カテゴリ


2016年09月03日

『検証!「障害者×感動」の方程式』の続き

前のがこれね。
で、生放送の後の模様がネットで公開されています。
NHK バリバラ | バリバラ動画 | 【生放送】障害者×感動 アフタートーク
内容がただトークだけっていうのじゃないので、これはこれでなかなか内容があるよなと思ったけど。
ただ、一部の方もおっしゃっているように「感動ポルノ」じゃなきゃ「お笑い」なのか?っていう。
バカにされてるんじゃなくても「笑って欲しい」みたいに思う障害者ばっかりじゃないよなって。
で、あんまり詳しく言うとネタバレだからちょっと遠回しに書くか・・・。
難しいな。
「芸に対する対価」として募金してもらうのと、あくまで「かわいそうな障害者」っていうスタンスで募金してもらう実験とか(完全にネタバレか?)今までなかったよなって。
「障害者の気持ち」ってのも考えないといけないけど、それを見聞きする「健常者の気持ち」みたいなものってのもいろいろ考える必要のあるものなんだろう。
私は「健常者の気持ち」は考える能力がないので考えたところでわからないけど。
どうやら「健常者」っていう生き物は「かわいそうな障害者」に遭遇するとついつい「頑張ってね」とか言っちゃうものらしい。
それって「今は頑張っていない」っていう認識ってことじゃないよね。
確かに障害があると普通の人と同じにやったんじゃあ何もできなかったりするので、不自由な手の代わりに足で文字書くみたいなんでも、私みたいに脳に障害があったら「大量に定型発達者のやり方を記憶する」みたいなことができないと日常生活が成立しなかったりとか、確かに「頑張らないと生きていけない」ってのはあると思うんだけどね、でもそれって好きでやってるワケでもないと思う。
障害のあるなしに関係なく「頑張っている」「頑張りたい」っていう人はいると思う。
まあ、実際に頑張っている人に対して「頑張ってね」もおかしいかなと思うけど。
とりあえず私が健常者に言いたいことは「障害があったら頑張らないといけないのか!ボケ!」ってことで。

で、投票にご協力いただきましてありがとうございました。
途中で結果が見られない仕様だったんで「どうなってんだ?」とか「他のブログパーツの方がよかったのかな?」とか思ったけど、終わったらちゃんと結果が表示されているので、まあこれなら使えるかな。

障害者の感動的な番組をどう思う?(健常者向け)
20160903_01.PNG

障害者の感動的な番組をどう思う?(障害者向け)
20160903_02.PNG

どっちも人数が少なすぎるので「世間一般ではこんな感じですよ」みたいなものではないけど。

posted by ひと at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
透析開始の時 こう声掛けするスタッフさんがいる
「頑張ってくださいね!」
声は出さずにコクリと頷きます。
けど、腹の中では こう叫んでます!
「お前もな!!!」
Posted by 露丸 at 2016年09月05日 00:25
ものすごくお久しぶりではないですか???

透析でもそういうことを言われるんですね・・・。
何をがんばれと?
でも、無意識のうちにうっかり口にしがしな言葉ではありますね。
私も無意識のうちにホームレスのお兄さん(ビッグイシューを売っている人)に「頑張ってください」っていうバカみたなことを言いかねない自分に気付いて「絶対そんなアホなこと言っちゃあイカン!!!!!!」と気持ちを新たにしました。
Posted by ひと at 2016年09月06日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック