カテゴリ


2019年05月27日

今日も孵化

窓際の方が涼しいかなと思って窓のそばに置いていたけど、30℃ぐらいになっちゃってたから、午後から台所の方に移動させたけど、もっと早く移動させておくんだったな。
もうずいぶん死んでいる感じ。
今日孵化したのは76匹ほど。
今までのと合計で648匹。

posted by ひと at 20:11| Comment(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKで放送されている新作の「発達障害キャンペーン」と5月23日の「おはよう日本」の件(5月29日追記)

NHKの公式から何も情報が出ないけど、すでにご紹介したように新作の短い番組が放送されている。
で、またシリーズものでやるみたいで、再放送や新作の放送が予定されている。
多分、今後もどんどん新しいものが出てくるんだろうけど情報がないので、とりあえず現段階で放送が終了した分と、これから放送が予定されている分の情報を載せておく。
放送時間が2分のものと5分のものがあるが、内容が同じなのか違うのかは不明。

発達障害キャンペーン “発達障害って何だろう”「沖田×華さん」
[総合] 5月27日(月) 午前4:01〜午前4:03(2分)
[総合] 6月1日(土) 午前0:35〜午前0:40(5分)
[総合] 6月3日(月) 午前0:05〜午前0:10(5分)

自身の発達障害の経験を赤裸々に描いている漫画家・沖田×華さん。普段、どんなことに困っているのでしょうか?また、どんな工夫で対処しているのでしょうか?
【出演】漫画家…沖田×華
2分のものを全文書き起しました。
5分のものを確認して内容が違っていたら追記します。


発達障害キャンペーン “発達障害って何だろう”「小島慶子さん」
[総合] 6月2日(日) 午前4:15〜午前4:17(2分)
[総合] 6月5日(水) 午前4:02〜午前4:07(5分)

発達障害のひとつ、軽度のADHDと診断されている、エッセイストの小島慶子さん。普段の生活で、どんなことに困っているのでしょうか?
【出演】タレント・エッセイスト…小島慶子


で、5月23日の「おはよう日本」の件ね。
「感覚過敏の子どもたちを競技場へ」というのが放送されていたらしい。
現在NHKのサイトの方に詳細がアップされている。
感覚過敏の子どもたちを競技場へ|けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本

ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私 (知恵の森文庫)



posted by ひと at 20:04| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発達障害キャンペーン “発達障害って何だろう”「沖田×華さん」

[総合] 5月27日(月) 午前4:01〜午前4:03(2分)
[総合] 6月1日(土) 午前0:35〜午前0:40(5分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにアップされるるかどうか不明ですが、アップされたらリンクを貼ることにします。
2分のものと5分のものとでは内容が違っていたので両方紹介します。


2分バージョン

発達障害って何だろう

(沖田×華さんの漫画の中の1ページ)
「キャー!!また鍋を火にかけてままにして─!!」
「えっ うそっ!?」
発達障害のある人の日常を赤裸々に描いたこちらの漫画。
作者は漫画家の沖田×華(ばっか)さんです。
自身も発達障害と診断されています。

沖田さんは人とのコミュニケーションが苦手。
社交辞令や本音と建て前を理解できないことがしばしばです。
(沖田さん本人によるイラスト)
「今の仕事やめたくて」
「だったらやめれば!」
「えっ」

ほかの人とどうつきあっていけばいいのか。
悩んだ沖田さんが作ったもの、それがこちらの対人マニュアル。
(「マンガ(ネーム)の作り方マニュアル 仕事」と書かれたノート)
仕事仲間は友達でも敵でもないと何度も言い聞かせることで、一定の距離感を保ちたいと考えました。
沖田「作品を作るときに私が変なことで怒ったりとか殺意を持ったりとか、敵意を持ったりとかしないように平常心で作っていく土台みたいなのが欲しかった」


家族や友人にどのように接してほしい?

沖田「全部理解してくれというのは不可能なので、ある程度距離を持って冷静に接していけば、いい関係が築けるのではないかなって思います」


5分バージョン

発達障害って何だろう

(沖田×華さんの漫画の中の1ページ)
「キャー!!また鍋を火にかけてままにして─!!」
「えっ うそっ!?」
発達障害のある人の日常を赤裸々に描いたこちらの漫画。
作者は漫画家の沖田×華(ばっか)さん。
自身も発達障害と診断されています。

沖田「ここなんですけど」
スタッフ「失礼します」
沖田「かなり汚いですけど、仕事部屋になります。大丈夫かな、何か・・・」
スタッフ「物が多い」
沖田「ああ、そうですね。一応、道は作ったので転んだりとかはしないと思うんですけど」

部屋を見回すと、じゅうたんやカバンなど、青色のものがいっぱい。

青がいっぱい
沖田「(青いペンを示しながら)この青が好きです。これが一番理想かも。本当はこの色で全部、囲まれたい感じ」
特定のものへの強いこだわり。
これは発達障害の一つ、自閉スペクトラム症の人に見られる特性です。

自閉スペクトラム症の特徴
 強いこだわり

小学生の頃から身の回りに青いものがないと、とにかく落ち着かないといいます。
沖田「こういうのがあるだけで、自分の好きなものに囲まれていることで、変にパニクらないとか、イライラしないとか、そういう感じですかね」

また、沖田さんには長年、悩んできた特性があります。
それは聴覚の過敏です。

自閉スペクトラム症の特性
 感覚過敏(視覚や聴覚など)

沖田さんは子供の声が、まるで戦闘機の音のように大きく感じられ、驚くことがあるといいます。
またレストランなど、たくさん人がいる所では、店の音や周りの会話など全ての音が混ざって聞こえ、目の前の友人の声を聞き取るのも難しいそうです。

そして、特に沖田さんが苦手だと感じてきたのが人とのコミュニケーションです。

自閉スペクトラム症の特性
 コミュニケーションが苦手

例えば友達からの何気ない相談も・・・。
(沖田さん本人によるイラスト)
「今の仕事やめたくて」
「だったらやめれば!」
「えっ」
社交辞令や本音と建て前を理解できないことがしばしば。
そのため、周りからは自己中心的で配慮ができない人として見られがちでした。
沖田「人の気持ちをわからなくて当然。だから分かろうとすることはかなりレベルが高いっていうか、私から見ると国家試験、めっちゃ難しいのをやっているみたい。そういう感じなんですね」
人とどうつきあっていけばいいのか。
過去の反省を生かし、沖田さんが作ったものがあります。
それがこの対人マニュアル。

(「マンガ(ネーム)の作り方マニュアル 仕事」と書かれたノート)
どんなことが書いてあるのかというと・・・。
沖田「『担当は友達になってはいけない』というのが私の決まりごと。『仕事上、仕方なく私と話していることを覚えましょう』」
仕事仲間は友達でも敵でもないと何度も言い聞かせることで、一定の距離感を保ちたいと考えました。
更に相手の言動に必要以上に振り回されないよう、その人の言動や性格の特徴をメモして覚えておくことにしました。
沖田「普通の人は注意をされたから『これから気を付けよう』ってなるんですけど、私の場合は『私のことが嫌いだから、この人は今、こういうことを言ったんだ』っていうふうな、こだわりがどうしても取れなかったんですよね。作品を作るときに私が変なことで怒ったりとか殺意を持ったりとか、敵意を持ったりとかしないように平常心で作っていく土台みたいなのが欲しかった」


家族や友人にどのように接してほしい?

沖田「全部理解してくれというのは不可能なので、ある程度距離を持って冷静に接していけば、いい関係が築けるのではないかなって思います」

ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私 (知恵の森文庫)



posted by ひと at 19:47| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする