カテゴリ


2018年05月03日

発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「ADHD“片付けが苦手”」(6月9日追記)

発達障害キャンペーン “普通”って何だろう?「ADHD“片付けが苦手”」
主婦の笹森理恵さんは、発達障害のひとつであるADHD。生まれつき片付けが極端に苦手で、子供の頃から責められてきました。「片付けられない私が一番困っていることを知ってほしい」と言います。

4月25日(水) 午前10時48分 〜 10時50分 総合
5月2日(水) 午後11時52分 〜 11時55分 総合
5月4日(金) 午前11時52分 〜 11時54分 総合
5月15日(火) 午後11時53分 〜 11時55分 総合

現時点で情報が入った分まで追記します

6月16日(土) 午前11時52分 〜 11時54分 総合


笹森理絵さん(47歳)。
笹森さん「散らかっておりますが・・・」
夫と3人の息子と暮らす笹森理絵さんのお宅です。
笹森さん「昔はここで、ごはんを食べてた時代もありましたけど、もう、みんなここでは食べないので物置になってます。」
笹森さんは発達障害の一つ、ADHDで子供の頃から片づけが極端に苦手です。
ちょっと何かを探そうとすると・・・(積んである荷物が雪崩を起こす)
テーブルの上を片づけようとしても・・・
笹森さん「う〜ん・・・どうしようかな・・・。頭がフリーズしてます。どうしようかな。え〜・・・。すっきりした環境でいたい気持ちは、ものすごく、ひょっとしたら人より強いかも知れないぐらいあるんですけど、それができないからすごく困っているっていう。」
周りの人から言われてきたのは「女の子なんだからきちんとしないと」「もう中学生なんだから自分のことは自分で」「専業主婦なんだから、片づける時間はあるでしょ」。
「普通」を求めるプレッシャーにいつも押しつぶされそうでした。
笹森さん「常に言われてましたからねぇ。『何でみんなと一緒のことができないの』って。『みんなと同じように目立たず普通に難なくやり抜けたらいいのにってな』って、やっぱり思いましたよね。本人は本人なりにいろいろ思い悩んで困ってるんだなぁっていう気持ちの部分を理解してほしいかなぁ。」
できない本人が実は一番困っている。
それが笹森さんの思いです。

posted by ひと at 05:50| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: