カテゴリ


2019年10月28日

トップバリュ World Dining マルゲリータピザ味ヌードル NOODLES AL GUSTO DI PIZZA MARGHERITA

DSCN8824.JPG

DSCN8823.JPG

World Dining マルゲリータピザ味ヌードル NOODLES AL GUSTO DI PIZZA MARGHERITA-イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
トマト&バジルの風味にチーズのコクとうまみをプラス

DSCN8821.JPG

10月15日発売。
本体価格98円(税込価格105.84円)。
内容量70g(めん55g)。
1食当たりエネルギー302kcal。
製造所東日本明星株式会社 埼玉工場。

DSCN8826.JPG

お湯を入れて3分待ってから液体スープを入れる。

DSCN8828.JPG

真ん中へんの緑色の部分が液体スープを入れた部分。
具はキャベツ、ベーコン、トマトペースト加工品。
スープの味は酸っぱい。
トマトの酸味。
すごく酸っぱい!ってほどでもないんだけど、あんまり美味しくないっていうかなんて言うか。
臭いはピザっぽかったから、ピザっぽい味がするのかな?と思ったら、味はピザじゃないな。
トマト系の何か。
薄らサルサっぽい感じもする。
私の口には合わないなってことで。

posted by ひと at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三溪園和音まつり2019 〜「音」故知新〜

これも昨日ね。
クイーンズスクエアで5時近くまでで、三溪園が6時スタートだったんで、結構バタバタだったけど。
これは「横浜音祭り2019」とは関係なく「三溪園和音まつり2019」というヤツで、これも津軽三味線の人が出るのが昨日だったっていう。
元々別の日だったんだけど、台風で延期になっちゃって昨日に振り替えになった。

三溪園和音まつり2019 〜「音」故知新〜
10/27 (日) 朝倉盛企
継承される正調津軽三味線 矢吹和仁を迎えて新たな音の形をお届けします。
※振替公演です。




三溪園という名前は聞いたことがあったけど、実際に行こうと思って調べたらものすごいアクセスの悪さ。
もうちょっとどうにかならんか?
しかも夜だし、繁華街じゃなく閑静な住宅街みたいなところの奥にあるもんだから「本当にこの道で合ってる?」って感じだったし、とても不安で、案内なしに行くもんじゃないなと。
バスもわかりづらい。
横浜駅から出るバスにみなとみらい線乗り継ぎで行ったのだけど(クイーンズスクエアから桜木町のバス乗り場までは結構遠いし、バスにも何十分も乗るから途中で渋滞があったりしたら間に合わなくなるので)バス停が行きも帰りも同じ方向っていう。
普通、帰りのバス停は道路の向かい側にあると思うじゃん。
私みたいなバカにでもわかるように、デカデカと乗り場が書いてあったから迷わなかったけれども、夜だからバスの数も少ないし、寒くて暗い所で長く待つことに。

IMG_6178.JPG

入口。
写真は加工してあるので若干明るいけど、実際はもっと暗く。
中も照明はあるけど、基本的にかなり暗く。

DSCN8840.JPG

入ってすぐにスタッフがイベントのチラシみたいなのと地図をくれる。
右側のは三味線の演奏が終わった時にくれたライブイベントのチラシ。

入口からまっすぐ演奏会場へ行ける道は夜は閉鎖。
ということで、池の周りをぐるりと回って行けと。
結構な距離。
暗いから見えないけどカモか何かの鳴き声が。
虫も鳴いている。

IMG_6182.JPG

上の方に「旧燈明寺三重塔」がライトアップされていてよく見えたんだけど、写真を何枚も撮ったけど一枚もまともに撮れず。

IMG_6186.JPG

演奏会場である「旧燈明寺本堂」。

10分ぐらい前に着いたかな。
2〜4人掛けの椅子が並んでいるんだけど、私が着いた時にはほぼ満席。
私はギリギリ座れたけど、何人か立ち見も出た。
結構人気だな。

IMG_6190.JPG

今回は朝倉盛企さん(写真右)だけでなく、一緒に矢吹和仁さん(写真左)も演奏される。
建物の奥から強い照明が一個当てられているのだけど、それが逆光みたいになって、私の位置からは朝倉さんの顔がさっぱり見えない。
もうちょっと照明の向きとか考えていただきたいなと思った。
お二人の息の合った演奏が20数分ってところかな。
ステージセットを替えて、この日はバイオリンの演奏もあったんで、大部分の人はそのまま続けて聞くようだったけど、もちろん私は速攻帰る。
朝から出歩いてなきゃいてもよかったけど、もうぐったりだからな。

急げばバスに間に合うかなと思ったけど結局間に合わなかったから、もっとダラダラ写真なんぞ撮りつつ帰ればよかったけど、超急いで歩いたから、せっかくの庭園も全然堪能せず。

因みに、普段は入場にはカネがかかる。
このイベントの期間中は時間延長で16:30以降は入場無料。


posted by ひと at 14:59| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜音祭り2019 澤田 勝秋 「津軽三味線界の生きる伝説」

これも昨日のなんだけど、さっきのとは全然別の場所。
「横浜音祭り2019」ではいろんな場所でいろんなのをやっているんだけど、昨日はたまたま津軽三味線が二つあった。

10/27(Sun) クイーンズスクエア横浜 1Fクイーンズサークル | 街に広がる音プロジェクト
昭和19年、青森県弘前市生まれ。
15歳より津軽三味線で舞台に立ち、今日までその演奏を収録したレコード、CDは数え切れない
津軽民謡の本筋である「唄づけ」(唄に対して即興で応えていく、津軽三味線本来の高度な技術)のできる数少ない演奏家として高い評価を受けている。
現在、現役最年長かつ津軽出身最後の津軽三味線奏者として精力的に活動。


澤田流の家元、澤田勝秋氏ですね。
客席の前の方には椅子があるんだけど、20分前ぐらいには着いたと思うけど、すでに椅子は全部埋まっていて立ち見。
ここは上の階からも見ることができるので、どうせ前に立っている人の影であんまり見えないんだから、早い段階で上の階に移動すればもうちょっと見られたかなと思ったけど、気づいた時にはすでに遅く。

今回は家元だけでなく、津軽三味線を弾く方がもう一人。

矢吹 和之「次世代のエース」
2014年、第17回津軽三味線コンクール全国大会独奏〈一般の部〉にて優勝。2017年、第11回津軽三味線日本一決定戦。日本一の部にて曲弾き部門、唄付け部門共に優勝。第9代日本一となる。


そして民謡を唄ってくださる方が。

福士 あきみ「民謡界の歌姫」
母方で四代、父方で三代津軽民謡歌手の家系に生まれる。2010年4月〜2014年3月までNHK-FM「日本の民謡」にて司会も務め、現在は全国各地の舞台、テレビ、ラジオ、民謡演歌歌手 福田こうへいの邦楽メンバーとしても活動中。


このお二人はご夫婦だそうで。
三味線を弾く男の人と唄う女の人が結婚しているのってよく見かける。
そういうのを見かける度に「やっぱり唄に転向した方が?」って思う。

福士あきみさんは髪の毛をちょっと変わったオシャレな色に染めて和服なのだけど、和服でも不自然じゃない感じ。
和服もすごくいいお値段なんだろうな〜と。

IMG_6172.JPG

もう一人太鼓を叩く女の人がいたけど、その人のことは何も説明がなかった。

DSCN8838.JPG

帰る時にいただいたヤツ。
今回のチラシと「横浜音祭り2019」の公式パンフレット。
チラシにはオフィシャルホームページのQRコード。
多分これだと思う。

脇の方にCDなどの物販もあった。

全部で50分ぐらいかな。
家元は三味線を弾くだけでなく唄も唄ったのだけど、さすがにうまい。
最後の方に客席からリクエストを取って「弥三郎節」などもやったんだけど「客席で唄いたい人がいたら」と言われ、誰も手を上げなかった。
私は民謡は数ヵ月習ったけど、もう何年も前だし一曲もまともに唄える唄なんかないので、もし唄えれば澤田流の家元の伴奏で唄えたんだなと思うと、ものすごく悔しい。

つるとかめII あいのかぜ



posted by ひと at 14:19| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜音祭り2019【連携イベント】 横浜ラグビーフェスタ2019 はやぶさ

すでに始まってしまってから気づいたし、今までも三年に一度やっていたけど全然気づいていなかったが、横浜では「横浜音祭り」というのをやっているらしい。
で、すげぇ調べづらいサイト(紙の冊子なんかも用意されていたけど、手に入っていなかった)を一つ一つ見てようやくいくつか自分が行きたいようなのもあるのが判明したので行ってみた。
新横浜駅北口広場で「横浜音祭り2019」と「横浜ラグビーフェスタ2019」の連携イベントとやらがやっていて、私が見たいのは昨日の11時半からだったんで、ラグビーのせいで新横浜駅は入場制限が〜みたいな情報が事前にあったからどうなんだろうなと思いつつ行ってみた。
電車の乗継が予定より上手くいってしまってかなり早く到着。

IMG_6145.JPG

多分あっちが会場だろうなぁってところを駅ビルの上から見たら、人もまばら。
まだ行かなくていいやと思って、ちょっと駅ビルの中なんかをウロウロ。
その後下に降りて会場に。

IMG_6154.JPG

テントの中でいろいろやっているんだけど、外国人向けらしきものも多い。
あまりにも人が少なすぎて、一人で行ったせいもあるけど参加しづらい雰囲気。

IMG_6149.JPG

横浜市水道局の水を試飲できます。
って、毎日飲んでますが・・・。
一応飲んだ。

IMG_6151.JPG

IMG_6153.JPG

スタンプを順番に押していくと浮世絵みたいな感じに一枚の絵が仕上がるっていうコーナー。
横浜市立富士見台小学校6年3組の皆さんが作ってくれました!ということで。

DSCN8835.JPG

出来上がりはこんな感じ。
最初は人も少なかったけど、後から見たら人が並んでいた。
一個ずつ位置を合わせて押すから、結構時間がかかるんだよね。

ステージの前には長い椅子がたくさん並べてあったが、まだ開始まで10分以上あるので人もまばら。
全然人が来ないなぁなんて思っていたけど、始まるまでにはだいたい人で埋まっている感じだった。

ということで、ステージでは11時半から本日の私の目的である津軽三味線の演奏が。
「はやぶさ」の皆さんだそうだ。
津軽三味線全国大会に出場して合奏優勝、個人戦でも優勝、準優勝の経歴を持つメンバー4人でオリジナル合奏曲や民謡をアレンジした曲を演奏しています。「2016年の音祭り」にも参加させていただきました。
私は全く知らなかったので、検索をかけみがが全然出てこなかったからわからないけれども。
みなさん小山流だそうです。

IMG_6157.JPG

てっきり和服かと思ったら洋服で。
「なんで津軽三味線の演奏を入れたんだろう?」と思ったけど、多分外国人向けみたいな意味もあるんだろうなぁ〜って思ったんだ。
それならなおのこと和服の方がいいんじゃないかとは思ったけど、何か都合もあったんだろう。
演奏の内容は「六段」とか民謡のメドレーとか。
だいたい時間通りにスタートで終了は11時50分過ぎぐらいかな。
12時からは同じステージで別の人の演奏があるから、セット替えみたいな時間が必要だからな。

IMG_6162.JPG

急いで帰らなきゃと思って駅に向かって歩いていたらこんなものが。
このあたりは前から何度も通っているけど気づかなかった。
前からあったんだろうな。



posted by ひと at 11:17| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする