カテゴリ


2020年09月30日

ヤマザキ シューDEメロンパン

DSCN0756.JPG

発売日不明
イオンで118円(税別)で購入。
1包装当たりエネルギー491kcal。

いつものように「新発売」って書いてあったから買ったんだけど、全然情報がないのだけれども。

DSCN0757.JPG

DSCN0759.JPG

半分にしたヤツがあんまりうまく撮れなかったんで分かりづらいけど、間には上の方にホイップクリーム、下の方にカスタードクリームが入っている。
生地の表面はビスケット生地の上にさらにシュー生地がかぶせてあるってことなんだろう。
一応は「メロンパン」だし、ビスケット生地って書いてあるから表面はメロンパンぽい感じかな?と思ったらだいぶ違う。
全体としてメロンパンっぽい要素がない。
しっとり系ではなく、固い感じではあるけれどもフランスパンみたいな固さではなく。
固くて食べにくいみたいな感じじゃないんだけど。
厚みがあるので、それなりにボリュームもあるし、味は間にクリームが挟まったパンなんで悪くはないと思う。

ヤマザキ テイスティロング チョコチップメロンパン 12個セット



posted by ひと at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッテ カスタードケーキ<クリームチーズケーキ〜ベリー仕立て〜>

DSCN0765.JPG

カスタードケーキ<クリームチーズケーキ〜ベリー仕立て〜>
Kiriを使用したカスタードケーキ<クリームチーズケーキ〜ベリー仕立て〜>

9月15日発売。
クリエイトSDで98円(税別)で購入。
オープン価格。
想定小売価格300円前後(税抜)。
発売地区全国。
内容量6個。
1個(標準27.5g)当りエネルギー122kcal。

新発売って書いていなかったので、安かったし古いものだろうと思ってしばらく放置していたけれども、実は新発売だったのか。

DSCN0770.JPG

フタの内側に何やら書いてある。
温めて喰う気はゼロだったんでよく見ていなかったけれども、よく見たら
「キリ クリームチーズ」の半分を細かくしてのせる
なんて書いてあるな。
一緒にクリームチーズも買ってこなくてはいけないということか?
絶対やらないけど。

DSCN0772.JPG

DSCN0774.JPG

外側のケーキはいつもな感じかな。
しばらく食べていなかったので忘れてしまったけれども。
中には「クリームチーズと3種のベリーソース(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー)の組合わせ」ということで。
箱には
ミックスベリー果汁 0.9%使用(生換算)
Kiriクリームチーズを製品中に1.1%使用(生換算)

と書いてある。
うん。
Kiriクリームチーズは1.1%か。
少なっ!と思ったけど、使っているクリームチーズの1.1%ではなくて、全体の1.1%ってことかな?
「製品中に」だから全体のうちだな。
まあ、どっちにしろ少ないよな。
そもそもKiriクリームチーズ自体も記憶にないし、記憶にあったとしても、そんな少ない量だと「うむ・・・これはKiriクリームチーズの味だ」ってならないよな。
味は一応クリームチーズだなって味はする。
酸味があるのだが、ベリーソースとやらの味かと思われる。
甘ったるい系ではないけれども、甘さはそれなりにある。
後味が悪いとかくどいとかってことはないな。
まあ、美味しいかな。

ロッテ カスタードケーキ(クリームチーズケーキ~ベリー仕立て~) 6個 ×5箱



posted by ひと at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

横浜市の水道料金が来年の7月から値上げされる件

ずいぶん前にさぁ、テレビか何かで神奈川県知事が「水道料金を安くするから、その分、手をよく洗ってください」みたいなことを言ってたじゃん。
でも全然水道料金は安くならないし、値上げがどうとかっていう話は聞いたりしていたので、あれは何だったんだろう?って思っていた。
消費税が上がったせいで、値下げと値上げが相殺されちゃったのか?なんて思ったり。
どういう状況になっているのか知らなかったのが私だけなのかも知れないので「そんなの知ってるよ」っていう人にとっては当たり前のことしか書いていないので、あとは見ても何の新発見もないとは思うが、私と同様に知らなかったっていう人は「そういうことなのか〜」って内容。

すでに終了したようだけれども、神奈川県の水道料金を一律10%、4か月間減額されていたようだ。

県営水道料金を一律10%減額します - 神奈川県ホームページ

(1)対象者
 全ての県営水道使用者

となっている。
うん。
「神奈川県内の水道」ではないんだ。
「県営水道」なんだ。
横浜市は「横浜市水道局」なんだよね。
つまりは対象外ということで。

な〜んだ。横浜は一切水道料金が安くなっていなかったのか〜。ってことで。
で、問題は横浜の水道料金ですね。
安くならないどころかやはり値上げっていう話で。

横浜市の水道料金、平均12%値上げへ 水道局が方針(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
横浜市水道局は9日、2021年7月から水道料金を平均で12%値上げする方針を明らかにした。

最初は来年の4月から値上げしようとしていたけど、反対にあったので7月から値上げしますってことらしい。

ということで、横浜市は全く値下げされず、値上げが予定されています。ってことで。

有田陶芸 有田焼排水口カバー 抗菌加工 アンブレラ ポピー



posted by ひと at 19:53| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

ローソンストア100 おはぎ(粒あん・きな粉)

DSCN0738.JPG

おはぎ(粒あん・きな粉) | 新商品・おすすめ商品 | 商品・おトク情報 | ローソンストア100〜生鮮・100円・くらし支えるストア〜
粒あんおはぎときな粉おはぎの2つの味が楽しめるおはぎセットです。14日間限定で発売します。

9月17日発売。
本体価格100円(税込108円)。
販売地域全国 。
内容量2個。
100g当たり推定値 おはぎ:熱量261kcal 黄粉おはぎ:252kcal。
製造者(株)五条庵。

中身に対して容器が若干大きい感じだったので、家に到着するまでに中で動き回ってしまった。
小せぇなとは思わなくもなかったけれども、一個当たり50円ほどと考えるとまあ、こんなものかな。

DSCN0754.JPG

「粒あん」っていう方。
ごく普通の外側にあんこがあって、中に米が入っているということで。
割と米は粗めに搗いた感じがした。
味は普通のおはぎかな。

DSCN0752.JPG

「きな粉」の方ね。
外側にはきな粉が。
その内側に米で、さらに中があんこね。
こっちも米は粗めな感じ。
粒が残っているというか。

飛騨屋 飛騨高山おはぎ つぶあん・きなこ3個ずつセット(ギフトパック)



posted by ひと at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローソンストア100 ミルククリームサンド

DSCN0735.JPG

ミルククリームサンド | 新商品・おすすめ商品 | 商品・おトク情報 | ローソンストア100〜生鮮・100円・くらし支えるストア〜
ミルククリームをサンドして、赤いゼリーをトッピングしました。なんとなく懐かしいがコンセプトの「レトロパン」シリーズです。

9月23日発売。
本体価格100円(税込108円)。
販売地域全国 。
内容量1個。
1包装当たり熱量426kcal。
製造者株式会社山崎製パン株式会社。

DSCN0743.JPG

DSCN0747.JPG

袋には
やわからなパンに北海道牛乳入りクリームを絞りました。
って書いてあるけど、まあ確かに固いとかってことはないけど普通のコッペパンの間にミルククリームが挟まってるねっていう感じの。
真ん中に赤いゼリーが一個あるんだけど、デザートのゼリー的なものではなくて、ゼリー菓子みたいなのあるじゃん。
あれに近いかなと思った。
何のために乗っているのかわからんけれども、いろどり的な?
量がそれほど多い感じでもないワリには結構なカロリー。
味はまあ、コッペパンの間にミルククリームが挟まってるねっていう感じの味なので無難な味というか、食べやすい味だとは思う。

ソントン パンにぬるホイップクリーム ミルク 180g



posted by ひと at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

神奈川県LINEコロナお知らせシステム

昨日「横浜文化プログラム2020」ってのに行ったじゃん。
で、新型コロナに感染した可能性があったら連絡がくるLINEの話があったんで、てっきり国でやっている新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)みたいなのを横浜でも始めたのかぐらいに思っていた。
どっちにしろ私の超古いiPhoneでは何も入れられもしないので関係ないんだけど。
昨日のヤツのチラシを見たら「神奈川県LINEコロナお知らせシステムについて」と書いてある。
どうやらLINEでどうとか言われたのはこれらしく。
内容を調べてみたら、COCOAとはだいぶ違う感じ。
COCOAってのは
厚生労働省が公式提供する、新型コロナウイルス陽性登録した人との接触をお知らせするアプリです。
ということなのだが、LINEコロナお知らせシステムは
店舗等をご利用された際に、掲示されたQRコードをご利用のスマートフォンで読み込むことで、「LINEコロナお知らせシステム」に登録できます。
ってことで、各店舗なんかにQRコードが掲示されていて、それを読み込むと、その場所に感染者がいたことが判明した時に連絡が来るってことらしい。

感染防止対策取組書・LINEコロナお知らせシステム - 神奈川県ホームページ

今でも保健所なんかは混みまくりで、相変わらず検査もなかなか受けられない状況だと聞く。
COCOAで連絡が来たからってことでスムーズに検査を受けることができたっていうこともあるようなので、いろいろ入れられるスマートフォンをお持ちの方は入れておいた方がいいのかも知れず。

新型コロナ超入門:次波を乗り切る正しい知識



posted by ひと at 20:19| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

横浜文化プログラム2020 KODACHI〜木立〜(こだち)(9月23日修正)

去年さぁ「横浜音祭り2019」ってのがあったんで、それと同じヤツが今年もあるのかな?と思ったらタイトルが違うねぇ。
今回は「横浜文化プログラム2020」。
「横浜音祭り2019」でも見かけた人も今回出ていたりもする。
澤田流の家元の登場を期待したけれども、今回はない模様。
ってことで、今日はその中のランドマークプラザ1階の「サカタのタネ ガーデンスクエア」っていうところで15時からの「KODACHI〜木立〜(こだち)/胡弓×ピアノ・シンセサイザー」というのを見に。

9月22日(火・祝) ランドマークプラザ 1F サカタのタネ ガーデンスクエア | 横浜文化プログラム
木場大輔と足立知謙により、2009年結成。江戸時代から連綿と伝わる古典の粋と、ピアノの美しい余韻、エレクトロニカの音色が融合し、洗練された都会的サウンドの中にどこか懐かしさや日本の原風景を感じさせる。NHK Eテレ「にっぽんの芸能 花鳥風月堂」への出演や市川海老蔵スペシャル動画への楽曲提供、NHK WORLD【Blends】にて演奏が全世界で放映されるなど、その活動に熱い視線が注がれている。これまでにCDアルバム「Japan」(2011)、「時の回廊」(2015)を発表。

早目に行って先に帆船を見たりしていたんで、14時からやっているのもチラ見したりしていたんだけど、客はかなりガラガラだなって感じだった。
コロナだから人が全然いないからぁ〜ってことではなく。
電車も混んでたし、人は大勢いたんだけど。
で、15時からのはどの程度混むとかわからんかったんだけど、見た感じでは14時台のと変わらない感じ。
ステージの前にはイスが間隔を空けて数個。
全部で十個とかかな。
それ以外に両脇が階段になっていて、そこで見ることもできるし、上の階からも見ることができる。
で、ステージ前のイスと両脇の階段で見たい人は、先に体温を測る機械によるチェックがある。
それでOKだったら今度はアルコールジェルみたいなのを手に付けろと。
更にLINEをやっている人はLINEで何か登録するみたいだけれども、私のすげぇ古いiPhoneでそんなものをやれようハズもなく。
LINEをやっていないと言ったら名前と電話番号と住所を紙に書けと。
コロナが発生した場合ご連絡が来るということで。

早目に到着したので、まだまだイスが空いていたので前列に着席して待つ。
音のチェックとかが入る。
その時にはマスクをしておられたので、本番になったら写真でも撮ってブログにアップ・・・と思ったら撮影・録音不可ということで。

IMG_7322.JPG

ステージはこんな感じです。

まあ、シンセサイザーの人は知らない人だし別段興味もなく。
当然胡弓の木場大輔さんを見に行ったワケです。
今まで動画や写真は見たことがあったんだけど、和服ではないってのもあって、思っていたのとずいぶん違った。
背の高い人だと思っていたけれども、背は高そうだけど、思ったよりも細いというか。
最初はボーッとして見ていたので「小胡弓かぁ」程度にしか思っていなかったのだけど、途中で普通の胡弓ではないことに気づいた。
気づいたけれども、それに関して何の説明もなかった。
どう普通のじゃないかっていうと、糸巻が四つある。
ってことは糸は四本。
通常は三本なので。
弓もすげぇ長くて大胡弓の時に使うような感じのヤツだけど、小胡弓用の弓ってあんなんなのかな?
大胡弓用の弓で弾いてんのかな?
胡弓本体にマイクをくっ付けて、マイクの先端が駒のすぐ下辺りにあった。

全部で何曲かな。
5曲ぐらいか。
全部で30分強ほど。

本日の模様はyoutubeでアーカイブ配信されますってことだったんだけど、見当たらない。
後日アップってことなのかな?

今日アップされていました。
当日の同じ会場での動画は一本につながっている状態で配信されていて「KODACHI〜木立〜(こだち)」は2時間ちょっとのあたりから始まります。



物販もあるってことだったんで行ってみたら、すげぇ地味にやっていて見落としそうなレベル。
CDが二種類(各2000円)売っていたので、一枚だけ購入。
「Japan」っていう方。
まだ聞いてないけど。

時の回廊



posted by ひと at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帆船日本丸の縦帆と満船飾

ランドマークタワーの近くに帆船があるじゃん。
いまだにどれがなんていう船なのかとか覚えられないんだけど。
で、いつもは帆はひろげていないらしいんだけど、年に数回帆をひろげたり、大量の旗を掲げたりする日があるってことで、天気の悪い時に行っても仕方がないし、他の用事が入っていて行けなかったりとかで一度も行けていなかった。
今日は午前中は晴れていたから午前中の方が綺麗な写真が撮れたんだろうけど、午後から出向く用事があったんで、雨がパラついたりしている感じだったけど午後から行ってみた。
で、いつもだったら総帆展帆(そうはんてんぱん)っていうのになるらしいんだけど、理由は知らないけど今回はそうではなくて縦帆(三角帆)っていうのらしい。

帆船日本丸・横浜みなと博物館 9/22 帆船日本丸の一部の帆を広げる部分展帆を開催!今年“卒寿”(90歳)を迎えた日本丸が、横浜市の“敬老月間”にちなみ、健康長寿社会を願って縦帆(三角帆)を展帆します。

健康長寿社会と縦帆がどういう関係があるのかはわからんけれども。

IMG_7291.JPG

IMG_7296.JPG

↑後ろ側からだとこんな感じ。

IMG_7305_01.JPG

満船飾(まんせんしょく)はこんな感じで。

畳帆(帆をたたむ作業時間)15:00〜16:00
ということなので、15時頃に行けば帆が畳まれていく様子なんかも見られるのかな?と思ったけれども、今日は15時から行くところがあるので、先に帆が畳まれる前の状態を撮影しまくってから一時退却。
再度16時近くなってからまた見てみたら、帆はそのままな感じだったけど、満船飾(まんせんしょく)の方が撤去されていた。

IMG_7329.JPG

いろんな方向から船を撮影しまくっていたんだけど、近くにこんなものが。

IMG_7313.JPG

IMG_7311.JPG

横浜船渠株式会社 エアー・コンプレッサーだそうです。

ウッディジョー 1/160 日本丸 帆付き 木製帆船模型 組立キット



posted by ひと at 19:26| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

Googleカレンダーの表示の数字がいかがなものかと思われる件

結論から先に言ってしまうけれども、Googleカレンダーのアプリなんかの表示が日付と関係ない数字になっているのを修正する方法はわかりません。
私もいろいろ調べてみたけど、結局直し方はわからなかったので。

iPhoneにアプリを入れている。
今時のiPhoneだったらまた違うのかも知れないけど、私の超古いiPhoneのGoogleカレンダーのアプリの表示はこのようになっている。
1日でも2日でも3日でも常に関係なく「31」。

IMG_7278 - コピー.PNG

パソコンにも同じものを入れて連動するようにしている。
だから外出先なんかで何か予定が入ったら、iPhoneで入力しておけばパソコンでもチェックできるってことでとても便利。
で、こっちはちゃんと日付に連動・・・?

9017_01.png

タブはちゃんと17日には「17」ってなっている。
でもその下に表示されてるヤツは?
何だろうこれ。
ツールバーっていうところかな?
ここに表示されるヤツは関係のない数字。
17日なのに「3」。
これはiPhoneのアプリと同じで数字が固定なんだろうかと思って、別の日にも見てみようと思ったワケです。
で、本日確認してみたところ!

0920_01.png

6!
実際の日付とはズレているけれども、一日ずつ増えてはいっている模様。
変なの。

2021年カレンダー 日本の猫



posted by ひと at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チロルチョコ ミルクコーヒーもち〈袋〉

DSCN0725.JPG

ミルクコーヒーもち〈袋〉 | チロルチョコ株式会社
ミルクコーヒーとおもちの組み合わせ

9月14日発売。
おかしのまちおか限定販売。
おかしのまちおかで108円(税込)で購入。
内容量7個。
1個当たりエネルギー31kcal。

DSCN0729.JPG

DSCN0733.JPG

一番外側が「ミルクコーヒーチョコ」、中に「ミルクコーヒーソース」と「もちグミ」。
今日は涼しい感じだったから大丈夫だろうと思って常温にしていたのを食べたら思ったよりも柔らかくなっていた。
まだ冷やしてから食べた方がよかったな。
結構甘い。
グミはいつもの感じだな。
味はコーヒー牛乳みたいな味だろうと思ったら、それとはちょっと違う感じだな。
コーヒーゼリーっぽい感じがしたけど。
まあコーヒーみたいな味もミルクみたいな味もする。

チロルチョコ 105粒セット



posted by ひと at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「SWITCHインタビュー」の再放送があります

2月に放送されたSWITCHインタビュー 達人達「鈴木おさむ×中邑賢龍」の再放送があります。

「鈴木おさむ×中邑賢龍」 - SWITCHインタビュー 達人達 - NHK
[Eテレ]9月26日(土) 午後10:00〜午後11:00(60分)
数々のヒット番組をはじめ舞台や映画など多岐にわたり活躍する放送作家・鈴木おさむと、不登校などの子どもたちの才能を伸ばす教育を行う中邑賢龍・東大教授が語り合う。

前半、鈴木の人気小説「芸人交換日記」に基づく朗読劇を観た中邑。その後の対談で、エンターテイントな企画を次々とヒットさせてきた鈴木の才能の源に迫る。後半は鈴木が東大を訪問。発達障害などがあり「周りと違う」として学校になじめない子どもたちにさまざまな学びの場を提供する「異才発掘プロジェクト」について中邑に聞く。型にはまらない教育の「面白さ」を語り合ううちに2人の人生観に共通のキーワードが浮かびあがる。

【出演】放送作家…鈴木おさむ,教育実践家…中邑賢龍,【語り】六角精児,平岩紙


発達障害の子を育てる本 スマホ・タブレット活用編 (健康ライブラリー)



posted by ひと at 06:45| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

2019年12月16〜27日◆タコ(後編)

これの続きです。

今週聞き始めてびっくりなさった方もいらっしゃるかもしれないが、生き物の「タコ」のことを話している。
これは色々本を読んでいて非常に面白かったのは(タコは)不思議な生き物。
「年末のこの忙しい時期にタコなんかどうでもいい!」という方もいらっしゃるかも知れないが。

タコはイカと同じく、時として威嚇、あるいは興味を示したもの、あるいは擬態のために全身の色を変えることができるという。
しかし彼らは色は識別できない。
擬態の時、姿を変えるという。
あれは実は中から色を出しているのではなく全身鏡。
(本によると出している色もある)
それでまわりの色を反射させてあの色になったという。
このあたりは『プレデター』と同じ。

プレデター (吹替版)



だからプレデターもなんとなくイカっぽい口元をしている。
ギギギギギギ・・・
これほどの色を皮膚に浮かべることができるならば、色をコミュニケーションで使うことができるはずだが、発信はできても受信する能力がないので孤独な色変わり。

ヒヒの発するコールは三、四種類しかなく、どれも単純なものばかりだ。だが、この単純な声を聞き取ったヒヒは、非常に高度で複雑な情報処理を行う。−中略−自分たち自身が言えるよりもはるかに複雑な情報を受け取ることになる。(172頁)

鳥も情報処理では複雑で、これはびっくりしたが鳥も心がすごい。

そうした鳥は一〇〇箇所以上にさまざまな食物を蓄えることができ、しかもあとから蓄えた食べ物を回収できると突き止めた。自分がどこに食べ物を置いたかだけでなく、どこに何を置いたかまで正確に記憶できるという。だから食べ物の中でも傷みが早いものは、長持ちするものより早めに回収するようにしているとわかった。(172頁)

イカやタコ、鳥にも高次思考、高い次元の思考があって、彼らには記憶力があり、情報があり、好奇心もある。
ただ一つ人間と違うのは「内なる声」を持っていない、とこの作者のピーター・ゴドフリー=スミスさんはおっしゃっている。
内なる声。
「哲学の声」だろう。
内なる声を持つためには、ある寿命を持っていないとダメだそうで。
子供は内なる声を持っていない。
タコ・イカも同じ。
寿命が1〜2年で。

最大のタコであるミズダコでも野生ではせいぜい四年しか生きられない。(192頁)

大きい脳があれば学習ができるが、学習の有用性は、その動物の寿命が長いほど高くなる。寿命が短ければ、せっかく世界について学んでも、その知識を活かす十分な時間がない。(193頁)

太平洋を泳ぎ回るオウムガイは、−中略−寿命は二〇年以上にもなる。海の中をうろつき、死肉を漁るだけの動物などと生物学者たちに悪しざまに言われてしまうオウムガイだが、その寿命はとても長い。(194頁)

だから食い扶持が安定するとダメ。
「俺は明日どうなるんだろう?」とかと思っている時・・・
生ぬるい環境になってしまう。
やっぱり喰い物が安定してしまうとハングリー精神がない。
そうするとずっと世界チャンピオンのまま、対戦相手はいない、という訳で。

老化を(この番組で)じゃんじゃん取り上げようと思っている。
何で老化するのか?という。
これはなかなか。
「老化シリーズ」をいっぱいやる。
これはちゃんと別枠で「供養のためにやってやろうかなぁ?」と思っていたのだが、今年(2019年)の5月に武田先生の姉(長女)が亡くなった。
84〜5歳だから何の悔いもなかったのだが。
5月に逝ってしまって、それが突然で。
5月は(武田先生の)博多での舞台公演だった。
5日が初日だったので武田先生は4日に家へ帰って、この80半ばの姉と一杯やった。
鉄矢の舞台を見るために地方に散っているも一人の姉と、福岡に住んでいるもう一人の姉。
三人姉がいて。
姉が集まって6日にどんちゃん騒ぎをやっている。
それで7日の朝に死んでいて。
血栓が飛んだということなのだが。
そんなことで、ちょっとしみじみ考えたことがいくつかあって。
それをノートにまとめているのでまた別の機会に、という。

老化の問題。
「歳を取る」ということに関してだが。
なぜ人類は老化を選んだのか?
最近そんなことばっかり考えるようになったが、だいたい普通の生物は生殖能力がなくなれば死んでいく。
鮭などは潔くて。
人間はダラダラダラダラ。
人間はしつこい。
何で死ないで老化していくのか?
これは絶対生物学的に意味がないと、そんなことはあり得ない。
本に書いてあったのは突然変異に関して、有効な突然変異を活かすためには、その生き物は長生きしなければならない。
(ということは本には書いていない)
突然変異で、その変異がその生き物にとって「得をする」「損をする」というのは長時間お試し期間がないと「役に立つ」「役に立たない」がよくわからない。
イカ・タコのごとく2年ばかりで命が絶えていくと、よい突然変異が出ても2年で終わってしまうワケだから、有効な突然変異を残す間がない。
うまく子孫に伝わらない。
その意味で、人間の場合、悪いかどうかをしっかり確認して年老いて死んでいくので。
猶予期間、お試し期間が長い。
そんなふうにして命を研いできたのが人間で、人の老化はよい変異を若いうちに集中させ、悪い変異をその一代で消去するために「長寿」というお試し期間でよい遺伝子を全体に広げるために考えられた実に合理的な方法だ。
だからダラダラ生きているお年寄りの皆さんも、生物の種として遺伝子の良し悪しを確認するための寿命だと思って生きるとずいぶんと歳の取り方も違うような気がしてきませんか?

2011年3月11日の東日本の大震災でリアス式の町・村に棲んでおられた方々が引っ越しを余儀なくされた。
そこはもう全面的に高台に引っ越そう。
下の浜辺で小さいスナックをやっていた女性が高台に移ってもスナックをやってらっしゃる。
初老前後の方。
楽しそうにしている。
ああいうのはいい。
武田先生は楽しそうにしているお婆ちゃんたちを見ながら。
「お婆ちゃん」て(武田先生と)同じ年ぐらいだが。
しみじみ思ったが、本当に表情のよい年寄りというのは何か「よくぞ生き残られた」という気がして、地域全体を明るくする。
その時にまたアホみたいだが、この放送をお聞きの少なくとも自覚のあるご老人方。
もう人生、最後の最後までどうなるかわかりませんぜ。
しかしそれを「悪運だ」とか「ついてない」とか「あの津波が」とか憎まずに、タコが殻を脱ぎ捨てた瞬間だと思って耐えましょう。
その災難に遭っても明るい魂の中から、災害に強い良い遺伝子の日本人というのが選抜されてゆくのだろう。
その証のためにも。
とんでもない方向に話が流れてしまったが、この本にあった言葉でこういうことが、老いてくるとしみじみ思う。
タコとイカは2年で終わっている命がある。
これを長くするためにはどうしたらいいか?
生き物として寿命を長くする方法がある。
弱肉強食をやめること。
この弱肉強食思想の人がいる。
だから「Amazonに勝とう」とか。
それから「美貌一本で生きていこう」とか。
そういう人たちは発想そのものが弱肉強食。
その思想だと寿命は短くなる。
だから今は「大企業になれば何でも喰える」と思っている経営者はいっぱい中国大陸にもアメリカにもいらっしゃるのではないか?
我々は「弱肉強食から脱する生き方」みたいなのが実は人間としても求められているのではないか?
話は意外なところに転がるが。
タコについて考えると色んなことが学べそうな今週。

タコについていろいろ考えてみたいと思う。
本日はクリスマス等々の行事ごともあるかと思うが。
(この放送日が12月25日)
とりあえず当番組「タコ」。

深さ一五〇〇メートルのあたりだが、そこで深海性のタコであるホクヨウイボダコに遭遇した。−中略−
 このタコは、それまで知られていたどのタコの一生よりも長い期間、卵を抱いていた。なんと五三ヶ月間である。
−中略−寿命は一六年くらいと推測できる。(210〜211頁)

これは浅い海では考えられないということ。
浅い海は餌がいっぱいある。
餌がいっぱいあるけれども、餌として喰われる危険も多い。
そうなると自分が喰われる心配がある。
それに比べてこのイボダコは、食料を集めるのが非常に困難だけれども、その分ゆっくり子育て、子供を深海で放せるという。

進化の上で人とタコ。
脳を発達させた材料は同じ。

神経系を形成するには、神経細胞どうしを正しく接着する必要がある。人間の場合は、プロトカドヘリンという物質がこの接着に利用される。タコの神経系の形成においても、やはり同様の物質が利用されることがわかった。(237頁)

今、物理学の本を三枚におろせないかと思って。
これが皆さんに楽しんでもらうために武田先生は読み下してはいるのだが、難しい。
物質の奥の奥まで入って、量子物理学まで今、いっている。
岩、石ころというのがある。
石ころと人間は量子物理学まで降りていくと「材料」は同じ。
この不思議。
石と同じ材料でできているのだが、それがどこから生き物になるのかというのは、考えてみたらすごく不思議。
これもそう。
皆さんに「タコ」と言うと「ああ、アレか」と思う。
「あのタコ」と思う皆さんと、考えている脳の材料は同じ。
どこから違うのか?というのが。

この著者、ピーター・ゴドフリーさんがおっしゃるのだが、とにかくタコ・イカというのは「殻を脱ぎ捨てた貝である」と。
タコに神経細胞を与え、脳を体中にいくつも作り、もう一度その脳を一か所に集めて脊椎動物、我々ができた。

 心は海の中で進化した。(240頁)

ということは、心は海が作った。
美しい。
でもこれは覚えておこう。
心を作ったのは海。

ここから不思議な不思議な実験にいく。
鳥が餌を隠して、それらを記憶し、保存状態まで記憶する「エピソード記憶」というのが高次の心を持っている証だ。
例えばイカはどうか?

コウイカを対象とした実験はこのように行われた。まず、二種類の食物(カニとエビ)を用意し、被験者となるイカがそれぞれどちらを好むかを確かめる。−中略−カニは食べたあと一時間で補充されるが、エビは三時間待たなければ補充されない。その環境下で学習をさせたイカにエビを食べさせたあと、いったん水槽から出し、一時間後に再び水槽に戻したとする。イカはエビを食べた場所に行っても駄目だとわかっている。そこには何もないからだ。水槽に戻されたのが一時間後なら、イカはカニを食べた場所に行く。戻されたのが三時間後ならば、エビを食べた場所に行く。(239頁)

つまりイカは、タコも同じだと思うが、他の場所に移されてもカニ、エビの場所を「時間によってある」ということを記憶しているということ。
頭がいいらしい。
「あれから一時間ぐらい経ったかな?だったらあそこにカニはあるわ」という。
「三時間経った?もう。じゃ、エビあるわ」というのは、イカは絶対に分かるそうだ。
「うちの猫より頭がいい」と思う水谷譲。
とにかく皆さん覚えておいてください。
5〜6億年前、この時は共通の生き物だった。
そこから心が、知性を持った意識がともり、脊椎動物から爬虫類、鳥類、哺乳類へと心はゆっくり巨大になっていった、ということ。

タコ・イカは腕のすべてに神経細胞があり、ある意味では小さな脳を脚ごとに一個ずつ持っている。
そこからのモニターで腕が考えて行動する。
それで口の近くにある脳へ「こんなことあったよ」と報告するという形をしているという。
タコ・イカは皮膚にも目がありそこで見るそうだ。

たとえばハトについて調べてみると、一方の目で見た情報はやはり、脳の反対側には伝達されていないらしいとわかる。(103頁)

タコは少なくとも情報は全体に送る。
ハトは右目で見た情報は左脳には送らない。
(視神経は交差しているので、おそらくハトは右目で見た情報は左脳にのみ送られていて右脳には送られていない)
ということは右側に友達がいた場合は「あ、友達だ」とか思わないのだろう。
(目に)映ってはいるだろうけれども、それをジャッジする脳がない。
カエルはというと見ているものをまとめる脳がない。
映ってはいるのだが、映っているだけ。
あまり用は成していない。
ニワトリは色を感じる脳が分かれており、ジグザグに歩いている。
ニワトリは色を感じる脳が右と左で違う。
だからジグザグに歩く。
あの子(福田彩乃さんのことを指していると思われる)がマネしているところを見ても「ココーッ!コッコッ!」とやる女の子がいる。
これは何が言いたいかというと、タコというのは八個脳が手についている。
それをまとめる脳が口元にある。
だからタコというのは映像を集中管理できている。
モニターがいっぱいあって。
生き物として、ビルの入り口、裏口、屋上とかというのを警備会社の人が管理室で見ているという。
ニワトリはそこの警備の人がいる場所に誰もいない、という。
タコほどの高次の脳機能というのはなかなか珍しいこと。
人間はというと脳を一か所にまとめるという生き物として非常に危険。
そこをやられたら全部おしまいだから。
大事なものを全部一か所に集める危険さがある。
そういう轍を人間は知っているので左右で分けた。
それが右脳・左脳。
鳥やカエルと違うのは、情報をお互いに交換できる脳梁で左右を結んでいるところ。

前も話したと思うが、人間は誰かと絶えず話していないとボケてくる。
「ボケる」という言葉はあまりよくないかも知れないが。
人間は会話して初めて人間たるもの。
それは脳の形が右と左に分かれていることからもわかる。
タコは八個脳があるワケだから、たった一人で民主主義というヤツ。
偉い。

動物の中には、視界の左側に捕食者の姿が見えた時の方が反応が良い、というものが多くいる。また魚やオタマジャクシの中には、自分の左側に同種の固体が見えるような位置にいることを好むのものが何種類かいる。一方、食物を探す際には、右側にあるもののほうをよく知覚できる動物も多い。(104頁)

右にとにかくひたすら餌を。
右に友達が来ても反応しない。
でもこれはやっぱり魚を釣る時に餌を揺らす。
あれは右目左目どっちかに見えるように(釣り竿を)ツンツンやる。
そういうのを考えると脳と感覚器、視覚器、あるいは触覚器の存在の関係がよくわかるというふうに思う。

タコの心身問題??頭足類から考える意識の起源



ピーター・ゴドフリー=スミスさん、夏目大さんの訳。
強いメッセージがあるワケではないのだが読んでいて、生き物の不思議みたいなことが伝わってくる一冊だった。

著者は生命樹を遡り、タコ・イカという生き物に触れて「心」というものを生物学と共に哲学的に見ている。
海に住む者を食物資源とのみ見ている現代人にとって、知性というものを海の生き物にあるとして生き物を見てみると、ずいぶん違う見方ができるのではないか?という。
宇宙では他の生命との交信に熱心ではあるが、同じ情熱で違う形の心を持つタコ・イカ。
それを交信相手として考えると、我々はもっと深く海を知ることができるのではないか?というのがこの著者の提案。

考えてみると海の話題と言ったら「海水温が上がった」とか「漁獲量が減った」とかそればっかり。
海の生き物にちょっと失礼は失礼。
喰うことばっかり考えているワケだから。

魚の乱獲は一九世紀にはじまり、現在に至るまで続いている。(244頁)

21世紀、やっと乱獲がいかに危険かということに気づき始めた人類。
今、グローバルな問題として、温暖化、海水温上昇等々がある。

化石燃料の使用により大気中の二酸化炭素濃度が高まると、増えた二酸化炭素の一部が海水に溶けるのだ。すると、海水のpHバランスが変化することになる。通常は弱アルカリ性の海が酸性化していく。海水が酸性化すると、−中略−特にカルシウムで硬い部分をつくるサンゴなどの生物に深刻な影響がある。硬い部分は柔らかくなり、海水へと溶け出す。(244〜245頁)

(番組ではpHを「ペーハー」と言っているが、今は「ピーエイチ」と読むことになっているらしい)
それから海水温の極端な変化。
ラニーニャとかエルニーニョとかという南米沖の海で引き起こされる海流の温度。
そういうものが世界気候を混乱させているのではないか?
大事なことは、原因は絶対一つではないので。
原因は一つではないのはともかくも、ピーター・ゴドフリー=スミスさん。
この方の面白いのは、別の形の心が海にはあるのだ、と。
ヒト、サル、ネコ、クジラ。
哺乳類が「心!」とかと言うが、魚類、タコ・イカまで含めて考えようじゃないですか。
そのことで彼らの心が読めるようになったら、もっと海に関する知識が増えるのではないか?
台風がバンバン今年(2019年)来た。
武田先生の短い人生の中でもこんなに来た年はそうそうないし、台風の動きは最近変。
グルグルそこらへんを流して歩いたり。
迷走したり。
秋風が立っているくせにわざわざやってきたり。
そのへんの知識をタコ・イカと分かち合えるようになるという交信の方法。
タコ・イカに「近頃どう?」とかと言うと「エルニーニョあるかも知んない」とかと連絡があれば「オマエは本当にイイダコ」なんちゃって。
番組の落とし方もわからなくなった。
タコを利用してサッカーの勝敗を占ったりしていた。
何とか君(パウル君)みたいなタコで。
タコを頼りにしているというかタコの知性を人間は信じてはいる。
予感能力とか。
タコとの交信を通して海の深い情報を知ることができれば、という。
これがこの人の発想。

今、タコをわさび醤油ですごく食べたくなった水谷譲。
「タコには心がある」とかと言っておいて、タコを喰いたくなるところがタコの不思議な魅力。
タコにへばりつかれると怖い。
口の中に入れてタコの足の先っぽが暴れて、ほっぺたに吸い付いたりすると何か感じる。
何かタコはちょっと意思を感じさせる。
それとタコツボの中に入って漁師さんから引っ張り出される時のタコの慌て方が「何すんだ!この野郎!」みたいな。
何かそういう声が聞こえる時がある。

posted by ひと at 07:48| Comment(0) | 武田鉄矢・今朝の三枚おろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16〜27日◆タコ(前編)

タコの心身問題??頭足類から考える意識の起源



「頭足類から考える意識の起源」という副題が付いている。
ピーター・ゴドフリー=スミスさんという方の科学本、レポート。
夏目大さんの訳で。
あの真面目な本で有名なみすず書房。
本屋をブラブラ歩いていて、ツカミの腰帯の文章が、何やら武田先生には奇怪に読めた。
曰く

進化はまったく違う経路で
心を少なくとも二度、つくった。
(本の帯)

一つは人や鳥類などの脊椎動物。
もう一つがタコやイカを含む頭足類。
この「心」というヤツ。
AKB(48)とかが「失恋した」とかと歌っているヤツ。
乃木坂(46)は強気に男の子の気持ちで「僕はそんなんじゃない」とか。
そんなふうに「心」を歌っているワケだが。
その「心」というのは「進化」というデカい俯瞰の見ると二回作られた。
その一番最初の心を作った、というか持ったのが「タコ」。
最初武田先生も「これで果たして『(今朝の)三枚おろし』おろせるのかな?」と思ったことがある。
とにかくこの方は生物哲学者で、生物を通して哲学を考える、という。
とにかくこのスミスさん、スキューバーダイビングが大好きなオーストラリアの生物学者で、哲学もやってらっしゃるという方。
この人はタコを見ているうちに「タコを思う、ゆえに我あり」という。
こういう哲学的な立場にお立ちになった。

 本書の原題はOther Mindsである。−中略−❝other minds❞は、「(人間とは)別の心、あるいは知性たち」という意味だ。(252頁)

どうやら心は私たち人間ばかりのものではないというのが彼の主張。
その心は「タコ」にあるとおっしゃる。
タコは「タコ焼き」とか。
「ひどいことするな」と人間のことを思っているのだろう。
「大阪のヤツは俺たちのことを焼きやがって!」とか。
そういうことを思っているかも知れない。
ということで「違う心を持っている生き物」ということで、思わずこの『三枚おろし』のまな板の上に置いてみた。

このスミスさんの不思議な不思議な研究所と言うか書斎に参りましょうか。
オーストラリア東海岸。
シドニーのある湾の海中へスミスさんは書斎に入るがごとくスキューバーダイビングで海底へ潜って行く。

ホタテ貝の散在する平坦な砂地の海底を何度か漂ううち、ローレンスは不思議なものに出くわした。積み上げられたホタテ貝の貝殻の山だ。何千という数の貝殻が積み重なっている。−中略−その貝殻の「ベッド」の上には、一〇匹を超えるタコがいた。(2〜3頁)

彼らはホタテを喰いながら、ついでにマンションまで建設するという。
非常にエコ。
そこにブクブクブク〜と潜った著者は、タコを観察する。
そこでこのスミスさんがタコに心をわしづかみにされたのは、タコは寄って来てツンツン触る。
決して獲物を捕まえるのではない。
探っている。
材質とかタコのイボにくっつきやすいとかチェックをする。
スキューバーの腕あたりを触る時と水中メガネのガラスを触る時とは違うので。
「あ、ここはくっつくんだ」とか「ここはあんまくっつかねぇな」とか。
「探る」という、そいういう仕草をする。
手というか脚で触ってくる繊細な動きを見ながら、このスミスさんという生物哲学者は「これは心だ」「心がそうさせてるんだ」。
タコがピュアな生き物であれば材質を調べない。
つまり「食べられる」か「食べられない」かだけ。
ところがこのタコは明らかに触って「コイツは何者だろう?」と考えているふう。
ということはスミスさん曰く「タコには心がある」そう思っていい。
ではこのタコの心はどうやって生まれたのか?
心を持っている生き物は実は地球上にいくらでもいるんだ、というスミスさんの発想。

「タコにも心がある」という、そういう著者の主張。
ピーター・ゴドフリー=スミスが書いた『タコの心身問題』。
ネコとか犬は「心があるなぁ」と思って触れ合うが、タコとかイカとかホタテには心を感じたことはないという水谷譲。
この『タコの心身問題』を読んでいて思ったが、この本を読んだ後はタコをおいそれと喰えなくなる武田先生。

著者は生命樹を遡る。
生命の分かれ道。

 地球は現在、約四六億歳と言われている。生物の歴史は約三八億年前に始まったとされる。−中略−動物の誕生は約一〇億年前か、それより後と言われている。(15頁)

(番組では「生物の歴史は36億年」と言ったようだが、本によると38億年)
その動物とは多細胞動物。

 神経系は多数の部分からなるが、中でも特に重要なのは、「ニューロン」と呼ばれる特異な形状をした細胞だ。−中略−もう一つは「化学物質の放出とその感知」だ。(25頁)

ニューロンをはたらかせ、維持するためには、大変な量のエネルギーが必要になる。−中略−私たち人間は、−中略−そのエネルギーの四分の一近くを、ただ脳の正常な活動を維持するためだけに消費している。(26頁)

とても綺麗な女優さんが妙なクスリで逮捕されたが、これはこの脳の中に薬物を入れてしまうという。
はっきり言って綺麗な方だが頭はタコ以下。
タコだって薬物は使わない。

ごく普通のタコ(マダコ)の身体には、合計で約五億個のニューロンがある。(59頁)

マダコは喰うと美味い。
刺身か何かで喰う。
あれは人間の頭で言うところの「脳神経」というのを5億持っている。

人間のニューロンの数はそれよりはるかに多い──約一〇〇〇億個だ−中略−タコのニューロン数は、犬にかなり近い。(59頁)

だから(タコに)名前を付けたら覚えるかも知れない。
「オクトパス!」とかと言うと「何?」と言いながらヌッと出て来たりする可能性がある。
だからニューロンだけで言えばタコはほとんど犬に近いというワケだから、脊椎を持たない生物の中で頭足類は異常なほど神経のスケールが大きい。
これは面白い。
人間の引き起こした何事かによって地球環境が変わっていく。
そのことに対して我々人類はすごい恐怖を持っているが、地球に安心して住んだことなんて生物はない。
地球とか大自然というのはいつも生き物を脅威に晒す。
「喰うか喰われるか」の世界。
その「喰うか喰われるか」のところからタコを見てみたい、と。
考えてくれ!タコのことを。
全裸で生きている。
タコの全裸は生々しい。
タコの先祖はオウムガイ。
(と番組では言っているが、本によるとオウムガイは共通の先祖であって、直接の先祖ではない)
原始の海に浮かんでいたと言われるオウムガイという、グルグル巻いたヤツがいる。
殻を捨ててタコになった。
潔い。
あれだけの鎧を捨てて全裸になったというのは、よっぽどの事情がある。
元々は着ていたものを捨てているワケだから、そこにタコの進化がある。
ちゃんと鎧を持っていたくせに、環境に適応するために、あえて危険な全裸になったという。
そこがタコに感動するところ。
「やるな!タコ」というヤツ。
約5億4千2百万年前のこと、カンブリア紀という時代を迎える。
タコ・イカというのは別の姿をしていて、その別の姿こそカメロケラスという古いタイプのオウムガイの形をしていた。
(カメロケラスも先祖はタコ・イカと共通だが、タコ・イカの先祖ではない)
それが何故にかあの姿に。
このあたりの進化の妙。

地球環境自体が比較的おとなしくなって生物たちが様々な種類に分かれていく。
それがカンブリア紀。
まずは海の中、カメロケラスという巻貝の一種だったタコの先祖もそこを生きていた。
「海の中」と言うと、これは基本が「喰う」「喰われる」。
とにかく襲われたら固い身(「殻」の間違いか?)の中に身を潜らせて助かるというようなことをやっていたら、今度は歯の丈夫なヤツが出てきて。
サメみたいなヤツが殻ごと喰っちゃう。
「これはたまらんなぁ」というもので。
何でこのサメみたいなヤツが出来たかというと、これは脊椎動物。
水の中で速く動くために表に持っていた殻を体の内側に取り込んで、真ん中に芯を作ってくねらせるという。
最初の頃はみんな鎧を外に着ていたが、だんだん内側に着るようになってくねらせて推進力を得るようになった。
そう考えると進化はすごい。
だから「何が幸いか」「何が不幸か」というのは生き物は決められない。
国際情勢もそう。
そんなふうに朝から色々とニュースが年末に飛び込んでいる。
何が幸か不幸かわからない。
非情な不幸が、ある幸せのスタートになったりする。
カメロケラスという巻貝はもうひたすら喰われた。
殻が固くて重い。
だから歯が弱いヤツには大丈夫。
丈夫なヤツには捕まって喰われちゃう。
このへんはやっぱり生きていくのは難しいもの。
このカンブリア紀に何とか歯の丈夫な魚に負けないようなものになりたいと思ったのがオウムガイ。
オウムガイは海を浅く深くが潜水艦みたいに微調整できる。
深海を上下しながらオウムガイはあきらめた。
他の生き物の刺身を喰うのをあきらめて「俺は死んだヤツをもっぱら喰おう」ということで海底の死んだ魚を餌にするようになった。
そこからオウムガイは今でも生きている。
このカンブリア紀から2億年経っても今でも生きている。
「生きてる化石」と言われている。
そう言われるのも切ないが。
「ひっそり生きていこう」とオウムガイは思った。
その中でとんでもないことを考えた一派がいた。
それがお待ちかね、軟体動物「タコ」。
タコは何を思ったか。
「身を守るために重い殻を着るという考え方が間違ってた。もういらない!もう鎧なんかいらない!俺は素っ裸で生きていく」
カッコイイ。
日本人にぴったり。
日本人はピンチになると裸になりたがる。
例えば高倉健さんが片肌を脱いで。
それからジャーン!と火事場で火の手がバーッと上がると一心助みたいな若造がスパーッと上半身裸になってマトイを振るう。
「遠山の金さん」だって犯人を追い詰める時には必ず上半身を脱ぐ。
半身を脱ぐというのはやっぱりすごい決意。
紀伊国屋文左衛門。
ミカンを運んでいる途中、大波が来る度に念仏を唱えながら裸になる。
何かあるとフンドシ一つになる。
総理大臣で偉かった新潟出身の人。
「(田中角栄のマネで)裸一貫!一生懸命生きてまいりました!」
「裸一貫」というのはもういよいよ最後のサバイバルに賭ける生き物の姿。
それがタコなんだ。
カンブリア紀にタコは脱いだ。
「冗談じゃねぇや!ここまでは俺は!」とブワーッと脱いだのがタコ。
タコは偉い。
タコが考えたことはただ一つ。
身を守るために鎧を着るのではない。
それよりも身を守るんだったらば、逃げるスピードを上げることなんだ。
これはすごい。
この「裸一貫になる・ならない」が朝鮮半島の文化と日本の違い。
朝鮮文化、韓国の人は裸になる人を嫌う。
ものすごく軽蔑なさる。
向こうは礼儀の国。
私たちは野蛮な国、ということで。
華夷秩序、中国が決めた秩序の中では日本は最下位の国。
それはちゃんと韓国の教科書に書いてある。
そういう国宝もある。
アジアじゅうの種族が中国の皇帝の宮殿に招かれた。
その一番端にフンドシのヤツがいる。
そのヤツの頭のところに「倭」と書いてある。
我々のこと。
日本人はとにかく裸になりたがる。
祭りでも裸になる。
だから日本人はタコと相性がいい。
だからお正月の重箱に酢だこが入っているという?

タコとイカは違う。
イカは貝であった頃の殻の一部をほんのわずかだが体内に留めている。
凄まじいのはタコ。
タコは殻を全部捨てた。

殻がなくなると、攻撃に対しては弱くなるが、その代わりに行動の自由度は高まる。(55頁)

 頭足類の身体が現在の形状へと進化する過程で、もう一つの変かも同時に起きた。一部の頭足類が賢くなっていったのである。(59頁)

これは知性があると言っていい。
知性というものの評価は難しいが、彼ら頭足類は目を持つ。

タコを含む頭足類は非常に優れた目を持っている。目のつくりは、大まかには私たち人間のものと同じである。−中略−だが、目の背後にある神経系のつくりは、タコと人間では大きく異なっている。(60頁)

人間は脳の中で組み立て直す。
目から入ってきた情報を形にしたり色にしたり。
スクリーンがないのに映写機だけ立派なヤツを持っているみたいな。
それで博多はイカが大好き。
とにかくおもてなしは透き通ったイカ。
お刺身で出す。
必ず丸ごと一匹。
頭が付いている。
(タコの)足が酒を飲ませて少し動かないと博多のお客さんが喜ばない。
目ん玉でこっちを見ているワケだから「この野郎!喰いやがって!」とかと思っているのだろう。
この目からの情報は脊椎動物の場合は脳から繋がって束ねられている。
タコの場合、目の情報は八本の腕、それぞれに行く。
脳が一か所にない。
タコは合議制。
タコが一匹で民主主義。
メリットはそれぞれに判断できる。
八個脳がある。
一匹が「餌かも知んねぇな」と思う。
それで触って「喰える!」というと他の手足の方も「え?喰えんの?」「喰えるの?」と足が寄ってくる。
そういう合議制で全体が動いている。

 タコに関する研究は、初期にはほとんどイタリアのナポリ海洋研究所で行われていた。−中略−
 一九五九年、
−中略−デューズは三匹のタコを訓練した。その結果、タコは三匹とも、レバーを操作して食物を得ることができるようになっている。タコがレバーを引くと、ライトが光り、報酬としてイワシの小片が与えられる。デューズによれば、三匹のタコのうちの二匹、アルバートとバートラムはかなり一貫して期待された行動をとることができたという。ところがもう一匹のタコ、チャールズはあとの二匹とは違っていた。−中略−チャールズは何度も腕をライトに巻きつけて、かなり強い力を加えた。(62〜63頁)

つまり好奇心が餌ではなくてライトの方を優先させた。
これはやっぱり「不思議なものに触れたい」という「心」の痕跡がある。
実験者の方もタコがライトをいたずらするのでひっぱがそうとしたらしい。
ライトをいたずらされると感電とかいろいろあるので。
そうしたらその人に向かってタコが水をかけた。
あわててその人が飛びのくとタコは腕を離して水槽の奥の方に沈んでおとなしくなった。
以降、タコはこの人が来る度にいちいち潜るようになった。
(このあたりの内容はかなり本とは異なる)
つまり見ていて認識している。
「コイツ、俺がライト触ろうとした時にひっぺがしたヤツだ」という。
ということは、別人か同一人物かをジャッジして、それ以降の行動を予測できる。
これはちょっとすごい。
これは全世界の学者さんが確認した化学的事実。
タコはただのタコではない。

二〇〇九年、インドネシアのある研究者グループは、野生のタコが半分に割れたココナツの殻を二つ抱えて歩いているのを発見して驚いた。なんと、その殻をタコは持ち運び可能なシェルターとして利用していたのだ。殻は綺麗に真っ二つに割れていたので、間違いなく人間が二つに割ってから捨てたものだろう。タコは偶然それを拾ってうまく役立てたわけだ。一方の殻をもう一方の殻の中に入れることもある。それを身体の下に抱えて海底を歩くのだ。−中略−殻を二つ合わせて球にし、自分がその中に入ることもある。(77頁)

これで「カラス級の知恵があるんじゃないか?」という。
それからもう一つだが、そこの土産物店の近くだったのだろう。
ナタデココが瓶売りか何かしていて誰かがポーンと投げたのだろう。
海の底にナタデココが沈んでいたらタコが腕で抱えて一本だけ手を入れて拾って喰っていたという。
(という話は本にはない)
だから手が八本あるので、入りやすい腕を選んでナタデココを1個ずつ喰っていたという。
ガラス容器の細い管の奥の奥にある餌を目で見て、腕の一本のみを管を通し這わせて獲得する。
これは何が重大か、というと明らかに脳で考え、目で確認しつつ、腕にある支店の脳に依頼して餌を獲るという、何重もの思考を経て喰っていた。
この筆者の形容詞だが「タコは八頭立ての馬に牽かれて走る、御者が操る生き物である」と。
これは面白い。
目に浮かぶ。

(葛飾)北斎なんかもそうだが、タコをやたらと描きたがる。
女の人を誘惑して、指先でもてあそんでいるタコとか。
春画でいやらしい方だが。
日本人は「タコの八ちゃん」じゃないが、タコに妙に人格を宿す。
タコの「知」みたいな。
知識。
タコの脳みたいなことに昔から直感で気づいていたのではないか。
でも人に文句を言う時に「このタコ!」と言うので、もっとタコをリスペクトしてもいいと思う水谷譲。
だがタコと(人間を)同列に置く。
「このタコ」というのは上から目線だが、少なくとも完全否定ではない。
「この犬野郎」というよりも「このタコ」と言われた方が・・・

タコの心臓は一つではなく、三つだ。また、その心臓が送り出す血液は赤ではなく、青緑色をしている。酸素を運ぶのに鉄ではなく、胴を使うからだ。(90頁)

時として自分の腕の動きを他人のように見つめることがある。

タコにも、一応、脳という指揮者はいる。−中略−指揮者からはおおまかな、全般的な司令は受けるが、演奏の細かい部分をどうするのが最適かはプレーヤーを信頼しプレーヤー自信に判断させる。(130頁)

 頭足類は一般に(すべてではないが、その多くが)身体の色を変える能力に長けている。−中略−頭足類の変色は、カメレオンより速いし、色の種類も豊富だ。大型のコウイカは、その身体全体が、色のついた模様を映し出すスクリーンのようになっていると言っていい。−中略−まるでネオンサインか雲のようだ。(132〜133頁)

皮膚にはまず、最も外側の層がある。−中略−一つ下の層には色素胞という組織がある。−中略−
 一つの色素胞が発するのは一色だけだ。同じ頭足類でも使える色は、種によって異なるが、ほぼどの種でも基本になる色は三つだ。ジャイアント・カトルフィッシュは、赤、黄色、黒/茶色という三種類の色素胞を持つ。
(134〜135頁)

ところがこのイカは、他にも数多くの色を発することができる。たとえば、青や緑紫、銀白色など、この仕組みでは出せないはずの色を出すのだ。こうした色を発するのは、さらに下の層にある機構である。この層には、何種類かの、光を反射する細胞がある。−中略−この仕組みによって、色素胞では出せない、緑や青を発することも可能になる。(135頁)

ここにもまた、タコ・イカの不思議がある。

posted by ひと at 07:35| Comment(0) | 武田鉄矢・今朝の三枚おろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

TOPVALU(トップバリュ)  しっとり 栗あんパイ

DSCN0716.JPG

しっとり 栗あんパイ -イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
程よい甘さの栗あんをパイ生地で包みしっとり焼上げました。

9月9日発売。
本体価格58円(税込価格62.64円)。
内容量約30g。
1個当たりエネルギー122kcal。
製造所天恵製菓株式会社。

DSCN0721.JPG

しっとり 小倉あんパイと一緒に買ったヤツ。
大きさとか見た目は同じ感じですげぇ小さい。

DSCN0722.JPG

小倉あんパイよりも中身のあんがボロボロする。
外側のパイは同じ味な感じ。
中身は栗あんだねって感じの味。
私の好みとしては小倉あんの方が美味しいと思う。

天恵製菓 二色あんパイ 8コ×8個



posted by ひと at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

カルビー ア・ラ・ポテト うすしお味

DSCN0709.JPG

ア・ラ・ポテト うすしお味|カルビー
今年の秋に収穫された北海道産の新じゃがだけを使用し、秋限定で発売。旬のじゃがいものおいしさが活きる、ザクッと厚切りのポテトチップスです。
しお味をほどよく効かせた、まろやかな味わい。穫れたてのじゃがいもの風味をしっかり味わえます。


9月7日発売。
イオンで88円(税別)で購入。
オープン価格。
内容量72g。
1袋当たりエネルギー403kcal。

毎年秋に限定で発売されているっぽい。
じゃがいもは2020年秋に収穫された北海道産新じゃがだけを使用。
最近のポテトチップスとしては、まだ量は多い方かな。
多くても60gぐらいしか入ってないからな。

DSCN0712.JPG

とは言え、やっぱり袋を開けてみると空気の割合の多さに失望する。
ギザギザした厚切りのタイプ。
塩はシャープな味わいが特長の塩とまろやかな味わいの塩の2種類をブレンドしているそうな。
だから基本的には塩の味っていう。
「うすしお」っていうワリには塩の味はしっかりしている。
とてもポテトチップスらしいポテトチップスっていうか、まあ目新しさはないけれども美味しいと思う。

カルビー ア・ラ・ポテト うすしお味 72g×12袋



posted by ひと at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森永乳業 通のこだわり 濃密プリン

DSCN0699.JPG

通のこだわり 濃密プリン | デザート | 商品紹介 | 森永乳業株式会社
プリン開発50年の森永乳業が、プリン通の皆様に贈る、こだわりのプリンです。
カスタードプリンとカラメルソースの王道の組み合わせに、ちょっとした驚きや新しいおいしさを添えました。
「濃密プリン」は、“みっしり濃密で、きめ細やかな舌ざわり”を追求した商品です。


9月15日発売。
イオンで98円(税別)で購入。
希望小売価格125円(税別)。
内容量75g。
1個当たりエネルギー136kcal。

DSCN0702.JPG

DSCN0704.JPG

真ん中がなぜかへこんでいたけど、横に倒しちゃったりしたからかな。
プッチンプリンではないので、皿に出さずにそのまま食べた。

DSCN0707.JPG

かなり正統派な感じのプリン。
プリン本体にもそれなりに固さがある。
固さがないヤツはプリンとは呼ばないけどな!
カラメルソースは、もっと苦みのある大人な感じの味かと思ったらそうでもないな。
プリンはとっても滑らかで、とても高級な感じの味がする。
でも、食べた後が口の中が甘ったるくので、そのあたりが今一つかな。
量がちょっと少ないな。
足りないぐらいが一番美味しいんだろうけど。

森永乳業 通のこだわり 濃密プリン 75g×10個



posted by ひと at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

TOPVALU(トップバリュ) しっとり 小倉あんパイ

DSCN0687.JPG

しっとり 小倉あんパイ -イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
程よい甘さの小倉あんをパイ生地で包みしっとり焼上げました。

9月9日発売。
本体価格58円(税込価格62.64円)。
内容量約30g。
1個当たりエネルギー121kcal。
製造所天恵製菓株式会社。

DSCN0689.JPG

安いことは安いのだが、それに見合った感じですげぇ小さい。
賞味期限が二か月以上も先なので、結構日持ちする。

DSCN0691.JPG

しっとりとしたパイ生地の中に小倉あんが入っている。
昔こんな感じのものを食べたことがあるなぁ〜と思って、いろいろ調べてみたら、中村屋の「うすあわせ」だった。
大きさはこっちの方が小さいんじゃないかと思うけど。
味は美味しいと思うけど、一個食べても全然喰い足りねぇ感満載だな。

新宿 中村屋 パイ皮まんじゅう うすあわせ 和菓子 (16個入り)



posted by ひと at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

ヤマザキ 四角いBIGメロンパン

DSCN0666.JPG

発売日不明。
クリエイトSDで98円(税別)で購入。
1包装当たり熱量773kcal。

ヤマザキのサイトの中を探してみたけれども、情報を発見できず。
同じ商品名で別のパッケージのヤツのことを書いている人がいたけど、これと同じのも見つけられないし、情報が全然ないな。
店頭にポップ付きで大量に置いてあったので買ってみた。

DSCN0675.JPG

デカい。
とにかくデカい。

DSCN0677.JPG

でも厚みはあまりないから喰えるかな?なんて思ったけれども。

DSCN0679.JPG

思ったより厚みがあった。
そして恐ろしいまでのカロリー。
一度に喰うのは危険だろうか?と思ったけど、少食な人なら二回に分けて喰うとかでもいいかも知れないけど、二回に分けて喰うほどでもないかなぁ〜どうしようかなぁ〜なんて思いつつ一度に喰い切った。
まあ、この程度は余裕で喰いきれるんだけど。
味はごくごく普通のメロンパン。
「メロンパンを大量に喰いたい!」みたいな人にはオススメかな。
私もメロンパンは大好きなのだけど、さすがにここまで大きいと若干飽きてしまったけれども。
喰い足りないぐらいが一番美味しいんだよな。

ヤマザキ テイスティロング メロンパン(ルヴァン種使用) 12個セット



posted by ひと at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日清食品 カップヌードル 49周年バースデー記念パッケージ

DSCN0669.JPG

DSCN0671.JPG

2020年9月発売商品のご案内 | 日清食品グループ
日清食品株式会社は、「カップヌードル 49周年バースデー記念パッケージ」「カップヌードル シーフードヌードル 49周年バースデー記念パッケージ」「カップヌードル カレー 49周年バースデー記念パッケージ」「カップヌードル チリトマトヌードル 49周年バースデー記念パッケージ」「日清ラ王 豚骨醤油 5食パック」「日清のどん兵衛 ラー油そば」「日清旅するエスニック 2食パック トムヤムクン」「日清旅するエスニック 2食パック グリーンカレー」を2020年9月に発売します。

9月7日発売。
クリエイトSDで118円(税別)で購入。
希望小売価格193円(税別)。
内容量75g (麺60g)。
1食当たり熱量323kcal。

バースデー感を派手に演出した「ポップアート」調の限定デザインパッケージ
だそうな。
ってことで中身は普通のと変わらないだろうから味の感想なんかは書かないけど。
店頭には他の種類のものも売っていたけど、別に中身が珍しいワケでもないし何個も買っても仕方がないかなと思ってこれだけ買った。

DSCN0673.JPG

9.18は世界初のカップ麺「カップヌードル」の誕生日!
と書いてある。

日清 カップヌードル 49周年バースデー記念パッケージ 78g ×20個



日清 カップヌードル カレー 49周年バースデー記念パッケージ 87g ×20個



posted by ひと at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田製菓 75g うす焼グルメ ゆず山椒

DSCN0682.JPG

75g うす焼グルメ ゆず山椒 | 亀田製菓株式会社
うす焼グルメシリーズから期間限定で「ゆず」と「山椒」を使用した香り高い旬の味わいが新登場! 爽やかなゆずの酸味と山椒のピリッとした辛さが絶妙の相性です。 香り豊かな和スパイスの味わいをお楽しみいただけます。

クリエイトSDで88円(税別)で購入。
発売日不明。
期間限定発売。
内容量75g。
100g当たりエネルギー420kcal。

発売日は8月の何日か。
調べてもわからなかった。
普通のと同じで三個に切り分けられるようになっている。

DSCN0685.JPG

柚子の酸味がかなりある。
味に多少ムラがあるけれども、全体に塩味も強い感じかな。
で、山椒ですけれども、私は山椒の辛さは感じないので、普通の人はそれなりに辛さも感じるのかも知れないけど、私はほとんど辛さは感じなかった。
まあ、普通に美味しく喰える味かと思う。

亀田 うす焼ゆず山椒75gx6個



posted by ひと at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする