カテゴリ


2019年06月30日

粋なおとなの和の音色 第4回「観て触って聴いて楽しい和楽器展示会」

昨日と今日やっていたんだけど、今日だけ行ってきた。
京橋エドグランっていう新しくて立派な建物。
まずはそこの地下でやっていた演奏をチラ見。

IMG_5721.JPG

多分「洗足学園音楽大学 現代邦楽コース」のみなさんの演奏だったと思われ。

3階では、和楽器展示販売・和楽器体験・伝統工芸展・きものの着付け体験など
ってことなので和楽器展示だの和楽器体験だのがあるから前からこのイベントをチェックしていたのさ!ってことで。
胡弓もあればななんて思っていた(もちろん皆無だった)。
和楽器が置いてある場所の手前にデニム着物で有名な田巻屋さんが出店。
以上。
きものの着付け体験とかもあったのかな?
かなり狭くやっていたけど。
和服を着て写真を撮っていた人を見かけたので、あれが着付け体験だったのかも知れず。
とにかく、大変小規模にやっていた。
で、和楽器の店などが来ている場所へ。
え?
こんだけ?
一つ一つの店の場所も狭い(三味線や民謡のコンクールの出店程度の規模)だし、全部でいくつだろう?
そんなに数も多くなく。
正直、あまりのショボさにガッカリだった。
で、去年も来ていたっていう人と話ができたのだけど、去年はもっと規模が大きかったらしい。
今年は大幅縮小っていうことで。
うん。
もう和楽器は終了ってことか。
天気も悪かったしね。

前から一度試してみたいなと思っていたシャミコを弾かせていただくことができたのはとてもよかった。

IMG_5724.JPG

IMG_5722.JPG

大きいのと小さいのとがあって、太鼓の部分は紙が貼ってあって裏側は穴があいているからそこから照明を当てると間接照明みたいにできるので、使わない時にはインテリアにもなるという。
糸は釣り糸って言ってたかな。
赤い糸。
三味線に馴染みのない人にもとっつきやすいようにバチの代わりにピックを貸してくれて、それで試し弾きっていう。
数十年ぶりのピックは全然まともに弾けずに、かすりまくり。
津軽三味線に比べると音はとても小さいけど、そのぐらい小さい音の方が何かといいかも知れず。
しかも持ち運びやすい大きさだし、雨だから皮が破れるっていう心配もしなくていいし。
一個ぐらい欲しいなと思うけど。

IMG_5728.JPG

いただいたパンフレット類。

ってことでシャミコのお店と、笛の店とか鳴り物の店とか。
三味線の糸だの駒だのを置いている店もあったけど、前に民謡大会で出店していたのと同じ店かな。
何やら見覚えのある駒なんかが置いてあった。
白い部分が奥の方に喰いこんだ構造の駒を探していて、それを置いている店もあるかな?なんて思ったけど、その手の商品を置いている店は一つしか来ていないし、この店にはないのは知っているし。

太鼓の店は500円で体験っていう。
もちろん貧しいのでやめといたけど。
500円ってのは微妙だねぇ。
出せない金額ではないけど、太鼓をいろいろ叩かせてもらうのに500円払うのは・・・って感じの。
でも、それなりにやっている人もいた。

3時から地下でプロの篠笛奏者の岸田晃司さんの演奏だそうで(もちろん知らない人)それをちょっと見てから帰ろうってことで。
有名な方なのか、客席になっている地下へ下る階段は人でいっぱい。

IMG_5726.JPG

篠笛とキーボードと、和太鼓やシンバル類をドラムセットみたいにしてあるヤツ。

今回のイベントは一般社団法人日本和楽器普及協会っていうところが主催らしいんだけど、当日になっても詳細は掲載されず。
「観て触って聴いて楽しい和楽器展示会」 - 邦楽彩花
だから地下でいろいろな出演者が演奏をやっていたみたいだけど、私はもう最後の方になってやっと今日のプログラムが書かれた紙をいただいて、ようやく内容を把握したぐらいで。
せめて会場に「○時〜△△の演奏」みたいな看板か大きな張り紙でもしておくべきでは?と思ったのだけど。
当然プログラムがサイトの方に事前に掲載されているべきだし。
それを見て「これを聞けるなら行ってみようかな」みたいなことはあると思うのだが。

3階の方の和楽器の展示の規模のショボさも、去年の客の入りの少なさを反映したってことなんだろうと思うけどね・・・。
実際客が来るワケないってわかっていて、気合を入れて大規模にやるワケにもいかなかったってことなのかも知れないけど。

創作和楽器 シャミコ演奏セット(三味線演奏DVD&チューナー付き)



posted by ひと at 19:06| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: