カテゴリ


2011年06月27日

鈴木清順88歳で再婚!

88歳・鈴木清順監督が再婚 相手は48歳年下

 「ツィゴイネルワイゼン」「オペレッタ狸御殿」などで知られる88歳の鈴木清順監督が、48歳年下の女性と再婚していたことが分かった。27日発売の「週刊ポスト」(小学館)が報じているもので、都内のマンションで一緒に暮らしている。清順監督は再婚で、97年に47年間連れ添った前妻を亡くしている。

 清順監督はスポニチ本紙の取材に「私事だからあまりお話ししたくはありません」と詳細は明かさなかったが、女性との婚姻届を提出していることを認めた。著名人の中では年の差が最も離れた夫婦とみられる。

 関係者によると、知り合ったのは5年ほど前。女性は、映画をDVDなどに編集する会社の編集者で、清順監督の大ファンだった。女性は映画に造詣が深く、すぐに意気投合したという。清順監督は数年前、知人に送った年賀状に「生活をともにする人ができました」と書きつづっていた。

 清順監督は車椅子で生活しており、持病の肺気腫のため、常に酸素ポンプを装着している。親しい関係者は「一人暮らしは危険ですし、世話をしてくれる奥さんができたのはありがたいこと。周囲もみんな祝福している」と話した。今年4月に東京・上野で行われた清順監督の米寿を祝う会でも、女性がかいがいしく身の回りの世話をしていたという。

 清順監督は現在、新作の準備を進めており、別の関係者は「奥さんの存在が励みになっているようだ」と話している。

 ◆鈴木 清順(すずき・せいじゅん)本名清太郎。1923年(大12)5月24日、東京都生まれ。48年に松竹入りし、54年に日活に移籍。56年「港の乾杯・勝利をわが手に」で監督デビュー。80年「ツィゴイネルワイゼン」がベルリン国際映画祭で審査員特別賞を受賞。主な作品に「殺しの烙印」「夢二」「オペレッタ狸御殿」など。


すごいなぁ・・・。
こういう話は夢を与えてくれますね♪

で、気になったのは清順氏の弟さんの「気配りおじさん」の健二さんは、最近全く見かけないけどどうしたんだろう?ってこと。
ウィキペディアを見ても、今は何をしているかってのは書いてないなぁ。

気くばりのすすめ―心のある社会をつくる「思いやりの技術」

中古価格
¥21から
(2011/6/27 13:34時点)




posted by ひと at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック