カテゴリ


2020年01月05日

三味線のバチが滑る

流派とか先生にもよるんだろうけど、私は一般的な小指をありえない方向に倒して握るっていうやり方で握っている。
関節はグニャグニャだからありえない方向でも問題なく小指を向けることができるんだけど、関節の位置がおかしいんで、小指を曲げると普通の人みたいにぺったりとバチに指がくっつかないのだ。
だからとても不安定になる。
今まで魚の目か何かに貼るシールをバチに貼って何とかしのいできたんだけど、汗なんだか油なんだかニュルンニュルンと滑ってきちゃってどうにもならんなと。
バチが滑らないようにする専用のヤツは普通に売っているし、大昔に使っていたこともあるんだけど、あれはけっこう厚みもあるから、バチが一回り太くなる。

撥滑り止めゴム



バチそのものの形状、使う人の手の大きさや形、なんていうもので握りやすいとか握りづらいとかってのは変わってきてしまうけど、私はとても握りづらくなってしまってダメだった。

前の先生の時にテニスラケットに巻く滑り止めのテープを巻くといいと教わって、そういうのを使っていたこともあるけど、その方が調節はしやすいけど、やっぱり少し太くなってしまう。

何か薄手の滑り止めのテープみたいなものでもないかなぁ?なんていろいろ探していたのだけど、ひょっとして指サックを流用できるのでは?と思って実際にやってみた。

DSCN9187.JPG

大昔に買ったヤツだから、とっくにどこでいくらで買ったかなんて記憶にないけど、多分百円ショップのヤツ。
指サックって厚みのあるしっかりした感じのをよく見かけるけど、これはかなりペラペラしか感じのヤツ。
SとLが入っていたけど、当然Lを使用。

DSCN9190.JPG

このように輪切りな感じに切る。
もちろん使うのは真ん中の部分。
これを中に指をつっこんで横にミョーンと引っ張りながらバチをサイ尻の方からつっこむ。

IMG_6415.JPG

写真でわかりづらいかも知れないが、薄ら黄色っぽい部分ね。
あまり強く引っ張ったり、一部に力が加わったりすると千切れるのでご注意を。

もともと薄い指サックを更に伸ばして使ってるのでかなりの薄さにできた。
弾いていて指サックがずれていくということも全くなく。

posted by ひと at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: