カテゴリ


2019年04月26日

専門キャリアカウンセラーが教える これからの発達障害者「雇用」

これからの発達障害者「雇用」: 専門キャリアカウンセラーが教える



どういう経緯でこの本を読もうと思ったのか記憶になく。
当事者が読んでも参考になります!的は話だったのだけどな・・・。
基本的な発達障害に関する説明とか、実際に就労しているケースなどの豊富な事例とか。
この本の巻末にはっきり書いてあるけど
本書は、発達障害者の雇用について、主に管理職・人事担当の方に向けて書いたものです。
ってことで。
そういう人が読んだらまあ、何も読まないよりはいろいろいいかも知れないねぇ〜って感じ。

私が読んでいて「なんだかなぁ」って感じがしたのは、著者が一貫して「発達障害者は優れた部分が必ずあるんです!」的な。
そんなの真に受けて「真面目系クズ」(最近聞かなくなった言葉ですね)が来ちゃって、「どうやっても使えねぇじゃん!」ってのもありえそうだなと。
もちろん優秀な人とか、環境整備さえうまくできればすごく能力を発揮する人ってのはいると思う。
でも、全員そうかっていうとねぇ・・・。
「やる気のあるバカ」ってのは役に立つどころか害になるからな。

この本は「先の見通しを理解しやすいように示す」みたいなのがあんまり推されてない感じがしたんだよね。
障害特性の説明は書かれているので、それを見て察しろよってのは無理だろうし。
もちろん障害特性によっていろいろ種類はあるけど(そういうことはちゃんと書いてくれている)定型発達者みたいに臨機応変に対応するってのが苦手な場合が多いし、突発的な変更で混乱しちゃってパニックを起こしたりしかねない。
具体的に仕事の予定がパッと見てわかるような表にしてくれると、仕事がしやすかったり。
口頭で説明してもわかりづらいですよ的なことも書いてあるけどさぁ・・・もうちょっと一つ一つのことを端的に示してくれた方が、この本を利用する側には便利なんじゃないかなぁと思った。

posted by ひと at 19:12| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK「ふつうってなんだろう?」の再放送の予定

すでに「ふつうってなんだろう?」の再放送の予定はご紹介しているけど、また追加が出たんですでにご紹介している分も重複して紹介しておく。

発達障害キャンペーンアニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#6 ゆうせい
[総合] 4月30日(火) 午前4:55〜午前4:57(2分)

さまざまな困りごとを抱える人たちの「ふつう」を知る2分のアニメシリーズ。当事者の語りに合わせ、毎回手法の違うアニメーションで、彼らの生きる世界を描く。今回の主人公は、9歳のゆうせいさん。「怒りんぼ」が住んでおり突然大暴れする。大好きな野球教室でチームメイトのミスを責めてチームから外されたことも。お母さんと「怒りんぼ」をコントロールする修行を始めたゆうせいさんの願いとは?アニメーション:三角芳子
全文を紹介してあります。

発達障害キャンペーンアニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#7 ゆうすけ
[総合] 5月2日(木) 午前4:55〜午前4:57(2分)
[総合] 5月2日(木) 午前11:52〜午前11:54(2分)

さまざまな困りごとを抱える人たちの「ふつう」を知る2分のアニメシリーズ。当事者の語りに合わせ、毎回手法の違うアニメーションで、彼らの生きる世界を描いていく。今回の主人公は、16歳のゆうすけさん。文字を書くのが大の苦手。文章を書いていても、途中から何を書こうとしていたのか、わからなくなってしまう。そんなゆうすけさんが伝えたいメッセージとは?アニメーター:中内友紀恵
全文を紹介してあります。

posted by ひと at 18:47| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ザ!世界仰天ニュース」で発達障害のことが扱われていました

ザ!世界仰天ニュース

頻繁に検索してるのに一切引っかからなかったっていうね・・・。
「発達障害」って文字列だと引っかからないように何かされてんのか?って思うレベル。
当然知らなかったんで見ていないのだけど、紹介だけしておく。


人の顔が分からない不思議スペシャル
4月23日(火)夜9時〜9時54分放送


どうしても人の顔を覚えられない苦しみ
要するに相貌失認の話ね。
最後に「人の顔が覚えられなくて悩んでいる人は専門医に受診を。」って書いてあるけど、そもそも専門医って何科のどういう種類の医者なのかもわからんけど(番組中では紹介があったかも知れないけど)受診して「相貌失認です」って診断が出て何か解決するのかな?
番組のサイトには載っていなかったが価格.comの方を見たら
敦賀温泉病院の玉井顯院長は「日本では正式に分析されていませんのでこれからの研究かなと思います。薬はありません。周りの人が知るってことですよね。それが1番のち療法だと思います」と話した。
「ち」が多いな。
え〜と・・・。
診断が出ても、単に「周囲に理解を求める」ってだけですか?

読み書き困難少年の逆転の発想
学習障害で読み書きが困難な人が競技かるたで才能を発揮!っていう、感動ポルノ大好きな人が喜びそうなギフテッド系の話かな?と。
テレビで取り上げるものとしてはやっぱりこういう「成功している人」じゃないとストーリー的に成立しないってのはあるだろうけど、大部分の学習障害の人はそういう特別な能力を発揮することもなく終わるのではないかと思うが。
知能が低めぐらいの人で学習障害の人は「バカだから」と本人も周囲も流しちゃったりしてそう。
知能が並みか高いぐらいの人たちが「知能は高いのにこれができないのはおかしい」みたいなことで発見されるっていうことで。

アスペルガーのアズ直子さん
しばらくお見かけしなかったけど、以前はよくテレビなどにも登場していた方。
このブログでも何度か取り上げている。
「現在、彼女は発達障害に関する講演活動も行いながら、この障害が広く世間に認知される事を願っている。」
え〜?でもぉ〜・・・この人と違って助けてくれる家族とかいないかららぁ〜世間に認知されたって何の役にも立たないじゃないですかぁ〜♥

posted by ひと at 07:50| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする