カテゴリ


2016年06月22日

NHKあさイチ ほめて伸ばす!子どもの発達障害

ほめて伸ばす!子どもの発達障害|NHKあさイチ

ネットで同胞たちから評判がすこぶる悪かったので、今回はいつものように番組内容をすべてご紹介って形ではなく、私が番組を見た感想みたいなものを中心に紹介しようかなと。

今回は主にABAというものを紹介する内容だった。
「子どもの」だけど、まだ2歳とか3歳から始めたっていう事例しか出て来ないので、相当早期の「子ども」が対象なのかなと思う。

ほめて伸ばす ABA(応用行動分析)
社会生活の困難を軽減する方法として国際的に広く用いられている手法にABA(応用行動分析)があります。望ましい行動の直後にほめるなどのごほうびを子どもにあげることによって、その「望ましい行動を増やす」ことができるという考え方です。

  行動+ほめる→行動が増える
できない時は「手助け」

見ていて正直私は「これで本当にいいのかな?」っていう感じがずっとしていた。
何人かの事例も紹介されるのだが、現段階ではまだその子たちが大人にはなっていない状態。
つまり、最終的に本人が納得できるような人生がおくれるかっていうのはまだ結果が出ていない。
アメリカではABAを受けた子供がある程度大きくなっているだろうと思うんだけど、アメリカではどうなのかは番組では全く紹介されなかった。

本場アメリカで学んで指導を行っているセラピストの松井絵理子さん。
こうくん(4歳)に対してトレーニングを行っている。
2年前からトレーニングを行っているそうな。

ポイント@すぐほめる
「正解!」「上手!」「素敵!」「最高!」

うん。
見ていてちょっと気色悪い感じがしました。
すぐにほめて、何をほめられたのかっていうのがわかりやすくなるっていう。

ポイントAできるように手助けする
間違えた時は指差しなどで手助けをして、成功体験を積み重ねる。

ポイントB子供に主導権を渡さない
セラピスト「これができなかったら、チャイムが鳴っても席につけない。保育園や幼稚園でも「みんな集まって」と言われたときに集まれない。集団で動くためにも大人が言ったことに素直に耳を傾けるのが大事」
うん。
そうなんだけどさ、それができるようになった方がいいのはわかるんだけどね・・・。

ここでゲストの浜島直子さん(モデル)が語る内容も同胞たちには評判が悪いし、私も聞いていて気分が悪いですね(はぁと
私、以前、脳科学の先生とお話する機会をいただいて話させていただいたんですけども、その方も実は小さいとき発達障害だったと言っていました。
小学校3年生のときに担任の先生がめちゃくちゃほめる先生だったそうです。
そうしたらものすごく勉強にはまってどんどん勉強が好きになって今、大学の教授になったと。

たまたま知能が高いとか、ありがちな「勉強ができるタイプのアスペ」とかの人だったんでしょう。
発達障害者をほめれば必ず勉強ができるようになって学者になれるとかってことではない。
私みたいに壊滅的に勉強ができないタイプもいるし、発達障害者は全員知能が高いみたいなウソをよくみかけるけど、知能がとても低いのは足切りで別の名称にされているから「いない」ことになっちゃってるだけで知能はピンキリだ。

星野さん(仮名)夫婦の全然喋ることができない2歳9か月の子供。
NPOの施設に毎週通って指導を受けることになったそうな。
この子の場合はずいぶん改善が見られたようだけど、それにしても金銭的にも時間的にも両親の負担は半端ないだろうなと思うと、考えただけで気が遠くなる。
つまりは、こういう重度の発達障害を持った子供を持つと、両親がものすごい負担を引き受けなければどうにもならないということだろうか。
そして障害の程度や特性によっては、あまり改善が見られなかったりしちゃうんだろう。
そうなった時に、この人たちは一体どうなるんだろう。

ほめるのがうまくできないっていう視聴者からの相談。
それに答える専門家ゲストの平岩幹男さん(小児科医)。
子供に手伝いをさせろってさ。
手伝いをさせてほめまくれって。
うん。
自分が子供の頃のことを考えると、そもそも親から言われて手伝いなんかするかというと、絶対しないよねぇ。
私の場合は常に「親の要求を無理やり飲まされている」みたいな感覚があったので「これ以上要求を飲んでなるものか!」みたいになっていたからねぇ。
親の側から見たら「何一つ親の要求を受け入れない子供」だったみたいだけど。
今回の専門家のおっしゃることはどうにも腑に落ちないというか「きれいごと」「一部の子供にしか効果が出ない内容」」に思える。

視聴者からの質問
大阪府50代
小学校3年から不登校が始まって、中学に上がることに発達障害と診断されました。
もうすぐ18歳になるので子供の支援も大人の支援も微妙な年齢です。
相談するところもなかなかなくて将来、心配しています。
この年齢になってもまだまだほめることは有効ですか?

平岩幹男さん
ほめるということは年齢に関わりないと思っています。
18歳になってしまって不登校から徐々に引きこもりになっている。
外界とのつながりが切れてくることが多いです。
スマホの場合、LINEとかいろいろあります。
家族以外の人とのコミュニケーションができる体制を作ることが大事です。
家の中でずっと生活していると体を動かさなくなります。
そうすると気持ちが沈んできます。
ちょっとした運動をするとか、運動ができたらすごいねということが大事です。
親子のコミュニケーションがうまくいっていない可能性もあります。
親子でLINEしてもいいです。
テレビを見ながらお互いにLINEしてもいいです。
関係性が煮詰まってくると話しづらくなります。
それも有効だと思います。


次に紹介された視聴者からの相談。
小さいときにほめすぎたことの後遺症というかいまだに何をしてもほめてくれることを要求し、ほめことばがないと相手にほめることを要求するようになりました。
ほめられなくてもできる、やるようになるには幼少時にどのようなことをするべきでしたか?

平岩幹男さん
常にほめるということが大切ですが、どうしてもほめなさいと言われていると形式的になります。
ほめことばを言えばいいとなるとなかなか子供が動きにくくなります。
そこに物理的なご褒美が絡むとよけいそういうことが起こります。
簡単でもいいので心からほめてくださいということが一つ、あとはほめても下心を疑うことはできませんが、ありがというというのは違います。
だからお手伝いもこの場合もとても有効です。
そこからほぐしていかないと何となく煮詰まると親子関係をほぐすというのは難しいです。
重要なのはほめることだけではなくて、急がないということも大事です。

番組内で紹介されていたトレーニングは「形だけ」ほめているようにしか見えなかったけどねぇ?
ほめているというよりは「これはOK」みたいなわかりやすい合図を出している感じに見えた。

全国で唯一徳島県が県を挙げてABAを導入しているそうな。

番組の中で、すでに発達障害をカミングアウトされている栗原類さんが
「ほめられることは誰もがうれしいと思います」
うん。
私はほめられてもうれしくないんだけどね。
定型発達者ってほめ言葉を「バカにする時」「嫌味を言う時」にも使うじゃん。
だから「ほめられたのかな?」って思っても素直にほめられたかのような反応をするとおかしなことになるし。
他人をバカにしたり嫌味を言ったりしない人っていうのも世の中にはいて、そういう人が本気でほめてくれることもあるんだけどね。
全然うれしいとは思えないんだよね。
障害特性なのか自己肯定感の低さとか自尊心の無さとかと関係しているのか、他の要因なのか全くわからないけど。
因みにtwitter上で発達障害をお持ちの方にアンケートをとってみた結果、パーセンテージとしては多くない(一割ぐらいかな)けど「ほめられてうれしくない」という方もいるという。

この「ほめる」っていうやり方っていうのは、他の療育なんかと同様に最終的には「定型発達者と同じような言動ができるように矯正する」みたいなことかなと思うのだ。
確かに本人もそれを希望する場合だってあるだろう。
ごく普通に働いて、ごく普通に結婚して家庭を持って・・・みたいな。
でも、そういうのを希望しない人もいると思うのだ。
テクニックとして定型発達者と同じような行動ができるようになっても、私はいつまでたってもつらいままなので、積極的にやりたいとは思っていないし「定型発達者とは全く異なった生き方」みたいなものを選択させてもらえないのかな?って。
子供のころから徹底した療育を受けると、そういう考えは持たないのかも知れない。
私は療育の経験が一切ないから、そのあたりは全くわからない。
ただ、どこまでいっても「人間モドキ」みたいなものにしかなれないよなっていう感じはしている。
幼いころから日々、無理に無理を重ねて、親もボロボロになりながら「普通の人間になるトレーニング」を続けるっていう。
それでいいのかようわからん。
ただ、自分で一通りのこと(買い物に行けるとか、乗り物に乗れるとか、料理・選択などの家事)は本人のためにできたほうがいいなとは思う。
私はそういうことができるから常にしんどいとは思っていても一人暮らしが成立するのだし。
家族との関係に問題を抱える発達障害者は多いが、家事能力などに欠けるために家を出ることもできないという人も少なくない。
ひどいのになると障害年金を家族にむしりとられて、家に引きこもって何もできない状態で生き続けているみたいな人もいるワケで。

他にも気になったことは「ほめる」っていう子育ては否定されたんじゃなかったっけ?っていう。
「同情」もそうであるように「ほめる」っていうのは相手を下と位置付けなければ成立しない行為だ。
「相手は子供なんだからそれでいいんじゃないの?」ってことかな。
確かにそうかも知れないけど、見ていてずっと腑に落ちない感じがした。

ほめることが悪いことだとは思わない。
自分が発達障害だと知らなかった時、自分がほめられても全くうれしくない原因は、私を一度もほめなかった母にあると思っていた。
実際にそうかも知れないしそうじゃないかもしれないし、本当のことは誰にもわからないけど。
ただ、子供の頃の自分を思い出してみると、ほめたくてもほめられる要因は皆無だったと思う。
母の人間性がカスだからとかそういうことじゃなく、別の人が私の母だったとしても、何をやってもグズで勉強もできないし運動もできないし、障害特性上仕方がなかったとはいえ偏食、気温などに対する過敏とか、どうにもならんかったと思う。
番組に登場した医師の話が「絵空事」みたいに思えてしまうのだ。

posted by ひと at 17:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
6歳の娘が発達障害(ADD)の傾向がある、という段階で、22日のあさイチを観た関係で、検索したところ、こちらのブログに辿り着きました。

「番組に登場した医師の話が「絵空事」みたいに思えてしまうのだ。」
私が番組を観ていて違和感を覚えた理由が、この一文で腑に落ちました。

「定型発達者と同じような言動ができるように矯正する」というのにも、はっとさせられました。
自治体の育成室に連れて行ったり、小学校の特別教室の先生に相談したりして、どうしたら良いかわからない娘に関して手探り状態の現状なのですが、「娘を私はどうしたいのだろう?」というところに連れ戻された感じです。

ひとさんの感想、とても参考になりました。
Posted by peacock-day at 2016年07月02日 18:04
コメントをありがとうございます。

お子さんの将来のことを考えていろいろと悩まれていることと思います。
私は子供はいないですし、子供の頃に療育を受ける機会がなかったのですが、いろいろな講演会などで得られる情報や、今回のようにテレビなどからの情報も子供向けのものに偏る傾向にあるので、結果的に現在の子供をとりまく状況に知識が深まっている感じです。

以前は「子供の頃から療育を受けられるような幸運なヤツのことなんぞ知るか!」みたいな感じでいたんですけど、実際には親の負担や、子供自身の負担とか、一つ間違えると「普通の社会人」への道を断たれかねないような危うい状況なのだなということがわかってきて、小さいうちから療育を受けられればそれで安泰というような簡単なものではないのだなと思います。

他人から見てとか社会的にどうとかっていうことよりもまず、お子さん自信が「しあわせかどうか」みたいなことが一番大切なことかなと思います。
私は今は完全に社会から外れてしまったような生活を送っていますが、障害が判明せずに、まったく障害の無い方と同様に会社で働いたりしていた頃よりも遥かにしあわせです。

確かに、定型発達者のやり方を必死に小さいころから学習させられて、まるで障害のない人のようにふるまう能力が身につけば、就職も結婚もできるかも知れないし、普通の人間のように生きられるかもしれません。
でも、それがその人にとって幸せかどうかは別ですよね。
それがその人にとってよいかどうかは、残念ながら子供の頃にはわからないでしょう。

私は障害特性らしいですが、自己肯定感がありません。
他の発達障害の方々は自己肯定感はあっても非常に低いことが多く、とても苦しんでいるようです。
この番組のように「褒める」っていうのは、個人的にはよいやり方とは思えないのですが「受け止める」みたいな態度を取っていただけると嬉しいかなと思います。

長文失礼しました。
貴ブログも拝見させていただきますね。
Posted by ひと at 2016年07月03日 20:02
ひとさん、返信コメントありがとうございます。
娘も小1なのにすでに自己肯定感が低いようです。あと、いつもなんかつまらなそうにしてるんですよね。どこかに遊びに連れてっても、「今日、あまり面白くなかった」とか「退屈だった」とかネガティブコメントがまぁ多いです。どこかで読みかじったんですが、「楽しい」という気持ち(を感じる物質)の受容体みたいなのが少ない、という説明が一番しっくりくる印象です。
なんか、ほんともう、勉強はできたほうがいいからと公文をやらせたりとか、私がやってることって「娘の幸せのため」と思ってても、実際は「私が考えた、娘の幸せのため」でしかないかもしれなくって、悩ましいです。
自治体や学校の心理の先生も、結局、あさイチのお医者さんみたいな視点で、ほんとは娘のことを少しでも理解するには、ひとさんみたいな人に聞くのが一番近いんじゃないかと思います。
「受け止める」というアドバイス、日々の接し方に気を付けます。

当方のブログにもお越しいただいてありがとうございました。
こちらのブログ、まだ一部しか拝見していないので、また他の記事も読みにきますね。
Posted by peacock-day at 2016年07月04日 15:02
私もですが多くの発達障害者が「楽しい」みたいな感情が薄い傾向にはあるみたいですね。
別に全く楽しくないとかっていうことではないんですけど、同じようなレベルには達しないというか。
私は人と会ったりする時には、それをわかった上で無理に「楽しそうにふるまう」っていうのをやってしまいます。
そうじゃないと当然「楽しくないのか」「つまらなそうにしている」みたいになっちゃいますからね。
でも、そうやって無理をしていても自分もつらくなってきちゃうし・・・っていうことで、結局解決策っていうのは見つかりません。

発達障害者でも私のように勉強ができないタイプもいますが、結構勉強だけはできるみたいなタイプの人も多いみたいですね。
障害特性に合った職業というと、それなりのハイレベルな大学に行く必要があったりするので、それに向けて学力をつけておいた方がいいと考えるのは当然かと思います。
ただ、そうやっていい大学に行ったからといって、必ずその後も上手くいくとは限らない。
このあたりは定型発達者も同じことではありますが。
いろいろな不確定要素で思いもよらない状況になったりします。

私は長年母のことを恨んできましたが、自分の障害のことがいろいろわかってくる過程でどれほど母につらい思いをさせてきたかということに思い至るようになりました。
もちろん私に非があることではないですけど、子供に発達障害があるということは、親にとってどれほど負担になることか。
腹が立ってしまったり、周囲から誤解されて非難されたり、いろいろあることと思います。
単なる愚痴を吐くぐらいの感じでコメントをいただいても一向に構いませんので、少しでも心穏やかに過ごしていただければと思います。
子供に障害がなくたって、子育ては大変なことが多いことでしょうし。

すでにお気づきかもしれませんが、このブログの発達障害関連のことは「発達障害」というカテゴリにまとめてあります。
http://kiyokutadasiku.seesaa.net/category/18740803-1.html
他は見ていただいても構いませんが、くだらない虫のこととかお菓子のことぐらいしか書いていません。

少しでもお役にたてば幸いです。
Posted by ひと at 2016年07月04日 17:02
そういえば、ひとさんのお話で思い出したんですが、高校の時、女子高だったんですけど、いつもつまらなそうにしているクラスメートがいました。
いつも孤立して途方に暮れたような感じで、何を考えているのかわからない静かな子で、声をかけると、まさに「楽しそうにふるまって」いました。私なんかは自分にはないものを持っていて「クール」だとさえ思っていて、その佇まいをどうにか真似したいくらいに受け取っていたんですが、今思えば、彼女は何らかの発達障害だったのかもしれません。当時はもちろんそんなこと考えもしなかったけど、ひとさんが他の投稿記事でおっしゃってた「世界自閉症啓発デー」って、そんなときに意義が出てこないでしょうか?いろんな人がいるんだよってことをもっとたくさんの人が知っていれば、周りからも(一部であっても)理解が得られるかもと思いました。その「世界自閉症啓発デー」を私は今回初めて知ったのですが。


ひとつ質問というか相談があるんですが、小1の娘に「あなたは(発達障害かもしれないから)他の人より注意が足りないから、人一倍気を付けないといけないんだよ」って教えるのって、もしひとさんが娘の立場だったらどんな気持ちですか?
子供が「なんか生きづらい」とか「自分はみんなよりドジだ」みたいな自覚や劣等感が出る前に、それは障害特性かもしれないよって教えたほうがいいのか、自覚し出したら教えればいいのか、わかりません。

都合の良いときや思いついたときでいいので、聞かせていただけるとうれしい嬉しいです。
Posted by ピーコックデイ at 2016年07月10日 06:47
連投ですみません。
付け足しですが、私も青くライトアップしたりするのは、これは乳がんのピンクリボンキャンペーンで東京タワーやスカイツリーをピンクの照明でライトアップするのと同じで、意味不明で、ライトアップと乳がん撲滅が結びつかず、違和感を感じるのですが、1つのプロモーションですよね。スターウォーズが公開されるときに、スカイツリーがライトセーバーカラーにライトアップされましたが、知らずに見た人が、今日はどうしてスカイツリーの色が違うんだろう?(実際は普段との違いがわかりづらかった)、調べてみたら、あースターウォーズが公開されるのか、となって、興味あったら映画館に行くかもしれないし、なかったらへーですよね。自閉症やピンクリボンもそんな感じかなと受け止めています。
Posted by ピーコックデイ at 2016年07月10日 07:03
「世界自閉症啓発デー」は仰せのように「これって何だろう?」と思って調べて「知らなかったけど、こういうものがあるのか。へぇ〜」と思う方も出てくるでしょうから、全く意味がないとまでは言い切れないのかも知れません。
ただ、アイスバケツチャレンジみたいに後になってから「結局何だったんだろう?」っていうレベルのものかなと思うので、本気で啓発をする気があるのであれば、もっと効果の高いやり方の方がいいのではないかと思います。
最近はアスペルガーだの自閉症だのという言葉がマスメディアなどでも多数取り上げられるようになりましたが、「鬱病ブーム」に続く「自閉症ブーム」だなと思っています。
本当に理解したワケでもなく、ただただ「ブーム」で消費されていくという。
現に、あれだけ鬱病がいろいろなところで取り上げられても「自称鬱病」みたいなバカが量産され、むしろそれが本当に鬱病で苦しんでいる人たちを追い詰める結果になったり「理解が深まってよい方向に」っていうことにはなっていないなと思います。

どの時点で本人に告知をするか?というのは非常に難しい問題ですね。
私は四十歳を過ぎてから知ったのですが、知ってから数年経ちますが未だにいろいろと納得いかないというか「何で自分がこんな目に」みたいにも思いますし、どう努力をしても「自分も周囲も不幸にしてしまう」という状況を残念に思います。
あくまで想像でしかないですが、私が突然母から「人一倍気を付けないといけないんだよ」と言われたとしたら受け入れられないでしょうね。
「どうして自分が!」です。
障害特性だけでなく、その人自身の個性みたいなものもかなり影響することですが。
とは言え、どこかの時点で「自分は他の人とは違う」「そのために、普通の人がしなくてもいいような努力や無理を続けなければならない」みたいなことを理解して納得して受け入れ、それに向けて努力するというようなことが必要なんでしょうね。
それをしなければ一生「わがまま」「自分勝手」「悪意がある」「しつけができていない」「常識がない」と言われ続け、友人もなく孤立し、就職しても周囲から嫌われて続かずみたいな人生を送りかねません。
親としては、自分の子供にそんなことになって欲しくないというお気持ちはよくわかります。
障害があろうがなかろうが、そんなふうに生きたくはないですからね。

そういう「メンタル面」みたいなことも療育というものには含まれているのかな?と思っていたのですが、そのあたりは大人に対するものと同様に放置なんですかね。
私は障害者手帳を取得したものの、精神的なサポートみたいなものが全くなくて、非常にとまどいましたし、いまだに「一体どうしたら?」っていう感じです。

既にご覧になっているかも知れませんが、検索をしてみたらいろいろと出てきました。
http://www.rehab.go.jp/ddis/%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%80%81%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%9F/%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%82%92%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B/%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B/
ご参考までに。
Posted by ひと at 2016年07月10日 17:34
率直で的確なお返事、ありがとうございます。

まだ幼い娘と、大人になったひとさんが別人であるとわかっていてもなおオーバーラップされて、複雑な気持ちです。
もし娘が将来「自分も周囲も不幸にしてしまう」と思ったとしたら、切ないですね。

リンクありがとうございました。
考えがまとまっておらず、まだ「いつ伝えるか?」という視点に至っていなかったので、調べもせずにひとさんに聞いてしまいました。
“学童期”というタイミング、考えさせられます。

療育の場面では、まだそんなに深く関わっていないのですが、認知や記憶、または行動などで年齢相応でない部分を強化、練習する、みたいな面がメインであって、メンタルな部分については、本人がじつは「困っている」ことを親や周りが理解しなくてはいけない、という内容止まりでした。

あと、私が心の中で切望していた、発達障害児の親に対するメンタルサポートも療育の分野には当然なのか含まれていなかったのが残念で、期待していたぶん、不服・不完全燃焼な感じでした。ゼッタイ必要だと思うのですが。

発達障害者本人もその親も路頭に迷っている感じは何とも空しいですね。まだこの領域が発展途上なのだと思います。
Posted by ピーコックデイ at 2016年07月11日 12:05
ネットなどでいろいろ調べるのも良し悪しで、かえって混乱させられてしまうこともありますけれども。

メンタル面が一番重要で、健常者に合せた行動を身に付けさせるにしても、メンタル抜きには成立しえないように感じますが、実態はそんな感じなんですね。
とても残念だなと思います。

親に対するメンタルサポートも必要不可欠でしょうが、確かに聞いたことがないですね。
「親の会」といったものは存在するのですが、そういうのはご存じでしょうか?
Posted by ひと at 2016年07月12日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439285188

この記事へのトラックバック