)

内容がだいぶ変わったんでね。
この先、放送されたものは随時全文書き起ししていく予定。


この手の番組がどんどん放送されていけば、何か状況がよくなっていくかっていうと、私にはそうは思えないんだよねぇ。
私はスポーツとかブランドものとかには一切興味がない。
そういう自分が興味のない種類のことを放送されても、何も記憶に残らない。
人間ってそういうものだろうと思うんだ。
たまたまテレビを点けて、今まで見聞きしたことのない「発達障害」ってのを取り上げていたとしても、それは何か自分や周囲に関係がありそうって感じがしない限り「ひとごと」だし、その時点でチャンネルを変えるか、変えなかったとしても記憶に残らないんじゃないかと思うんだけどな。
その上「うまいことやれている」っていう種類の人ばっかり取り上げられると、うまいことやれていない大部分の人たちの立場がむしろ悪化していきかねないんじゃないかと思ったり。
今回も一つも「作業所でわずかな工賃の人」とか「障害認定も受けられずに現在ホームレス」みたいなタイプの人は取り上げなさそうだしな。

posted by ひと at 14:17| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする