カテゴリ


2018年11月13日

発達障害キャンペーン アニメシリーズ“ふつうってなんだろう?”#5 ナオキのふつう

[総合]11月13日(火) 午後14:53〜午後14:55(2分)

番組の動画まるごとがNHKのサイトにあります
【ふつうってなんだろう? #5】ナオキ(15)のふつう


♪ふつうって なんだろう

ナオキです。15歳です。
全寮制の中学校に通っています。


♪そんな私には どうにもならない 普通があるんです

僕には何の前触れもなく突然、話がす〜っと聞こえなくなることがあります。
クラスメイト「なあ、昨日のテレビ見た?」「ああ、見た見た」「ナオキ見た?面白かったよな」「おい、何無視してんだよ。」
でも僕には
(途中で人物が消えてしまう)
注意して聞いていても、突然情報が入ってこなくなってしまうんです。
分かったふりをしても、うまくいかず、だんだん人から遠ざかるようになりました。


♪そんな私がいま 思うこと

こんな自分を変えたいと思い、あえて人と関わることの多い全寮制の学校に転校しました。
毎日みんなとたくさん会話する中で、次第に自分の特性も分かってきたような気がして、みんなもそんな僕を理解してくれて今は、
友人たち「ねえねえ」「ねえねえ」「うぇ〜いサッカーする?」
(話が聞こえていないナオキ)
友人たち「あっもう一度言うね。」「休み時間サッカーしよう」
ナオキ「あっいいっすよ」
僕を受け入れてくれたみんなに感謝。
今度は僕が何かみんなの助けになりたいと思っています。


♪わたしのふつう あなたのふつう ふつうって一体なんだろね


他の人と同じようにできないと「悪意があってやっている」みたいに決めつけられて非難されることってよくある。
自分がどうにかしようって思ってもできるもんじゃないし。
結局は周りの人次第だったり。
私みたいに何とか「普通の人間のフリ」みたいなのをほぼ完璧にできるようになったところで常に無理をし続ける状態だからしんどいし、他人からは「普通にしているだけ」にしか見えないから、少しでも気を抜くと「わがまま」「協調性がない」「みんなだって大変なんだ」なんてことを言われまくるだけで。
結局、他人と関わっても自分がしんどいだけなんだなってのが結論なワケだけれども。

posted by ひと at 20:07| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: