カテゴリ


2019年10月17日

NHKがずっと災害情報を流している件とかいろいろ

NHKがさぁ〜ずっと画面にL字型に災害の情報とか流してんだよね。
もちろん必要な情報を流していただくのはありがたいというか必要なことだとは思うけど、普通の番組と同時に災害の情報も見たいっていう需要がどの程度あるのかがわからんのだ。
私以外のたいがいの人は頭がいいから「両方同時」ってのを望んでいるという可能性もあるけれども。
録画して見たものにも全部入り込んでしまっているので、古い情報を無理やり見せられるという状況にもなっているワケだし。
NHKというのは一つのチャンネル(「総合」とか「Eテレ」っていう)に対して、高画質のものでなければ最大四つの番組を並行して放送することが可能だと聞く。
つまりは「総合」と「Eテレ」を全て総動員すれば最大八つの番組を並行して放送することが可能だ。
であれば、そんなことをせずに通常の「総合」と「Eテレ」の放送プラス「災害専門チャンネル」的に一つを割り当ててずっと放送してくれるとかの方がいいのにな?って思っている。

NHKがアプリもやってるから、その宣伝もやっているのだけど「表示させる時間が短すぎて読み取れなかった」という話をいくつか見た。
で、先ほど見てみたらずーっと端に表示されているから、これなら読み取れない心配もなく・・・って言いたいところなのだが、私の古いテレビだと端が切れてしまって以下のように。

DSCN8671.JPG

常に端が切れてます!
何か設定とかでうまくやれるのかねぇ?
画面の端は常に見えていない状態なのだけど。

でさ、首都圏に住んでんじゃん。
で、「今回の台風は首都圏に重大な被害がっ!」みたいに言い続けていて、首都圏を去ったら終了みたいな感じの扱いに見えた(個人の感想です)。
でも、首都圏と地方では放送の内容が異なったりする部分もあるだろうから、地方では地方なりの内容でやってんだろうなぁと思ったらそうでもなかったっぽい。
「首都圏がっ!首都圏がっ!」って、他の地域のことはさっぱりで、しかもダムとか何か所もヤヴァかったらしいけど、ダムの水位がどのぐらいとかっていう情報もなく。
ただあったのは「○時ぐらいに緊急放流します」って話だけ。
ダムを放流するとどのぐらいの地域まで水没するとか事前に何もわからん状態だったのではないかと思われ。
北陸新幹線が大雨で水没したけど、事前に「このぐらいの雨の時には車両をここまで移動させる」みたいなマニュアルでもきっちり作り込んで、それにしたがって動くとかでなければ「わ!すげぇ水嵩増してきた!どうしよう」ってなってから考えたって、何も間に合わないワケで。

台風15号が激甚災害の指定をしないのは消費税増税できなくなるからだって聞いてたけど(信じてたけど)どうやら15号も激甚災害の指定をされる模様。
今回の19号は当然のことながら激甚災害に指定されるってことで。

もう誰も言わなくなったけど、土木建設業の人が全然足りていないのって小泉内閣の政策が元なんだろう。
で、ただでさえ工事ができる人が足りないから3.11の後もなかなか思うように復興できないのに、東京オリンピックのために大量の人員が取られることに。
で、その状況で今回の台風。
小泉内閣がやらかしたことは大問題ではあるけれども、あれからずいぶん月日は経過していて、その間も「この状況はまずい」って話はたびたび出たけど、それに対して何か対策をしましたって話も聞かないけど。

すでに遅すぎではあるけれども、今からでも土木建設業で働けるような技能を持った人を育てるような政策とかやらんのかね?
今からだとオリンピックもとっくに終わってるし、日本の人口も減っていくから家とか建てなくなるから意味ないのかな?

一番の問題は、今の状況をどうするかだよねぇ・・・。
わからんよねぇ。

自衛隊防災BOOK 2



posted by ひと at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする