カテゴリ


2018年04月30日

発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「ASD“感覚過敏”」(6月15日追記)

発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「ASD“感覚過敏”」
大学生の河高素子さんは発達障害のひとつ、ASD(自閉スペクトラム症)。多くの人にとっては「普通」の音や光が苦痛でたまりません。学校で街なかで、人知れず苦労している彼女の願いとは。

4月30日(月) 午前4時55分 〜 4時57分 総合
4月30日(月) 午前5時45分 〜 5時50分 総合
5月3日(木) 午前6時25分 〜 6時30分 総合
5月3日(木) 午後1時50分 〜 1時55分 総合
5月4日(金) 午後6時30分 〜 6時35分 総合
5月16日(水)【15日深夜】 午前4時03分 〜 4時05分 総合
5月22日(火) 午前5時55分 〜 6時00分 Eテレ
6月2日(土) 午前11時52分 〜 11時54分 総合
6月3日(日) 午後4時55分 〜 5時00分 総合(放送されなかったようです)

現時点で情報が入った分まで追記します

6月15日(金) 午後3時55分 〜 4時00分 総合
6月17日(日) 午前4時18分 〜 4時20分 総合
6月19日(火)【18日深夜】 午前0時50分 〜 0時55分 総合
6月21日(木)【20日深夜】 午前3時35分 〜 3時40分 総合


大学一年生の河素子さん(19歳)。
発達障害の特性の一つ、感覚過敏があるため、光や音の刺激が苦手です。
河さん「カーテンはいつも閉めてます。ほとんど開けないですね。」
強い光は目に刺さるように感じるため、メインの照明は取り外しています。
河さん「いつもこれぐらいで生活しています。」
(多分有働アナ)「これだったら大丈夫?」
河さん「大丈夫」
特に苦手なのが音。
普通は気にならないような小さな音も・・・
(少し離れた場所の自転車の「リンッ」というベルの音)
河さん「今のベルの音、この辺で鳴ってるように聞こえました」
有働アナ「あっ、今?あの?」
中でも苦手なのがスーパーマーケットだと言います。
河さん「冷蔵庫、音もしてるし。」
有働アナ「音してる?」
河さん「(野菜を陳列してある棚を指差し)ここ特に。」
有働アナ「音してる?これ?音?」
河さん「キーンとシャーとゴーとで三種類ぐらい音が」
有働アナ「三種類?全く聞こえない」
河さん「多分蛍光灯の音と、冷蔵の音だと思います。」
蛍光灯の音。
(「ジー」という音)
冷蔵装置の音。
(「ゴー」という音)
音の洪水にさらされているようだという河さん。
店内にいられるのは15分が限界だといいます。
家に帰ると・・・
河さん「すっごい疲れてます。」
有働アナ「そうだよね〜。」
河さん「高い音がすごい痛いです。耳も脳も疲れてる感じ。(耳の裏あたりを抑えて)この辺がすごい圧迫されてる感じ。」
有働アナ「そっか・・・」
他の人には普通のことでも実はとても疲れてしまう。
そのことは周りの人にはなかなか理解されないと言います。
そんな河さんに押し寄せるさまざまな音。
そこからどうやって身を守っているのでしょうか?
河さんが外出する時、必ず使うのがノイズキャンセル機能がついたイヤホンです。
これをつけると周囲の雑音がカットされ、聞きたい音に集中できるといいます。
有働アナ「家、一歩出たら・・・」
河さん「出る前かな?玄関開ける前につけてますね。」
河さんはこの春から大学生になりました。
授業が行われる大教室。
ここにも細かな雑音が溢れています。
講義の声を確実に聞き取るため、入学前に大学に申請し、授業中もイヤホンをすることを許可してもらいました。
河さん「私はノイズキャンセラーを使って普通に授業を受けたいので・・・普通にというか(みんなと)同じようにというか。」
しかし、その事情を知らない人はまだまだ多く・・・
河さん「入学手続きの時に『それ外しなさい』って二回ぐらい言われて、『すいません、これ、ノイズキャンセラーで』って。音楽聴いてるのかなって。だから逆にわかりづらいんですよ。『会話するのにイヤホン?』っていうふうに見られるので。」
イヤホンをしているのは相手の話を聞きたいから。
そのことを周りの人に少しずつでもわかってもらいたいと思っています。
河さん「私は人と関わるのが嫌いじゃないし、むしろ好きな方なので・・・そこで最初のイヤホンという情報だけで遮断されるのはなんか嫌だなって。」
他の友達と一緒に大学生活を「普通」に楽しみたい。
それが河さんの願いです。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ブラック MDR-EX31BN B



posted by ひと at 19:59| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: