カテゴリ


2011年04月21日

消費税率アップは反対

消費税8%へ引き上げ検討、復興財源に3年限定(読売新聞)

政府は18日、東日本大震災の復興財源を確保するため、消費税を早ければ2012年度から3年間限定で3%引き上げ、8%とする方向で検討に入った。


震災の前から言っていることだが、消費税自体を廃止すべきだと思っている。
平成生まれの方は最初から消費税はあるものと思われるかも知れないが、以前はそんなものは存在しなかったのだ。
で「福祉目的の財源が必要だから」って話で消費税がスタートした。
だけど、福祉が充実していっているようには見えないし、高齢者に出すカネが足りないってことで、年寄りからまで「介護年金」とやらをむしり取るという有様。
どんなに税金を増やしても魔法のようにどこかへ行ってしまいます。

今回だって「東日本大震災の復興財源を確保するため」って言われても、最初がこんな状態だから信用できませんが?

「海外に比べたら日本って消費税は低いよね?」って言う方もおられるが、単純に消費税のパーセンテージだけを比べたらそうだ。
でも、消費税以外の税率は?
食料品にかけられている消費税率は?(低く設定されている国が多い)
日本とは比較にならないレベルの福祉の充実っぷりだったりする国もある。

どうしても消費税を導入したいっていうなら、これだけはどうしてもやって欲しい。
黒毛和牛とか高級ワインとかっていうようなんじゃなく、どんなにビンボウな生活をしていても日常的に飲み食いするような食品には非課税、若しくは低い税率でお願いします。


カネがないなら米国の国債を売ればいいじゃない(「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」の口調で)と思っておりました。
でも、米国の国債を買っているのって日本政府じゃないらしい。
日本の金融機関なのですか?
だったら売っても何の足しにもならないなぁ・・・。
思い切って米軍にタレナガシている思いやり予算ぐらいはカットの方向でお願いしたい。
「トモダチ」なら、カネがなくて困っている友達からむしり取ったりしないよねぇ♪
する気だろうけどな!(激怒

posted by ひと at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック