カテゴリ


2017年05月16日

国旗なんかに敬意を払っちゃいけないんですよ!

それではご一緒に討議してまいりましょう。
お手元の「ものみの塔」(研究用)2017年5月号をご覧ください。
裏表紙の部分の記事の写真ね。
「あれっ?」っと思った。

0516.gif

間違いさがしです(嘘)。
うん。
いいのか。
当時はそうだったってのは知ってるけどさ。

0516_02.gif

わかりやすいように赤い丸で囲んでみました。
どうかな?

国旗敬礼,投票,市民的奉仕活動 | 神の愛
国旗敬礼。国旗などの旗に対して身をかがめたり敬礼したりすること(しばしば国歌などを伴う)は,神ではなく国家などの組織やその指導者に救いを帰する宗教的行為である,とエホバの証人は考えています。

白黒写真だから分かりづらいけど、星条旗に見えるんだよね。
昔はタバコも禁止されていなかったし、十字架も使用していたし、誕生日なんかも祝っていたと聞く。
それが何度かの「新しい光」とやらでいろいろと改正(改悪?)されていったっていう。
それって「統治体にも間違いがある」ってことだよね?
統治体は「油注がれたクリスチャン」とやらによって運営されてんじゃないの?
そういう人たちに「間違いがある」ってことになると、聖書にイエスの弟子が書いている内容なんかにも「間違いがある」ってのもアリってことになるんじゃないかと思うんだけど、そうなるともう、何も確かな根拠のあるものが存在しなくなる。

カルト脱出記: エホバの証人元信者が語る25年間の記録 (河出文庫)



posted by ひと at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | エホバの証人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449927286

この記事へのトラックバック