カテゴリ


2019年04月12日

スッキリ「特別企画・3DAYS・発達障害を理解する 」1日目

日本テレビ系の「スッキリ」という番組内で9〜11日に「特別企画・3DAYS・発達障害を理解する 」というコーナーをやっていたってのはすでにご紹介したが、とりあえず最終日しか見ていないので、見たヤツだけはちょっと詳しく触れるとして、見ていないヤツに関して出ている情報を寄せ集めてご紹介しておく。

以下はJCCってとこに掲載されていたもののコピー

特別企画・3DAYS・発達障害を理解する
スッキリではきょうから3日間、発達障害を特集。
1日目は専門医が解説。
「物事の整理が苦手で部屋が散らかってしまう」「相手の気持ちを考えずに平気で失礼なことを言ってしまう」といったケースは、発達障害の可能性がある。
発達障害とは生まれつき脳の一部に機能障害があること。
言語、運動、社会性など様々な面に現れる。
主婦・広野ゆいは30歳で発達障害と診断された。
失言の自覚がなく、怒られた理由も分からない。
家事でも悪戦苦闘。
別のことに気を取られると元の作業を忘れてしまうのも特徴の1つ。
さらに発達障害は誤解されることも多い。
昭和大学付属烏山病院院長・岩波明医師は「どうしてもいろんなミスが多いと、怠けているとみなされていることは実は結構多かった。一生懸命にやってもいろいろなミス、見落としが生じやすいというのが特徴」と話す。
困った人、できない人と思われることも多い。
時にはいじめや引きこもりといった二次被害に繋がることもある。
専門医が発達障害とは何なのかを分かりやすく解説。


広野ゆいさんは過去にいくつかの番組でも取り上げられているけど
世界一受けたい授業 空気が読めない人要注意!?大人の発達障害とは!?
↑このあたりがわりと詳しく書いてあるかな。
私から見ると「周囲に受け入れられている恵まれた人」でしかないけど。
岩波医師も発達障害関連の番組に度々ご出演されている。
この回は基本的な発達障害についての説明みたいなものをされたのかなと思われる。


以下は「価格.comのテレビ紹介情報」からの抜粋。

発達障害
発達障害を理解する特集、1日目は誤解されやるい見えない障害。発達障害は日本人の約5〜6%、男性7:女性3という割合、大人で約600万人小中学生は約64万人。発達障害の原因は生まれつき脳の一部に機能障害があることで、根治はできない。発達障害は本人も気づいていない隠れ発達障害の場合がある。発達障害は以前は大人になると治ると思われていたが自分なりの対処法を見つけただけのことだという。具体的な症状は、ADHD(注意欠陥多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)がある。
発達障害の症状である、ADHDは落ち着きがなく物事の分類や整理が苦手、不注意な行動が多い。ADHD以外にも言動の理由、接し化がある。


「やるい」ではなくて「やすい」か・・・。

発達障害の症状である、ADHDは落ち着きがなく物事の分類や整理が苦手、不注意な行動が多い。

ASDの症状の典型的な症状は「自分の“決まり”がある」「こだわりが強い」「空気が読めない」「曖昧な表現が苦手」。学習障害の症状は「読み書き単純な計算などが苦手」。誤解されやすく生きづらく感じている。


定型発達者から見るとそうなっっちゃうのは仕方ないけど、別にこだわっいてるとかマイルールを押し通したいとかってことではないんだよね。
臨機応変にやる能力とか、フィードバックしつつ様子を見ながら的な能力に欠けるので、いつもと違うやり方をやろうとするとめちゃくちゃ疲れるし、すごく負担が大きいんでそれを拒否すると「わがまま」「自分勝手」って叩かれまくるっていう。

ADHDは落ち着きがない、物事の整理が苦手、不注意などが典型的な症状。忘れ物はよくあることだが、ADHDは程度に差があり、子供の頃から持続しているといった特徴がある。ASDはの典型的は特徴はこだわりが強い、空気が読めない、曖昧な表現が苦手。ASDの小2の子が答えた国語のテストでは、絵を見ること・文を作ることの問いかけがリンクさせて考えられないという。一方で記憶力がよかったり独特な発想があったりする面もある。LDは読み書きや計算が困難。幼少期の発達障害の診断について、昭和大学附属烏山病院が行った調査で「子供のころにASDと診断されず、大人になって診断された」人は8割がいじめ、4割が不登校を経験している。「幼少期に診断された」人はいじめ・不登校ともに大幅に数が少なくなる。自分の不得手な特長を分かることで色んな面で対応でき周囲の理解を得られるのが要因。

発達障害 (文春新書)



posted by ひと at 09:47| Comment(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: