カテゴリ


2018年11月12日

「ふつうってなんだろう?」の放送予定に加筆修正しました

発達障害キャンペーンアニメシリーズ「ふつうってなんだろう?」の放送予定(11月12日加筆修正)

内容がだいぶ変わったんでね。
この先、放送されたものは随時全文書き起ししていく予定。


この手の番組がどんどん放送されていけば、何か状況がよくなっていくかっていうと、私にはそうは思えないんだよねぇ。
私はスポーツとかブランドものとかには一切興味がない。
そういう自分が興味のない種類のことを放送されても、何も記憶に残らない。
人間ってそういうものだろうと思うんだ。
たまたまテレビを点けて、今まで見聞きしたことのない「発達障害」ってのを取り上げていたとしても、それは何か自分や周囲に関係がありそうって感じがしない限り「ひとごと」だし、その時点でチャンネルを変えるか、変えなかったとしても記憶に残らないんじゃないかと思うんだけどな。
その上「うまいことやれている」っていう種類の人ばっかり取り上げられると、うまいことやれていない大部分の人たちの立場がむしろ悪化していきかねないんじゃないかと思ったり。
今回も一つも「作業所でわずかな工賃の人」とか「障害認定も受けられずに現在ホームレス」みたいなタイプの人は取り上げなさそうだしな。

posted by ひと at 14:17| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#1 柳家花緑さん

[総合]11月11日(日) 午前4:17〜午前4:19(2分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #1】柳家花緑(47)のふつう


♪ふつうって なんだろう

柳家花緑(やなぎやかろく)です。47歳です。落語家をさせて頂いております。
(おそらく落語の一部)「茶わんだのつぼだのというものは自分が思っているほど値打ちのないもんだ。」

♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

いや〜小さい頃から文字を読むのが苦手だったんだ。
「ライム」(「ラムネ」と読み間違える)
「あさくさ」(「さあくさ」と読み間違える)
「友人」(「ともだち」と読み間違える)
こんなふうに文字を間違えてばっかり。
なので中学時代の成績は美術と音楽以外は、ほぼ1か2。
でも中学を卒業して入った落語の世界は、師匠からの口伝えで教わるんです。
文字を読まなくても学べることは私にとってラッキーだったなあ〜!


♪そんな私がいま 思うこと


読むことは今でも苦手だけど、大好きな落語ができるのは本当に楽しくて!
(おそらく落語の一部)「どこだい?こぶなんか、どこにもねえじゃねえかよ」「えっえ〜・・・あんまり名前が長いから、こぶが引っ込んじゃった」
(拍手と笑い声)

だからみんなもできないことばかりに注目するんじゃなくて、好きなことに目を向けてもらいたいな〜!

♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね



NHKのサイトの方の情報では放送時間が午前4時15分からってことになっているけど、17分から放送されたようだ。
もう終わっているからどっちでもいいんだけど。

別段この番組の内容が悪いとは思わないんだけど、見ていてちょっとな・・・って感じ。
障害特性上、落語家という職業にとても向いていて、その世界で成功できたということで。
「発達障害を持っている人でも何か自分に向くことを見つけてやっていこう」みたいなことかなと思うんだけどさ、それが「食べて行ける職業」に結び付くタイプってむしろ稀だと思うんだよね。
日本中の駅名が言えたり、円周率が何千桁とか暗記していたりしても、たまにテレビの「奇人変人コーナー」みたいなのに出られる以外に出番がないかと。
芸術系のものでも、実際に楽器なんか習ってみるとわかるけど、どれだけカネと時間がかかるかっていうね。
本当に「本人の努力」だの「やる気」なんてもんがいくらあっても無価値だなと痛感している。


posted by ひと at 13:51| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする