カテゴリ


2015年08月13日

BIGISSUE 268号「平和へ ― 米軍基地のたたみ方」

それではBIGISSUE 268号(8月1日より発売)をご一緒に討議・・・じゃなくて。
明後日は269号が出ちゃうけど、今回のは読んで欲しい内容があったんで紹介する。

ビッグイシュー日本版|BIGISSUE JAPAN

特集「平和へ ― 米軍基地のたたみ方」ってのなんだけど。
とてもいい内容だったんで、全文掲載したいぐらいだけど、そういうワケにはいかないので一部だけ。

15ページの海兵隊にお得感をもたせて沖縄から退場してもらう「花道撤退論」話のところに、ステキな数字を発見。

米軍に日本政府が年間3700億円払っている今の支出よりは、かなり安く抑えられるはずです

なんだろな・・・その金額。
14ページの沖縄の海兵隊が抑止力としては役に立たない内容で、救出作戦や人道支援しか行えないって話も興味深いが。
カネをドブに捨てるどころか、カネを払って厄介者を居すわらせている感じがします(個人の感想です)。

虚像の抑止力 沖縄・東京・ワシントン発 安全保障政策の新機軸



19ページ。
 有事には米軍が日本を守ってくれるという考えに「この70年、米軍が日本人を救ってくれたことが一度でもありますか?『米国は他国民を救援するという条約や協定はどこの国とも結んでいない』と国防総省の資料にあります。

あ〜・・・。
だから「オトモダチ作戦」の後で莫大な料金を請求されたのか・・・。
北朝鮮が日本に向けてミサイルぶっ放した時にだって、米軍は自国の領土(ハワイ)を守りに行っちゃってたりしたしねぇ・・・。
日本を守る気ないのはバレバレだったけど、日本政府が抗議したって話は聞いたことがないし、なんだろなとは思ってたけど。

本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)



「その雑誌ってどこで売ってるの?」って人もいるかな?
上の方のリンクからたどることができるけど、いろんな場所の(っていっても首都圏とかばっかりだけど)駅なんかにホームレスのおぢさんがいて売っています。
前は横浜駅の西口のところで買っていたんだけど、長いことそこのおぢさんは見かけない(他の仕事が決まったご様子だったからホームレスから脱却できたのならいいのだが)ので、最近は桜木町のJRの駅の地下鉄の方に向かう方の右に立っている、おぢさんじゃなく多分お兄さんから買っている。
横浜駅の人は多少話もして様子もわかっていたのだが、桜木町駅の人とはまだ話をしていないので様子は全くわからんが。
一冊350円。
桜木町のお兄さんはバックナンバーも持ってきているようなので、明後日以降でも売ってもらえるかも(在庫切れでも責任は取らないけど)。
表紙が水色の背景にデカデカと黄色い「ビッグバード」の顔が載っているヤツです。

posted by ひと at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック