カテゴリ


2019年04月11日

大佛次郎記念館に行ってきた

大佛次郎記念館

横浜の観光地の一つかな。
近くまでは観光でずいぶん前に行ったことがあるけど、入ったのは始めて。
駅からは遠いので、バスだと比較的近いのでバスをチョイス。
天気も悪かったし。
天気がよければ、他のところもうろうろ見ながらのんびり散策的に行くんでもいいんだろうけどね。

IMG_5487.JPG

「イングリッシュローズガーデン」っていうのが手前にある。
バラの時期はまだ早いから咲いてないけど、それ以外の花は大量に咲いている。
チューリップとか。
雨だったんで写真は撮らなかったけど。

で、中に入る。
思ったより広いな。
そもそも「大佛次郎」という人のことを全く知らず。
若い頃は今と違って大量に本を読んでいたけど、この人の本は読んだことがない。
当時、書店へ行きまくっていたのだけど、「だいぶつじろう」だと思っていて、著者名が五十音順に並べてある本を見て当然「お」のところに置いてあるので「だいぶつじろう」だから「だ」なんじゃないのか?って思ったことが。

まずは受け付けみたいなところで観覧料っていうのを払う。
一般200円。
私は障害者手帳があるので自分と同行者1名は無料ということで。
今回は「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」っていうのが目的で行ったので、その特製クリアファイルが付いている観覧料は500円。
見せていただいたが、なかなか素敵なクリアファイルだった。
でも、そういうのがあっても結局何年か経ってゴミになるっていう悲しい末路だから、極力入手しない方針で。
で、一度観覧料を払ってしまってから、後になってから「やっぱりあのクリアファイル欲しい!」ってことになると、セットの料金じゃなくなるから割高になりますよってことで。

IMG_5490.JPG

大きいパネルがあった。

最初に和室から見たんだったかな。
和室って常に入れるワケではなく、今は「春の和室公開」ってのをやっている。
誰かが和室を借りている日も入れないのだけど、行った時は大丈夫だったので中に入れた。

IMG_5494.JPG

とても素敵な和室。
窓から桜が見えてとても綺麗。
どうやら後は4月13日しか和室公開をしないようなので、見たい!って方はご注意を。

次に「大佛次郎×ねこ写真展2019」だったかな。
大量に猫の写真があって、その中で「これが好き!」っていう一枚を選んで、シールで投票っていう。

IMG_5497.JPG

ここからも桜が見える。
テラスへ出られるようになっているので、テラスから桜の写真なんぞ撮るといいんだろうけど、結構な雨なので断念。

二階に上がって今回の目的の「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」へ。
大和和紀さんの「はいからさんが通る」は大好きだったんだけど、実は「ヨコハマ物語」は読んだことがなかったり。

ヨコハマ物語 全4巻セット 講談社漫画文庫



生原稿も大量に展示してあって、原画は三期に分けて展示されるのだが、今は第1期。
第1期は5月19日(日)までで、第2期は5月22日(水)〜7月7日(日)、第3期は7月10日(水)〜9月8日(日)。
なので、何度も行っても違うものが見られるので、また行こうかなとも思うが。
行くのが面倒な場所ではあるけれども。

二階は他にもいろいろ見られる場所があったので、中に入って見て見たり。

IMG_5502.JPG

IMG_5505.JPG

どこもすごく素敵な部屋ばかりで。
「こんなところに住みた〜い♥」って感じ。

最初に観覧料を払った場所にいろいろなグッズが売っているので、缶バッジ(どこに行ってもそういうのは何百円もするのに、何と100円!)なんかもすげぇ興味を惹かれたけど、結局シールを買った。

DSCN7757.JPG

紙の袋に入れてくれたのだが、袋に押されたハンコが可愛いなと。
シールは二種類売っていたけど、こっちにした。
確か173円(税込)だったと思う。
他にはハンカチみたいなのとか、小さいバッグとかいろいろ売っていた。

大佛次郎と猫: 500匹と暮らした文豪



posted by ひと at 08:09| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: