カテゴリ


2015年09月25日

最近の若い人って薪も割れないし、井戸から水もくめないし、下駄の鼻緒をすげかえることもできないんです!!!

タオルを絞ることができない小学生が増加している背景とは(週刊女性PRIME)

リンゴの皮むきや缶切り、タオル絞り、おにぎりを握るなど、ごく簡単な作業ができる小学生が20年間で著しく減少していることが、今年5月に象印マホービンが行った調査でわかった。できない子が1人いた! というレベルではなく、できる子の割合が10%前後の項目も。なぜこんなことになったのか? どんな弊害が生まれるのか―

ん?
だって最近の小学生ってそんなことをやる機会ってないでしょ?
やったこともない作業を「ごく簡単な作業」とか言われても、やったことがないのにできるものなの?

イマドキの小学生はマッチが擦れない、缶切りで缶詰を開けられない、タオルが絞れないという。手先が不器用になったのかと心配になるが、どうやらそうではなさそう。

うん。
そりゃそうだろ。
マッチなんて普通の家にはあんまりないだろうし、最近の缶詰って缶切りがなくても開くようになっているし、タオルを絞るような機会ってあんまりなかろう。

この記事って何を言いたいの?と思って一応最後まで読んだけど、結論は「子供の為に、親は世話を焼きすぎないようにしましょうね」ってことで。
何だろうな・・・。
当たり前のことを並べ立てて、やれるように育てろよ!ってことなのか?

posted by ひと at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック