カテゴリ


2019年08月26日

弥生美術館 アンティーク着物万華鏡 ー大正〜昭和の乙女に学ぶ着こなしー

弥生美術館・竹久夢二美術館

【竹久夢二美術館との合同企画展です】
会   期 2019年7月5日(金)〜9月29日(日)
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日
※ただし、7/15、8/12、9/16、9/23(月)は開館、
 7/16、9/17、9/24(火)休館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)


IMG_6010.JPG

手帳をお持ちのご本人のみ、500円になります。
ってことで500円を払う。

DSCN8452.JPG

小さい建物だなと思ったけど、案外中は広くて一階から三階まである。
写真を撮れる場所は数か所だけ。

IMG_6016.JPG

竹久夢二の描いた絵の和服を再現したものなど豊富に展示してある。
和服だけでなく古いかんざしとかもあった。
昔の長襦袢も展示してあったんだけど、今はそんなのどこにも売ってないだろうなっていうレベルでものすごく色も柄も派手。
デカい海老の絵がいっぱい描いてあるヤツとか。
日曜日だったから人はほどほどに多い感じ。
若い女の人が多いかな。
和服の人もチラホラ。
平日はもっと人の入りも少ないだろうし、夏休み期間中だから他の時期より人が多いってのもあるんだろうけど、ここはトイレが少ないので結構待たされてしまったりする。
階段が多いので、階段だと不自由だなっていう人はちょっと厳しいかな。
一階にグッズとか本とかいろいろ売っていた。
何も買わなかったけど。

竹久夢二---大正モダン・デザインブック (らんぷの本)



posted by ひと at 17:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: