カテゴリ


2020年10月31日

森永製菓 チョコボール ミルクココア

DSCN0945.JPG

発売日不明。
イオンで70円(税別)で購入。
内容量21g。
1箱当たりエネルギー110kcal。

いくら調べても何も出てこない。
同じような商品が以前にも発売になっているようなんだけど、パッケージのデザインなどが違うから違う商品ぽいのだけれども。

DSCN0947.JPG

表面は「ミルクココア味チョコ」。
中は「ココアビスケット」。
ということで、味はかなりココアっていうか、そもそもチョコレートってココアと味が似ているので、すごくチョコレートな感じ。
チョコの味が濃いというか甘味が強いというか。
若干くどい味のチョコビスケットって感じかな。

posted by ひと at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリコ 魔法のプリッツ<マジカルチェンジミルク>

DSCN0935.JPG

魔法のプリッツ<マジカルチェンジミルク>|プリッツ商品紹介

10月27日から期間限定発売。
イオンで118円(税別)で購入。
オープン価格。
内容量60g。
1袋(30g)当たりエネルギー153kcal。

DSCN0938.JPG

他のプリッツと一緒に食べると味が変わるということらしい。
当然、買う時にはそんなのよく見ないで買っているので、これしか買ってこなかったから、他のものと一緒に食べると実際にどういう味になるのかは知らない。
気づかなかったけど、パッケージのデザインは三種類あるのかな。

DSCN0940.JPG

中身は二袋に分かれている。

DSCN0941.JPG

表面にクリーム的なものがかかっているのかと思ったら、そうではなく。
見た目は普通のプリッツ。
でも味はミルククリームでもかかっているような、ほのかに甘い味。
甘さがしつこくなくて、これはこれで美味しいと思うが、塩気のある味のものを食べたい時にこの味だとちょっとがっかりかも。
手にベタベタくっつくみたいなこともなく。
手が汚れにくく、繊細な旨みを感じやすくする新技術「微粒子パウダー」を採用だそうな。

江崎グリコ 魔法のプリッツ(マジカルチェンジミルク) 60g ×10個



posted by ひと at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

カルビー 寛ぎのかっぱえびせん

DSCN0931.JPG

発売日不明。
イオンで88円(税別)で購入。
内容量50g。
1袋当たりエネルギー246kcal。
食塩相当量0.5g。

いくら調べてもこの商品の情報が出てこないのだけれども。
まあ、少ねぇな。
ポテトチップスはずいぶん前から中身が減りまくりだったけど、かっぱえびせんは結構持ちこたえている感じだったけど、お前もか!って感じだけれども。
袋は厚みがあって、ちょっと紙っぽいっていうか。

DSCN0933.JPG

袋の表面に
ふわっと広がる
やさしい口どけ

って書いてあるから、普通のかっぱえびせんとは食感が違ってもっとフワフワした感じなのかな?と思ったけれども、私が鈍感だからわからないだけかも知れないけど、普通のと違いがない感じ。
味も普通のと変わらないかな〜って感じなんだけど、普通のと比べて塩分25%カットってことで、塩気が明らかに少ない。
25%どころじゃないんじゃないかと思うぐらい、全然塩気が足りなくて私は嫌だな。
かっぱえびせんを食べたいけど塩分はあまり摂りたくないし・・・みたいな人にとってはよい商品なのかな?

カルビー かっぱえびせん塩分35% カット 75g ×12袋



posted by ひと at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジパン 大福みたいなホイップあんぱん 焙煎黒ごま

DSCN0924.JPG

商品詳細|フジパン
焙煎黒ごまあんと黒ごまホイップを入れた、もっちり食感のパンです。

10月1日発売。
イオンで98円(税別)で購入。
1個当たりエネルギー267kcal。

右側の「New! 新発売」って書いてある黄色いのはシールが貼ってある。

DSCN0926.JPG

DSCN0928.JPG

ピンボケになってしまったけど「ここからあんとかホイップを入れたのかな?」って穴が横に一か所開いていた。

DSCN0930.JPG

裏側っていうかパンの底はちょっと茶色い。
中には焙煎黒ごまあんと黒ごまホイップということなので、ちょっと白っぽい部分が「黒ごまホイップ」なのかなと思う。
生地の部分は、最近見かけなくなったけど一時期よく売っていた豆乳なんかが入った白いテーブルロールみたいな食感とか味。
中にはとってもゴマの味がするあんとホイップが入っている。
ちょっと小さめかなと思うので、若干喰い足りない感じがしないでもないけれども、ちょっと和菓子っぽい雰囲気もありつつ、菓子パンとして普通に喰える味かなと思う。
ただ「大福みたい」かと言われると、あんまり大福っぽい感じもしないけどなぁ。
ゴマの主張が強いからかな。

posted by ひと at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

森永製菓 ガトーショコラ<リッチミルク>

DSCN0914.JPG

ガトーショコラ<リッチミルク> | ビスケット | 菓子 | 商品情報 | 森永製菓株式会社
練乳仕立てのミルクリッチなクリームをしっとりチョコレートケーキでサンドし、まろやかなミルクチョコレートでコーティングしました。

9月29日から期間限定発売。
OKで189円(税別)で購入。
内容量6個。
1個(標準30g)当たり エネルギー144kcal。

前にもこんなようなのがあったなと思ったら、2018年に発売した「ガトーショコラ<冬のホワイトミルク>」の改良版みたいな感じらしい。

DSCN0916.JPG

DSCN0919.JPG

DSCN0921.JPG

薄く無ぇか?
こんなんだっけか?

表面には「まろやかチョコレート」、中は「ふっくら&しっとりチョコレートケーキ」、間には「練乳仕立てのホワイトミルククリーム」。
チョコレートというかカカオみたいな味が濃厚な感じ。
ミルクも多いなっていう感じで、美味しいケーキだねってことで。
普通のよりも全体に濃い感じの味かな。

森永製菓 ガトーショコラ<リッチミルク> 6個 ×6箱



posted by ひと at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SDGsファイル チェンジ・ザ・ワールドー世界を変える志ー子供を伸ばす

チェンジ・ザ・ワールド〜世界を変える志〜:テレビ東京
11/4 (水) 22:54 〜 23:00 (6分)テレビ東京
東京の代官山にブランチルームという場所がある。通ってくるのは発達障害や不登校の子供達。立ち上げたのは「ブランチ」の中里祐次さんだ。自身も発達障害と診断された子供を持つ中里さんは、子供が「好きなこと」をやっていると集中できることに気付いた。本人の興味があることなら可能性を伸ばすことができると考えブランチを開設。子供たちが興味のあることに詳しい大人をマッチングして教える環境を作るサービスも展開している

posted by ひと at 06:37| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

おやつカンパニー ベビースターラーメン丸(築地銀だこ たこ焼ソース味)

DSCN0909.JPG

DSCN0907.JPG

ベビースター商品一覧 | おやつカンパニー(-^〇^-)/
『築地銀だこ』のお店で使われているたこ焼ソースを使用した少し甘めのソース味の麺とアオサ・紅ショウガをプラスし、たこ焼を食べているような味わいに仕上げました。

コンビニエンスストアで9月21日から、スーパーマーケットで10月19日から発売。
クリエイトSDで78円(税別)で購入。
オープン価格(店頭想定価格140円税別)。
内容量59g。
1カップあたり熱量318kcal。

DSCN0910.JPG

『築地銀だこ』とのコラボ商品ということで、この商品は実際に銀だこの店で使っているたこ焼きソースを使っているということで。

DSCN0912.JPG

味は普通のベビースターっぽいけど、それなりにソースやタコ焼きみたいな味がする。
まあ美味しいかなと。
塊になっているので、とても食べやすい。
普通のバラバラのヤツはすごく食べづらいので、とてもいいと思う。

おやつカンパニー ベビースター ラーメン丸銀だこたこ焼きソース味 59g ×12個



posted by ひと at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

APD「音は聞こえているのに 聞きとれない」人たち ―聴覚情報処理障害(APD)とうまくつきあう方法

APD「音は聞こえているのに 聞きとれない」人たち ?聴覚情報処理障害(APD)とうまくつきあう方法



聞こえているのに聞き取れないAPD【聴覚情報処理障害】がラクになる本と似たような内容かな?と思ったら全然違った。
こっちの方が文字数も多いし、学術的なことにも触れている。
だがしかし、これを読めば何か実際的に活用できるようなライフハック的なものがあるかというとないな。
そういうものがそもそも存在しないってことなんだろうけれども。
ライフハック的なものではなく「聴覚トレーニング」というもので改善できるらしく、そういったことにも触れている。

聞こえるしくみとか、脳機能についてみたいなことも詳しく書いてある。
APDには大きく分けて4つのタイプがあるってことで、それぞれのタイプについて書かれているし、その中でもかなり多数派らしい発達障害についてもかなり詳しく書いてある。

この本は自分がどのタイプのAPDかっていうのに目星を付けて、それに対してどうしたらいいかみたいなことを考えるのに役立つかも知れない。
周囲の人に理解を求める目的で読んでもらうのには向かないかな。


posted by ひと at 19:30| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

ヤマザキ パンDEプリン

DSCN0900.JPG

山崎製パン | 今月のおすすめ&新商品
パンに2種類のカスタードクリームをたっぷりと絞り、カラメル風ソースをトッピングした見た目も味もプリンをイメージしたパンです。
おすすめポイント
カスタードクリームの甘さとカラメルソースのほろ苦さがからみあい、絶妙なハーモニーをお楽しみいただけます。


10月1日発売。
ハックドラッグで120円(税別)で購入。
内容量1個。
1包装当たり熱量339kcal。

DSCN0901.JPG

DSCN0904.JPG

パンの部分は普通の菓子パンの生地ともちょっと違うな。
もっと固いというかなんというか。
真ん中にカスタードクリームが入っている。
カスタードクリームっていうからクリーム的な固さかと思ったら、思ったよりも固さがある。
味はプリンっていうかカスタードっていうか。
で、その上にカラメルっぽい味のヤツが乗っている。
全体として量が若干物足りない感じではあるけれども、味としては悪くないかなと思う。
真ん中にたくさんカスタードクリームがあるワリには甘ったるくないし。


posted by ひと at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

目撃!にっぽん「どんな子も断らない〜“障害児の学童保育”の現場から〜」

目撃!にっぽん「どんな子も断らない〜“障害児の学童保育”の現場から〜」
[総合] 10月25日(日) 午前6:10〜午前6:45(35分)
感情をコントロールできない男の子、光や音に敏感な子、仲間との関係をうまく作れない中学生…。発達障害の子どもたちがともに過ごす“障害児の学童保育”に密着した。
発達障害などの子ども20人が通う佐賀県の放課後等デイサービス「ガラパゴス」。モットーは「断らない」。全国で同様の施設が1万4000か所あるが、障害の程度を理由に受け入れを拒否されるケースもあるという。代表の小柳由加里さんも2人の発達障害の子どもを育てる母。生きづらさを抱えた子どもたちでも「いきいき暮らせるように理解してあげたい」と全力で向き合う。時間がかかっても一歩ずつ歩み続ける子どもたちを追う。


posted by ひと at 08:23| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

聞こえているのに聞き取れないAPD【聴覚情報処理障害】がラクになる本

聞こえているのに聞き取れないAPD【聴覚情報処理障害】がラクになる本



思いのほか薄いし、行間も広く、文章もわかりやすく書かれているので読みやすい本だと思う。
ただ、「ラクになる」やり方みたいなものが役に立ちそうになく。
もちろんちゃんと役に立つ内容が書かれているのだけれども、とっくにデジタル耳栓なんかも買ったり、他人に「言葉が聞き取れない」ってことを訴えたりして何の意味もないっていう経験をしまくっている私が今更それ以上に何か対処ができるようなことは何も書かれていない。
だから今まで何もやっていなくて、これからどうしよう?みたいな人には役に立つのかも知れない。
医学的に改善できるような内容もない。
っていうか、医学的にどうにもできないらしい。

 いきなり話し出されると、出だしの部分が理解できないという人が多いのも特徴です。(48頁)

生まれつきなものだから、自分以外の人はいきなり話し出されても出だしの部分が聞き取れているっていうことの方を最近まで気づいていなかった。

 APDの方は、聞こえないということを周囲に隠しておきたい人が多いようです。しかし、周囲に隠しておくと「人の言っていることを無視する」「言ったことと違うことをする」といった誤解が生じやすいのです。誤解されればされるほど、きつく注意を受けることになりがちです。−中略−
 隠しておいていいことはあまりありません。自分の聞こえなさを周囲に話してみてはいかがでしょうか。
(80頁)

隠しておきたいと思ったことは一度もないな。
でも言ったところで誰も「音が聞こえているのに言葉を聞き取れない」ってのを理解してくれないじゃん。
「おかしなことを言っている」「ウソを言っている」「真剣に話を聞く気がない」みたいに決めつけられるだけ。
だから今は「耳が悪くて」って言うことにしている。
これならまだ周囲も受け入れやすいようだ。
楽器を弾くので「ウソを言っている」って言われかねないけど。
まあ、ウソを言っているワケだけど。

 聞こえないとの理由で転職を繰り返す患者さんがいました。聞この悪さから仕(94頁)

「聞こえ」の「え」が抜けたかな?

本には発達障害とか精神疾患との関連性も書かれている。
ただ、感音性難聴について一切触れていないけれども、この手の本を読もうとしている人の中に、感音性難聴の人もいるんじゃないかと思う。
感音性難聴もAPDと同様に、本人は「聞き取れなかったり聞き間違えたりすることが多くて困っている」っていうこともあるんじゃないかと思う。

APDに関する情報が入手できるサイトの紹介も載っているので、そういうものを探している人には役に立つかな?
今時はその程度のことはネット検索で出てきちゃうか。
現在は診察をしてくれる病院というか専門機関みたいなのは、すごく数が少ないそうだ。
しかも、そういう専門家のところへ行って正式に診断が出たところで、対処法なんてデジタル耳栓だの周囲に協力を求めてだのでは、何にもならんな。
診断書を出してもらって、職場に持って行って解雇されたり配慮を受けたりって話も本の中には出てくるけれども。

この本はどういう人に読んでもらいたいかっていうと、自分が聞き取りづらくて困っている人っていうよりも、その周囲の人かな。
でも、一番読んで欲しい「耳が聞こえてるのに聞き取れないって何言ってんだ!」っていう人に「読んで」って言って読んでもらえるとも思えないけどな。

posted by ひと at 10:12| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

チロルチョコ ロイヤルミルクティーもち〈袋〉

DSCN0888.JPG

ロイヤルミルクティーもち〈袋〉 | チロルチョコ株式会社
香り高いミルクティーチョコともちグミがマッチ

マツモトキヨシグループ店舗(一部店舗除く)で販売。
税抜き参考価格100円。
内容量7個。
1個当たり(推定値)エネルギー32kcal。

DSCN0890.JPG

DSCN0893.JPG

DSCN0894.JPG

外側は「ミルクティーチョコ」、中に「もちグミ」。
外側はミルクティーだなって感じの味はする。
ミルクティー味のホワイトチョコみたいな。
中のグミはいつもの感じかな。
単に私がグミが嫌いだから、あんまりよくない感じがするだけかも知れないけど、チョコビスケットみたいなヤツの方が美味しいよな。
やたらと中にグミが入ってるのばっかり発売されるから、世間的にはグミが好まれているのかも知れないけど。

おかしのマーチ チロルチョコ バラエティ 400粒セット



posted by ひと at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマザキ ランチパック チーズ!!!(Cheese)

DSCN0882.JPG

チーズ!!!(Cheese) | ランチパックスペシャルサイト | 山崎製パン
スライスチーズ・チーズクリーム・チーズソースを3層にしてサンドしました。

10月1日発売。
OKで100円(税別)で購入。
内容量2個。
1個当たり熱量161kcal。
惣菜シリーズ。

袋の下の方にある四角くて黄色い「新発売」っていうヤツはシールが貼ってある。
袋には
●製品中にチェダーチーズ9%、
 カマンベールチーズ0.1%

と書いてある。
「トーストもおすすめ!」とも書いてあるし、下の方に1000wで2分トーストで焼けみたいなことも書いてあるけれども
トーストなんか持ってないよ!!!!!!!!!!!!!!!!!

DSCN0884.JPG

DSCN0886.JPG

今までもチーズが何種類も入っているみたいなものはあったけれども、スライスチーズが入っているっていうのはなかった気がする。
チーズの塩味みたいなのがするが、甘味はない。
スライスチーズの味とクリームチーズの味がする。
だから「チーズだな〜」って味だけど、これはこれでアリかなと思う。

耳まで焼ける ビッグなホットサンドメーカー レッド フッ素コートプレート ホットサンドメーカー プレート サンドメーカー サンドイッチ マシン ホットサンド i001



posted by ひと at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

そごう横浜店 開店35周年記念 デジタルからくり時計

そごう横浜店が今年の9月30日に35周年を迎えるそうな。
で、それを記念して9月30日から地下2階正面入口の ビジョンにそごう美術館で開催中の「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」と連動したショーン・タンのキャラクターの「デジタルからくり時計」が登場するってことで。
それが一日五回しかやらないんで、なかなかタイミングよく行けなくてもう終わりごろなワケだけれども行ってきた。
もっと近くで撮ればよかったな・・・。
これではあんまりよくわからない。
もう行かないけど。



期間:9月30日(水)〜10月18日(日)<予定>
場所:そごう横浜店 地下2階=正面入口横 Sビジョン 
   そごう横浜店 地下2階=正面入口前 シーガルビジョン
時間:1日5回放映  【各回約3分間】  (※予告なく終了する場合がございます。)
@ 午前10時(午前9時59分〜10時02分)
A 正午 (午前11時59分〜午後12時02分)
B 午後 3時(午後2時59分〜3時02分)   
C 午後 6時(午後5時59分〜6時02分)
D  午後 8時(午後7時59分〜8時02分)
音楽に合わせ、ショーン・タンの絵本に登場する生き物や絵本のシーンが登場します。


エリック



posted by ひと at 20:26| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

ヤマザキ ストロベリーケーキ

DSCN0877.JPG

発売日不明。
ダイソーで2個108円(税込)で購入。
内容量1個。
1包装当たり熱量180kcal。

ダイソーで「バイヤーのおすすめ」みたいなことが書いてあって大量に置いてあったのだけれども、ヤマザキのサイトで探しても情報が出てこない。

DSCN0879.JPG

今日は涼しいし、それほど溶けてもいないだろうと思ったけれども、出してみたら結構べたべた。
気温に関係なくべたべたなのか、冷蔵庫などで冷やして食べた方がよかったのか。
まあ、ヤマザキのなので、他のヤマザキで出している似たようなヤツと似たような味で。
表面のイチゴチョコっぽい部分はイチゴ味のチョコっていうより、イチゴのジャムみたいな味に感じた。
あまりチョコが主張してこない味って感じかな。
値段を考えると悪くはないかと思う。

ヤマザキ レモナック レモンケーキ 山崎製パン横浜工場配送 30個入り 1ケース



posted by ひと at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチ・フルール けいきゅんアニバーサリークッキー(3コ入り)

10月21日は何の日かみんな知ってるよね!
そうだよ!
「けいきゅん」の誕生日だよ!
って知らんがな。
「けいきゅん」とか「のるるん」とかあんまり区別はついていない今日この頃。
で、この「けいきゅん」が9才(「歳」ではないらしい)になるそうです。
お誕生日記念キャンペーン「きゅんペーン」10月11日(日)〜12月6日(日)に実施ってことで。
この間にオリジナルラッピング電車「けいきゅん号」が京急大師線を中心に運行するらしいが大師線には用事もないしな・・・。
グッズも販売になったりいろいろあるのだけれども、内容的にもお値段的にも私が手を出しやすそうなものを・・・と思っておりましたが、まあこのあたりが妥当かなということで。

DSCN0870_1.JPG

けいきゅん | Information | 京浜急行電鉄(KEIKYU)
「けいきゅんアニバーサリークッキー(3コ入り)」の発売
期間 2020年10月11日(日)〜 ※なくなり次第終了
価格 162円(税込)
販売店舗 京急百貨店1階スキップゲート【プチ・フルール】


左下の金色の丸いのは「袋はいらない」と言ったら貼られたシール。
1枚当たり熱量48.9kcl。
内容量3枚。

京急の地下鉄に乗り換える側の改札から出て向かい側(この説明でわかるかどうかは不明だが)あたりの右寄りぐらいの自動ドアの中の店。
これ以外にもアマビエの絵柄のヤツも売っていたけど、絵柄だけが違うだけで同じ商品ぽいなと思って見ていたけど、他のものまで買う経済的な余裕はありません!

DSCN0876.JPG

品名は「クッキー(カフェ・ラ・テ)」と書いてある。
原材料にコーヒーと書いてあるからカフェラテ味ってことなんだろうけど、何しろコーヒーを飲みながら食べたのでそのあたりはよくわからなかった。
味は、缶に入っているいいお値段の菓子の詰め合わせの中に入っているクッキーみたいな味。
具体的にどこのなんていうクッキーだったかは記憶にないけれども。

グリーンマックス Nゲージ 京急2100形 けいきゅん号 8両編成セット 動力付き 50599 鉄道模型 電車



posted by ひと at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

2020年3月2〜13日◆この国のたたみ方(後編)

これの続きです。

佐々木信夫さん。
政治の方でも働いてらっしゃる方のようだ。
この方の道州制導入のアイディアなのだが、この方は日本を分ける。
北海道州、東北州、北陸、西関東、東京都市州、東関東、東海、大阪都市州、近畿州、中国州、九州州。
そして沖縄州というふうに日本を州で分けていくのだが、この一つ一つに関して全部メリットが書いてある。
「ここを活用すれば伸びる」という。
今回は全部は触れられないので、思い出のあるところとか「面白いなぁ」と思ったところで、『(今朝の)三枚おろし』にしているのだが。

ここまで聞いて水谷譲は「実現した面白いだろうなぁと思うし。実現できそうな気がする」。
これは聞いていて「これ可能じゃないかなぁ」というのは野球チームの応援エリアと重なっている。
サッカーでもいい。
九州というのは今まとめているのはソフトバンクホークス。
九州州に山口を貰おうかなぁと思ったことがあった。
広島、岡山は別個だから。
「山口は九州らしいかなぁ」と思って。
山口は意外と九州との親和性というか、結びつきが高い。
そういうのもあるのだが。

余談だけ続けておく。
最近行ったところで「ダメだなぁ。俺らもモテなくなったなぁ」と思ったのは北海道。
北海道の皆さんは何も感じないかも知れないが、北海道は日ハムが行ってから変わった。
もうジジイになったから言うが、はっきり言う。
北海道で悪さばっかりやっていた。
札幌に行くと胸がときめく。
あそこは土地土地のおあねぇさんにご迷惑をいっぱいかけた。
武田先生たちにとって札幌はときめくような街だった。
それが50(歳)を過ぎた頃か、年もあるのだが、さっぱりモテない。
昔ちょっとモテた。
こんな脚短なおじさんでも。
「江戸から来た」みたいな。
ジャイアンツファンが多かった時は。
今は全くモテない。
日ハム以降、全部変わった。
日ハムが来てから。
自分のところでお抱えの美男子を持って。
そうすると女の子の価値観が変わる。
しかも野球選手は。
また大谷(翔平)がいたところだから。
大谷と武田先生を見比べれば、どっちについていいか大体わかる。
大谷がいた頃。
そうやってプロ野球というのが、そこの全体、エリア全体の雰囲気を全部変える。
そうやって考えると州制というのは、こういうスポーツとの兼ね合いなんかでもわかるというふうに思う。
考えてください。
中京圏。
名古屋を首都とする中京圏が持っているフィギュアスケートの有名選手はすごいもの。
仙台にも一人有名人がいるが。
やはりあれを鍛え上げたのは中京圏。
名古屋の美意識。

ちょっと州の話にする。
例えば中国州。
ここの州都を広島にした場合だが。
広島はもちろん今も政令都市で人口120万。
「広島にあこがれた」という青年が先週(の番組冒頭の街の声で)いたが。
これは広島に行くとわかるが、広島は狭い。
だからどうするかと言うと、中国州を広げればいい。
鳥取まで高速鉄道網を広げて通勤エリアにしてしまう。
そこを広島だと思って住めばいい。
街は繋がりで生まれてくる。
今、皆さん鳥取と広島を分けて考えてらっしゃるから、鳥取は「砂漠はあるけどスタバはない」とかというのが話題になってしまうが。
(鳥取県知事が「鳥取にはスタバはないですけれども、日本一の砂場があります」という発言をした)
広々とした広島の一部だと思えば。
更に南海トラフなんかの巨大地震が起こっても、土佐で被害があった場合は、岡山まで避難民を避難させるというようなバックアップの態勢が整えば、火山とか土砂崩壊、河川氾濫、地震津波等々に対抗できる国土の強靭化がここで可能になる。
そして大阪都構想などというものがあるが、一都市ではなくて、もっと大きいエリアでの行政維新を起こさない限り意味がない。

関西の問題点を今度はあげていく。
関西エリア。

 関西は、神戸、大阪、堺、京都などの政令市を擁しながらバラバラ感があり、いま東京への人口流出が最も多い地域でもあります。(124頁)

確かにお笑い芸人の方々を見ていても。
これは「よしもと」を見てもそうだが、関西で、大阪で成功したら事務所を東京よしもとに移す、というのが成功パターン。
吉本興業でさえも東京の人口を膨らませる要因というワケで。
浜ちゃんも松ちゃんもみんなそう。
そのくせ困ったことに神戸、京都、堺、大阪等々は親和性が非常に薄い。
なかなか溶け込もうとしない。
テレビで『(秘密の)ケンミンSHOW』なんか見ていても、神戸、京都、大阪はものすごくライバル意識が強い。
それぞれキャラが強い。
我々には同じように聞こえる関西弁だが、地元の人に訊くとかぶりを振って「全然ちゃうやーん!」という、あの返事が返ってくる。
しかも一回だけ目撃したことがあるが「大阪の女性と京都の女性、どっちが綺麗?」という、そういうのをアンケートでやっていた。
そのマイクを向けた京都の人は「それはかわいそうや〜ん、大阪が〜」「比べること自体、かわいそうや〜ん、大阪が〜」。
その言い方もトゲのあること。
これは同じく神戸もそう。
「京都はどうですか?」と言ったら「いやん。京都と神戸比べたらダボや〜ん」とかと違う関西弁で。
だから力を合わせて近畿圏を盛り上げようという強い動きはない。
だが九州の人はひとくくりが好き。
鹿児島の人が武田先生に声をかける時は「同じ九州じゃないですか」という。
「州」という単位はどこか言葉の。
北の方もそう。
東北の人も。
東北の人も「同じ東北」とかというのがあるが、近畿圏はない。
そしてここからの人口流出が歯止めが効かないぐらい。
それ故にだが、大阪の方には申し訳ないのだが、大阪が特に人口比率、それからGDP共々、地盤沈下が進んでいて。
大阪の一番強い政治団体が望むものは、国が経営するような観光と博打が一緒に楽しめるようなエリア。
強力に運動をなさっている。
今、関西を牽引しているのは何かというと製造業。
この関西を牽引している製造業は何の製造業か?

医療関連産業の研究拠点や生産拠点が集積しており(124頁)

これはやっぱり山中教授。
IPS細胞の実験等々で医療それから医薬品が急成長している。
すごいものだ。
もう一つの両輪が観光。
これは観光業、観光客を受け入れる大阪のパワー。
こうやって考えると京都にヘッドを置いておいて、ここを近畿州の州都にしておいて。
ノーベル賞受賞者の最も多い京都大学。
この京都に医学関係の産業を起こせば。
その手足になって働くのを神戸にして。
神戸もやっぱり新しい産業。
力強くなると思う。

このようにして州で考えれば、今まで県とか市が持っていた弱みが強みに変化するという可能性がある。
自然災害に対ししても国より細かく対策が立つのではないか?
地震、河川の氾濫、火山。
州という単位で動くという。
それが慌ててプレハブで組み立てたりしないで、常時しっかり対策として常設の設備を持っているという。
それを災害マップと重ね合わせ、また疫病等々との危険度も加味して、住居エリア、避難エリア、そして自然に還すべきエリア、ということで人口減少を伴ってエリアごと整理してゆけば、州には必ず前途が浮かんでくるという。
素敵なアイディア。

著者の方は全部書いてらっしゃる。
興味のある方は自分の所の州はどんなふうな未来があるかというのを(この本を読んで)探ってください。

佐々木さんは日本全部についていろいろ考えがあるのだが、今日は東京を取り上げてみたいと思う。
佐々木さんは「東京減反」とおっしゃっている。
「減らすべきだ」と。

 いつの間にか、この国は2つの国に分かれているように見えます。一極集中・過密の止まらない「東京国」と、過疎・人口減の止まらない「地方国」にです。国土面積のたった0.6%に過ぎない東京都に国民の1割強、1400万人が集まり、3.6%に過ぎない東京圏(1都3県)に約4分の1、3500万人も集まり、まだ増え続けています。−中略−国の中心とも思われる東京都心3区(千代田、中央、港区)は42.2平方キロ、東京都の中でもたった2%の面積に過ぎない場所にわが国の政治、行政、経済、情報、教育、文化、外交などあらゆる高次中枢機能が一点集中し(162〜163頁)

 日本の国税収入の4割は東京から上がっていると言われますが−中略−高校を卒業すると4割が東京の大学へ、地方の高校、大学を終わると7割が東京に就職先を求めると言われます。(163頁)

こんなに一極集中が進み過ぎている首都圏というのは考えなければならない。
これはインフラが追い付かないんだ、という。

 いま東京との高齢者人口(65歳以上)は307万8000人(18年9月時点)と過去最高を記録しています。−中略−4人に1人が高齢者という割合ですが(171頁)

だから介護難民が東京都は大量に出ることは間違いない。
大竹まことと武田先生。
どこに行っても二人とも嫌われる。
この集中故に東京都は様々な方策を打っているが、何かある度に躓いている。
施設を造ってもそれが時代の要請に応えていない。
土地が高いので超高層化している。
地震のことはとりあえず横に置いておいて、基準を満たしつつ40〜50階の超高層マンションができ始めていた。
地震対策もまあできているということなのだろうが。
本当に自然というのは、腹が立つが鋭いところをついてくる。
去年大問題になった。
40〜50(階)の超高層のマンションで、結構お年寄りが高層階を占めてらした。
値段がいいし、見晴らしがいいから。
水害でエレベーターが動かなくなった。
超高層の建物の電源部分が地下。
そこに水が入ったものだからエレベーターが止まって。
高層階のいいところに場所をとった老人たちが、40階、階段を上らないと、というのと、電気のせいで水道とトイレ等々。
これが止まったということで。
「とんでもなかった」ということ。
これはやっぱり東京に集め過ぎた罰が回ってきているのではないだろうか?という。
これは考えないと。

だから去年ギクッとしたのは東京オリンピックで揉めたことがあった。
北海道にマラソン競技を移すというので。
あの時に大半の人が怒っていたが、武田先生はちっとも腹を立てなかった。
何も東京にあんなに遮二無二頑張って、小池(都知事)さんに旗を振ってもらう必要はなくて。
何でかというと、ラグビーはうまくいったと思う。
ラグビーは試合会場を地方にも全部広げた。
うまくいっている。
地方の岩手なんかで戦った国の選手で泣いている人がいた。
ジンとくる。
子供までその国の国歌を覚えさせて、全員で歌うものだから。
これほどのおもてなしができるか?
会場の人が小さな子供まで自分の国の国歌を歌ってくれる。
号泣していた。
トライアスロンとか岩手でいいのではないか?
相馬あたり走ってもらおう。
風景がよかったり海水が綺麗だというアピールにはもってこいだし。
東京湾は「水、汚い」と言われているから。
それだったら別に。
サーフィン競技なんていうのは鹿児島あたりの暖かい所でやれば、東京の暑さと、潮風が吹いている鹿児島の海岸線の暑さは意味が違う。
小池都知事をあんなに不機嫌にしなくても大丈夫だったんじゃないかなぁ?と思う。
そういう意味では北海道でマリン競技なんていうのは、意外と風景がいいのではないか?
東京でやることはたった一つ。
開会式と閉会式。
それで何かいいような。

「都道府県というのをやめてしまって州にしようではないか」という。
行政単位を変えてしまう。
これは重大なテーマだ、というふうに思う。
今、自分はこういうキャラクターの人間なので、つくづく思うのだが、地方を育てるというか地方を創っていくという、そういうことが今の日本にとって大事なこと。
今、一番地方でどの地方が延びるかということを試す一つのお試しポイントがある。
それは東京、大阪で言葉で対抗する地方。
方言を暮らしの中で、地方としてしっかり持っているエリア。
これが道州制を導入するときにも大事なのではないか?
とにかく東京になんでもかんでも集め過ぎ。
誰かさんがおっしゃっていたが、電気を配る配電盤の役割としての東京は終わりつつある。
抽象的な意味合いで、やっぱり各地方が自分のところで自家発電するエネルギーを持っていないと。
文化的にも自分のところで自家発電。
自家発電するためには土地言葉を持っている、方言の暮らしを持っているということが重大で、標準語が表現の全てではないという側面を。
だから都市の規模の適切さ、産業の集積、教育設備、福祉の充実、福祉に対する熱心度、そういうものを持って。
そして災害に叩かれてたくましく育ってきたという歴史を持っている。
福島とか岩手とかにはすごく期待したくなるし、自分の故郷に帰る度に思うが、福岡はすごい。
福岡に移住している人が多い。
東京から出て行こうと思う武田先生。
奥様がグズグズ文句ばかり言うもので。
九州はいい。
福岡の街を歩いていると、情報が入って来る。
「あそこのマンションは誰々が帰って来とぅもんね」が。
70年代に東京に出て行った芸能人がこっそり帰ってきている。
そこに相当大物の芸能人もいるみたいで「帰って来とぅと」というヒソヒソ話が。
またソイツらがいいところに住んでやがる。
腹が立つ。
腹を立ててはいけないが。
東京、大阪に負けない第二言語としての方言を持ち、その地方の独自性を持っている。
フッと思ったのだが、教育は福岡はいい。
福岡に国立の教育大学を作ってくれないか?
第二、第三の「金八先生」を生む風土があそこにはある。
安倍総理に頼みましょう。

日本はスパイが多いらしい。
一月に大評判になった。
どこかの通信会社の人が大きな北の国の人から情報漏洩をされてという。
それで、情報を取り扱う日本情報部を東京ではないところに作る。
東京に作るから漏洩する。
情報を訛りでわからないようなところに置いておく。
一番日本で訛りがわからないのはどこか?
青森。
青森県人で日本は情報を守るという青森情報局を作る。
暗号とか全部青森弁で教える。
そうするとスパイに情報を漏らしても何を言っているかわからない。
「へばさ、しょこのいよ」
という半分冗談もあるが、国家機密を守りやすくするためには方言がとても豊かなあえて州に置いておいて、異国の人を受け入れるのだが「何、喋ってるかわからない」という、そういうのを第二言語の豊かな所に置いておく。
そういうのが素敵だというふうに思いませんか?
これは佐々木さんの本にはこんなバカなことは書いていない。
福岡に行くと、九州州都としての福岡というのが見えてくる。
もちろん福岡も犯罪も頻発しているというような大都市になった。
だが、あそこには地方の何か張りがあるような。
そして他の都道府県をウロウロしていてもそこで「その地方ならではの何か」をよく発見する武田先生。
「エリアとしての文化」をしっかり持っている所、そういう地方教育という地方のことを地方の子はまず勉強するという、そういう国にこの国は発展していくといいのではないかなぁというふうに思う。

この方が最後の方でおっしゃっているのは東京は今、1千数百万人が住んでいるが、ここから300万人「人口を減らそう」と。
そうすると東京というのはとっても便利な街になる。
とにかく東京は人を集め過ぎだ。
地方分散。
そのために「高齢者を地方へ移す」という発想ではい。
そこが佐々木さんの発想が面白いところ。
「若い人を地方に送り出すシステムを作るんだ」と。
政治家の人も考えてください。
これは受ける。
新幹線、あるいは航空を25歳までの若者に対しては税金で補助して格安にする。

長らく道路財源として毎年5兆円も集めてきたガソリン税(現在の揮発油税、地方揮発油税)の半分と、毎年17兆円を地方に再分配してきた地方交付税の2〜3兆円を合わせ、移動コストを半減するための財源とするなら、不可能ではありません。(181頁)

そのことで「若者がよく動けるという国にするんだ」と。
若者がウロウロしていると元気になる。
これはこういう考え方もできると思う。
例えば、武田先生が九州州に住むとする。
州都福岡に住んでいるとすると、もう一つ何かの災害、被害等々に遭った時の逃げ場所として、父母の故郷である熊本に小さな家を一軒持つ。
その福岡と熊本の移動がタダ同然。
家二軒を一年間で半分ずつ住む。
あるいは3分の1、3分の2に。
そうするとお金を落とす場所が2ポイントで散っていくので、過疎をつくらずまんべんなくお金が回るという社会。
もう一つ若者たちが小さなリュックを背負って夏休みとかにワーキングビザみたいなもので日本中をウロウロして自分の故郷の州以外にもう一つ働ける州を探すというような。
日本は今、働き方改革で「仕事を二つ持とう」というのが流行っている。
片一方で医療関係をやりつつ、年間の何か月間かは農業をやるというような、州内移動を盛んにする。
そして前にもお話をしたが、うっとりする。
州構想の中で面白いのは、今まであった国立大学を全部同じにする。
例えば福岡には国立九州大学がある。
宮崎に行くと宮崎大学がある。
熊本もある鹿児島もある。
全部呼び名が一緒。
「九州州立大学」になる。
宮崎にあるヤツは「九州大学宮崎分校」。
宮崎分校は農業が得意。
九州大学鹿児島分校は漁業が得意とか州内の得意分野を伸ばしていく。
あるいは東京の私大は州が招致するのだが、私立九州分校を作ってもらう。
東京に来る必要がないということ。
そうすると東京の人口がゆっくりと調整が効いて地方も盛んになる。
大阪都構想というので行政を変えようというのがあるが、こんなふうにして州制にすると、もっとダイナミックな日本が見えてくる。
都道府県を刷新して州という自立性の高い日本で、もう一度日本を再編し直すという、新しい国家感の提案を佐々木さんはなさっている。

明治で広げた都道府県をいかにたたむか?
これが我々の課題ではないかなというふうに思う。
税収で一生懸命やりくりしているが、現実には日本は借金が1千3百兆(円)を超えている。
人口動態では65(歳)以上が3人に1人になるという2040年。
府県制度では補いきれない。
超過密の東京と、ひたすら過疎に向かう地方。
これを解くカギとして日本をたたんでしまう。
そして道州制に以降して州を伸ばしていく。
ここに未来があるような。
たたむ。

 明治の「廃藩置県」が人口拡大期に備えた政治革命だったとすれば、未曽有の人口縮小期に備えた政治革命は「廃県置州」ではないでしょうか。(208頁)

新しい考え方をする方がどんどん増えているようだが、こういうのは大歓迎。
三枚におろしていてもフッと見えてくる。
道州制になった日本の姿が。
「州都福岡」というのはいい。
「新しい地方の栄え方」がここにあるような。


posted by ひと at 11:41| Comment(0) | 武田鉄矢・今朝の三枚おろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年3月2〜13日◆この国のたたみ方(前編)

一昨年のことだが、2019年10月から11月まで、台風19号から21号まで災害が日本に打ち寄せて。
(この放送は2020年なので「一昨年」だと2018年なので、単に言い間違いか)
強風の被害と雨量。
これが観測史上最悪の強風、降雨量で。
千葉県あたりで大きな災害となった。
また県知事さんがその時にいないということで、また大騒ぎになったりした。
千葉以外でも長野の千曲川決壊、洪水被害。
それからびっくりしたが、自動車で避難する途中、流れに飲み込まれて、本当にきつい言葉だが溺死してしまったという。
これが人事ではないのは、亡くなられた大半が武田先生と同じ高齢者の方だった、と。
そして武田先生が一番ショックを受けたのは被害にあった土地を再点検すると防災マップで指定された「危ないですよ」という所が危なかった。
と、考えてみると、台風やものすごい雨も「抜き打ち」はやっていない。
つまり、卑怯にも後ろから襲うことはなくて「危ない」と言われた所に危ないだけの水が降った、ということ。
ちょうどハザードマップで赤になっている所は、やっぱり水が溢れたりする。
だから考えてみると自然は騙し討ちにはしていなくて、「危ない所が危なかった」ということ。
武田先生の胸の中にひらめいたのは「この国にはどうも『住んでよい所』と『住んではいけない所』があるのではないか?」。
そういう気がした。
水谷譲にも前に言ったが「タブー」という意味を示す「禁」。
「林」を二つ書いておいて「示」すだから「ここから向こう側の林は人間住んじゃダメだよ」というような風景が一文字になったのかと思うと。
ある意味で真に幸いなことに、日本は人口減少、これに拍車がかかったことは間違いない。
都道府県、市町村まで行政のあり方を変えて、国の形そのものを変えなければ日本にこの先、未来は・・・というような言い方ができるという。
そこで本屋さんに入って目が合った本が『この国のたたみ方』。

この国のたたみ方 (新潮新書)



佐々木信夫さんの提案が書いてある。
都道府県を変えようという運動は一番有名なのは「大阪都構想」というのがあるのだが。
大阪の方には悪いが、大阪府を変えたところで、日本全体に何かプラスになるということは起きそうにない。
それよりも大阪の皆さん、もうこうなりゃ日本全部変えちゃった方が。

都道府県がいつ頃できたか?
廃藩置県の後。
廃藩置県、つまり藩を廃止して県を置くという都道府県の形というのは明治4年。
坂本龍馬が死んで三回忌が終わったぐらい。
1871年。
今から140年前のシステムが都道府県。
ただしそこから日本は変わった。

 近代日本で府県制度の始まった130年前、総人口は4000万人ほどでした。当時人口が一番多い県は新潟県(169万人)で(13頁)

(新潟県が一番人口が多かったのは)農業のせいだろう。
農業にものすごく人口が集中していた時期で、越後平野を持つ新潟県は最大の人口が住む都道府県だった。

東京府(148万人)は兵庫に次ぎ3番目でした。(13頁)

(番組では「東京市」と言っているが、本によると「東京府」)
東京はその後どうなったかと言うと、東京都の方は10倍。
1400万人。
そして日本全体の人口の方は今、現状だが都道府県が置かれた時期に比べると3倍の1億2千8百万人。

米カリフォルニア州1州の面積しかない日本は7割近くが山林地であり、可住地は約3割しかありません。そこに1億人以上の人々が密集してきたのです。(14頁)

 東京都は国土面積のたった0.6%ですが、そこに国民の1割以上が集中している。(15頁)

ギュウギュウ。
だから都道府県という行政のシステムが限界がきていることだけは間違いがないようで。
そういう意味で「この国をたたむ」という考え方を災害からも含めて考えてみたいと思う。

とにかく個人もそうだが、国も「たたみ方」は難しい、ということで。
この国の行政のあり方、都道府県というのを考え直そうではないか、という佐々木信夫さんからの提案。

 日本の府県制度はいまから130年前、馬、船、徒歩が主な交通手段であった1890(明治23)年に、内務省の総合出先機関として府や県を設置する形で始まりました。(37頁)

汽車が新橋─横浜間で走り始めるのが明治5〜6年のことだから、この都道府県制度ができた時、人間の移動手段というのは馬、船、歩き、これが基本だったワケで。
考えてみるとその時の制度が今を補うに値するかどうかというのは、確かに。

この都道府県制度というのは統一国家のため。

約300の藩を47に再編し、内務官僚を国から派遣して統治するという官選知事制の役所でしたが(37頁)

 日本の行政は「国が考え、地方が行う」という構図にあったと言われますが(41頁)

「考えるのは国が考えるのだから、地方はその出先機関として手足になって働け」という。
そういう制度なので、市長とか県知事がやることは何かというと、国の補助金をいかにねだるか。
「お金ちょうだい、お金ちょうだい」というヤツ。
これが仕事なのだ。
だから出す人のところに「大変困っております」とかと泣きついた方が国の方々も「おお、来たか」というもので。
頼りになるのはやっぱり国のお役人の方、あるいは代議士の方々、政治家の先生になる。

大阪などはその悲劇の中心地で、大阪都構想もこういうところから出ているのだろう。

仮に関空からの鉄道の延伸について大阪府知事は賛成、大阪市長は反対となると、事実上延伸はできなくなる訳です。−中略−府知事が右と言えば市長は左、40年も50年も続いてきたこの状態は「不幸せ」(府市合わせ)などと言われてきました。(61頁)

筆者は、都道府県をいったん廃止し、新たに内政の拠点になるよう地方主権型の州をつくる「廃県置州」の改革が必要と考えています。(66頁)

政治の行政単位をデカくしておいて大きな構想の中で、州知事が一国を預かるというような大きい権限を背負って政治をやったらどうだろうか?と。
今、コメンテーター等々をやっておられる橋下徹氏は大阪都構想を掲げて大阪を第二の東京にしようという政策を掲げ、今も彼が作った政党はそのために活動している。
しかし、大阪が二つ目の東京になっても日本は人口減少。
影響は何もなかろう、と。
それから行政システムの方も変化がないワケだから。
日本全体になると大阪での変化だから、もっと大きな構想を上げられたらいかがかなと。
この佐々木さんの希望は「国鉄改革ができた日本なんだから、できないワケがない」という。

日本に州を持ってくる「州制度」にした方がいいのではないか?
道州制導入。
その道州制のメリットを佐々木さんという方の提案を土台にして「この国のたたみ方」を語っている。
佐々木信夫さんの提案では、国鉄をJRに変えた。
その大改革を日本人はできたんだから、という。
国鉄がJRになったのは1987年、(総理大臣は)中曽根(康弘)だったのだがこれは揉めた。
ただ中曽根さんは断固たるもので万年赤字とストライキ。
「スト権確立スト」とかというストを繰り返す組合の強い国有鉄道、国鉄をやめてしまって民間会社に、という。
そのために活躍なさったのが臨調におられた土光さんという方。
この方が先頭に立って国鉄を民間会社にした。
これは一部新聞も騒いだのだが「地方切り捨て」。
「地方で国鉄が走らなくなる」とか「地域格差がこれでひどくなるぞ!」と絶叫するメディアもいた。
それから国鉄の組合も叫んだ。
「これは組合弾圧だ」と。
「働く者を抑圧するんだ」ということで、国を二分するほどの大騒ぎになったのだが強行された。
皆さんは信じられないだろうが、国鉄に切符を買いに行くのが怖かった。
ものすごく態度が怖い。
「博多から神戸まで行きたいんですが、夜行列車があるんだったら夜行列車の切符を一枚」「無い!」
あの人は今頃どうしているのか?
あのものの言い方は。
本当にケンモホロロで。
もちろん労働者としての迫力はあった。
だが、サービス業でサービスの笑顔なんてかけらもない国鉄だった。
チケットを買うのは怖かった。
それからものを言わない人がいた。
「乗車券と指定席券も貰えますか?」と言うと、買う場所を間違えたのだろう。
静かにアゴを左へひねるような。
犬に向かって「飯はコッチだ」みたいな、そんなことで。
本当に国鉄の人たちの人に接する態度は不機嫌だった。
国鉄をJRに変えた。
その頃、水谷譲は二十歳。
武田先生もプロのフォークシンガーで日本をウロウロし始めていた頃か。
驚いた。
武田先生が何が驚いたか。
新幹線に乗っておしぼりが出た時、どれだけ驚いたか?
高級喫茶店しか出ないおしぼりがグリーン車で出た。
その時に手渡す車掌さんが笑顔だった。
もう本当に「こんなことがあるだろうか?」と思った。
国鉄というのは中国の官僚を見るような。
中国の空港のパスポートを確認する人は威張っている。
(バンバン!とパスポートにハンコを押す)とやる人だが。
物凄く威張っている。
それは中国という国がそういう国で、末端の官僚がうんと威張るようなシステムなものだから。
それとほぼ同等の国鉄の態度。
これが変わった。
現状は確かに廃線になった所もある。
しかし廃線になっても車の方が発達した。
国鉄の民営化の反対のストライキはまだ覚えている。
あれは貨物も全部止めた。
それで国鉄の労働組合は「日本の息の根を止める」と息巻いた。
だって貨物列車が走らないのだから。
それが全然、何の被害も出なかった。
何でか?
宅配便等々の車運搬業者が大活躍したので国鉄が動かなくても車で賄えるようになった。
あれから急激にパワーが落ちた。
ちょっと遠い昔を振り返っていた。
年寄りには懐かしい話かも知れないが。

廃県置州。
県をやめて州を置こう。
この著者の考えが単なる夢見話でないことは事実。
2019年、19号台風で長野、福島の被害も、市、県を飛び越えて、国からの助けを求めてというようなこと。
やっぱり散髪に行ってもOK。
お仕事がないから散髪に行ってしまったのだ。
ハッキリ言って市、県に存在の意味があるのだろうか?と。
だったらやめちゃったらどうだ。
それがこの佐々木さんのアイディア。
そして忙しく仕事をする人を新しく作ったらどうだ。
これが州知事の存在。
道州制、州を置くというこのアイディア。
「できるはずだ」とおっしゃっている。

都道府県をやめてしまって州にしようという、日本の行政単位を変えてしまおう。
州知事、しかも県会議員とか市会議員ではなくて州議員。
州の議員ということでひとまとめ。
もう皆さん考えよう。
人数が多い。
それにもう投票率だって落ちている。
ただし一挙に道州制にもっていくというのは難しいかもしれない。

 政令市を現在の府県と同格の特別市に格上げし(86頁)

今、国が持っている権限を内政に関わる業務をその特別市に移行する。
ちょっとこれは言い方が難しいのだが例えば福岡。
武田先生の故郷の九州、福岡。
今、大発展だから。
例えば朝鮮半島、中国、東南アジアからの観光客に関しては、パスポート審査なし。
病気に関する検疫のみで入れる。
半分武田先生のアイディアもあるのだが。
次に州だから州兵。
つまり州で軍隊組織を持っている。
海上は海援隊。
陸上で活躍する州兵は陸援隊。
これが九州を守る。
それで武田先生のアイディアだが種子島、屋久島までが鹿児島エリア。
トカラ列島から尖閣諸島まで沖縄の担当。
沖縄陸援隊、沖縄海援隊で、尖閣も守るために立つ。
今言った九州エリアの話は武田先生の独断だが。
兵隊を持つのも武田先生のアイディア。
でも「自衛の思い」というのは、そこに住んでいる人たちが持つことが一番大事。
武田先生はそう思う。
モンゴル襲来があった時に最も熱心に北部九州でモンゴル兵と戦ったのは九州のお侍さんだから。

この佐々木さんのおっしゃっていることで面白いのは、この州制度、道州制度は国道、県道、新幹線まで全部州のもの。
だから収益は全部州に入る。
その州が所有して管理しなければいけない。
まずどうするかというと、この鉄道資本と道路に関して州が買う。
こんなふうにして税における独立と公共の道路とか交通網に関する検疫を全部州に譲ってしまう。

ここから、この佐々木さんのおっしゃっているのに、ちょっと武田先生のアイディアも加味しながら入れるが。
その州をどこで分けるか?
まず北から北海道州、そして東北州。
北陸(州)。
これは福井、石川。
あのあたりがまとまる。
そして西関東(州)。
西関東は神奈川、埼玉、山梨、群馬。
東京はというと東京都(州)。
東京都は1国だけ、東京だけ。
それで東関東。
これは茨城、栃木、千葉。
こうなるともう州知事になると忙しそう。
一人の人が茨城・栃木・千葉の面倒を見なければ。
もう散歩に行くヒマはない。
さあ大変だ、働こう。
そして東海(州)。
これは名古屋に首都を置いておいて、三重県とか岐阜あたりをまとめる。
そしてもう一つ大阪(州)。
大阪だけ独立。
大阪も一個。
近畿圏の代表にしない。
兵庫、奈良。
あのあたりを京都がまとめる。
大阪は皆さんはもうわかると思うが、融和性がない。
だったらば大阪を外しておいてまとめたほうがいい。
そしてこれは武田先生のアイディアだが中国州。
これは中国が隣の中国(中華人民共和国)と重なってしまうので真ん中に「つ」を入れて「中つ国州」。
山口、鳥取、島根、広島、岡山。
プラス四国四県。
中つ国州。
日本の背骨を作る。
これを合体する。
この州はいい。
何がいいか?
海を三つ持っている。
太平洋、瀬戸内海、日本海。
ここを観光ルートの拠点にする。
「三つの海が楽しめますよ」なんていう国は世界にない。

北海道、東北、北陸、西関東、そして東京都州。
東関東州、東海州、大阪州。
そして近畿州。
これは和歌山等々も入る。
京都、兵庫。
滋賀も入る。
これは大阪が抜けたにしても近畿州は巨大。
驚くべきは山口、鳥取、島根、広島、岡山。
プラス四国四県を足した中国州。
武田風に言うと「中つ国州」。
日本の真ん中にあるというので「中つ国州」。
そして九州州。
それで武田先生の考えだが、沖縄と九州を一緒にしては沖縄に失礼だと思う。
沖縄は独立する。
沖縄州という独自の島文化の結晶体とする。
もちろん首都は那覇。
ここにトカラ列島、徳之島、西表(島)とかあのへんまで全部含めて沖縄州という州をつくる。
やっぱり島の気持ちは島の人が一番わかる。
音楽はエイサー。
「ハ〜イ〜ヤ〜♪」とかと唄いながら。
いいじゃありませんか。
楽しくなるだろう。

著者曰くだが日本は8ブロックの都市州に分けるということだが、武田先生は10ブロックに分ける。
(著者の分け方は8つよりも多いが、本の中で紹介している堺屋太一氏の「2都2道8州構想」のことを言っているかと思われる)
北海道はロシアとの交渉にあたって「パスポートいりません」とか。
北方四島なんてこっち側にどんどん来て、いつか北海道に刺さるのだから。
どんどん近づいている。
気づいていないだけ。
北方四島なんてもうすぐ根室に突き刺さるのだから。
そんな時のために「もうパスポートはいりません」と。
そういう独自路線を州ごとに確立していく。
州は自分たちが生きていくことを必死になって考える。
そうするともう、州知事は散髪するヒマがない。
一番特異なのは、この著者もあげているが中国州、中つ国州。
山口、鳥取、島根、広島、岡山、そして四国四県が入った、この9県をひとまとめにした中国州、中つ国州。
四国だけでも380万の人口。
それに山陽、山陰そして瀬戸内まで含めるとこの中国州、中つ国州。
750万人の人口に達して1200万人の巨大な州。
1200万人の大きな州になる。
これはもうヨーロッパの一国に値するパワーが宿ること。
東日本と西日本を結ぶ結節線としての中国州、中つ国州。
しかも四国との間に三本の橋を持っているから、もう陸上の繋がりと同じで。
例えば東京、名古屋、大阪までリニアがやってきたら、次に広島に引いてもらう。
あっという間に隣の州と結ぶことができる。
そして北陸新幹線が福井から大阪へ。
そこから四国まで繋いでしまう。
そうすると物凄い勢いで発展する。
30兆円程度のGDPの州が出来上がる。
これはデンマーク並み。
60兆を目指す州に成長する可能性がある。
しかも繰り返すが、この州は日本海、瀬戸内海、太平洋、三つの海洋を持つエリアとなる。
しかもバランスが抜群にいいのは農業圏としては高知、漁業の方が盛んなのが島根。
今は高知から島根まで7〜8時間かかるのだが、ここに高速道路を通す。
それで時間を短縮したら、島根の魚の横に高知の穫れたての野菜が並ぶというような、そんなおもてなしができるようになれば、これはもう国際的な観光都市として大きな商売ができる。
しかも広島や岡山まで出ていくと、新幹線がリニアと結ばれているので、あっという間に別の州へも。
今はここは岡山と米子、松江を結ぶのは伯備線しかない。
これが一挙に広域圏に成長できる。
武田先生が話すともう全部うまくいきそう。
しかも瀬戸内海は水運を利用して、広島、福山、岩国、周南を結び、造船から石油コンビナート、製鉄、セメントの工場地帯を瀬戸内に発展させることになる。
こうやって考えると、今バラバラになっている魅力を州でまとめていくという。
そうするともうスタバがあるとかローソンがないとか、そんなことで言い合っているヒマはない。
しかも「なるほどなぁ」と思ったのだが、これは半分武田先生の考えでもあるのだが、南海トラフで大地震が起きて、高知県が大被害が起きた場合、愛媛、岡山が協力する。
これは東北で見た。
繰り返しになるのだが、岩手で津波被害に遭ったいhとを秋田の人が避難所を建てて、今も住んでらっしゃる方がいらっしゃる。
つまり避難所というのを州のどこかにつくる。
いちいち仮設のものを本式に山中に持っているという。
このアイディアはどうか?

posted by ひと at 11:19| Comment(0) | 武田鉄矢・今朝の三枚おろし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

有楽製菓 ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ

DSCN0856.JPG

ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ 10月5日(月)より全国のコンビニエンスストア限定で新発売! | ニュース | 有楽製菓
魅力のカスタードアップルパイ味が、ブラックサンダープリティスタイルより新登場!!
有楽製菓株式会社(本社:東京都小平市、代表取締役社長 河合辰信)は、ブラックサンダーシリーズから「ブラッ クサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ」を、2020 年 10 月 5 日(月)より全国のコンビニエンススト ア限定で新発売いたします。
ブラックサンダープリティスタイルからスイーツの定番、食欲の秋にピッタリのブラック サンダープリティスタイルカスタードアップルパイが新登場です。
自社焼成パイに加え、クレープ風焼き菓子のフィアンティーヌを配合することでサクサク 食感を表現しました。また、ドライアップルをたっぷり配合することでよりカスタードア ップルパイのおいしさを再現した商品です。


10月5日から全国のコンビニエンススト ア限定で発売。
キヨスクで130円(税込)で購入。
想定価格120円(税別)。
内容量46g。
1袋当たり熱量245kcal。
豊橋夢工場。

発売になってからすぐに何軒もコンビニを見てみたけど全く置いておらず。

DSCN0860.JPG

小さくて四角いのが8個入っている。
たっぷりかどうかはわからないけれどもリンゴっぽいのは入っている。
今日は寒いから常温のまま食べたけど、溶けてんのか?って思うぐらい柔らかい。
柔らかいって言ってもフニャフニャではなくてサクサクはするんだけど。
アップルパイっぽい味がしないでもないけど、チョコの味の方が勝っているので、それほどアップルパイっぽいって感じもなく。

有楽 ブラックサンダープリティスタイル カスタードアップルパイ X1箱(10袋)



posted by ひと at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「のりたま」発売60年などを記念したラッピング列車「丸美屋ハッピートレイン」

丸美屋の「のりたま」が今年で発売60年、「釜めしの素」が発売50年、「麻婆豆腐の素」が来年で発売50年ということで、記念の京浜急行電鉄「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」の外装や車内広告を丸美屋仕様にジャックしたフルラッピング車両「丸美屋ハッピートレイン」が運行しているワケです。
9月20日からなんだけど、知ったのが最近だったんで、終了は明日の10月10日っていうね(鬱)。
ラッピングは「のりたま」デザイン4両、「釜めしの素」デザイン2両、「麻婆豆腐の素」デザイン2両の全8両編成。
外側だけじゃなく、すべての車内広告(中づり・ドア横・まど上ポスター・ドアステッカー)を丸美屋商品に関する事柄でジャック。
乗れなかったのが無念だなむ・・・。
もっと早く知っていればもっと何とかできたのに、知ったのが最近なのでいかんともしがたく。
頑張って何度も写真を撮ったり動画を撮ったりしたけれども、あんまりよく撮れなかった。

IMG_7363.JPG

IMG_7361.JPG

京急電鉄プロファイル〜車両篇〜 京浜急行電鉄全線87.0?【Blu-ray Disc】



posted by ひと at 20:30| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする