カテゴリ


2019年01月31日

siroca 電気圧力鍋 SP-A111

二十年以上前に買った炊飯器を使っていたのだけど、最近は普通の炊飯器ではなくて少ない量を炊くヤツばっかり使っていて、たま〜に使うだけになっていた。
しかも使い勝手が悪くてさ。
タイマーが使い物にならん。
ちなみに少ない量を炊く炊飯器はこれね。

今までレンジ用の圧力鍋もいくつか買ったんだけど、どれも性能はあんまりよくない感じ。
全然早く加熱できている感じもしないし。

といった状況で電気圧力鍋なるものが、もちろん圧力鍋として使えてご飯も炊ける!お値段もお手頃!ってことで買ってみた。

siroca 電気圧力鍋 SP-A111 ホワイト[圧力/無水/蒸し/炊飯/コンパクト]




DSCN6651.JPG

DSCN6652.JPG

右が電気圧力鍋。
左が今まで使っていた普通の炊飯器。
どちらもご飯は三合炊ける。
圧力鍋は「コンパクト」って話だったから炊飯器より小型かな?と思ってちょっと期待したが、ご覧の通り大きい。

実際に何度か使ってみた。
電気圧力鍋もピンキリで、もっと自動化されたヤツもあったけど、多分これはかなり自動化されていないアナログっぽいタイプ。
安い電子レンジみたいにタイマーをぐるぐる回して設定。

炊飯器+αみたいに思っていたので、後から気づいて「あ!」と思ったんだけど、これは炊飯器と違って「予約」ってものはないんだな。
ご飯を炊くのも普通の炊飯器よりは時間が短いから、予約機能を使うほどのこともないと言えばないけれども。

多分慣れてしまえばどうってことはないんだろうけど、最初のセッティングがちょっと複雑というか、炊飯器より手数が多いかな。
加圧されるとフタの一部がピコンと出っ張ってきて、それが引っ込まないとフタを開けちゃいけないんだけど、これがいつ引っ込むかってのは見ていないとわからん。
炊飯器みたいに「終わったよ」って教えてくれる気はゼロで。

日本のメーカーのみなさんに一度よく考えていただきたいと前から思っているんだけど、ことごとく食洗機には対応していない。
別に全商品が食洗機完全対応!ってやってくれっていうことではない。
1シリーズぐらい食洗機で洗えるタイプの商品を作ってくれないものかな?って思う。
結局炊飯器だろうが、この圧力鍋だろうがどれも食洗機では洗えないものだから、それだけ手洗いなんだよね。
炊飯器に限らず調理器具なんかも食洗機不可のものが多すぎて、フライパン一個買うのでも事前によく調べて、極端に狭い選択肢の中から選ぶことになる。

posted by ひと at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小島慶子「苦しいあなたはここにいていい」発達障害を告白した彼女が語る社会の難しさ

小島慶子「苦しいあなたはここにいていい」 | 私たちは生きづらさを抱えている | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この人は私と違って支えてくれる家族もいるし、周囲の人も暖かく迎え入れてくれているんだなと思うと、読んでも内容が全然入ってこない。
そもそも私はほとんどADHDがないタイプだから、この人とは困る部分とか全然違うだろうな。

解縛: 母の苦しみ、女の痛み (新潮文庫)



posted by ひと at 08:15| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする