カテゴリ


2017年08月02日

【虫写真】メスしかいない

今朝見たら羽化していなかったので「今日は無しか」と思っていたらちょっと遅く(っていっても朝のうちだけど)一匹だけ羽化した。
で、どう見てもメス。

DSCN2874.JPG

左にある茶色いのが脱いだサナギだった時の外側。
下が茶色く汚れているのは「蛾尿」というもの。

昨日のも今日のも両親ともに白い繭のヤツ。
おかしいなぁ。
黄色い方が先に繭を作り始めたハズなのだが。
品種によって羽化にかかる日数は違うだろうけど。

ということで、昨日のはオスだと思っていたので、これで問題なく卵を・・・と思って一緒のケースに移動させたけど無反応。
あれ?と思って見ていたら、昨日羽化した小さい方もケツからフェロモンを出している。
小さいからオスかと思ったらメスだったらしい。
メスはすぐに交尾しないと未受精卵になってしまうので、オスがいない状態でメスだけ羽化されてもどうにもできない。
採卵用に残しておいたサナギ以外のヤツを確認してみたら一匹だけ羽化していた。
これがオスなら・・・と思って取りだしてみたら・・・メス(激鬱)。
メスばっかり三匹いてもねぇ。
どうしようもないよねぇ。
一応、決まりではオスの方が先に羽化することになってんだけどね。
メスしか羽化しない。
困ったね。
この人たち(人じゃないけど)には無駄に未受精卵を産んでいただくことになるねぇ。

posted by ひと at 17:37| Comment(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

【虫写真】羽化

DSCN2861.JPG

今朝一匹だけ羽化していた。
多分オス。
白い繭の方のヤツだから、羽化予定はまだ何日も先だったんだけど、ずいぶん早いな。
今朝五時半ぐらいに起きてすぐに見たらもう羽化していた。
その時点でまだ羽が丸まっていたので、羽化したばっかりだったみたいだけど。

posted by ひと at 17:47| Comment(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

【虫写真】繭を切る

営繭から一週間が経過いたしましたので!
繭を切って中身を出しますね!!!!
今回、かなりばらつきがあったんで、まだ幼虫のヤツまでいる状態だし、サナギになってないのもいるだろうと思うので、早めに繭を作ったヤツだけね。

DSCN2856.JPG

白い繭の皆さん。

DSCN2857.JPG

わりと小さ目な感じ。

DSCN2859.JPG

黄色い繭の皆さん。
片親は白い繭なのに、白い繭にはならないんだな。
黄色い繭の方が死亡率が高かった。
中で何匹かお亡くなりに。

posted by ひと at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

【虫写真】繭が黄色い

終齢になるのがだいぶ遅かったのもいるから、見た目は熟蚕っぽくてもまだ桑の葉を食べているものも何匹かいる。
半数以上はすでに営繭に入ったけど。
ネットごしに見ても繭の色が違うなってのはわかっていたけど、出して見て改めてずいぶん黄色いなと。

DSCN2841.JPG

こちらがF2で両親ともに白い繭のカイコのみなさん。
もちろん遺伝的に白い繭しか作らないので、全部真っ白い繭。

DSCN2843.JPG

こちらが親の一方が白い繭でもう一方が黄色い繭の一代交雑種のみなさん。
多少、色にばらつきはあるが、かなり黄色い。
一個だけ白っぽいのがあったけど、桑の葉を食べる期間が短かったかも知れず。
終齢になってから桑の葉に切り換えたからね。
もうちょっと早めの方が多分色はしっかり出る。

数日後には繭を切って中のサナギを出さなければなと思うが。
今回は何しろ数が少ないからな。
途中で死ぬのも多かったし。

posted by ひと at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

【虫写真】営繭開始

予定通り昨日ぐらいからボチボチ繭を作り始めたヤツが。

DSCN2823.JPG

ネットごしなのでどの程度の色なのかはあんまりよくわからないのだが、両親ともに白い繭のヤツは真っ白い繭を作っているのだが、片方の親が黄色い繭のヤツは真っ白ではない繭を作っている。
まだ、はっきり色が分かるレベルの繭に仕上げたヤツが一匹だけなので、全部が同じような色かどうかは不明なのだが。
一代交雑だと全部同じようなのになって、F2種になったら(つまり今のヤツの子供の代ね)色とかバラけるのかな?

育ちが悪いっていうか、ずいぶん小さいヤツも何匹かいたのだが、ここ数日、そういうのがどんどん死んでいって、大きいのが殆どになった。
両親が黄色い繭のヤツは三匹しかいないのだが、二匹は巨大化して近々繭を作り始めそうな感じだけど、一匹だけものすごく小さい。
三匹しかいない上に小さいのがいるから管理が面倒なので、桑の葉を与えないと黄色い繭にはならないってのを承知の上で、この三匹だけ人工飼料で育てている。

(昆虫)蚕 飼育セット 絹糸作出キット 自由研究 説明書付き 本州・四国限定[生体]



posted by ひと at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

【虫動画】何匹か死んだ

そもそもの数が少ないのであまり死なないでいただきたいところだが、脱皮がうまくいかなかったのか何匹か死んだ。
脱皮は無事に終わってかなり大きくなったのが突然死んだり。
色がちょっと透き通った感じになってきているのが何匹かいるから予定通り明日ぐらいに繭を作るかも知れない。





これも小さいけど桑の葉を食べる音が入っている。

posted by ひと at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

【虫動画】かなり大きくなった。



すごく小さいけど、桑の葉を食べる音も入っている。

脱皮していないのがまだ数匹残っていたのだけど、数匹の為にケースを丸ごと一個使うと邪魔なので、全部桑の葉が入ったケースの方に移動させた。
今はカイコの種類が三種類なので、それぞれに一ケースずつだけど、数が多い種類のはこの先一ケースだと狭いだろうから段ボールにしようかケースを増やそうか悩んだけど、ケースを増やすことにしようと思う。

早いヤツは今月の21日ぐらいに繭を作り始める予定。
かなりばらつきがあるから、面倒くさい思いをするんだろうなぁ・・・。

posted by ひと at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

【虫写真】多分終齢

昨日の夜に何やら脱皮中っぽいヤツが一匹いたので見ていたんだけど、脱皮の途中で止まっている感じ。
ソイツの上に他のカイコが乗りまくりで、思うように脱げなかった感じ。
これはまずい。
このままだと死ぬ。
どうせ死んじゃうなら、イチカバチカで皮剥いちゃえ〜(良い子は真似しなようにね♪)ということで、慎重に皮を剥いて行く。
どうやらうまいこと剥けたらしく、翌日ご遺体になっているのはいなかった。
ってことで、多分ソイツが一番手で終齢になったヤツだと思うんだよね。
今日は最後の眠に突入のヤツが多くて、エサの減りが少ない感じ。
黄色い繭にすべく、終齢になったっぽいヤツは人工飼料から桑の葉に切り換える。

DSCN2794.JPG

脱皮したばかりのカイコ。
右側にある茶色いのが脱いだ皮。

posted by ひと at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

【虫写真】数を数えた

DSCN2768 - コピー.JPG

足とかケツとかに毛が生えているのも見えます。

今回は全然カイコの数を数えてみていなかった。
昨日エサを取り換える時に数えてみた。

黄白 51匹
白白 23匹
黄黄  3匹


全部で77匹か。
何匹か死んでいるので、孵化した数は80ちょっとぐらいかな。
黄色い繭と白い繭のヤツを交配させたのは一代交雑種なので、やっぱり孵化率も高い。
白と白のはF2なのでまあまあ。
黄色と黄色は全然ってことで。
一代交雑種はどんな色の繭を作るのかは不明なので、楽しみにはしているのだけど。
これだけいれば、何匹かはちゃんと繭を作ってくれるだろうなと思うけど。
結構気温が高いからな。
30℃は超えないように気を付けてはいるんだけどね。

posted by ひと at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

【虫写真】だいぶ大きくなった

IMG_3957.JPG

半分ぐらいが眠に入っていて、それが終わって脱皮したら次が最後の脱皮かな。
計算を間違えていなければ。
脱皮をとっくにしてしまっているものは、どんどん食べまくってますます大きく。
育ち具合に一週間近いばらつきが見られる。
面倒くせぇ・・・。

両親が黄色い繭のヤツは結局5匹ぐらいしか孵化しなかった。
そのうち2匹はうまく育たずに早々にお亡くなりに。
今、3匹しかいないんだけど、その中に1匹がどうも人工飼料が好きではないらしく、エサのところへ行かせてもどこか遠くへ行こうとしてなかなかエサを食べない。

カイコ 特大 ぬいぐるみ 全長65cm



posted by ひと at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

【虫写真】四齢?

DSCN2756.JPG

今朝、結構な数が脱皮待ちな感じで動かなくなっていた。
先に脱皮した感じのヤツはガンガン餌を喰って、写真は今朝のものなのだが、この時点よりかなりデカくなった感じで。
予定では明日ぐらいが四齢なんだけど、一日ぐらい早く四齢になったのか、いつものごとく一回分ズレてカウントしているのか?

posted by ひと at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

【虫動画】どんどんデカくなる



脱皮しそうだな〜ってのがいたから、脱皮する瞬間を撮れたらなと思って動画で撮影してみたけど、結局脱皮の瞬間を撮影できず。
だいたい三齢、一部二齢ってとこかな。

一代交雑とF2は順調に大きくなっていっている感じなんだけど、前からのヤツ(繭が黄色いヤツね)はそもそもの孵化した数も少ないし、全体に元気ないっつーか。
全部同じ場所に置いているので、温度が違うとかエサが違うとかでもないし。
何だろうねぇ。

posted by ひと at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

【虫写真】多分三齢

昨日、エサを替えていた時に見た感じ、二眠に入っているかな?って感じのが多数いた。
顔もちっちゃいし、皮がパンパンに張った感じで。
で、その皆さんが無事に脱皮して三齢になったかなと思う。

DSCN2734.JPG

早く孵化したヤツと思われるのは、かなりデカくなってきていて、ケツの角みたいなのもはっきり判別できる。

ここのところ最高気温が30℃を超えている。
カイコは人工飼料の時には桑の葉の時よりも温度は高めを維持なのだけど、それにしても30℃超えは望ましくない。
ってことで防音室を適温にしてその中に入れている。
自分が三味線を弾く時には20℃ぐらいにするので、そのままカイコを入れておくとカイコが寒いだろうと思うので、暑いところへ出すしかないワケだが・・・。

(昆虫)蚕 飼育セット 絹糸作出キット 自由研究 説明書付き 本州・四国限定[生体]



posted by ひと at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

【虫写真】孵化率が低い

遅く孵化したものもだいたい二齢になった感じ。

DSCN2722.JPG

どの種類もまだまだ孵化していない卵が大量にある。
でも一つも孵化しない。
まだ孵化しないってことは中で死んでいるものと思われ。
気温が高すぎるからかな?
カイコはケースに入れて置いてあるのだが、ケースの上に置いている温度計を見たら31℃ぐらいになっていたので、これでは温度が高すぎて弱ってしまうかなと思って、気温の低いところへ移動させたのだが。
明日もとても気温が高いらしいから、置く場所を考えないとな。

今は人工飼料で育てている。
孵化した数が少ないし、まだカイコ自体も小さいのでちっとも餌が減らないから、まだ当分人工飼料でいいな。

posted by ひと at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

【虫写真】かなり大きくなった

IMG_3945.JPG

早く孵化した一代交雑のヤツはもうずいぶん大きくなってちょっと白っぽくなってきている。
他のも孵化しているけど、ものすごくばらつきが大きくて、まだ孵化していないものも多数。
白い繭同士の交配はF2種に該当するハズなので、そんなにばらつかないのでは?と思っていたけどものすごいばらつきだな。
こうなると世話が大変になって困るのだが。
冷蔵庫から出す時に各種類、あんまり数が多くならないように少しずつ出したので「ここで締切!」ってやっちゃえるほどの数も孵化していないので、毎日数匹ずつっていう一番困る状況に。

posted by ひと at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

【虫写真】早くも孵化

数日前に見たら、早くも青白い感じの色合いになってきていたから「そろそろ孵化時期か?」って思った。
でも最低でも一週間以上はかかると思うので、そんなワケなかろうと。
で、今朝ケースの中を確認してみましたら・・・

DSCN2671.JPG

孵化しちゃってるよ(激鬱)。
冷蔵庫から出して5日か。
最短記録だな。
現在のところ5匹孵化。
因みに孵化したのは全て黄色い繭のカイコと白い繭のカイコの一代交雑種。
他のも卵の色はヤヴァい感じだから、明日とか孵化するかも知れない。

posted by ひと at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

【虫写真】冷蔵庫から卵を出した

DSCN2651.JPG

今年は諸般の事情でちょっと遅めかな。
無事に孵化するといいけど。

(昆虫)蚕 飼育セット 絹糸作出キット 自由研究 説明書付き 本州・四国限定[生体]



posted by ひと at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

【虫写真】早くも孵化

以前「未受精卵だった」ってことでご紹介した卵が、どうやら非休眠卵だったらしく、昨日見たら大量に孵化。
で、孵化していないものも色が完全に孵化する気満載な感じで、実際今朝すべて孵化した。

DSCN1241.JPG

写真は昨日のもの。
8月12日ぐらいに産んだものだから産卵から孵化まで8日?
そんなにすぐ孵化するのか。
孵化してしまったのは二腹分。
一腹約500。
1000匹の面倒を見ることなんてできようもなく。
見殺しにすることにしました。
ご冥福をお祈りいたします。

posted by ひと at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

最後のサナギはお亡くなりに

まだ羽化していないヤツは、今朝見たら変色していた。
死んだらしい。
ご冥福をお祈りいたします。
これで今年のカイコは、蛾になっているヤツが死んだら終了ってことで。

posted by ひと at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

最後の一匹が羽化しない

一つの繭に二匹入っていたヤツの片割れがまだ羽化しないけど、死んでるのかな。
蛾になったヤツはかなり死んで、生きているのは十匹ぐらいなんだけど、先に羽化した黄色い繭のヤツの方が結構生きていて、後から羽化したのに白い繭の方はほとんど死んでいた。
やっぱり最後の方の暑くてギュウギュウ詰めだったのが、最後まで影響しているのかな。
未受精卵も多かったし。

蚕: 絹糸を吐く虫と日本人



posted by ひと at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

【虫写真】未受精卵が大量に

ペットボトルを使って産卵させたものは、こんな感じに。

DSCN1220.JPG

数日たって、黄色いままということは未受精卵ですか。
ちゃんと半日以上交尾をさせたので、何が悪かったのかは不明。
まあ、これだけ取れれば問題ないけど。

posted by ひと at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

【虫動画】産卵

今朝、このブログをアップしちゃおうと思ったら表示が日本語になってくれなくて断念した。

昨日、大量にカイコに卵を産んでもらっていたのだが、なかなかいい感じだったんで急遽動画を。



で、こうやって産ませたんだけど、おとなしくペットボトルの中で産んでいた。
一匹をのぞいて。
当然そうなるかなぁ?と思っていたし、そうなると思ったからこそ今までヨーグルトの容器にわざわざ入れていたワケだし。
それなりに紙の上にも産んでくれたから問題はないんだけど、ペットボトルを這い上がってきてしまって、当然卵も少々ペットボトルの方に産み付けてしまたっという。
産みづらいと思うんだけどね。

一つの繭の中に二匹入っていた問題だが、まだ羽化していないのが一組いるからそれの結果も見たいのだが、現在まで

・メスが先
・オスが翌日羽化

・メスが先
・翌日に羽化したもう一匹もメス
(レズカップル?)

・オスが先
・メスが翌日羽化
(これはちゃんとつがいにできた)


という状況。
タイミングがダメな感じのもいたけど、今のところオスとメスの組み合わせの方が多いな。
でも、やっぱりオスとメスの組み合わせじゃないのもいたってことで。

posted by ひと at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

【虫写真】大量にメスが羽化

メスがたくさん羽化していた。
やっぱり一代交雑種のヤツはオスの方が先に羽化するのか。
いつもそのあたりはグダグダなのだが。
で、一個の繭の中に二匹入っていた人たちも孵化したのだが、当然と言えば当然だけど二匹いっぺんに羽化したペアは無く。
どれも片方だけが羽化。
しかもそのうち二組はメスが羽化。
もしもう片一方がオスだったとしてもメスが先だと未受精卵しか産むことができないので、わざわざ一緒に繭に入った意味ないだろ?と思うだが。
明日ぐらいに片割れが羽化するだろうから、それがオスかメスかが判明すれば、一般に言われているように「一個の繭の中は必ずオスとメスのペア」っていう話が本当か嘘かがわかるということで。

DSCN1204.JPG

どれがどれやらわからんようになるので、羽化したオスと一緒にサナギの状態のコイツと一緒の繭のヤツをヨーグルトのケースに入れておいた。
他はメスだったんで、とっとと他のオスとヤラせて差し上げることに。

DSCN1207.JPG

メスのうち三匹は冷蔵庫などで保存しておいた黄色い繭のオスと交配していただく。

DSCN1208.JPG

残りの皆さんは、メスをお待ちかねだった白い繭のオスの皆さんと交配していただく。

DSCN1206.JPG

ケツからフェロモン出しまくりのメス。

で、問題はこれだけの数のメスに卵を産んでいただけるだけの設備がないっていう。
もうヨーグルトの容器はないよ。
ということで、よく聞く「輪っかの中に産卵させる」っていう方法を取ろうかということで。
紙で作った輪っかだと、輪っかの方に産んだりよじ登ってどこかに行こうとしたりしそうなんで、どうやって作ったら?と思ったら切ったペットボトルを使うとな。
早速ペットボトルを用意。

DSCN1215.JPG

思った以上に固くて切りづらい。
でも頑張って用意した。

DSCN1217.JPG

いつものカイコを入れているケースの中に紙を敷いて、その上にカイコと輪切りにしたペットボトルを置く。
これで上手いこと産んでくれるんだろうか?
明日の朝になったら結果が出ているものと思われるが。

オスを見ていてそれほど大きいって思わなかったけど、メスを見るとやっぱりすごくデカいな。
黄色い繭のヤツよりもかなり大きい。

posted by ひと at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

【虫写真】ようやくメスが羽化

どのサナギを採卵用に残すかっていうのは、早めに繭を作った育ちの早いヤツっていうのもあるけど、わりと大き目のサナギっていうのも重視している。
なので、下手をするとメスだらけになりかねないななんて心配していたのだが、実際にはオスばかり。
今朝も三匹羽化したのだが、メスは一匹だけ。

DSCN1199.JPG

右側の黒い点を羽に書いたヤツは黄色い繭のオス。
左の大きいのが白い繭のメス。
久しぶりのメスのフェロモンにオスの皆様がすげー大騒ぎで大変だった。

posted by ひと at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

【虫写真】白い繭のヤツが羽化

昨日が羽化予定日だったんだけど一匹も羽化しなかった。
だから今日あたり羽化だろうと思って四時過ぎぐらいに見たら羽化していなかった。
それより後に羽化を始めて六匹羽化したのだが、白っぽくて大きいのもいたからメスだろうと思ったらすべてオス。
明日はメスが羽化してくれるだろうか?

DSCN1194.JPG

posted by ひと at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

【虫写真】繭を切り終わった

先日、脱皮したばかりのサナギを撮影しようとして失敗したけど、繭を切っていたらどうやら脱皮直後らしいヤツが一匹いたのでご紹介。

DSCN1186.JPG

直後だったんだなって感じの、かなり白いヤツ。
しかも触った感じがすっげーふにゃふにゃ。
採卵用のは早めに繭を作ったヤツ限定なので、こういう遅いヤツは全部まとめて雑にサナギを入れていたけど、こんなふにゃふにゃでは他のに潰されてしまってかわいそう(殺すのにか?)ということで、他のと別にした。

DSCN1188.JPG

二時間後ぐらいだったかでこんな感じ。

DSCN1193.JPG

さらに時間が経つと普通のサナギの色に。

DSCN1189.JPG

卵を産みまくっているカイコ。

カイコの性格によって、卵の産み付け方が違うっていうのは前にもご紹介したが、今回は一匹ヒドイのがいた。

DSCN1191.JPG

卵on卵。
黄色っぽいのは後から生んだのでまだ色が変わっていないのだが、時間が経つと茶色くなる。
私は別にかまわないのだが、こういう産み方をされると、卵の中の皆さんがお困りになるのでは?と思うのだが。

白い繭のサナギは明後日ぐらいに羽化予定だけど、見た感じがまだ羽化するっぽい雰囲気になっていない。
それでも突然羽化したりするのかな。
繭を切っていて、明らかに黄色いヤツより白いヤツの方が巻きが厚いなと。
こんなんで自力で出ていけるのか?って感じだけど。

蛾になっているヤツは、もう採卵用は必要ないから、メスでもかまわず他の皆さんが入っているケースに入れるのだが、オスが無反応。
さんざんやりまくってもうメスは不要っていうことではないと思うのだが、暑くてバテている?


posted by ひと at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

【虫写真・虫動画】大量に羽化

今朝は羽化の瞬間を撮りたいと思って四時前に起きた。
もう二匹羽化してしまっていた。
一体いつ羽化したんだ。
その後何匹か羽化したんだけど、なかなか照明の具合がうまくいかなくて、あまり上手に撮れなかった。







私は繭は全て切ってしまっているのだが、普通は脱皮を繭の中でする。
そして繭を破って出てくる。
その時に繭を溶かさなければ出られないので、口から繭を溶かすための液体を出す。
毎回それをうまく押さえようと思うがなかなかうまいこと行かなかったが、今回はよく見るとどれもちゃんと写っている。
これが一番よく撮れていると思う。

DSCN1170.JPG

写真でも押さえた。

DSCN1183.JPG

昨日、交尾をさせたカイコはこんな感じに卵を産んでいる。

posted by ひと at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

【虫写真】羽化のタイミングが不明に

見た目が黒く干からびたみたいになってきたらそろそろ羽化って思って、羽化しそうなヤツを別にしていっていたのだ。
昨日、繭を切る作業で夜中までかかったので、今朝は起きたのは遅かったんですでに羽化しちゃっていたんだけど、よけたヤツも確かに羽化していたが、全然それっぽくないヤツも羽化。
見た目では判断できないってこと???
今朝はメスが三匹、オスが二匹羽化なので、昨日のオス一匹と合わせてちょうどつがいが三つ。
ってことで朝から交尾をさせて、今はメスだけ卵を産ませるべく別室へ。
なのだが、先ほどサナギを入れているケースを見ましたら!いつ羽化したんだかメスが一匹羽化。
午前中には羽化していなかったから午後からだな。
で、オスも手?が空いたんでオスを入れてあるケースに入れてもいいんだけど、変な時間に羽化するようなヤツは採卵してやらない!ってことで、最初のカイコの皆さんが入っている方に入れておいた。

今回、二匹で一つの繭に入っているヤツの死亡率が低い。
結局一匹しか死んでいなかった。
死なないんだとすれば、無理やりに引き裂いた私の労力は?
ほっといた方がいいのかなぁ?
前に大量に死んだから引き裂いていたのに。
で、どうしようかなと思ったが、今回は「二匹で一つの繭に入っているのは本当にオスとメスのペアなのか?」っていう疑問に終止符を打つことに。

DSCN1163.JPG

これは見た感じオスとメスっぽい。

DSCN1165.JPG

これは両方メスではないかと思うけど、とりあえず羽化させてみようと思う。
そして羽化のタイミングも見てやる。
先にオスが羽化すれば問題ないが、メスの方が羽化しちゃったら何の意味もない。

白い繭の皆さんは、気温も高かったしギュウギュウ詰めだったしってことで、繭を作る頃にはもう弱っている感じのが多数だったから、繭の中で死んでいるだろうなと思ったらやっぱり結構死んでいた。
サナギにまでなれているのに、黒くなって死んでいたり死にかけていたりするヤツも多数。
ってことで、無事じゃない感じのが一割程度かと思う。
まだサナギを出していないヤツも少し残っているけど、繭を作り始めたのが遅かったのもいるから、出すのは明日ぐらいかな。

(昆虫)蚕 飼育セット 絹糸作出キット 自由研究 説明書付き 本州・四国限定[生体]



posted by ひと at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

【虫写真】白い繭のカイコが羽化

だんだん「そろそろコイツは羽化だな」とか見た目で判断できるようになってきた。
でも相変わらずオスとメスの判別ができない。
予定では今日あたり羽化開始だし、見た目からして多分そろそろだなっていうヤツがいたので今朝見たら羽化していた。

DSCN1151.JPG

何度撮ってもボケちゃってうまく撮れなかったけど。
今日は一匹だけ。
オスでした。

で、今までは繭から出したサナギを新聞紙で作った小さな皿みたいなのに載せていたんだけど、それだと勝手にうろうろしてしまうので、もっとしっかりと仕切れるようなもののほうがいいなと思った。

DSCN1149.JPG

ヨーグルトの容器を、サナギを入れているケースの高さに合わせて切ったヤツの底にキッチンペーパーを敷いた。
敷いただけだと、羽化してふちにつかまろうとしたときに、内側にヘニョリと曲がってしまうかなと思ったので、セロハンテープで止めてみた。
とりあえず、今朝のヤツはこの状態でうまく羽化できたようなので、これから「そろそろ羽化だな」っていうヤツを一匹ずつこの中に入れていくという作戦で。

posted by ひと at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

【虫写真・虫動画】白い繭を作る過程

すでに黄色い繭を作っている動画はアップしたけど、白い繭でもやっておこうと思ったんだよね。
で、糸を吐きまくっているカイコを五匹チョイス。
それを半分に切ったトイレットペーパーの芯の中に入れる。
すぐに繭作りの体制には入ってくれない。
やっと糸を吐き始めたかな?と思ったら休憩とか。
どこかへ行こうとしたり。
ってことで、何度かメンバーを入れ替えたりしつつ何度も撮り直したりしてようやく完成。
今回も細切れです。











昨日、繭を切った時にまだ脱皮していないヤツが、死んではいない感じだったから脱皮するところも押さえられるかな?って思ってよけておいたんだよね。

DSCN1132.JPG

脱皮前はこんな感じ。
糸を吐き終わったカイコはこういう感じになる。
見た目はなんだかようわからん仕上がりで。

DSCN1143.JPG

気付いたらもう脱皮してサナギになっていた。
右側にあるのが脱いだ皮。
脱皮した直後だとサナギの色が白いのだが、気付いた時には時間が経ってしまっていたようで、少々茶色い。
これから更にもっと茶色くなって、普通のサナギみたいな色になる。

白い繭のカイコは、繭を作る前にはちゃんと頭で八の字を書いて・・・なんていう手順を踏むはずなのに、ようわからん感じに。
しかも終齢になる時に脱皮した順番にケースに数字を振っていたので「これで繭作りも順番通りに」なんて甘いことを考えていたら、終齢になった順番とは無関係に繭を作り始める。
これは困ったなと思って、仕方がないから桑の葉を与えてみて、まだ食べているヤツだけ別のケースに移動。
その瞬間に繭を作る前の柔らかくて大きい糞を一斉にする。
ええ?喰ってるのに繭作るの?と思って慌てて筒に移そうとするも、何故かまだまだ食べている。
どういうこと?
気温が高い日も多かったし、ギュウギュウ詰めだったりエサが不足したりと、カイコにとってはよい環境ではなかったせいか、生きがよくない感じ。
繭の中で結構死んでるだろうなぁ・・・。

posted by ひと at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

【虫写真・虫動画】繭を切った

白い繭の方は、まだ繭を作ってから間もないのでもうちょっとそっとしておきたかったのだが、数が数だけに場所が足りないから仕方なくネットから出した。

DSCN1121.JPG

DSCN1123.JPG

黄色い方の繭はそろそろ中がちゃんとサナギになっただろうと思って切ることに。
全部で193個。
うち何個かは中でお亡くなりに。
一匹はまだサナギになっていなかった。

DSCN1125.JPG

二匹で入ろうとするのを必死に阻止続けたのだが、三組ぐらい二匹で入っていた。
珍しくすべて無事にサナギにはなっていた(結構な割合で二匹入っているヤツは死んでいる)が、上の写真のヤツは、繭がそれほど大きくないのですっごく中が狭くて、サナギが変形してんじゃないか?って感じで入っていた。

DSCN1126.JPG

すごく大きい繭だったから二匹入っているか、大きいサナギかって思って切ってみたが中のサナギは小さい。
結構このパターンのが多かった。
逆にそれほど大きくない繭なのに中のサナギは大きかったり。

DSCN1128.JPG

小さくてぺらっぺらな繭。
中が透けて見えるレベル。

DSCN1131.JPG

中はこんな感じ。
サナギの上に見えるのが、サナギになる時に脱皮した皮。



出したサナギはこんな感じ。

DSCN1118.JPG

最初に冷蔵庫から出したのがすべて羽化済み。

posted by ひと at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

白い繭のヤツも営繭開始

今日は写真は無し。
昨日の夕方ぐらいに見たら、糸を吐きまくっているのがいたのでいつもの新聞紙で作った筒に移動させた。
その後も何匹か糸を吐いていたから移動させた。
今朝になってみたら、もう繭になっている。
もちろん白い繭の品種のカイコだから繭の色は白。
もう長いこと黄色いのしか見ていなかったから、白いのを見ると物足りなく感じてしまう。
今までの黄色い繭のカイコも大き目のを厳選して掛け合わせ続けていたから結構大きいと思っていたんだけど、白い繭のカイコは明らかにデカい。
同じ寸法の新聞紙の筒なのに、カイコがデカくてパンパンな感じ。
品種によっても大きさは異なるので、白い繭のヤツの方がデカくなる品種だってことも考えられるのだが、もともとどうだったかとかもうわからん。
で、今も時折糸を吐いているヤツがいるんで、発見次第筒に移動させるってのをやっている。

サナギは今朝も一匹蛾になった。
今回はオスがまだ二匹ぐらいで残りは全部メスばっかりなので、オスはハーレム状態だからかあんまり騒がない。
そうじゃなきゃ、ずっとバタバタいっていてうるさいのだが。

posted by ひと at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

【虫動画】繭を作る様子の動画

桑の葉を食べる様子も可愛いので動画を撮ってみた。





繭を作る様子は、長回しにした方がいいんだろうけど、そこまでの容量がないから細切れに。
細切れのをつないだ方がいいかな?と思ったけど面倒臭いからバラバラのまま載せる。










posted by ひと at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

今日も羽化

今朝見たら羽化する前っぽいヤツがいたから動画を撮ろうと思って準備をしたけど全然羽化しない。
あきらめてしばらくしたらもうかなり出てしまっていた。
ってことでうまく撮れなかった。
三匹だったかな。
メスばっかり。
先に羽化したヤツは卵を産みまくっている。

繭を作っている最中の動画も撮ったけど、時間がなさすぎて編集が間に合わないので今日もアップできそうにない。
黄色い繭のヤツはまだエサを食べているのは一匹だけだけど、面倒を見きれないから明日になっても糸を吐かないようだったら死んでいただくことにしよう。

白い繭のヤツの方は、早ければ今日あたりに営繭に入るかな?って思ったけどまだらしい。
若干食べるペースが落ちたような気もしないでもないが、まだまだ大量に食べている。
桑の葉が全然間に合わない。

posted by ひと at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

【虫写真】すごく手狭に

動画もたくさん撮ったけど、時間的な余裕がなくてアップできそうにない。
明日もできるんだろうか?

桑の葉を取りに行ったら、セミの抜け殻がくっついたりしていたので、気を付けてはずしたつもりだったけど一個紛れ込んでいた。

DSCN1094.JPG

黄色い繭のヤツはほとんど営繭に入った。
残りは糸を吐く気があるんだか無いんだかっていう、怪しい感じで桑の葉を食べたり食べなかったり。

最初に孵化させた黄色い繭の皆さんは昨日から羽化を始めた。
昨日は二匹、今日は四匹。
メスが多い。
オスの方が先に羽化するってのはどう考えても嘘だと思うのだが。

DSCN1100.JPG

蛾の下のヤツがまだ羽化していないサナギ。
右下のが多分コイツが脱いだサナギの殻。

白い繭のヤツはプラスチックのケースに入れていたのだが、数が数だけにどうやってもギュウギュウ詰めに。

DSCN1095.JPG

こんな状態。
こういうのが何個も。
で、ケースの掃除の為にコイツらを掴むと、普段はヒンヤリして気持ちいいハズなのに明らかに温かい・・・!
熱でもあるのか?って思ったけど、変温動物でもギュウギュウ詰めだと温まってしまうものだろうか。
あまりにもひどいし、先のカイコは数が少なくなったので段ボール箱を明け渡していただくことに。

DSCN1098.JPG

っていっても、十分混み合っているけど、これが限界。

DSCN1107.JPG

精神的ブラクラ(死語)。

posted by ひと at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

【虫写真・虫動画】営繭開始

昨日アップしちゃいたかったんだけど、カイコの世話が大変で手がつけられなかったのと、動画の加工がすげー時間喰ったからねぇ。

買った方のカイコもかなり大きくなってきてしまったし、もうケースが足りない感じだったんで、黄色い繭の皆さんは全部箱に移動していただいた。

DSCN1091.JPG

全部で214匹。
300近くいたのに、育ちが遅いのはどんどん死んでいただいたからな。
私が殺した以外で死んだのは数匹しかいなかった。
で、この箱の中の何匹かが朝に見たら糸を吐いていたんで、あわてて新聞紙で作った筒の方に移動させる。
最短でも明後日ぐらいからのハズなのだが?
明日とか出かけちゃうのにどうすんだよ?

白い繭の方(買った方ね)は脱皮済が今朝の時点で402匹。
更に脱皮待ちのがいるんだけど、数を数えるまで「脱皮前のは全部死んでいただこうかな」って思っていたけど、さすがに500以上もいたのに400に絞るってのもな・・・と思ったので、もうちょっと待つことに。
このように数を大幅に制限しまくりではあるが、それでもエサは全然足りない。
明日は桑の葉を集めに行っている時間はないし、雨だしなぁ・・・。
明後日まで飢えと戦っていただくしかないな。

脱皮の様子の動画なんて撮ってなかったのでは?と思ったので、撮ってみることに。
「おっ!脱皮か」と思ってカメラをセットしてもなかなか始まらなかったり、気付いたらもう脱皮が途中まで終わっていたりで、思うように撮れない。
苦労の結果、いくつか撮った。
早送りみたいに撮れるヤツも試してみたけど、見た目が気持ち悪いだけで分かりづらい感じになったんでやめた。
脱皮は体の前の方から脱いでいくんだけど、古い皮の下から前の方の足が出現する瞬間が、白くて小さい花が咲いたみたいに見えて、すごく好き。
脱皮したてのものはあんまり触らない方がいいんだけど、他のヤツに踏まれたり引っかかれたりしてもイカンので、そっとつまんでケースを移動させる。
普段よりも体が柔らかくて、触った感じがフワフワって感じですごくいいなのだが、カイコにとっては人間の体温というのは高すぎるそうだから「暑いわボケ!」って思われてるんだろうな・・・。





眠に入る前には自分で吐いた糸で体を固定して脱皮しやすい状態にするのだが、やっぱり糸をはずさずに脱皮した方が非常にスムーズ。
わかってるんだけどね。
なかなかそうさせてやれない。



posted by ひと at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

【虫写真】終齢

買ったヤツ(つまり一番遅いヤツ)が、朝からぽつりぽつりと眠に入っていった。

DSCN1087.JPG

ここまでは予定通り。
最後の眠なので、かなり長い。
はずだった(激鬱)。
先ほどからすでに脱皮を始めれれておりまして・・・(涙)。

DSCN1090.JPG

脱皮が終わって終齢になってしまった皆さん。
おかしいなぁ?
丸一日ぐらいは眠のままだよね?
で、眠に入ったのはどんどん別のケースに・・・ってやっているうちに、ほとんどが眠に入ってしまって、他のケースに移しきれなくなってしまったので、桑の葉の上でじっとしているヤツはそのままにすることに。

posted by ひと at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

【虫写真】申し訳ないが死んでいただくことに

そろそろ繭の中身を出さないと勝手に蛾が出てきちゃうからなってことで、繭を切った。
一個はかなり遅く繭になったんでそいつだけちょっと置いておく。

DSCN1084.JPG

繭はこんな感じ。
コイツをカッターで切って中のサナギを出す。
一匹は中で死んでいた。
他はちゃんとサナギになっていたが、最初に孵化したのが300匹ほどだったってのを考えると、たったこれだけしか残らなかったんだな〜って思った。

DSCN1086.JPG

サナギはこんな感じ。
結構立派なサナギで。
未だに見た目でオスとかメスとか区別つかんのだけど。

で、今、スクスクとお育ちの皆さんね。
とにかく数が多いし死なないし。
しかも一代交雑種の筈なのに、すごく遅れて眠に入るヤツがまだいたり。
ってことで、まことに勝手ながら、そういう「変に遅れているヤツ」は死んでいただくことにしました。
非常に気がとがめるけど、とてもじゃないが全部を面倒見きれない。
しかも、どうせちゃんと繭を作るところまで育ったところで、大部分はサナギまでで死んでもらっているんだよね。

今日は部屋の中が30℃超えたりしていたけど、気温が高すぎるとカイコがバテるって話なのに、別に元気がない感じでもなく。
むしろ喰いすぎて困るぐらい。

posted by ひと at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

【虫写真】脱皮が不完全なカイコ

このブログにもアップしたいことがいろいろあるのに、カイコの世話に追われて何にもできないな・・・。
まだしばらくこんな状態だな。

カイコが脱皮しまくりだったワケだ。
で、一代交雑のヤツがまだ数匹脱皮が終わってないんだけどどうして?
私は脱皮をしたことがないからわからんけど、脱皮ってのは命がけの作業なんじゃないかなと思う。
実際、脱皮の時にそのままうまくいかずにお亡くなりになるカイコも多いので。
何年も前の話だが、やたらと脱皮に失敗するカイコが発生した時があった。
脱皮が不完全で、皮がケツにくっついたままの状態になっちゃうヤツ。
当時は「カイコにはむやみに触ってはいけない」って思っていたので、皮が脱げていないから手で取ってやるみたいなことは絶対にしなかった。
結果、そのカイコたちはケツが腐って死んでしまった。
それからは「放っておけば死ぬんだから、うまく脱がせられなくて死んでも一緒だから、とりあえず手で剥く」ということにしている。
今回は脱皮をしそうな顔のヤツは他のケースに移動させている。
脱皮をする前には糸を吐いて体を周囲に固定するので、そのままの状態だとスルリと脱ぐことができるんだろうとは思う。
でも、そのままだと掃除がでけんので、申し訳ないけど糸ははずしてしまう。
当然、皮がケツに張り付いたままなのが時々発生。

DSCN1077.JPG

こんな感じです。
写真の下側の茶色い部分が脱皮した皮。
脱皮直後は皮膚が柔らかいだろうと思うので、なるべく触らないようにしているので、しばらく経ってから見て、やっぱり皮が外れていなかったら、とっつかまえて皮をはぎ取る。
で、そうやって皮を取ったヤツの中に、どうやら私が気づくのが遅かったみたいで、すっげー長い糞が体に詰まっちゃってんのがいた。
しばらく長ーい糞をケツに生やした状態でウロウロしていたので、よっぽど糞も引っこ抜いてやろうかとも思ったけど、そんなことをして大丈夫なのかどうかが不明なので、そのまま経過観察。
無事に長い糞がケツから抜けたし、ご遺体も見かけないから多分無事だったんだろう。
前からたまに長くて変な形の糞を見かけることがあったけど、あれはこうやって作られていたのか。
知らなかった。

DSCN1072.JPG

一番大きくなったヤツは、もうプラスチックケースの中ではどうにもならないので、段ボールの方に移した。

(昆虫)蚕 飼育セット 絹糸作出キット 自由研究 説明書付き 本州・四国限定[生体]



posted by ひと at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

【虫写真】続々と脱皮

冷蔵庫から出したものも買ったものも眠に入り、昨日ぐらいにどんどん脱皮を。
最短より短い気がするから計算がようわからん感じに。
どう考えても早すぎるから、終齢じゃないと思って脱皮したヤツを適当にケースに入れたけど、すごくデカいから、ひょっとして終齢?
まだ繭を作らせる用意とか何もしていないのだが。

DSCN1060.JPG

買ったヤツの方ね。
一代交雑種だから、脱皮は一斉にやるんだろうと思ったけど、昨日の早い時間に脱皮を始めたものもいるし、まだ脱皮をしていないものもいるので一日以上差が開いてしまっている。
こんなにばらつくものだろうか。

DSCN1065.JPG

脱皮中。
脱皮中だけ、体に黒い線が出る。
脱皮する時の動画って撮ってなかった気がするけど、終齢になる時の一番大きい時に撮ろうなんて思っていたら、今回がそうだったんだろうか。
まあ、まだ小さいヤツがいるから、あれが脱皮する時に撮ることにしよう。

一番最初に冷蔵庫から出したヤツで、一匹だけ繭を作っていなかったんだけど、やっと昨日から繭作りに入った。
長かったね。
結局一匹はうまく繭を作れずにお亡くなりだったけど、それ以外は一応繭は作った。
中で死んでいるのもいるかも知れないけど。

posted by ひと at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

【虫写真】眠に入った

DSCN1054.JPG

後から冷蔵庫から出したヤツは、まだ数匹だけど眠に入った。
明日ぐらいに四齢になるってことかな?

DSCN1057.JPG

買った卵のヤツは、今日の夜ぐらいまで人工飼料でいいかな?と思ったけど、思った以上に喰ってしまってもうエサがない感じだったから、朝のうちに桑の葉に移動。
で、ケースは二個にしていたんだけど、明らかに500匹以上だし、500匹だとしても250匹ずつは多すぎだろうと思ったんで三ケースにした。
ついでに数えてみたんだけどね・・・567匹かな。
あんまり正確じゃないけど、軽く500匹以上いるのは確かだよねぇ。
どういうことだ!(激怒)
冷蔵庫から出したヤツが292匹(死んでいる気配がないので多分減っていない)で、買ったのが567匹ってことは、合計で859匹かぁ・・・(遠い目)。


posted by ひと at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

【虫写真】多分三齢

今朝、眠の皆さんを移動させまくったワケなので、かなりの数がお亡くなりに・・・なんてことも全くなく。

DSCN1052.JPG

今朝はまだほとんどが眠の状態だったけど、今は大部分が脱皮が終了して人工飼料を喰いまくっている。
人工飼料を喰い尽くした感じになったら、この皆さんも桑の葉に切り換えだ。
最短で明日ぐらいが三齢になる計算なんだけど、もう三齢になったってことなのかな?
気温は変動が大きいけど、30℃ぐらいになってしまっていることも多い。

DSCN1051.JPG

二度目に冷蔵庫から出した皆さんはこんな感じ。
これも三齢なのかな?
だいぶデカいんだけど。

で、最初に出したカイコは、今日の朝に一匹を残して全部繭作りに突入って感じだったんで、新聞紙で作った筒の中に入れたんだよね。
それが、一匹だけ夜になっても繭を作っていないので「ひょっとして!」と思って桑の葉のところに戻したら・・・ガツガツ喰い始めました。
ひもじい思いをさせてしまったな(鬱)。
申し訳ない。
で今、桑の葉を食べているのが二匹なのだが、数が少ないから他のカイコに混ぜちゃえ!って入れてみたけど、やっぱり大きさが違いすぎて小さいカイコが下敷きになってかわいそうだから、コロッケとか入っていた小さい容器にデカいのだけ移した。
今のところ桑の葉を食べまくっている。

posted by ひと at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろしくじった

最初に冷蔵庫から出したのは、一匹を除いて全部繭作り開始な感じ。
次に冷蔵庫から出したのは、昨日からケースを二つに分けてみた。
で、問題は後から買ったヤツだよねぇ・・・。
まだエサは交換しないつもりで昨日の夜に見たら、何やらヤヴァい感じになっていた。
結構デカくなっている上に、エサもあまり残っていない感じで。
大量のカイコがケースのふちにへばりついているし。
焦って昨日の夜に急遽エサの交換を。
ついでにケースも二つに増やす。
一代交雑種なので育ち具合が揃っているワケで、皆さん眠に入られておられまして、眠の時には動かすべきじゃなかったなと。
今朝も見たけどまだ眠に入っている。
で、移動させながら数も数えてみたんだよね。
500匹の予定だけど、少しは減っていてくれるといいんだけど・・・って思いつつ数えてみましたら!
ケース一個に対して250匹ずつぅ〜って思って入れていたけど、250匹ずつ入れてもまだ何十匹も余ってんだけど?
数え間違いかも知れないけど(数を数えるの苦手なんだよね)、かなり多い気がするのだが。
今はまだ小さいからいいけど、このまま死なずにデカくなったら?
今から心配しても仕方がないけど、すっごく心配。

posted by ひと at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

【虫写真】カイコは順調

死ねよ!って思うべきではないのはわかっているのだがしかし・・・。
最初に出したヤツもさぁ、最初すっごく死にまくっているから、最終的には数匹しか残らないだろうと思っていたのだが、最後の方は全く死なず。
順調に次々と繭を作り始める。
うん。
どうせ繭を作る数も少ないだろうと思って、用意してない。
適当なトイレットペーパーの芯なんかに突っ込んでおいていたけど、明日あたりに足りなくなってしまう予定。
面倒臭いが、いつもの新聞紙のヤツを用意せんとな。

DSCN1040.JPG

糸を吐いているから移動させてやったのに、この妙な体勢で長いことじっとしていた。
今は無事に筒の中で繭づくりに励んでいるけど。

DSCN1046.JPG

次に冷蔵庫から出したヤツね。
今朝は大量に眠に入っているのがいて、今はずいぶん脱皮が完了。
大きさと時期から考えて三齢かと思うのだが。

DSCN1044.JPG

数が多いし面倒臭いしで「もう死んじゃってもいいや」という最低な考えの元、数日に一度しかエサの交換をせず。
それでも全く死なずにすくすくとお育ちで・・・(鬱)。
二齢ぐらいかな。
まだ小さいので人工飼料をケース一個に置きまくって入れているけど、次回はケースを二個に分けようかと思う。
で、次回で人工飼料は使い切る予定。
その後は桑の葉だな。



posted by ひと at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

【虫写真】営繭開始

最初に孵化させたヤツはかなり大きくなっていたし、日数的にはとっくに繭を作る時期だからいいかげん糸を吐くかなと思ったら、今朝一匹色がかなり変わっているのがいたから糸を吐かせようと思って筒の中へ。
いつもは新聞紙で大量に筒を作るのだが、今回はまだ数が少ないから新聞紙で用意するのも面倒臭いので、その辺のヤツで適当に。
しばらくは糸を全く吐かずにうねうねとあっちこっち動き回っていたので「糸を吐けずに死ぬヤツかな?」って思って心配していたのだが、しばらくしたら糸を吐き始めた。

DSCN1028.JPG

DSCN1029.JPG

終齢になる時に相次いで脱皮したから、他のもどんどん糸を吐きはじめるかな?と思って見ているが、今のところまだのようで、ガツガツ桑の葉を食べている。

posted by ひと at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

【虫写真】今日から桑の葉

後から冷蔵庫から出したヤツはずっと人工飼料にしていたんだけど、だいぶ大きくなったんで今朝から桑の葉に変更。

DSCN1018.JPG

すでに何齢かようわからんけど大きいヤツはもう三齢とかなのかな。
でですね、孵化数は約300匹程度と思われるのだけど、一向にお亡くなりにならないのでヤヴァい感じだけど、それなりに数は減っているかなぁという期待をしつつ(ひどい飼い主だ)数を数えてみた。
正確に数え切れていないから誤差はあるにしても、非常に残念な結果に。

292匹

でした。
いやぁ〜うれしいなぁ〜こんなにたくさん元気に育ってぇ〜・・・(号泣)。

もちろん買ったカイコたちもすくすくと・・・。
500匹だよねぇ・・・。
あああああ・・・・。

posted by ひと at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

【虫写真】新しいのが孵化

買った一代交雑のヤツが昨日からチラホラ孵化していたので、今日もパラリパラリと一日かけて出てくるのかな?って思って油断していたのだが、朝にふと見ると!

DSCN1015.JPG

孵化しまくってプリングルズのフタから出ていっちゃってんじゃん!
さすがは一代交雑種。
どうやらもうすべて孵化したらしい。
って、500個も頼んじゃったから、500匹ってことだよね・・・。
その前のが300匹で、死んでいる様子がないから全部で800匹・・・(号泣)。

一番最初のカイコは、すごい勢いで喰いまくって、じゃんじゃんデカくなっている。
たった15匹しかいないのにエサが大丈夫だろうか?って感じなのだが。
今日は気温が低いから、もうちょっと暖かくしてやらないといけないのかなとは思うけど、部屋の中を冷やしたいのでずっと窓を開けている。

posted by ひと at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

【虫写真】増えまくり

新しく買った卵は、朝からポツリポツリと孵化しているが、添付されていた説明書きには二日目にまとめてエサやれと書いてあるので、その通りにする。
ってことで、申し訳ないが今日一日エサをやらず。

後から冷蔵庫から出した皆さん。
うん。
何が原因だかわからんがご存命で。
前回は結局一割も生き残れなかったんで、そのつもりで多めに孵化させたワケだが。

DSCN1012.JPG

妙にデカくなるのが速い感じがするのだが。
人工飼料な上に、連日30℃超えだからか?

で、一番最初の皆さんね。
毎日脱皮するヤツがいる。

DSCN1007.JPG

この人(虫か)たちは脱皮したて。
右下に見えるのが脱いだ皮。
私はこの脱皮したすぐ後のカイコが一番好きだな。
顔がデカくてかわいい。
手足もデカいし。


posted by ひと at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

【虫写真】カイコ追加

今いるカイコはもう一代交雑からかなり遠くなってしまっていて、孵化率も低いしやたらと死ぬし・・・ってことでここで一代交雑種を投入しようってことで。
以前はいろいろな品種のものが販売されていたのに、しばらく買わないうちに全然なくなっちゃったねぇ。
本当は繭の色が白じゃないのが欲しかったんだけど、残念ながら白いのしかなかった。

DSCN1002.JPG

卵を500個購入。
以前は紙みたいなものに産み付けられているようなのだったのに、今はバラバラの卵が袋に入っているんだねぇ。
どうやったらこうなるんだろう?
で、送られてきた卵を何かの容器に入れないといけないってことだったけど、何がいいかな〜と思ってプリングルズのフタに入れてみた。

新しいのを冷蔵庫のヤツとタイミングを合わせて孵化させようと思っていたのだが失敗した。
冷蔵庫のヤツはすでにご存じのように孵化しまくりだからねぇ・・・。
今日は室温が30℃超えだったんで、卵のヤツは大丈夫だろうか?って感じだが。
デカくなっている幼虫は結構元気に桑を食べているんだけど、小さいうちの方が弱いよねぇ。

posted by ひと at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

【虫写真】終齢じゃなかったらしい

日数から考えると、もう終齢だろうなと思ったんだよね。
小さいなとは思ったけど。
そうしたら続々とまた眠に入り始めた。

DSCN0998.JPG

↑眠に入った皆さん。

そうかぁ・・・まだだったか。
っていうか、育つの遅いな。
涼しい日も何日かあったにしても、人工飼料は使わなかったから25℃程度でいいハズなんだけどな?

posted by ひと at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする