カテゴリ


2016年08月22日

女性のアスペルガー症候群

女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版)



男性の発達障害者が読んでも何の役にも立たないと思うけど、女性で特に若い人とか、その親とかにとても読んでおいて欲しい本。
正直私は手遅れというか、今更読んで何か変わるようなこともなく。
この本も絵が多くて内容もわかりやすくて具体的。
女のお子さんをお持ちで「アスペルガー」と診断を受けたという親御さんは是非買って置いた方がいいと思う。
それで随時必要そうな箇所を一緒に読むとか、中学生ぐらいになったら一人でも読めると思うので、本人に渡して読ませるとか。
一つ気になったというか、他の本もそうだし、実際仕方がない(他の方法がない)ということなんだけど、特に本の後半の方は「家族に協力してもらいましょう」って内容が多い。
私のようにおそらく母も発達障害(未診断だが、障害がなかったとしてもかなり社会性に欠けている)という人も多いと思うのだが、親も発達障害でも社会性を獲得できているようなタイプならまだしも、そうじゃなかったら?
やっぱり頼りにはできないと思うのだ。
内容的に父親では難しい部分もあるし、私の母のように私に対して妬みを持っている状況で社会性があるからと言って父親に頼れるワケもなく。
つまりは、かなりの部分、その人の母親がマトモじゃないともうお手上げってことだよな。
そのあたりのことは本人の努力ではどうにもできないので、一刻も早く親がダメでも救済されるような受け皿が整備されることを望む。
無理だろうけどな。

話を本の内容に戻そう。
この本の内容の九割ぐらいは自分にも当てはまるなっていう感じ。
私はあまり標準的なタイプではないので、当てはまらない内容のことが多いのだが、これは「女性」で「アスペルガー」であればかなり当てはまる部分が多い内容かと思う。
つまりはADHDだったりすると、大幅にこの本の内容とは異なるということで。
と思ったらちゃんとADHD向けの本も出ていた。

女性のADHD (健康ライブラリーイラスト版)



社会的に価値があっても、実際的でないものには、価値を感じにくいのです。そのため、「女性らしさ」の重要性がなかなか理解できません。(19頁)
え?「女性らしさ」って何か社会的に価値があるの???
全くわからん。
よく読んでも何のことを言っているのか全くわからない。

貧血が多いっていう話が出てくるが、私も今でもサプリメントを常に飲んでいないとダメなぐらい貧血になりやすい。
アスペルガーだと貧血になるってのは、どういう関係があるのかわからないけど実際になっているから、そういうものなんだな。
貧血に対してヘム鉄(53頁)

[海外直送品] アイアン イーズ(鉄分) 27mg 60粒



いろいろなものを試したが、カフェインを前後に摂取すると吸収が悪いとか、すごく飲み方が難しくて、その上消化器系を荒らしたりするみたいな話もあったので、最終的にはこれになった。
性能的にもコスト的にもこれが一番いいと思うのだが。

食事中にしてはいけない話題を決める
(トイレや虫などの話をしないように)
(91頁)
ごめんなさい。
虫の話をしまくりです・・・。

この本には性の問題についてもかなりしっかりと書いてある。
とても重要なことだ。
実際私も何度も被害に遭っているから。
ただ、詐欺に関しては何も書いていないけど、詐欺に遭いやすいのは男女に関係なくだからかな?

本の最後の方に参考になる本が紹介されている。
自閉症だったわたしへ
これは読んだがそれほど参考になるっていうほどでもなかったから(個人の感想です)これ以外の紹介されている本も、あまり読んでみようっていう気にもならないけどな。
まだまだ経験値の低い若い人には「他人がどうやって切り抜けていったか」みたいなことは参考になるかな。
とっくに何もわからずにボロボロになった私には今更何も役に立たないということか。

posted by ひと at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック