カテゴリ


2018年11月19日

逗子銀座秋のしおかぜ広場に行ってきた

逗子銀銀座商店街の歩行者天国でいろいろ催しをやっているらしいということで。
逗子海岸からはちょっと距離が。
今度はJRの逗子駅方面ね。
まったく土地勘のない場所なのでグーグル先生を頼りに向かう。

露店的なのがいろいろと出ていたり、ガラポン抽選会だの路上に落書きをするコーナーだのとあるのだけど、今回は!
午後二時から開始のっ!
津軽三味線のシャーミー鈴木という人が路上パフォーマンスをやるということで。
事前に調べたんだけど(っていうか、なかなか検索しても出てこなくて、前日にやっと詳細判明)全く知らない地名にヤラレて、間違えて違う場所で待ち構えていた。
で、時間が過ぎても始まらないから「あれ?」ってなってよく見直してみたら場所違うよ!ってことであわてて向かう。

IMG_5112.JPG

間に合ったよ!



とても変わっているというか。
事前に調べた感じでは大道芸的にやるのかな?と思っていたけどそういう感じでもなく。
ヘッドセットっていうのか、マイクみたいなのを頭に付けていて、それで曲名を言いながら途切れずにメドレーみたいにどんどん曲を弾いていく。
私が知っている曲もあったけど(っていうか私が知っている曲名がほとんどだったけど)私が習ったのとはだいぶ違う感じ。
一番最後に三味線をひかずに拍子木を鳴らしつつなんていう唄だったか忘れたけど唄っていて、見物人に掛け声みたいなのを求めていたが。
唄はなかなかうまいと思ったけど、三味線があるんだから弾きながら唄えや!とは思った。

津軽三味線って聞いていたんだけど、三味線が津軽より華奢に見えたんで、極力近寄って三味線を見てみたんだけど、中棹かな?
違うのかな?

多分30分ほどやっていたんだと思うけど、途中から見たから半分ぐらい見たかな。

葉山牛サーロインステーキ (200g/枚)



posted by ひと at 07:24| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第27回逗子海岸 流鏑馬に行ってきた

昨日行ったヤツね。
後は全部まとめて書こうかとも思ったけど別々にしよう。
まずは京浜急行電鉄に乗りまして!逗子へ。
っていうか降りた駅は新逗子だけど。
で、逗子に行ったことはあっても逗子海岸ってのは行ったことがなく。
前々から「どうやら近くに海があるらしい」というのは知っていても、用事もないから行ったことがなかった。
ということで、これもまた道がわからん。
結構人気のあるイベントぽいから人がぞろぞろ歩いているかな?っていう期待もしていたのだが、それもなく。
途中から人の多い通りには出たけど。

駅から逗子海岸までは十分以上はかかったかな。
しかも流鏑馬が海岸のどこでやるのかもわからんし。
海岸のちょっと手前に流鏑馬の馬の待機場所みたいなのがあったようで、馬がいた。

砂の上は非常に歩きづらく。
どうやら海岸沿いにロープが張ってある場所を馬が走るっぽいのだが、どのあたりで待ち構えていればいいのかが不明。
どうしよう・・・と思いつつロープ沿いをずっと歩いておりましたら!
有料の観覧席ってのが設けてあるのだけど、それらしき場所が。
当然カネ取るぐらいだから、そこって一番よく見える場所だよね!ってことで観覧席の後ろに陣取る。
結論から申しますと、観覧席の真後ろじゃないほうがよかったな。
前に観覧席があるから自分が座っちゃうと見えないし。
正面に観覧席が見えないぐらいまでずれた位置がベストだったかも。

午後一時開始。
海にはカヤックみたいなヤツ(名前は知らない)の人なんかもいたけど、流鏑馬が始まる頃には何人も陸の方を見て停止していたから、海から流鏑馬を楽しもうという人もいた模様。

まずは武者行列だったかな。
子供のとか。
その次が多分「天長地久の儀」とかっていうヤツで。



詳しい流れとか忘れたし、なんていう名前だったかも記憶にないけど(何か名前がついていたと思う)矢を射らずに走るヤツとか流鏑馬の前にあった。

IMG_5103.JPG

馬かっこいい。

で、お待ちかねの流鏑馬ですね!

IMG_5109.JPG






不安定な走っている馬の上から矢を射るってのは相当難しいだろうなと、ドシロウトにでもわかるワケで。
馬に乗ってなくても矢なんて当たらないものだろうし。

馬は全部で五頭だったかな。
まだ流鏑馬の最中ではございますが、次があるので途中で去らねばならんという。
最後まで見たかったなむ・・・。
せいぜい一時半ぐらいまでだろうと思ったけど、もうちょっとやっている感じだったんで、次の予定が間に合わなくなりそうだったんで逗子海岸を後に。

posted by ひと at 06:52| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする