カテゴリ


2018年11月13日

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#2 ユウのふつう

[総合]11月13日(火) 午前9:52〜午前9:55(3分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #2】ユウ(18)のふつう


♪ふつうって なんだろう

ユウ 18歳です。
中3の時にアスペルガー症候群と診断を受けました。


♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

私は予想外のことが起きると
鬼のような形相の教師「こら!ちゃんと話を聞け!」
ユウ「うわっ!」
パニックを起こしてしばらく返事ができなくなります。
例えて言うと、静かにゆっくり回転させていたところに、突然100デシベルの大声で
「大変なことが起きた!急いでもっと回転させろ!」
と言われたような感じ。
作業員たちは慌てふためいて混乱してしまい、壊れて動かなくなってしまいます。
見かけではボ〜ッとしているようにしか見えないので、先生からは
「無視するな!」
「どうしてふつうにできないの!」
と、叱られ続けて、結局うつと睡眠障害になってしまいました。
今も薬が手放せません。


♪そんな私がいま 思うこと

私には夢があります。
障害者の役に立つような服飾デザイナーになること。
困っている人たちのために役立つことが、私らしく生きることだと思います。


♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね


将来の夢があるのはとてもいいことだと思う。
でもそういうものを自分の意志で無理やり持とうと思っても持てる種類のものではない。
障害があるかないかに関わらず、若いうちにそういうものを持てないと、とても辛かったりする。
私も実際そういうものがずっとなかったので「将来やりたいことに向けて努力する」みたいな方向で進むことができなくてこまったり。
あるに越したことはないけど、なくても何とかなるし、確かに先のことを決めづらいけど、それは仕方のないことだし。
オリンピックに出るような人たちや、若くて成功している棋士とか、どうしても「若いうちに自分の将来のことを見据えている」っていう人が注目されちゃうから余計に肩身が狭くなるけど、そうじゃなくても大丈夫だよ!っていうのは若い人に知って欲しい。
自分を追いつめたりしないで欲しいなと思う。

posted by ひと at 19:49| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: