カテゴリ


2020年09月08日

ハンマーヘッドパークとハンマーヘッドデッキ

ベイサイド ブルーのバス停の名前が「カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入り口」だったんで、ちょっとバス停からハンマーヘッドまで距離があるかな?と思ったけれども、それほどでもなかった。
少々歩くことは歩くけど。
バスを降りて、海の方へ向かう道を歩いて行くと右側に船なんかがあって、その奥に巨大な建物が。

IMG_7245.JPG

IMG_7247.JPG

いつの間にこんなデカい建物を建てたんだろう。
全然気づかなかった。

横浜ハンマーヘッド|YOKOHAMA HAMMERHEAD

このデカい建物が「ハンマーヘッドパーク」なんだと思う。
違うかも知れないけど。
中にはいろいろと飲食店なんかも入っていて、とても広々としている。

IMG_7251.JPG

二階に上がって奥の方から外っていうかデッキみたいなところに出られる。
飲食店の席もあったりなので、店によっては海を眺めながら飲食できる感じ。
多分、この場所が「ハンマーヘッドデッキ」っていうことなんだろうな。

IMG_7266.JPG

これが多分「ハンマーヘッドクレーン」。
新港ふ頭は 1899(明治32)年に埋め立てを開始し、1914(大正3)年に完成したふ頭です。ハンマーヘッドクレーンは、この整備に合わせて設置された日本初の荷役専用クレーンで、関東大震災でも大きな損傷を受けることなく、2001(平成13)年までの 88 年間、貨物の積み降ろしに使われ、横浜港の近代化を支えてきました。
このクレーンは、現在も稼働可能な状態で保存されており、当時日本に導入された5基のうち、現存するのは横浜市、長崎市、佐世保市に残る3基のみです。


IMG_7268.JPG

建物の外からもこのクレーンを見てみた方がよかったかなと思ったりもするが、時間もなかったんで目的の場所だけ行って急いで次の場所へ向かったりということで。

次は桜木町の方へ行きたかったものだから、ベイサイド ブルーだと桜木町の方には行ってくれないし、30℃以上はあろうかという外を歩く気もなかったんで調べてみたら、また新手のバスが出ているということで。
ここからは「あかいくつ」も出ている。
もちろん乗ることは可能だけれども、あれは福祉パスが使えないんだよ。
ってことで、福祉パスが使えるバスが出ています!
ピアラインっていうヤツ。
乗り場はさきほどのベイサイド ブルーとは全然別の場所だけれども、ハンマーヘッドパークにバスの乗り場の案内が書いてあるから迷わず行け・・・ないね。
降りる専用のは建物側にあるけど、乗り場は道路を渡ったところにあるヤツです。
普通の人は多分見てわかるんだろうな。
水色の水玉模様みたいなバスがピアラインです。
運行を開始してからずいぶん経っているみたいだったから、写真なんかは撮らなかった。
時間帯によっては桜木町駅まで16分ほどかかるので「歩いても変わらないのでは?」って思わないでもなかったけど、暑い中を歩くよりはマシだよな。

1/700 WII USN アメリカ海軍 150トン 真珠湾ハンマーヘッドクレーン NW70039



posted by ひと at 21:24| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: