カテゴリ


2012年07月18日

相次いで羽化

昨日の夜、十時過ぎにふと見ますと!
羽化していました。
もうそろそろ羽化しそうだなと思っていた、オスであろうと予想したヤツ。
で、予想通りオスでした。

DSCN1941.JPG

このカイコたちは、干からびて「もうダメだろうな」って感じだった卵から孵化したヤツなのに、みんな羽もビシッ!としているし、様子のいいカイコです。

で、蛹になっているカイコで、前からいる品種のカイコは残り一匹になって、そいつは多分メスだろうなと思ったし、何日も繭を作るのが遅かったから、下手したら一週間近く羽化は遅いだろうと思った。
今朝見たら・・・

DSCN1946.JPG

早くも羽化している。
おかしいじゃないかっ!
タイミングよくいったからよかったけど、普通に考えたらおかしいだろ。
で、この写真をよく見ていただくと、顔の左側(カイコから見て左ね)に丸い水の玉みたいなやつがくっついている。
これは、本来なら繭を溶かして出てくる時の為にクチから吐くやつ。
私は繭は全部切って、蛹を取り出してしまうので、時々こういう状況のヤツを見かけるワケです。
こういう写真は貴重って、どこかに書いてあるのを見かけたので、必死に写真をたくさん撮りまくってみました。

本日、いいお値段の新手のカイコのみなさんの繭を切る作業をすることに。
一番最初に繭を作ったみなさんが、一週間経過したので。
で、もっと後に繭を作ったヤツも面倒だから全部切ってしまおう。って思ったのが悲劇を引き起こすことに・・・。

DSCN1950.JPG

左が新手のカイコ(都浅黄という品種らしい)。
右が前からのヤツ。
繭を作っている途中の状態で見た時には、白っぽく見えたが、こうやって並べてみると、ほぼ同じ色。
ちなみに私は脳の障害のせいか、あんまり微妙な色は見分けることができません。
健常者が見ると全然違う色かも知れないんだけど。

蛹がさ・・・でかいよ!

DSCN1951.JPG

不安になるでかさです。
普通の大きさのやつもいるけど、こういうでかいのが何匹も。
もちろんでかい蛾になるんだろうけど、別にどんなに巨大な蛾でも「いやぁ〜〜!」なんて思わないだろうけどさ。
幼虫も、子猫ぐらいの大きさにならんかなぁ〜なんて思うぐらいで。
抱っこしたい♪
大きくなった幼虫を、時々指でぷにぷにして楽しんでいるのだが、多分「暑いわっ!」「鬱陶しいわっ!」って思われているだろうと。
でも誘惑に負けてぷにぷにと・・・。

で、繭を切る作業が最後の一個になったワケです。
まず蛹を切る部分とは逆の方に寄せるために、軽く振ります。
この時点で、からからと音がするものですが、無音です。
他のは全部無事に蛹になっていたから、一匹ぐらいお亡くなりなのは仕方がないよな。なんて思いつつ、いつものようにカッターで切り込みを入れてカパっ!と繭を開いたら!!!!!!!

ひぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜!!!
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!

中のカイコと目が合いました。
まだ蛹になっていませんでした。
カッターの歯で傷つけてしまったかも(涙)。
繭から出そうかどうしようか、すごく迷ったけど、まだ出さない方が親切かと思ったので、繭には入れたままです。
で、後からそぉっとみてみましたら、何とか無事に脱皮しておりました。


posted by ひと at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

受精卵だったらしい

DSCN1936.JPG

大部分の卵の色が変わったので、受精卵だったらしい。
でも、ちゃんとした大きくてしっかりした感じのメスだったのに、卵の数がとても少ない。
普通は500個ほど産むハズなのだが、半分もない感じ。
別にいいけどね。

DSCN1937.JPG

お父さんの方は、新しく購入した方のみなさんと一代交雑種を作るべく、頑張っていただこうかと思うので、ケースに入れて冷蔵庫へ。
ずいぶん前にネットで「オスは寒いところに保管しておいて、必要になったら取り出して使うとかなり長いこと持つ」みたいなのを見かけたんだよね。
検索かけてみたけど、載っているのを発見できなかった。

posted by ひと at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

卵を産まない

羽化して交尾をしたので、当然のことながら産卵を。
で、午後になっても一個も卵を産みません。
なんでだ!
ってことで、再度交尾させてみたのだが、また簡単にはずせてしまう。
どちらかに何らかの問題があるのかも。
で、二度目の交尾の後にすぐに産卵開始。
受精卵だといいけどねぇ。

DSCN1934.JPG

posted by ひと at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

羽化

昨日の夜十時ぐらいに蛹を見たと思うのだ。
その時には、ずいぶん黒くなって、干からびたミイラみたいな外見になっていた。
これは、もうじき羽化するか、死んじゃってるかのどっちかだなと思った。
で、昨日は全然眠れなくて、たまたま十二時過ぎに見ましたら!

DSCN1927.JPG

こんなことに!
珍しく私の予測が合っていて、オスかなと思った方はオスで、メスかなと思った方はメス。
コイツらは同じ日に繭を作り始めたのだが、普通はオスの方が何日か早く羽化するものだ。
当然、そうなるものだと思って見ていたのだが、同じ日に羽化しちゃったんだねぇ。
朝になったら引き離して卵を産ませようと思って、羽をつかんだら引き離すまでもなく簡単に離れた。
あんまり相性がよくなかったんでしょうか?
それとも、もう十分にお楽しみだったってこと?

後から買った卵のカイコは、まともに大きくなっている感じのヤツの最後の一匹が今朝から営繭。
まだ何匹か小さいのがいるけど、蛾にはなれないだろうなぁ。

posted by ひと at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

困ったねぇ

ちっとも大きくならないカイコは、どうやら口か歯に問題があるらしく、食べる気はすごくあるんだけど、ぜんぜん噛めていない。
柔らかい葉っぱを取ってきてみたりもしたけど、あんまり食べられない様子。
このまま死ぬのを待つしかないのかねぇ・・・。

DSCN1905.JPG

昨日から営繭していたみなさんはこんなんなりました。
買った卵はうまくいけば三種類の繭を楽しめるっていうヤツだったのだ。
たくさん死んだから、三種類は無理だろうけど、せめて二種類・・・って思ったけどダメだったんだな。
全部同じ種類っぽい。
まだ繭を作っていないヤツもいるけど、望み薄だねぇ。

posted by ひと at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

続々と営繭

DSCN1895.JPG

今朝見たら、しっかり繭になっていました。
てっきり白い繭なのかと思っていたら、ちょっと黄色っぽい。
すでに繭になっていた黄色い繭のヤツよりも薄い色に見える。
エサは同じ桑の葉を与えていたので、エサのせいで色が薄いとかじゃないと思う。
繭を作る時の足場の組み方みたいなのも、今まで育てていたのとは違う感じ。
繭を作る前に薄い膜みたいなのを作って、その内側に繭を作ったので、最初、巨大な繭を作ろうとしているように見えて「ええ?」と思ったのだが、普通の大きさの繭を作った。

今朝は四匹営繭に突入。

小さいカイコは一匹は謎の液体を吐いてお亡くなりに。
もう一匹は昨日の夜に脱皮して無事に終齢に。
最後の一匹は、生きているけどよく見ていると、桑の葉をほんの少しずつしか喰えない様子。
人工飼料を与えてみたらどうだろう?と思って、桑の葉の隣に人工飼料を置いてみた。
そうしたら!人工飼料を食べている模様。
一度桑を食べたら人工飼料は食べないんじゃないのか?
これで一安心。と言いたいところだが、人工飼料も食べているのか食べていないのかよくわからないぐらい、少ししか食べていないようだ。

posted by ひと at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

新しい品種の営繭

DSCN1883.JPG

とても大きくなって、いよいよ糸を吐くヤツが。
気づくと、桑の葉に糸を吐きまくりやがっていた。
速攻、トイレットペーパーの芯の中に入れたけど、一向に糸を吐かない。
っていうお決まりのパターンで、数匹のカイコを何度もトイレットペーパーの芯に入れたり出したり(鬱)。

DSCN1891.JPG

現在二匹が営繭中。

小さいカイコは、他のヤツの下敷きにされまくりで、頻繁に救出しなければならない。
面倒くさいけど、これは他の容器に別けた方がマシだな、ってことで。

DSCN1880.JPG

アイスクリームの空き容器に三匹だけ移動。

DSCN1881.JPG

夜はネットに入れて逃げられないように。

DSCN1885.JPG

黄色い繭のカイコの最後の一匹の繭を切った。
まだ一週間経過していないけど、十分に蛹にはなっているだろうなってことで。
小さめだけどメスかな。
私の予測は外れる確率が非常に高いのだが。

posted by ひと at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

こっち見んな

DSCN1877.JPG

蛹に黒い点みたいなのが。
目かな。
見られている?

DSCN1873.JPG

今朝、糸を吐いているのが二匹いたので、さっそくトイレットペーパーの芯の中へ。
で、最初は調子よく糸を吐いている様子だったのだが、しばらくすると二匹とも停止。
あれぇ?
ってことで、またエサが入ったケースに戻しました。ら!
桑の葉を喰いまくりでした。
まだだったのか。
糸を吐くかエサを食べるかどっちか片一方に決めてくれるか?

DSCN1872.JPG

全体にでかくなったんだけど、三匹小さいのが。
死なれてもイヤだし、ものすごく時間がかかって蛾になられても、世話が大変だし。


posted by ひと at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

密集

DSCN1858.JPG

何もそんなに一か所に集まらなくても。

時々死ぬヤツが。
まだまだ小さいヤツも何匹かいるから、そういうのもいずれ蛾になれずに死ぬのかねぇ。

posted by ひと at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

繭を切ります

一番最後に繭を作ったヤツは、多分さなぎにはなっているとは思うけど、もうちょっと置いておくことにして、他の三つの繭を切る。

DSCN1855.JPG

一匹ぐらい、うまくさなぎになれずに死んだりしているかな?と思っていたけど、無事にさなぎになっていた。
多分、大きいのがメスで小さいのがオスだろう。
どうかメスが先に孵化しちゃったりしませんように!

DSCN1849.JPG

真ん中へんの小さいやつが、体をぐるっとひねって「そんな苦しい体勢で喰わなくても」って感じの状態になっている。

posted by ひと at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

今日から本気出す

最後の一匹となった、黄色い繭の方のカイコ。
ここ数日、糸を吐く気配を見せるのでトイレットペーパーの芯の中に入れるも、動かなかったりしてエサが入っているケースに戻して、またトイレットペーパーの芯の中に入れて・・・ってことをずっとやっていた。
で、今朝もそんなことをやっていて、全然糸を吐かないけどどうする気だ!と思ったら、午後からやる気を見せてくれました!

DSCN1834.JPG

って思ったら、また動かなくなっていたのでよく見ると、繭を作る時に足場を組み終わると尿をするのだが、それをトイレットペーパーの芯の片側をふさいでいるラップに放尿された模様。
で、ラップ及びラップに吐きまくった糸がびしょびしょ。
あああ〜〜〜と思いつつ、ラップを全部はがしてしまうとせっかく吐いた糸も切れてしまうので、糸を切らないように気を付けつつ尿を拭き取る。
で、しばらくしたらまた糸を吐き始めたので、ほっとしたら、また動かなくなっている。
糸を吐き始めたら休みなしで繭を作るんじゃなかったのか!

高額な卵から孵化したみなさんは次々に脱皮して大きくなっていくのだが、脱皮の前後に他のカイコに上の乗られて死ぬようだ。
ってことで、本日も一匹お亡くなりに。
他の品種より、脱皮の前後の時間が長いような気がするのだが。
今まで、脱皮は無事に終わったのに他のに乗られて死にました。っていうのってあんまりなかった気がするので。
大きさから見て、すでに終齢のヤツがいる感じだけど、ちょっと早いのではないかと思われ。


posted by ひと at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

繭を作りたくないのか?

昨日の夜、繭を作りそうな大きいカイコの様子がおかしかった。
で、繭を作るのか?と思って葉っぱを入れているケースの中にトイレットペーパーの芯を入れて、その中に入れておいた。
朝になりましたら、トイレットペーパーの芯の中から出ていました。
で、糸は多少吐いているけど、繭を作る気配もなく。
再びトイレットペーパーの芯の中に入れましたが、なかなか素直に入りません。
黄色い繭のカイコは従順さが売りじゃなかったのかっ!
その態度はなんだっ!と思いつつ、しつこく入れて、何とか無事に糸を吐き始めた。
糸をうまく吐けなくて死ぬヤツ?って思ったりしたので、一安心いい気分(温泉)
と思ったら、またトイレットペーパーの芯の中から出てきやがった。

DSCN1826.JPG

最終的には片側をラップで封鎖。
今は繭っぽいものを作り始めているけど、無駄に糸をいろんなところに吐きまくりな気もするのだが。

DSCN1822.JPG

最後の一匹になった大きいカイコと、高価な卵のカイコのみなさんを桑の葉の上に。
下に防風ネットを入れてみた。
こうやると糞の処理がしやすい。
最後の一匹のカイコも何やら様子がおかしく、糸を吐くのか?と思うと、じっとしていて吐かなかったりするのだが、桑の上に乗せるとちょっと食べたり。
で、微妙に糸を吐き始めて他のカイコの迷惑だからトイレットペーパーの芯に移動させるけど、やっぱり糸を吐かないし。
何なんだ。
小さい方のカイコも、脱皮に失敗して何匹も死んでしまったようだ。
何が悪いのかな?
人工飼料だからフタを完全に閉めてしまっているので、そのせいで湿度が高くて?とも思ったけど、それなら、先に脱皮をして、もうかなり大きくなってしまったみなさんが平然と脱皮しまくりだったのはどうして?ってことになるし。
わからん。

posted by ひと at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

黄色い繭

DSCN1814.JPG
DSCN1817.JPG
DSCN1818.JPG
DSCN1820.JPG
DSCN1821.JPG

昨日は中が見えていたけど、今朝になったら完全に見えない状態に。

後から買った高価なカイコが一匹脱皮に失敗してお亡くなりに。
かなり大きくなったのが何匹もいるから、ボチボチ人工飼料から桑の葉に切り替えないとなぁ〜って思ったんだけど、まだまだ小さいのがいる。
一代交雑種のワリには育ち具合にばらつきがあるなぁ。
あんまり小さいのは、桑の葉だと管理がしにくいんだけど。
大きいのだけ、まだ繭を作っていないみなさんのケースに移動させようかと思う。
まあ、やるのは明日だな。

posted by ひと at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

営繭一級

繭を作る前のカイコってさ、一日ぐらい何も食べずにじっとしていて、オモムロに頭で八の字を描き始めたり・・・ってもんだと思っていたのだ。
だから、昨日の夜にガツガツ桑の葉を喰いまくっていたので「まだ繭は作らないんだなぁ〜」って思っていた。
今朝、カイコを入れているケースを見たら、みなさん端の方に集合して何やら相談している様子。
何だろう?と思いつつ、新しい葉っぱを入れて、カイコを葉っぱの上へ・・・糸吐いてる!
一匹繭を作ろうという意思の元、ケースの中に糸を吐いてしまっておりました。
すぐにトイレットペーパーの芯の中へブチ込む。
で、もう一匹、まだ糸は吐いていないけど、何か様子がおかしい感じのヤツがいたんで、そいつもトイレットペーパーの芯の中へ。

DSCN1811.JPG

ってことで、二匹が営繭に突入いたしました。
こいつらは、黄色い繭を作る品種のみなさんで、相変わらず性格がいい!
全滅してしまった白い繭のヤツは、何度言い聞かせても変なところへ行ってしまって、なかなか思う通りの場所では繭を作ってくれなかったけど、このカイコは本当に素直だ。

で、残念なお知らせです。
五匹しかいなかったうち、一匹発育が悪かったのだが、そいつがだんだん元気がなくなっていっていて、本日ついにお亡くなりになりました。
たった四匹かぁ・・・。
無事に蛾になって受精卵を産ませられる確率低いよなぁ・・・。
過去にたった二匹しか孵化しなかったのに、受精卵を産ませることに成功した実績はあるけどね。

DSCN1813.JPG

新しく買った卵の方のカイコもずいぶん大きくなった。
で、二種類の品種の卵だったハズだけど、全部同じ品種っぽい。
結構お亡くなりになったから、一種類の品種は全滅かもねぇ・・・。
高かったのに(涙)。
で、黄色い方のとは柄の感じが違って、背中の馬蹄形も濃いし、額(ではないとは思うけど)の黒いのがくっきり見える。

posted by ひと at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

仲良し?

DSCN1804.JPG

カイコが他のカイコが食べているところへわざわざ移動して、頭をくっつけるようにして食べる。
しょっちゅうそうしている。
食べにくいだろ?

DSCN1809.JPG

もっとバラけて食べればいいのに。

posted by ひと at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

新聞紙を敷いてみた

カイコはすべて下にラップを敷いているのだが、桑の葉を与えている大きいカイコは、ラップと葉の間がくっついてしまって、どうやら食べにくいらしい。
ってことで、ラップと葉の間に新聞紙を敷くことに。
これで少しは食べやすくなっただろうか。

DSCN1792.JPG

コイツはしばらくこの体勢でじっとしていた。
で、その後向きを変えて、また同じ体勢。
「立派な蛾になれますように♪」と神に祈りをささげていたのか、宇宙と交信していたのか不明。
たまにカイコと目があってエサを要求されているのだな。っていうことぐらいはわかったりするけど、それ以外のカイコのキモチはわかりません。
もしかしたら人間以上にいろんなことをご存じなのかもしれないけど、アウトプットの手段をお持ちではないので、私たちには知る由もなく。

DSCN1790.JPG

小さい方のカイコはまだ人工飼料ですよ。
面倒臭いからね。
葉っぱを取に行くのは大変なのだ。
で、今までずっと二十匹だったのだ。
でも、今朝エサの交換をいたしましたら、何度数えても十九匹。
一匹どこへいったんだろう?
ボチボチ脱皮をしているヤツがいる。
四齢かな。

解雇 M


posted by ひと at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

ご臨終

今朝、一番小さかったカイコがお亡くなりに。
昨日までは元気だったんだけど。
で、もう一匹、脱皮があんまりうまくいかなかったのかな?ってヤツが、ずっと元気がなかったんだけど、今朝になったらしなびたみたいになりつつ、動いてはいたから、まだ息があった。
でも、そいつの何倍もの大きさの他のカイコが乗ったりしていたら、口から何やら吐き出したりして、お亡くなりに。
ってことで、残りは五匹かぁ。
繭の中で死んじゃったりすることも、よくあることだし、無事に蛾になれるかどうかわからんよねぇ。


posted by ひと at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

小さいカイコ

少なく見積もっても三齢以上のハズなのだ。
でも・・・

DSCN1784.JPG

小さすぎ。
他のカイコが食べている固い葉では、ちょっと食べづらそうだから特別扱いで柔らかそうな葉を与えてみたり。
たまにちゃんと食べているから、死にかけているとかってことでもない。

DSCN1787.JPG

同じ頃に孵化したやつは、もうこんなに巨大化しているというのに。


posted by ひと at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

手乗りカイコ

DSCN1777.JPG

こんなに大きくなりました♪

先に孵化したカイコの中に一匹、極端に小さいのがいるのだが、そいつが今朝、脱皮しようとしていた。
でも、いまだに1cmぐらいにしかならないし、もうちょっと大きくなっていたヤツでさえ、脱皮の度に死んでいったから「コイツも死ぬのかぁ〜」なんて思っておりました。ら!
無事に脱皮できました。
喜ぶべきなんだろうけど、こんなにちいさくて無事に蛾になれるとも思えないしねぇ・・・。

posted by ひと at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

昨日のカイコ

今日、後から買った方のカイコを見たらさらにでかくなっていたので、写真よりもでかいのだが。

DSCN1769.JPG

一昨日の夜に見たら、カイコの上にカイコが乗っていた。
別にカイコの好きにさせておけばいいんだけど、その後も体の向きを変えて、やはり同じカイコの上に乗っていた。
よっぽど乗り心地がいいのか?
で、翌朝見てみましたら!
やっぱり乗ってる・・・。
放置しようと思っていたけど、いくらなんでも下のヤツが不憫。
ってことで、上のヤツを降ろしました。

先に孵化した方のカイコは早いヤツはいよいよ終齢。
今月末か来月アタマぐらいに繭を作る予定なので、そんなもんだろうな。

DSCN1772.JPG

二匹いるのではなく、体をぐねっ!と丸めて喰っています。
苦しくないのか?
クリックして大きい写真で見ると、毛とかふさふさ生えているのがよく見えます。

posted by ひと at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

現在二十匹

新しく買った方のカイコは日に日に大きくなる。
さすが、一代交雑種だな。

DSCN1766.JPG

手狭な感じがしたから、一回り大きいケースに移そうかとも思ったけど、面倒だからやめた。
もうちょっと人工飼料を続けようと思う。
やっぱり桑の葉は面倒。


posted by ひと at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

またお亡くなりに

先に孵化した方のカイコがさらに一匹死んで、現在七匹。

DSCN1734.JPG

右側のカイコは脱皮したばかりなのだが(カイコの右にあるのが脱いだ皮)、脱皮したては顔と足が大きくてかわいい。

posted by ひと at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

育っております

DSCN1729.JPG

新しい方のカイコはエサも乾いていないからもうちょっと放置しようかと思ったけど、エサを替えて入れているケースも一回り大きいものに変更。
ほとんどが二齢になっている。
五匹以上は死んでるな。


posted by ひと at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

脱皮失敗

先に孵化した方のカイコは、ずっと九匹のままで何とか生きていたのだが、今朝脱皮した小さいやつが、どうやら脱皮に失敗したらしく、まだ生きているけど虫の息(虫だけに)。

DSCN1727.JPG
いなばうあー!(古い)


posted by ひと at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

本日のカイコ

新しい方のカイコは、今日も四匹孵化。
まだ孵化していない卵が少しある。
で、今日初めてのエサ交換をしたのだ。
そうしましたら!死んでいない!!!
まったく死んでいないってことじゃないんだけど、確認できた限りでは一匹しか死んでいない。
数は正確じゃないけど
生存24匹
死亡1匹
本日孵化4匹
ですわ。
ということは、前のヤツが死にまくったのって、エサが古いからじゃなかったってことだな。
同じ人工飼料を与えているので。
やっぱり卵の段階で死にかけだったからなのかぁ。

DSCN1724.JPG

ずいぶん大きくなったのもいるけど、極端に小さいのもいる。
小さいからといって別に元気がないとかってこともなく。
葉っぱを食べまくったりしているのだ。


posted by ひと at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

今日は4匹孵化

残りの卵も一気に今日は孵化だぞぉ♪と思っていたのに・・・。
気温が低いから?薄暗いから?
今朝三匹、その後一匹が孵化しただけで、それ以降は今の所まったく孵化する気配なし。
あと数個は色が怪しげなのがあるので、これから孵化するのか、孵化に失敗して死んでいるのか。
まあ、数日中には判明するでしょう。

posted by ひと at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

引き続きまして、新しい方のカイコ

孵化予定日って明日だったんだよね。
だから、卵が入っている箱のフタを閉めて、明日まで暗くしておくことにしていたのだ。
で、様子を確認するために、今朝フタをちょっとだけ開けてみましたら!

DSCN1721.JPG

うそぉぉぉ〜〜ん(涙)。
もう孵化しまくりじゃ無ぇかぁ!!!!!!!!!
昼間もポツリポツリと孵化いたしまして、全部で二十匹ほどになりました。
で、この皆様の為に用意されている桑の葉ではございますが、小さくて見づらい状態で桑の葉に乗せても管理が面倒臭いという、一身上の都合で人工飼料を召し上がっていただくことにいたしました。

posted by ひと at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは前からいる方のカイコ

古い人工飼料を使いきってしまいたいし、せっかくの黄色い繭にならんのでかわいそうだけど、最後まで人工飼料で・・・と思ったけど、本日より、桑の葉にいたしました。

DSCN1720.JPG

今日も九匹。
この桑の葉は、私がベランダで育てているものでもなく、近所に生えているものでもなく、新たに購入したカイコの為の高級な桑です。
でも、摘まれてから何日も経過しているので、あまり生きがよくない感じ。
カイコを全て葉っぱの上に載せてみたけど、誰も食べない。
ええ?おいしくないの???
と思ったら、どうやらたまたま脱皮したてとか、これから脱皮っていうみなさんだったらしい。
脱皮が終わったら食べ始めた。

解雇 M


posted by ひと at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

孵化しちゃったよ・・・

今朝、16日に孵化予定の卵を見ましたら・・・何か様子がおかしい。
黒い部分が見えるけど、黒い???

DSCN1717.JPG

よく見たら一匹孵化しておりました。
エサはどうしようかと思ったけど、人工飼料にした。
一匹だけ桑の葉に乗せたって、すぐ見失いそうだし。

posted by ひと at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

だいぶ大きくなった

今回は温度の管理もせずに雑に扱っていたのだが、気温が低い日が多いし、寒くて育つのが遅れたら、困るのは私なので、結局温度管理をすることに。
今はオーディオタイマーの上に載せております。
オーディオタイマーが発熱しておりますので。
それって無駄に電気を喰ってんじゃないの?っていうのが気にならないでもないけど、カイコのケース内の温度を一定に保つのに、非常に便利ですわ。

DSCN1713.JPG

大きくなったねぇ。
糸吐いてるねぇ。
でも、残念ながら死んでるヤツが。
現在九匹です。

posted by ひと at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいカイコ

卵を冷蔵庫から出した時に「これはもうダメだな」って感じだったんで、新しく卵を通販で頼んでいたのだ。
ってことで来ましたよ♪

DSCN1709.JPG

桑の葉も一緒に送られてくるっていう話だったから、どんな状態で送られてくるんだろう?と思ったら、普通に葉っぱがジップロックみたいなのに入れてあるだけ。
これが何週間も持つの?
とりあえず葉っぱは冷蔵庫へ。

DSCN1710.JPG

卵はこんな感じで。
無事に孵化するといいんだけど。

立体カプセル百科事典 立体昆虫顔面図鑑 日本編 EX 2種 セミ全2種 1 カイコ 2 アブラゼミ 魅惑の昆虫ワール


posted by ひと at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

死亡率が高い

DSCN1706.JPG

今朝、エサを交換。
その時に数を数えてみましたら・・・たったの11匹。
少なっ!
ずいぶん死んだなぁ。
いつもはこんなことはないのだが。
エサが古いから?
冷蔵庫の中で死にかけた卵から生まれたから?

あれから一匹も孵化しなかったんで、残りの卵は捨てました。
でも、こんなに少なくてちゃんと受精卵を採取できるんでしょうか?

posted by ひと at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

今日はゼロ

今日は一匹も孵化しなかった。
怪しげな色の卵も多数あるのだが、もう孵化するのはいないのかな?

DSCN1682.JPG

たくさん二齢になった。
脱皮したいのか?って雰囲気の二齢のヤツがチラホラいるけど、まだだよねぇ?

posted by ひと at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は二匹

昨日の朝に一匹だけ孵化。
で、昼間は全く孵化した気配がなかったので「今日は一匹だけかぁ」と思っていたら、夜にもう一匹。

今の所、二日に一度エサを交換している。
人工飼料なのでカイコを入れているケースは密閉しているし、エサは乾燥していないからもっと間隔が遠くてもいいかなと思うんだけどね。
孵化や脱皮のタイミングがバラバラだから、カイコに合ったペースでエサの交換ができない。

昨日、エサの交換をした時に何匹か動かないヤツがいた。
死んでるんだな。
いろんな説明書に書いてあるほどには、一齢の時に死なないけど、それでも何割かは死ぬ。

posted by ひと at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

もちろん本日も孵化

今朝は5匹孵化。
で、最初に孵化したヤツが何匹か脱皮して二齢になっていた。

DSCN1678.JPG

左側の白っぽいのが二齢のヤツです。


posted by ひと at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

今日はたくさん孵化

多分11匹孵化したと思う。
数えている途中で気が逸れて、正確には何匹か不明だが。

今、与えている人工飼料はかなり以前に購入したものなのだ。
だからおいしくないんだと思うんだよね。
一匹激しく脱走しようとするヤツがいて、何度エサのところに戻しても出て行こうとする。
出て行ってもおいしいエサはありません。

posted by ひと at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

本日の孵化

今朝5匹孵化した。
午後からさらに1匹孵化。
卵の色から見て、今日は大量に孵化するかと思ったのに、昨日と同じかぁ・・・。
これはいつものようにパラリパラリと孵化する気ですな。
世話が面倒なのだが。


posted by ひと at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

孵化しちゃいました・・・

いつもなら孵化したらとっても喜ぶのだが、今回はもうダメだろうと思って温度管理もしていなかったし、新しいカイコの卵を注文しちゃったよ(鬱)。
ってことで、今朝卵を入れているケースを見てみましたら、何匹か孵化しておりました。
冷蔵庫から出して12日目です。

DSCN1674.JPG

本日は6匹。
卵の色がヤヴァい感じのがたくさんあるので、明日の朝あたりに大勢孵化するんじゃないかと思われます。

DSCN1675.JPG

数が少ないので、小さいケースに入れました。
最初は人工飼料で育てます。

posted by ひと at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

昨日、カイコの卵を出したのだが

ボチボチ気温がいい感じになってきたので、冷蔵庫からカイコの卵を出すことに。
よく見ると卵の様子がおかしい。
これは・・・また全滅!?

DSCN1652.JPG

ケースに移してしばらく様子を見ることにはしたけど、ダメかもねぇ・・・(鬱)。
前にも全滅させてしまって、これはイカン!と思ったので、袋を二重にしておいたのだが。
それでもダメだったか。
袋がイカンのかなぁ?

posted by ひと at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

さようなら

いい子にして可愛がってもらうんだよ。
立派な蛾になるんだよ。
寂しくなっちゃうけど(え?私に「寂しいっていう感情あった?)元気でね。


posted by ひと at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

ずいぶん大きくなった

DSCN0325.JPG

大きさにばらつきがある。
孵化した時期がバラバラだから仕方が無いのだが。
早くも三回目の脱皮が終了したヤツがいて、すごい勢いでエサを食べたりしている。
オーディオタイマーの上に乗せておくと、室温よりは暖かいが、それでもちょっと気温が低め。
昼間はなんとか暖かくできるんだけど、湯たんぽが必要かなぁ?



posted by ひと at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

毎日孵化するなぁ!

DSCN0310.JPG

昨日の夜に卵を入れているケースを見たら、二匹孵化していた。
で、今朝は一匹孵化。
一匹も死んでいないと25匹いる計算になるけど、もちろんそんなにいない。

昨日の朝に孵化したヤツだと思うんだけど、ケースのヘリを登っていっちゃって、エサのないところに行くのが三匹。
エサの上に戻したのに、しばらくすると、また変な場所へ。
エサの交換をしたら、おとなしくエサの上にとどまっているところを見ると、エサに対する不満を訴えていたのだな。

大きめのカイコのアタマに、すごく小さいカイコが乗っていた。
お互いのためにならんだろう。と思ったのでピノの棒でどつき回しておろした。
数時間後に見ましたら!同じカイコかどうかは不明だが、またアタマの上に・・・。
もう勝手にしろ!と思ってそのまま放置。
現在はアタマから降りております。
写真に撮りたくてもカメラの性能上、ちょっと無理だねぇ。


posted by ひと at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

今朝も孵化

今朝は四匹孵化していた。
エサの交換は明日にしょうと思ってたんだよね。
小さいうちって、エサを替えるのが大変だから。
明日になったら、小さいのが増えてる状態になっちゃうから、今日やることに。
で、いつものように一匹ずつ数を数えながら古いエサから新しいエサへ移動させる。
1、2、3・・・足りない(鬱)。
18匹いなきゃダメだよねぇ。
いないよねぇ。
死んだな。
それか古いエサにくっついていたのを発見できなかったか。
よく見たんだけど。
老眼だから(ガーン!)

カイコの飼い方が書いてあるサイトなんかを見ると、古いエサの近くに新しいエサを置いておけば勝手に移動しますって書いてあるけど、そんなワケあるか!
そんなことだから、1齢で大量に死ぬんだよ。
一匹ずつ移動させている人って私だけだろうけどさ。

昔は「カイコはすぐに病気で死ぬ」って話を真に受けて、いちいち薬用の石鹸でよぉ〜く手を洗ってから触っていたのだ。
でも、そんなことしなくても死んだりしないってわかったので、何にも考えずに触りまくっております。


posted by ひと at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

孵化は一度にまとめてお願いします

昨日一匹孵化。
今朝は二匹孵化。
ってことで、現在の合計は18匹。
明日も何匹か孵化しそうな様子。
最初に孵化したのは、もう結構日数が経過してしまったので、だいぶ大きくなってしまった。
大きさにばらつきが出ると世話をしにくいのだが。
いつもなら、完全に孵化が終了するまでいつまでも待っているのだが、今回は諸般の事情により、ある程度数が揃ったら、さようなら〜の予定。


posted by ひと at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

たくさん孵化した

DSCN0304.JPG

昨日、初めてエサの交換をした。
一番最初に孵化したヤツはずいぶん大きくなった。

DSCN0305.JPG

一番小さいケースに入れている。
今まで、全然写真を載せていなかったが、単に面倒だったから。

昨日1匹孵化。
今朝6匹、昼に1匹孵化。
今のところ全部で15匹か。

posted by ひと at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

今日も二匹孵化

今朝、卵を入れているケースを見たら、一匹も孵化していなかった。
今日は孵化しないのか?と思いつつ、外出から帰ってきてから見たら孵化していた。
これで死んだのがいないとしたら全部で7匹か。
一番最初に孵化したやつは、脱皮したらしい。
だいぶ大きくなったし、白くなった。

人工飼料で育てているのだが、えさはずっと交換していない。
そろそろ新しいのにした方がいいかなぁ。

カイコはずっと台所に置いてある。
茶の間に持ってくると蚊取り線香を炊いたりするんで、よくないかなと。
で、今朝はかなり気温が低かったので、カイコを少しでも暖かい場所に置きたいと思ったのだ。
いろいろと移動させても、温度が低い・・・。
ところが
温度の高い場所発見!

冷蔵庫の上にオーディオタイマーを置いている。
光るので照明器具をつけなくても時間が見えて便利。ってことで。
寝る部屋に置くとまぶしくて邪魔なんだけど。
で、このオーディオタイマーっていうのが、微妙に熱を発しているようなのだ。
以前は上に食パンを乗せていた。
そうするとパサパサのカチカチになってしまう。
ってことは!
カイコをここに載せれば暖かい!!

でも、こんなに熱を発しているっていうことは、無駄に電力を消費しているっていうこと?
買ったのは(買ってもらった気がするけど)もう三十年ぐらい前です。
でも、いまだに使えるのですよ!
壊れたなら仕方が無いけど、壊れていないのに捨てるのもねぇ・・・。
しかも、今はカイコの暖房器具として活躍!


posted by ひと at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

孵化していた

9月2日に冷蔵庫から出した黄金の繭のカイコの卵は、パッと見は異常なさそうだったが実は死んでいたらしく、結局一匹も孵化せず。
で9月5日に白い繭のカイコの卵を出すときに、念のため今年の春に産卵した分の黄金の繭の方のカイコも一緒に出しておいたのだ。

で、通常は冷蔵庫から出してから孵化まで10〜14日なのだが、気温がずっと30℃ぐらいあったので早めに孵化するっていうのが通例。
だが、全く孵化する気配もなく。
後から出したのも、休眠期間が二ヶ月ぐらいしかなかったから死んではいないだろうけど、休眠期間が短すぎてダメだったんだなぁ・・・。
そろそろ捨てようか。と思っていたのだ。

昨日の夜、卵を入れているケースを見たらなにやら異変が!
孵化してるよ!!!
いつ孵化したのかは不明だけど、多分昨日の朝だと思われる。
三匹いたので、人工飼料を用意して移動させた。
今朝は二匹孵化した。
ということで、現在五匹。


posted by ひと at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

全滅・・・

今日は白い繭の方のカイコの卵を冷蔵庫から出そうと思ったのだ。
で、卵を見てみましたら!

DSCN0282.JPG

死んでるねぇ・・・。
多分全滅だねぇ・・・。
今までと全く同じ保存の仕方をしてきて、今までは何の問題もなかったのだが。
これは、もういいかげんにカイコを飼うのをやめろという天啓かね。
一応、出した卵をケースに入れておいたけど、ダメだろうねぇ・・・。
悲しすぎる。


posted by ひと at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

卵を冷蔵庫から出した

昨日の夜、カイコの卵を冷蔵庫から出した。
気温が高いから、一週間ぐらいで孵化するだろう。
今回は黄金の繭の方のカイコ。
一代交雑種を作る予定なので、白い繭の方のカイコも出すんだけど、育ち具合が白い方が早い感じがするんだよね。
だから、タイミングを合わせるために、先に黄金の方から出しました。



posted by ひと at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

最後の一匹

いつまでたっても繭を作ろうとしないのが一匹だけいたが、今朝エサをやったら全然喰わないし、体つきも縮んだ感じだったので「いよいよか?」と思いつつ、しばらく様子を見た。
そうしたら、緑色のフンをしたので決定だな。と思い、繭を作るための別室へ移動。
今、繭を作ってます。
昨日の夜までガツガツ桑の葉を食べてたんだけどな。

DSCN0038.JPG

左側の繭は全く桑の葉を与えずに人工飼料だけで育ったカイコ。
右側のとても黄色いのは桑の葉を食べたカイコ。

posted by ひと at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カイコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする