カテゴリ


2019年05月06日

旧伊藤博文金沢別邸に行ってきた

十連休最後の今日(っていっても連休とは無関係な生活を送っていたワケだが)旧伊藤博文金沢別邸ってところに行ってきた。

野島公園/旧伊藤博文金沢別邸公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

シーサイドラインの野島公園駅から徒歩五分。
てっきり、周囲にはあんまり建物もないような場所かな?と思って駅から出たら建物がたくさんあったんで「こんなところに?」と思ったけど川みたいなところを渡って向こうはちょっと広い場所になっていた。
そこが「野島公園」ってことで。
で、行ったことがない場所だったから知らなかったけど、旧伊藤博文金沢別邸のある場所のすぐ隣で盛大にみなさん潮干狩りを!
とても趣のある日本家屋と絶賛潮干狩り中のみなさんとが、すげぇ合わない感じの光景で。

IMG_5591.JPG

IMG_5602.JPG

もっと小さい建物なのかと思っていたら、結構デカい。

靴を脱いで入るスタイル。
来る人は年配の人が多い感じで、玄関で靴を脱いだり履いたりには若干時間がかかっている感じで、いつ見ても誰かしら年配の男性がいる。
潮干狩りの人も寄ったりするからなんだろうけど、足を拭くためのタオルみたいなのも用意してある。
混んでるってほどでもないけど、年配の男性の団体客みたいなのもいたりで、それなりに人は来ている。
連休中だからかな。

中は全部を見ることはできないけど、順路が書いてあって、それなりに見られる。

古いトイレなんかもあった。

IMG_5601.JPG

廊下。

IMG_5600.JPG

風呂場らしい。

壁には年表みたいなものが掲示してあったり。
もちろん伊藤博文関連の。

今日はここで「ぼたんまつり」ってのをやってるってことだったんで今日行ったってのもある。
先月だったかも行こうと思ったら天気が怪しくて行くのをやめたんで今日行ったワケだけど。
で、お菓子とお茶の販売を「庭園喫茶」ってとこでやっているとのことなのでそれも楽しみたいと思いまして。
そこに行くには一度建物の外へ出なければならない。
で、それらしい場所に到着。
時代劇に登場する茶屋的なものを想像していたがそういう感じではなく。
和菓子が四種類ぐらいかな。
それとほうじ茶。
お茶と菓子のセットは500円ということでそれを頼む。
和菓子は柏餅とか。
こいのぼりを象った菓子があったんで、それにしてみた。
こいのぼりを象った菓子は赤いのと青いのと二種類があったけど、赤い方。

IMG_5606.JPG

何ていう種類の菓子か名称がわからんけど、中にアンコみたいなのが入っていて、外側もアンコみたいに柔らかい感じの。
甘い。
お茶に全然渋みがないので、この和菓子にはもっとガッツリ渋い味のお茶の方が合うのになと。
紙皿、紙コップで。
紙のおしぼりもくれた。
椅子とテーブルがいくつか置いてあるので、そこで飲食するシステム。

で、牡丹も拝見しようということで。
牡丹園には様々な種類の牡丹(45種218株)が植えられているのだけど、今日は「ぼたんまつり」だというのにっ!全然咲いてないっ!
咲いているのだけ撮影。

IMG_5609.JPG

IMG_5610.JPG

IMG_5611.JPG

デカい蝶が何匹か飛んでいた。

IMG_5614.JPG

牡丹園の側から建物を見るとこんな感じなので、牡丹が咲きまくっている時期に行くと、とてもよい眺めだったんだろうなと。
本日はご覧のように牡丹の方はさっぱりなので。

「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶー「憲法義解」現代語訳&解説ー



posted by ひと at 15:33| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: